コメント専用記事

いつも拙ブログをご覧いただきありがとうございます。
突然ですがコメント欄を開けたいと思います。
勝手ながら、コメントは本記事にお願いします。
追記にコメントルールを書かせていただきますので
書き込みの前にご一読いただきますよう、宜しくお願いいたします。

コメントルールを追加しましたので、必ずご一読ください
コメント欄をあけようと思ったきっかけは、ブログ拍手にいただいたコメントに
昨日(2013/10/4)初めて気がついたからです。 
長らく御返事も申し上げず、失礼いたしました。
ウガク様、ピエロ様、吉野様、飛翔様、トン様、tears様、さらん様ありがとうございます。
 
2世・3世として生まれ育ち・また、女子部・婦人部の活動を通し苦悩を感じられた皆さんの
お気持ちがヒシヒシと伝わってきました。
「誰にもこんな気持ち話す事が出来ず苦しかった・わけがわからないと悩んでた」のは、私だけじゃ
無かったのだと、皆さんのコメントを読み、涙が出てきました。
そして、この貴重な声は、同じ悩みや苦しみ、葛藤をもつ方にも見てもらうことができれば
どんなにいいだろう。励ましになるんじゃないかな、と思った次第です。

こちらでご紹介させてもらおうかとも考えましたが、殆どが鍵付きのコメントでしたので、
再掲OKな方はこちらでご一報ください。
貴重な声を聞かせていただき、本当にありがとうございます。
これからも宜しくお願いいたします。

@@@@@@@@@@

コメントルール

1・コメントは、管理者の承認後に反映されます。
 良識と節度を持った書き込みをお願い致します。
 (なお、非公開を希望される場合は「非公開」にチェックを入れてください。
  コメント反映されません)

2・初めてコメントされる方は、簡単な自己紹介をお願いします。

3・勧誘、または中傷目的の書き込みはご遠慮ください。
 私のスタンスについては、自己紹介に書いてある通りです。
 スタンスを理解できない方のコメントはご遠慮ください。

4・・非公開コメントと、拍手からのコメントへの返信はしておりません。
 恐れ入りますが、質問等の必ずレスが必要なコメントに関しては
 必ず当コメント欄に「公開コメント」で書き込んで頂きますよう、お願いいたします。


5・・コピペやなりすまし、荒らしと思われるコメントは管理人の判断で
 公開しない事がありますのでお知りおきください。
 また、レスのしようがないコメントに関しても非公開とさせていただきますので
 ご了承願います。


6・尚、居住地域や個人情報は書き込まないでください。
 メアドも書き込まないようにしてください。
 ブログやサイトをお持ちの方はURLを入れて頂いてOKです。

時と場合により、コメント公開のタイミングが遅くなる事もあります。
 その点、ご了承願います。


スポンサーサイト
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

のら様

コメントありがとうございます。

女子部の彼女がいる3世ということで、青年部の方でしょうね。
信仰については、人それぞれなので、自分で判断されたらいいと思います。
そしてのらさんが、このブログを読んで理解できるだけの器量をお持ちなのであれば
自分が折れる必要はないということも、解ると思います。
そして相手を尊重しておけばそれでいいってことも、解りますよね?

誰かの期待になんて答えなくていいですよ。
自分に嘘なんてつかないことです。
自分への嘘=周りへの嘘。
いずれはバレますし、誰も幸せにはならないんです。
相手を裏切ることよりも、自分を裏切ることが何よりマイナスです。

決してわだかまらないように、頑張ってくださいね。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今年もたくさんのブログ拍手・コメントをありがとうございました。

コメントに関しては、多くの方へお返事が遅くなって本当に済みませんでした。

また、ブログ拍手コメントにはお返事をしない方針ですので
(以前も書いたと思いますが)よろしくお願いします。

全てのコメントは、ありがたく拝見させていただいております。

来年も、マイペースにはなりますが、コメントやご質問に
お答えしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。



2016/12/29 (Thu) 17:12 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

こんにちは。学会3世の「のら」と申します。
ブログを読ませて頂きました。言いたいことを代弁して頂いているようでとてもスッとしました。ありがとうございます。
私には付き合っている方がおり、女子部で頑張っています。
私の創価に対する疑問のスタンスも告げており、理解をしてくれています。
しかし、やはり結婚となると彼女のご両親にとってはいい印象ではない、と言われてしまいました。
私は聖人君子ではないですが、理解しにくい面もある中で、できる限り気持ちよく彼女に活動をしてもらえればと、文句を言ったことは一度もありません。しかし、結局そんな内面の働きよりも、信仰をしているか、していないかでしか量られていないというその一点にとても悲しくなりました。
私が折れて活動をすれば丸く収まるのかもしれませんが、そんな信仰で学会の方は満足なんでしょうか?
信仰とはそういうものなのでしょうか?
信仰とは、自分が信頼したからこそ、生きる指針にしようと、自発的に思うものであって、他人に押し付けられるものではないと、強く実感しました。
駄文・長文になってしまい、申し訳ありません。
2016/12/28 (Wed) 13:35 | のら #- | URL | 編集

