スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常識な当日確認

昨年の秋以降、地区の婦人部員は家庭訪問にやってくることがなくなりました。

今年2月ごろ、担当者・組織が変わるとかで支部婦が家庭訪問にやってきて。
そのときに、はっきりと「もう組織と関わる気はありません」と伝えました。

顔をひきつらせながらも、支部婦は「じゃあ家庭訪問も来ないで欲しいって感じ?」
と質問。
私「そうですね、お話しする事ないですから」
支部婦「そう、残念。一応、新しい担当者に(家庭訪問NGの件)伝えておくね」と
帰って行きました。

その後、おどろくほど何の音沙汰もなし。
やんわりと断るよりも、はっきり言う方が効果あるんだーと拍子抜け。
はっきり拒絶したら引き留めでイヤガラセみたいに家庭訪問とかあるのかなぁ?と
ぼんやり想像してい1たので。
私のいる地域は「人材不足」ゆえ、集団でイヤガラセにまわるほど人手もなく
それどころじゃないのかもしれないけどね。

そして今夏の選挙。
家のポストに候補者一覧と広報が入ってた以外、地元組織からは何のコンタクトもなかった。
選挙ともなれば毎回必死だから、いつ投票に行くのか?行ったら必ずメールくださいねという
お決まりの確認事項くらいは言って来るのかな?と予測してたんだけど、なーんも無し!
家庭訪問もなし。
ここまであっさりしてくれていると、気楽だわ~と思っていました。

そして選挙当日、朝のうちに投票を済ませ
(当然、組織が応援する党には入れません。自分で考えてきめた政党に投票しました)
家族で海水浴へ。
スマホの充電をしてなかったので、電池残量が少なく、ビーチに居る間は電源を切っていた。
夕方、帰り支度を終えて電源を入れたところ、留守電が3件。
嫌な予感。
確認すると、実家の母からだったので電話。

開口一番
「あんたなにしてんのよ!こんな大事な日に!投票には行ったの?」キレ気味にまくしたてる母。
私、あっけにとられながらも
「朝一で行ってきたけど(ナツヲの党には入れてませんけど)、いったい何なの?」
母は深~いため息をついて
「なら、どうして拠点に連絡入れないの?電話一本しとけば済む事じゃないの!」
私「ハァ?!」

私の地域の創価学会員(婦人部)が、私や夫が投票に行ったかの確認がとれないので
お母さん確認してもらえませんかと、実家に電話をいれていたのだ。
こういうことは、初めてじゃない。でも選挙絡みでは初だった。

地元婦人部員のずるいところは、自身がなにひとつ私に確認していない・事前の根回しもしてないこと
全くひたかくしのまま、
あくまでも、私が連絡を怠っていて困ってる風を装って実家に電話を入れている事。
きたないんだよ、やりかたが。

今回の選挙について、私のところに、地元組織からは本当になんの連絡もなかった(メールも電話も)。
投票のお願いもされていなければ、投票に行ったら連絡してねともいわれてない。
それ以前に、現在の地域の担当者が誰に変わったのかすら私は知らないしわからないw
(関わりたくない、と伝えたので家庭訪問に来なくなったから)

こんな状況で、私が投票にいったかどうかを、私個人に直接確認することをせず
わざわざ実家に電話入れるって、なんなの?????
投票の確認取るためなら、なんでもありなのかよ。

私が着信拒否にしていたわけでも、メアド変えたわけでもない。
私個人に連絡をとる手段はあったのだし、こんなこと直接本人に確認するのが筋だろうが。
家庭訪問にこないで欲しい・けど実家に連絡してOKだなんて許可はしてないぞ。
非常識にもほどがある。
手が震えるくらい、腹立たしかった。

実家母にも、その旨伝えた
(今回の選挙・投票について、組織の人から連絡くれと一言も言われてない件)。

しかし母は、組織員の非常識さは棚にあげて、組織員をかばった
「あなたもさ(電話した婦人部員の)立場がわかるでしょう、活動を頑張ってた時期があるんだから。
自分の地域の部員さん、ひとりの票もおとしてはならないという責任感が
(実家に電話を入れるという、非常識な行動)そうさせたのよ。
そのくらいわかってるなら、頼まれていなくても、連絡くらいしてやんなさい!
私だって忙しいのよ・・・云々かんぬん(自分も当日確認で拠点につめていて、電話もひっきりなしで
大変だとの愚痴。だったら辞めちまえよ・・・と思いながら聞く)」

電話中、ものすごい疲労感。と、隔世感。

一票のためなら、なんでもしちゃうんだね。
そこまで必死になって地域の会員の票を追わなきゃならない理由って何なの?
上から脅されてるの?w
もしくは、地域から一人でも棄権者がでたら「功徳が出ないから」必死なの?w

母に正論をぶつけても組織脳で理解できないことは十分承知している。
とりあえず、私の主張と事実(連絡して下さいと頼まれてない・選挙自体頼まれてない)を
伝えて電話を切った。

そして即、地元組織の知り合いにメールで釘をさしておいた。
実家に電話で確認取るなんて非常識にもほどがある。なんで私に直接きかないのか?
次に同じことをやったら、しかるべきところに申し出ますけどいいですよね?と。
詫びのメールが届いたが、次の選挙までにうちの地域員がやる事はきっと
「私の統監カードを地元(実家)に戻す」だろうな(大笑)。

ほんと、必死すぎるし、どこまで選挙屋さんなんだろうか。創価学会って。
あらためて異常さを感じた。
宗教団体のやることじゃないだろ、こんなの・・・・。

夕飯をファミレスで済ませて帰宅後、テレ東の選挙特番を見た。

池上さんの、女史へのツッコミをニヤニヤしながらみてしまった。
美人かもしれないけど能面。自分で物事考えたこと無いマインドコントロール顔の代表だね。
女子部にああいう幹部やまほどいたわー。
そして概ね、創価教育出身者だったわー。と、なつかしくおもった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。