スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 感謝

いつも拙ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
そして沢山の公開・非公開コメント、ブログ拍手からのコメントをいただけたことも
感謝しております。

皆さんからのコメントを読ませていただくたび、この問題は個人それぞれタイプは違えど
宗教詐欺に遭ったという点ではみな被害者なのだ、という思いを強くしています。

数多ある創価家庭でも、こんなに不仲なのは、うち(実家)だけだろう・・と、私は思っていました。
しかし、コメントを拝見するなか、パターンは若干違えど家族問題で悩まれている方が
大変多くいらっしゃる事を知りました。
これは、認知されていないだけで、ちょっとした社会問題だと私は思っています。

活動家時代、家族全員が活動家で、絵にかいたような「一家和楽」家庭の同志がおりましたが、
そうなれない私の家族はみんな業が深いのだと思っていたのです。
創価を盲信するあまり、家族が不仲になっていることに気が付きませんでした。
創価を理解できない他の家族(亡き父・兄姉)が悪くて、創価は悪くないと思っていました。
法華経信仰をたもつ母や私が悪いわけない。私たちは絶対正義だと信じて疑いませんでした。
その思いこみがますます私たち家族をバラバラにしてしまっていたと、創価脳の時は
気付けなかったのです。

現在、さまざまな宗教史、鎌倉時代の仏教興隆についての本を読んでいます。
まだまだ勉強の途上ではありますが、ひとつ強く思うのは、一番小さな幸せの単位「家族」を
ばらばらにしたり・そのことで揉める原因を作るような教義をもつ宗教が
万民を救うはずが無いのではないか、ということです。
創価の教義は、明らかに家族仲を悪く・おかしくさせます。
全員が同じ方向を向き、利害が一致している間は仲良く出来るが・誰か一人が教義に歯向かえば
信頼関係が崩壊する。 そんな宗教には誠実のかけらもない。
この時点で、世の中に不要な宗教だと私は思います。

最近覚醒された方からのコメントも多く頂いています。
創価ロジックからはずれた後の時間は、すべて自分のための時間です。
どれだけ時間がかかってもいい・どうか焦らずに、どんなことでも自分で考えて決めることから
スタートしてみてください。
そして自分を大切にしてください。自分のことをまっさきに考えて、その後に周囲でも
いいと思います。
創価脳はどうしても、自分をおざなりにしがちです。
まずは他者(というか組織)という意識がマインドコントロール期間に強くなっています。
それを「まずは自分」を最優先に、行動をしてみてください。
しんどいことは無理にしなくてもいい。
自分の心を護って・ケアしてください。
そしてどうぞ勇気と安堵感をもってください。
そして何度も書いていますが、仏罰はありません。 いたって普通に暮らせます。
仏罰だと捉えてしまう自身の心に問題があるのです(それがマインドコントロールです)。

来年もマイペースではありますが、更新を続けていきたいと思います。

皆さん、どうぞよいお年を迎えてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。