あややん様 けい様 しのぶ様

コメントありがとうございます。お返事遅くて、いつものことながらすみません。

*2016/09/21 (Wed) 19:19  あややん様

お久しぶりですね。
本文に居住地域が書かれていたので、念のため非公開にさせてもらいます。

焦り、わかります。
私は「ニュー・アース」を読み始めて、所謂スピリチュアルを実践している人の
ブログを読むようになりました。
どうでもいいんですが、めちゃーくちゃいっぱい居るんです、そのテの人w
学会員ブログの100倍あるんじゃないかと思うくらいです@スピブログw

で、そういった方々の経験を読んでいて、そんなにうまくいかねーよ!とか
この人にはそれができても(実現化しても)私は状況違うから
全然無理ーとか、思いましたし勝手にわだかまっていましたw

けど、その人に出来て私にできないことがあるのと同じ確率で
私にできて、その人には出来ない事(なしえない事)もあるんです。
そう考えたらプラマイゼロで、確率的には一緒なんですよ。
だから、あややんさんも大丈夫です。

もう「ニュー・アース」読みおわっている頃だろうし
(ごめんなさいね、返事が遅すぎて・・)
何か変化があったらまた、教えてくださいね。

ひとつ言いたいのは、親の脱創価や脱会が「じぶん」の幸せとは
ひとつも関係ないということを、ぜひ知っておいてほしいです。
また、親がいつまでたっても創価脳で変化なく年老いて行くことも
「じぶん」の幸せを左右することもないし、関係ありません。
そこを混同している人がわりに多いと思います。
過去の私も、そうでした。

たまたま私の場合、親が勝手に創価離れをし、脱会までいきついて
しまったのですが、私は母が脱会決意しなくても別に良かったんです。
本当に、どうでもよかったんです、ぶっちゃけて言いますがw
時期を年内とだけ書いてるんですが、母の決意がその日までに
心揺らがないとは限らないし、やっぱやーめた!って言われても
全然OKなので。
でも私は、誰が何を言おうと、母が悲しもうとわめこうと、脱会することだけは
決めてます。

けい様

>少なからず連絡をシカトしてることへの罪悪感や
>シカトすることしかできないもどかしさが自分を窮屈にします。

罪悪感、持ちますよね。わかります。
自分も活動していた頃があっただけに、洗脳下にある同志が「善かれ」で連絡や
家庭訪問してきていることも、知ってますもんね。

けど、相手にこたえなければならない・・ってことはないんですよ。
悪いって思わなくても、ぜんぜん大丈夫です。

必要以上に相手の気持をはからなくてもいいんです。
向こうはノルマの一環できている場合もあります(解りますよね?)
真心といいながら、その奥底を探れば「功徳ありき」かもしれません。

相手をどうにかしたいという学会員の欲望は、文字通りエゴなんです。
それは学会員に限らずですが・・下心がある人たちに対して
適当にあしらったところで、無視したとしても罰など当たりません。

ご自身を一番大切に守ってくださいね。

しのぶ様

まずは、ご出産おめでとうございます!
脱会経緯も詳細にレポートしてくださって、ありがとうございました。
急な転勤だとバタバタして後回しになりそうなところ、よく閃きに
したがって決断&行動されましたね!凄いです。
そして「時」が来ていたってことかもしれませんね。

お母様の反応についてですが、何も知らされていなかっただけに
ショックが大きかったんだろうな・・とお察しします。
けど、そのことにしのぶさんが罪悪感をおぼえなくても大丈夫です。
お母様のその後、まったく連絡がないわけでなく、旦那さんに連絡を
しているってところが、全然大丈夫のサインだと私は感じました。
きっと、お母様もいろいろと思う処あっても、複雑で言葉にできないのでは
ないでしょうか。
しのぶさんが直接何かを働きかけずとも、お母様にも変化が
訪れているはずです。
しのぶさんが日々を和やかに健やかに、家族とむつまじく暮らしていると
旦那さん越しにでも伝われば、それでいいと思います。
しのぶさんが思いのままに楽しく居られたらそれが一番です。
あまり意識しすぎずに(避けられていると感じているのは、もしかしたら
思い違いかもしれませんし)
自然に接することができれば、それが良いと思います。
相手の事をあれこれ思いめぐらせるよりも、自分に集中するのが、まず先です。


