スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 感謝

この一年、拙ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

こうして2度目の年末御挨拶記事を書かせてもらえている事、素直に嬉しいです。

ブログを始めた頃「仏罰なんてない」事を証明してみせたい、という思いがありました。
覚醒して早2年以上経過してしまうと、仏罰って何さwとニラニラしてしまうというか、
我が事ながら恥ずかしいのですが、当時の偽らざる思いは「仏罰に怯えない人生」を歩みたい
という事だったのです。

それまで40年余りの人生の全てを、創価信仰に司られて生きてきた後遺症=仏罰恐怖症。
思ったよりも早くその呪縛はとけました。
個人差のある事だと思いますが、仏罰トラウマには「日にち薬」が一番効果があるのではないかと
感じています。
それは信仰が無くてもなんでもない一日・ふつうの一日を重ねて行く・日々の積み重ねあってこそ。
いい事があっても・悪い事があっても・なーんもなくても、それは創価学会や池田老人や日蓮大聖人や
御本尊様に起因するものではない。
これが習慣となれば、ウソみたいにさーっと霧が晴れます。
そして悩まなくていい事で悩んでいた事・気苦労を重ねてきた事・取り越し苦労に苛まれてきたことに
気がつくのです。

先日コメントのお返事にも引用させてもらった、林先生(東進ハイスクール)の言葉
「思考は訓練であり習慣である」
2014年、私がいちばん感銘をうけたフレーズです。

学会2、3、4世として生まれ育った私たちは「家庭内プロパガンダ」によって
思考の全てを信仰と絡められ、飴(功徳)と鞭(仏罰)でコントロールされる事を是として生きてきました。
まさにそれが「訓練であり習慣」となって、立派な創価脳(思考)と育ちあがってきたのです。
創価(学会組織)の近くに居る限り、この訓練と習慣は永遠に繰り返されるため、思考は揺らがない。
だから学会活動は特に意味意義も無く忙しいのです。むだに会合をとって集わせるのもそこです。
思考の訓練と習慣、ここが組織維持の命綱だからです。

しかしほんのちょっとこのスタイルを変えるだけで、マインドコントロールは解けるともいえます。

創価信仰を離れて物事を考える。これはガチガチ創価脳にとって容易いことでは無いかもしれない、
だから「訓練」と呼ぶにふさわしい。
御本尊様のおかげだ、先生のおかげだ、組織のお陰だ。そんな考えはばっさり捨てる。
悪い事があったとしても「仏罰だ」とは思わない。
自身の言動を省みる。迂闊では無かったか・脇が甘かったのではないか・雑では無かったか、
言動や振る舞いについて総点検してみます。 そこに信仰を絡めてはいけません。
何故そのような悪い事がおこったか。あくまでも「現実」「客観的な事実」のみで分析するのです。
そして解決方法を信仰に求めてはいけません。あくまでも「現実的な手立て」を考える。
わからなければ普通の人(非創価脳)にアドバイスを求めるなどし、自分で答えを出してみる。
やってみて解決しなければ別の方法で再TRYしてみる。
さいしょは難しいことかもしれない。しかしここは「訓練」だと思ってやってみたらいい。
この積み重ねと繰り返しで、自然と「(思考)習慣」が完成してゆきます。
創価信仰に頼らずとも・仏罰におびえずに・人生の諸問題にあたってゆくことが「是」となります。
そして「信仰(学会活動)」が「問題解決の手段」にならない事に、はっきりと気付く事ができるでしょう。

覚醒から2年余、今の私が言えるのは「仏罰なんて、本当にないです」。
いいこともわるいことも、混濁混ぜ合わせの日々。それが普通であり、ありがたいことです。

続きの記事③を更新できないまま年を越すのが心残りではありますが、今年の更新はこれが最後です。
本年もたくさんの貴重なコメントを頂戴しありがとうございました。
脱会のご報告も(非公開コメント含め)数件あり、皆様おめでとうございます。
親族との確執で悩まれる方々のコメントにも深く共感・様々考えさせられました。

我が身内においても、母はいまだ現役活動家。
前回記事でも触れましたが「法戦」も闘いきって満足したそうですw
年始帰省の際、数々の政治的矛盾を組織ではどのように語り・選挙戦を戦うよう指示があったのか
じっくり聞いてくるつもりです。もはやスパイ状態w
その上で、おかしなところはきっちり指摘し・思考停止に逃げ込まず「自分でよく考える」方向へ
促していきたいと思います。

来年もきっとマイペース、遅筆になるとは思いますが、更新を続けていきたいと思います。

皆さん、どうぞよいお年を。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。