FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年 ごあいさつ

本年もよろしくお願いいたします。

2018年に入り、「最強寒波」という言葉を毎週のように聞いている気がします。
いつになく、本当~に寒いですね。 
皆様ご自愛ください。

さて、我が家は昨年、家族全員が一度も病院にかからなかった!すごい!と
年末の記事にも書いたほどでしたがw
年明け早々、末子がインフルエンザBに感染w 病院のお世話になりました。
元気で食欲もあるけど微熱がなかなか下がらない、という状態が2日続いて受診したら
「インフルエンザですね」といわれたので、すかさず「Bですか?」と確認。
Aは高熱で症状がわかりやすい、というのは経験済みでした。
Bは初めてのことだったので半信半疑。
え、こんなもんなの?軽い疲れ~風邪の症状かと思ってたのに、と。
まさかのB判定で驚きましたが、みてくださった医師がガハハと笑いながら
「かかっちゃったもんは、仕方ないよねぇ~。イナビル出しとくから。1週間、休んで♪」
と明るく言ってくださったので 「だよねー!」って、こちらの気分も明るくなりましたw

新学期早々1週間も休むということで、以前の私ならわだかまりがハンパなかったと思います。
「なんで予防接種してたのにかかるの?!おかしいじゃない!」
「誰からうつされたんだろう?(犯人探し)」
「習い事も休ませなきゃいけないしー(カリキュラムが遅れる、イライラ)」
「この時期にインフルエンザに感染させたなんて、母親の私がしっかりしてないと思われる!」
「他の家族にうつされちゃたまらない!対策にあれしなきゃ・これしなきゃ(そわそわ)」
「約束キャンセルしなきゃいけないー!(いやな気持ち)」
その他もろもろ、思考がうるさかった時はこんなこと考えてたんです。
ええ、実際数年前(エゴの観察など知らなかった時期)に
上の子がインフルAにかかったときに考えていたことですw
1週間、どんよりとくらーい気持ちで、イライラくさくさしつつも看病生活を送っていた過去を
思い出しました。

今回は症状がごく軽かったこともあって、看病と言うほどのこともなく。
子供に「冬休み延長しちゃったね~」と言いながら、楽しく過ごしました、室内で。
ひとつお誘いを断る羽目にはなりましたが、また次回もあるからと気楽に流せて。

医師が明るいノリで言ってくれた「かかっちゃったもんは、仕方ないよね~」に、
今回とても安堵感を覚えたんです。
昔の私なら
「なーにが、かかっちゃったもんは仕方がないじゃ!人ごとだと思いやがって!ムキー!」
って、なってたと思います。
全部が自分の責任だって思い込んで・抱え込んでる(エゴの)人が聞いたら、腹が立ちますよw
「無責任なこと言うな!看病するのは親の私だぞ!」ってね。
(↑もと創価脳に、このロジックから抜けられていない人が結構多いような気がするんです。
 「すべては自分が源」的な教えから、自分が全ての責任背負ってると不幸な勘違いを
 しがちで、もうそんな教えは捨てたはずなのに・・ね)

あと、今回はもちろんそんなことありませんでしたが
原因探しのさなかで「仏罰かもしれない」「罰があたったのかもしれない」なんて
斜め上の方向から心配したり・決定づけるのもエゴの仕業ですw
そんなもの(罰)はありませんので、もしまだそういった心配や不安をお持ちの方が
いらっしゃったら、それは「エゴが作り出した幻想・妄想」
または「長年染み付いた思考のくせ」ですので、気づいたら横に流しましょう。

医師の言う通りで、ほんとこればっかりはもう出逢いもの?!
シンプルに受け止め、できる範囲の手当をし、過ぎるのを待つだけなんですよね。
そこにイライラとか、不安の増幅、わだかまりの種となる犯人および原因探しという
ムダな思考の暴走は必要ない。
これができている人にはそんなの「当たり前」なんでしょうけども。
エゴという暴れ馬に長らく引きずりまわされていた私にしてみたら、今回の子供の罹患は
過去の自分を眺めるいい機会であり、「気づき」を与えてくれましたv

今年も「ニュー・アース」記事を中心としつつ、
私の日々の気づきについても触れていきたいと思います。

更新は遅いですが、ときどき覗いてくださいませ。

2018年も、皆様にとって素敵な一年でありますようにv


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。