2016/10/31 (Mon) 17:35 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

元しらゆり長で昨年脱会しました。
以前書き込ませてもらいましたがHN変更しています。
脱会の経緯をお伝えしようと思いながらプライベートで変化があって、ばたばたしていたので遅くなりました。
早いものでもう一年と数ヶ月経ちましたが仏罰と思うような事もなく、平々凡々と日々をありがたく過ごさせて貰っています。

誰かの参考になればと思い脱会経緯書かせてもらいますね。
一昨年秋に非活決意し幹部に宣言。役職は休みました。
年明けて新聞停止。販売店の奥さんが幹部で知っている人なので連絡した時は緊張しました。
旦那さん(本部長)が出たので、根掘り葉掘り聞かれることもなく受付けてくれましたが
引き留めとかあった時のために会話は録音していました・笑。
財務も結局振込スルーして、1月の終わり頃に支部婦と地区婦が家庭訪問。
家庭で何かあったんじゃないかと心配してる、元気出してねって言われました。
祥蘭さんも書かれてた通りで働きに出る=リストラや生活苦と勝手に想像するんです、あの人達。
こっちは活動したくないから働きに出たのにって内心モヤリましたが何も言いませんでした。

2月に相方の転勤決定。急な人員補充で直ぐに来て欲しいとの話でしたが、私は派遣契約が春まであったので
先に相方だけ単身赴任。
引っ越しの準備を進めているときに空きが出て社宅に入れることになりました。
社宅に家庭訪問とか絶対来て欲しくない!
わりと所帯数も多いので、相方の上司や先輩にあたる方が学会員だったら…?
無下に遇らえない!シンドイ!絶対無理!と思い立ち、脱会するなら今でしょ!
それまでは脱会は母親と話し合い納得してもらってからにする予定だったんですが
その時間は無いと思い、内緒で手続きをしました。

転居後に支部婦と地区婦にメールで引っ越しと脱会の件と共にこれまでの御礼を連絡しました。
支部婦から返信で、悩んでいただろうに力になれなくて申し訳なかったです。お元気でとありました。
ネット上で云われているような冷たい文言とか不幸のメールではなかったです・笑。
きっと人によるんだと思いました。

転居後は生まれ変わった新しい私で暮らしています。
誰が学会なのかもわからないし私の過去を知る人もいません。
道やスーパーで会うんじゃないか?と気にすることもないし、普通に暮らせてる事がありがたいです。

一つ問題?!があるとすれば、私の母親に脱会がバレて以降ギクシャクしている事です。
実は4月に出産したのですが里帰り出産して自宅に戻る時に
母がどうしても一緒に来たいと(初孫で可愛くて離れるのが寂しかったらしく)ついてきて、
仏壇が無い事からバレてしまったんです。
私が嫁いで転勤先に母が来た事は一度しかなくて油断していました。
活動しないならまだしも脱会までする必要ないでしょうと…怒るというよりか呆れていました。
孫の写真や動画は送ってほしいらしく、相方にしょっ中連絡してきますが私にはあまり連絡をくれません。
私が勝手に心配してた脱会を相方のせいにされる事は幸い無かったけど、
私がその決断(脱会)をしていたって母親にはそっちの方がショックだったんでしょうか…。
心を閉ざされたようで、私から連絡しても塩対応で、こんな事なら派手に喧嘩になる方がまだ諦めがつくかもしれないです。
母はワークで所謂活動家ではありません。ゆる活です。
塩対応も私側じゃなく母親の問題として、放っておけばいいんでしょうか?
アドバイス頂けたら嬉しいです。

ニュー・アース、子育てが一段落ついたら読みたいです。
今まで知ることのなかった全く新しい世界を教えてもらえて
毎回目からうろこです。
そしてとても自由で素敵です!
脱会後いつも感じていることは縛りが多い世界に居たなぁって事でした。
あれはダメ、これはダメ、これしかダメと。幸福のためにしてきた事が自分の世界を狭めて
窮屈にしていたんだなって気がつきます。

いつも沢山のことを教えていただいて祥蘭さんに感謝してます。
これからも更新を楽しみにしています。



2016/10/01 (Sat) 11:58 | しのぶ #dFr.oK0M | URL | 編集

コメント2回目です

初めてのコメントに丁寧にお返事いただきありがとうございました。
うれしかったです!

8月9月の記事はまだ読めてないんですが
とある出来事からの気づき…
そこからの分析と新たな見解のための導きとの出会い、
それが祥蘭さんの言葉で明快に論破されていく様が
見事でかっこよくて、見てるこちらも爽快な気分になります!

私はどっぷり創価の思惑にはまり
思惑通りな創価流の生き方をしてきたわりに
そこまで思いつめることなく今を生きられているのは
尊敬と信頼をしている夫の存在が大きいなと
改めて思いました。

バリバリ女子部本部長のときに出会った夫、
私のバリバリっぷりを全て見てきて
私が普通の人間へ変身を遂げw
現在に至るまで変わらず側にいてくれる夫。
本当にありがたく、幸せに思います。

ただやはり、女子部時代の仲間や先輩は、
「けいちゃんがお休み期間に入ったみたい」(笑)
とまで思っていても私がここまで覚醒したと思ってないのでしょう…

変わらず、
「今○○さんが病気のため一緒に祈りましょう。色紙を書いて届けたいのでいつ会える?」
だったり、「結婚が決まり式に来てほしい」だったり、離してくれません。

連絡が来るたびに心臓がドキ---ンと強張る感覚があります。
やはり夫のおかげで左右されず生きてると思っても
後遺症があるんだなと思ったり。

少なからず連絡をシカトしてることへの罪悪感や
シカトすることしかできないもどかしさが自分を窮屈にします。

こうやって連絡してくる女子部時代の仲間には
せいいっぱいの自分の状態や気持ちを話しても
「わかるよ~」っていいように捉え
「今はそういうときなんだね」って・・・開放してくれません。
だからシカトするしかない・・・

地元の婦人部しらゆり長さんも、
1回母親にはめられ会ってから、

(結婚当初、母が我が家に来たときに
コソコソそのしらゆり長と連絡を取り、
「今なら私いるので娘を玄関先に出させます」
とでもやり取りをしたんでしょう、
支部婦・地区婦、しらゆり長で挨拶に来ました。
ほんと吐き気がするぐらい気持ち悪いやり方しますよね。
それ以来インターホンモニターで確認し、出てませんw)

たまーに本幹の入場券やなんらかを
ポストインしていきますが
これも直接言いたいこと言うべきか、
シカトを続けるか最近とても迷っています。
現役時代の私と違って、
そのしらゆり長さん、とても気が弱そうというか
申し訳なく来ている感が伝わるんですよね。
かわいそうに・・・


縛られていないつもりでも
結局は開放してもらえず
インターホンの音に怯えてます。

もうそろそろ子供も生まれます。
初産のためとてもビビッてます><

とにかく今とても幸せなので学会に左右されず
家族でこのまま幸せで居たいです。

今回の長々とすみません。
これからも更新がんばってください☆

2016/09/29 (Thu) 11:24 | けい #gIYQI5Sw | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2016/09/21 (Wed) 19:19 | # | | 編集

アズラ様 まちゃちゃ様

コメントありがとうございます。承認が遅くなってすみません。

アズラ様

「日蓮自身は「宿命転換」なる言葉を書き遺してもいない」
これ、ほんと盲点ですよね。
絶対日蓮キーワードだと思ってました、私も。
意外とそんな方、多いと思います。

>我慢して長くやったら偉い、的なことに…。
>なんかもう、部活の練習がきついけど、辞めないで頑張ってるよ!
>みたいな…。宗教ってそういうものでしたっけ?!

ここ、面白くて笑ってしまいましたw
アズラさんのおっしゃる通りですね。
でも、創価って好きですよね~スポ根的な・部活的な事。
たとえば10時間唱題とかw
身体的苦痛を与えながら自分を鍛える!みたいなことが。

イヤな事があっても逃げずにやってる・・
それが果たして「偉い」のか?! も、人によって評価がわかれる
ところですよね。
ただ、創価ではそうすることが「美徳」であり「必ず報われる」との
刷り込み・洗脳がなされているので、やっぱりまともじゃないんですね。
世間的にも、そういった事は「美談」とされがちなのですが
本当に自分がやりたくてやってるなら、愚痴はでないはずなんです。
どこかで信じがたいな、こんな事しなくてもいいんじゃ?って思いを
握ってるから「嫌な事があっても逃げずに」なんて言葉になっていると
思います。
学会活動に対する本音が出ていますよね。
お友達も、きっと半信半疑なんだと思いますよ。
一点の曇りもなく信じているわけでは、ないのでしょうね。

アズラさんのお母様、過去に信仰体験がおありなんでしょうね。
信心のおかげで・学会のおかげでここまで来れた!と感じている
高齢者って本当に多いと思います。
私の母も、会合にはいろんな理由で出なくなりましたが、
その点だけはブレていないんです。
なにかあったらお題目だよ!って言葉も、全く同じくです。
それはお母様が「言いたいから言っている」だけの事であって、
言葉にして口に出すことで、自身の安心感を高めたいだけかも
しれません。 
私はそう思うようになったんです。自分軸・他人軸を知ってからです。
また、そのあたりの見解は記事で書かせていただきます。

まちゃちゃ様

初めまして。コメントありがとうございます。

>人の事を悩める心を持つ人は美しいって、教わって。
>そんな自分に満足してた過去も(女子部の時ですが)
>思い出しました。

ああ、そんな指導もありましたねぇ!
他の方で「率先垂範」の刷り込みが、他人の事も自分事として
ジタバタさせるキーワードだと思いあたった、とコメントくださいました。
自ら進んで我先に、ってことですね。
女子部なんてほんと、ろくな組織じゃないですねw
余計なことばっかり刷り込まれてしまったなと。

>人の悩みや問題は話だけ聞いて、私が巻き込まれないようにしたら
>いいんですね。
>でも、どうしたらいいんでしょう?

「何もしない」
「ただ(出来事を)見つめる」で、良いですよ。

問題というものは「問題」と感じるから問題化します。
同じ出来事が起きても、全く平気でいられる人もいれば・
尋常でなく取り乱す人もいるように
人によって違うんです。
結局、問題化しなければいい話なので、他人の事であれば
なおさらです。

心理学でいわれていることなんですが、他人の問題などは
絶対に「横取り」しちゃいけないそうです。
本人に解決能力があるから、その問題がおきている。
本人のチャンスを、横取りしているようなものらしいです。

「助けて」ってお願いされた時だけ、どうするか考えれば
良いので。
もちろん断ってもいいし・引き受けてもいい。
大事なことは、自分の気持ちに嘘をつかない事です。
心から助けてあげたいと思えれば、その心に従う。
少しでもいやだと思うなら、その心に従う。

このあたりも、おいおい記事にいたします。

2016/06/17 (Fri) 23:48 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

初めてコメントします

前からブログ読ませてもらっています。
学会二世のアラフォーです。
私も婦人部に馴染めず、非活になりました。
新聞はまだやめられなくて取っています。
主人は自覚のない二世です。

今回のお話を読み、私の事だ!と驚きました。
他人のトラブルに巻き込まれやすいです。
なんで私が?と思う事、沢山経験してきました。
(今も現在進行中〜)

自分の意志が弱いから?
ただ運が悪いから?
外見がなめられやすいのかな?(幼く見られます)
色々考えてもわからなくて。

依正不二、それだ!
今回腑に落ちました。
自分の問題として聞いちゃうこと多いです。
人の事を悩める心を持つ人は美しいって、教わって。
そんな自分に満足してた過去も(女子部の時ですが)
思い出しました。

人の悩みや問題は話だけ聞いて、私が巻き込まれないようにしたら
いいんですね。
でも、どうしたらいいんでしょう?

読み込む力が足りない??

そこがわからなかったので、良かったら教えて下さい!!





2016/06/10 (Fri) 08:44 | まちゃちゃ #ZpiZsxmM | URL | 編集

No title

不勉強で、いい加減な未来部バリ活だった私…
「日蓮自身は「宿命転換」なる言葉を書き遺してもいない」
初めて知りました…(汗)

組織の指導って、何なんでしょうね…。
時代によって変わったり、人によって変わったり…。

子供の頃、神社の鳥居をくぐってはいけない、敷地に入ったら汚れる
なんて言われていたのに。
今じゃ、地域のためにお祭りに協力しましょう、みたいなスタンス。

私の元?親友(役職、地区婦)は、長年、
「叶わざることなし、の信心だよ!」
と私に話してきたはずなのに、私が覚醒して本音トーク(メール)で
  「願えば叶わないことが無いのが信心」と指導される。
  でも、祈っても祈っても実現しないこともある。
と書いたんですが…

  じゃ死んだ人が必死に祈ったら生き返るんか?って、
  全部が自分の思う通りに叶うならみんなやるよね?」
  でも実際はそうじゃないでしょ、自分の都合良く捉えて、感謝して、
  前向きに生きていける。それじゃ納得出来ないかな?
  世の中、全てが完璧じゃないよ。
  「願っても叶わないこともあるけど、信心ってすごいよ」って
  指導されて納得出来る?そんなのやりたくないよ。」

ってありまして。結局、願いは叶わないわけね、みたいな…。

そんな過去を思い出しつつ、祥蘭さんの
「じつのところ、特定の宗教(団体)に依らなくてもいいのです。」
というところに、強く強く同意した次第です。

おっしゃるとおり、学会活動、なんてのが、訳分からないのです。
バリバリな元親友も、選挙は嫌だ、って、はっきり書いてました。
それでもやる。メールの中には、こんな一文もありました。

 「私だって偉そうな事言ってるって思われてるかもしれないけど、
  その分○○(私)より活動してきたよ。やめたくても続けてきた。
  イヤな事が沢山あっても逃げずにやってる。」

ってもう、我慢して長くやったら偉い、的なことに…。
なんかもう、部活の練習がきついけど、辞めないで頑張ってるよ!
みたいな…。宗教ってそういうものでしたっけ?!

色々ありながらも、お母様が「ゆるっ」とされていること、
率直にうらやましい限りです。

体調が悪くてもバスに乗って会館に行ったり。
読みもしない書籍を買っては積み上げたり。
自分の悩みは莫大でも、娘のちっぽけなグチには「お題目よ!」と言ったり…。
独り身の母が、楽しい余生を過ごせるなら、それでいいのですが。
できれば、もうちょっと、組織のおかしさに気づいて欲しいところです…。

2016/06/06 (Mon) 00:25 | アズラ #MyJ0QW/M | URL | 編集

けい様

けい様

コメントありがとうございます。
公開とお返事が大変おそくなってしまいました。すみません。

未来部から人材グループ選抜だったとは、エリート中のエリートですね。
親御さんもそれなりに幹部の方でしょうか、お察しします。
(本部幹部と書いてありますね、なるほどw)

子供時代から創価という、一般世間とはまた違う特殊な世間に
取り巻かれて暮らしていると、その世界で「いい子」でいるのが当たり前に
なってしまいがちですよね。
親御さんが幹部だと、なおの事だと思います。
幹部の子、というだけで目立ちますからね、組織内では。良くも悪くも。
おせっかい監視員が一般人より多くいる環境というか。

けいさんは、途中で自分の心の声(本音)に気がつかれて、躊躇なく
心の声に従って行動を起こす事が出来、本当に幸いでしたね。
役職者の覚醒は、なかなかに大変なことだと思います。
周りの事を考えすぎてしまい、自分に嘘をついてズルダラと活動を
続けてしまうパターンもあります。
そういった方はほぼ、うつ病や心身に不調をきたしてしまう。
それを「罰」と考えてさらにドツボにはまったり、
自分を責めてなかなか回復しない等、厄介なことになってしまいます。
何も恐れずに、けいさんのようにバッサリ止めてしまうのが、一番です。
学会組織や部員さんの為に生きてるわけじゃないですよね、自分が一番大事です。

素敵なパートナーに巡りあわれて、親御さんとの関係も良好だそうで
本当に何よりです。
こういったお話を伺うのが、一番嬉しいです。
迷われ・悩むどなたかの一筋の希望になると思います。

特に悩まれる若い世代の方(女子部、男子部)、けいさんを見習ってほしい!
独身時代にしかできない事ってたくさんあります。
組織になんて尽くさなくても、幸福は自分次第です。

貴重な経験、お聞かせくださってありがとうございました。


2016/05/27 (Fri) 16:19 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

はじめまして。

2013年夏ごろからずっとブログを拝見しておりました。
ずっとコメントしたいなって思ってたんですがコメント欄に気付かず、昨日気付いた次第です。

この3年、(もう3年経つのかぁ…あっというま。) 祥蘭さんのブログにどれだけ救われてきたことか…
感謝してもしきれません。

2013年、学会は大誓堂(だったかな、忘れましたw)建立に向け盛り上がり、夏の参議院に向け走っていました。
わたしは当時、女子部本部長。
そこから覚醒しました。
(結局時期的に人事異動があり、その後、分区(圏)主任部長が最後の役職でした)

わたしは小学生のころから某音楽人材グループに入っており、覚醒後に結局20数年やりとげ卒業するぐらいのバリバリバリ活。

そりゃーもう少年部のころから輝く人材、女子部になってポンポン役職が上がり、部長になり早めに本部長になり、本部長も5年ちょっとやったでしょうか、うれしくもないエリートでした。

かわいそうなことに自分で考える力も身につける前に洗脳され続けた人生だったのですね。
どこかおびえていて縛られてることに窮屈に感じながらもこれが幸せと言い聞かせずっと学会流「素直な子」を演じていたんですね。

期待されたように結果も出すし、けいちゃんなら安心だと若いうちから手のかからない子でした。

丸一日、自分の自由な時間がある日なんて数ヶ月に1回あるかないか・・・
でもそんな中、友達や彼氏(彼氏なんてタブー中のタブー)との時間をこじ開けていて、帰り夜遅く帰宅している姿を婦人部に見られ上からの注意を受けました。
「けいちゃんが男の人と夜遅くに歩いていた。」「酔っ払っていた。」等。そういう話をよく聞くんだよね、大丈夫?って。

後ろめたい気持ちでしたよ、いつもいつも。
地元を歩けば誰かに見られている、私は知らなくても私を知っている人がいる、しっかりしなきゃっていつも思ってるんですから。

注意されたときは本当にごめんなさいって思って凹みました、よく考えてみると、そんな中でも自信を持ってやることはやっていたって言えたし、結果も出してきたのに、何がいけないんだと、腹がたって何かがプツンって切れました。

わたしの青春、すべてを学会に捧げたつもりです。
なのにわたしの気持ちも知らないでどこの誰かもわからないやつに告げ口され、何かどうでもよくなり選挙本番1週間前にもう何もやらないって決めてそこから全て放置してやりました。

女子部の人やたくさんの大好きな部員さんたちを思うとほんとにごめんねって気持ちでいっぱいでしたが、どうにもこうにも気持ちがついていかず。
同居していた本部幹部の両親も真っ青で半泣きですよ。
ほんとあのときの我が家の悲劇ったら・・・

そこから「嫉妬と嘘しか書いてない」と教えてこられたネットを時間を忘れるくらい漁り、いろんなことの辻褄が合い、スーーっと気持ち楽になっていきました。
そのときに祥蘭さんのブログにも出会えました。

まぁそこからもろいろありましたが3年近く経ち今思うのは、時間はかかりすぎたけど気付けてよかったってことです。
自分の時間、ゆっくりできる時間を持てることの喜び、それが当たり前なんだって受け入れるまで戸惑いましたが。
本当に穏やかに生きています。

それから大好きな、心の広い優しい楽しい人と結婚もできました。
お腹の中に赤ちゃんもいます。
この上ない幸せ。

仏壇ももちろん持ってきていません。
親もうちの夫をとても気に入り、これまでのギスギスしていた私、2013年当時の闇の中にいた私より夫といる穏やかな私のほうがいいんでしょう、ほとんど何も言わなくなりました。

新居に来てからもまぁいろいろありますが、これまでの知恵と経験がありますのでうまくやってますw

すみません、長々と。
祥蘭さんに知っていただきたかったのと、感謝の気持ちを伝えたくて。

これからもブログ楽しみにしてます。
2016/04/18 (Mon) 10:24 | けい #cYq3zJsc | URL | 編集

ウガク様

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
お元気でなによりです。

同時中継が隔月になったとは、知りませんでした!
さすがにネタ切れですかね・・。過去の池田老人映像を流してるって
噂で聞きましたが、そんなもの見せられても・・今の姿動画で見せて!って
要望する会員も、きっと多かったんじゃないでしょうか?
もちろん、内部アンチにありがちなヲチ目的ではなく、純粋な求道心からw
または、経費がかかるから減らした可能性もありますよね。
あの中継、何気にすごくお金かかってると聞いた記憶があります。

>「青年とは年齢ではない」は虚しい言い訳、最早「青年学会」もギャグw

まさにその通りですねw
無駄に長期間トップに立って、その間に幹部増殖しすぎ、
息子二人も中枢に入れてしまったもんだから、そりゃ魑魅魍魎でしょうね@上層部。
権力闘争wも、想像に難くありません。

>「おいおい、頑張らなくていいから」と思わず呟いてしまいました。
創価では逆境の中で頑張ることがステータスになっていますが某ブログに、「学会人は無理をしている」とありました。

苦境・逆境に遭っても頑張っている、それが美徳とされる世界でしたし
それで報われないなんてありえない・おかしい!絶対変われる!と
あかの他人の体験を通じて自己暗示をかける集団洗脳ですよね。
また、あかの他人の幸せを祈ることで自分もその体験に「のっかる」
事も出来て(そんなことしなくていいんですが・・)。
もっとほかにやること、あるでしょ?と、思います。
きっと好きでやってることでしょうから、止めはしませんが。

>「活動すると小さな悩みなど吹き飛ぶ」という人がいますが、それは形を変えた現実逃避というもの。広宣流布の名の下に、さも世界平和に貢献しているかのような錯覚に陥っているだけです。

ウガクさんのおっしゃる通りです、通りでした。
活動なんてしなくても、自分自身がその悩みにとらわれなければ
実は吹き飛ぶんですよね。
そこをうまく「活動のおかげ」「信仰のおかげ」ひいては「学会のおかげ」で
悩みがふきとんだ・解決した!と勘違いさせるシステムだったと
思います。若いころの自分に教えてやりたいw

>会員は駒としていいように使われているだけということに、いい加減気づくべきです。以前某議員が、「センセーが喚問される、されないというよりもそういう話が出ること自体が問題なのよ!」と涙ながらに訴えていたと聞きました。
当時はMC下で、「あら!でも良い機会じゃない?センセーが国会で堂々と話せば皆ビビって納得するわよ」と思った私もかなりヤラレてましたw

ありましたね~、証人喚問。先生を国会に引きずり出そうとするなんて!と
悪人扱いしましたね・・亀井静香先生でしたっけ。菅さんなんかも
仏敵でしたよねw そんな仏敵がのちに首相にまでなってしまいましたが。

ウガクさんのMC下の思いにウケましたw
ほんと、堂々と出ていけば良かったのにー!! 
日本のメディアやマスコミは創価叩きばかりで誉は封印しやがる!って
えらくオコでしたけど、国会でギャフンといわせてやる!くらいの
気概がほしかったですねw
NHKで国会生中継してもらえばなおよし。
逃げも隠れもしないでよかったのにw と、今となっては思います。
(ええ、もちろん本気ではありません、Disってますw)

ウガクさんの鋭い切り口と、読ませてくれる文章に久方ぶりに
触れることが出来、嬉しかったですv

@@@@@@@@@@

コメントの返事が遅すぎるせいで、気を使っていただいて
非公開でくださる方が多いのですが(すいません&ありがとう
ございます)
気が向いたら、公開でも書きこんでくださいませ。









2016/04/11 (Mon) 23:35 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

ご無沙汰しました。
久々ながら長文失礼します。お時間のある時にお読み頂ければ幸いです。
故あって♪昔の名前で出ています(古)w
非活生活も板に付いてきたウガクです(^_-)
ここ数年は座談会はおろか同中さえ欠席です。
同中が隔月開催になったのは御存知ですか?
センセー不在で盛り上がらず出席率もダウンで苦肉の策かしらw
弟子wには、「後輩を自分以上の人材に」と指導しながら、出る杭を打ち君臨し続ける池田老人を阻止できなかった側近イエスマン達の無能と保身の成れの果て。まさに祥蘭さんの仰る通り、「今さえ良ければいい」という輩が中枢を占めているということですね。
新人事も会長続投、若手を退けロートルを据える派閥抗争露呈人事。
この高齢化人事に「創価学会の未来は暗い」と評していた方がいました。
「青年とは年齢ではない」は虚しい言い訳、最早「青年学会」もギャグw
ところで、祥蘭さんのご実家周辺の「寒い現実」は我が地域も同様です。
お気の毒ではありますが外部の方々の不運には、「罰よ!現証だわ!」と騒ぐ創価脳が同志や自らの不幸は創価定義で誤変換する御都合主義と傲慢ぶりに今更ながら恐ろしさを感じます。例えば私が知り得ただけでも、①御主人が事業に失敗し二児を抱えパートを始めた白ゆり長②生活のため高齢でパートを始めるも無理がたたり御夫妻とも相次ぎ亡くなった支部幹部③態度Lサイズ幹部だった御主人病死後、認知症と経済苦で福祉のお世話になっている婦人(②③お二方とも御子息が複数人いらしても親御さんを見る余裕はないとか。しかしながら以前、高額財務の体験発表をした御子息がいるという本末転倒)祥蘭さんの仰る通り、生活保護等の制度は切実に必要としている方のために使われるべきです。
会員の中には財務を始め様々な創価関連事物に財産を注ぎ込んだ結果、困窮しているように推察される方もいます。無責任な本部は、「本人の意思でしたこと、そんな指導はしていない」と決まり文句で現場に責任転嫁しますが、財務を煽ったり聖教の多部数購読を強要したり代作本を半強制的に買わせるような悪因を作っているのは本部!即刻改めるべきです。
あ、選挙事務所への陣中見舞やグラフの押し売りも止めてほしいわね。
更に④自身も病に苦しみながら親御さんの介護をしている等々枚挙に暇がありません。すべて創価のせいとは言いませんが「活動が幸福の直道」は嘘でしょ!
むしろ、仕事や趣味を充実させ精神的にも経済的にも豊かな生活を送っている方々は外部に多くお見受けします。また④の彼女は年賀状に、「でも頑張っています」とありました。
「おいおい、頑張らなくていいから」と思わず呟いてしまいました。
創価では逆境の中で頑張ることがステータスになっていますが某ブログに、「学会人は無理をしている」とありました。
祥蘭さんのご指摘通り、活動しないとセーフティネットも作動しませんしねw
嘗て私自身、出口の見えない活動と私生活の狭間でいつも焦燥感に苛まれていました。思えば少年部時代から、「もっと明るく!」だの「元気に!」と創価の理想像を強いられてきたのだと気づきました。
まだ池田老人が元気だった頃、「広宣流布に終わりはない、闘いとは永遠に続くものだ!~」と話すのを聞き愕然としたことがありました。騙されたような気分とでも言いますか。
幼い頃から、「21世紀には創価の時代に~」と呪文のように聞かされてきたのに…この生活が一生続くのか!?と。本来ならこの時、覚醒すべきでしたw
しかし悲しいかなMC脳、考えてみればそうかもしれない…と疑問を封じ込めてしまいました。
創価は本当に大切な人や物事は何かを考えさせず活動することを奨励します。
女子部時代の幹部が、「活動が出来る職場に行かせて下さいって祈るのよ!」と檄を飛ばしていましたが活動嫌い&仕事に邁進していた私は、なんで願ってもいないことを祈らなければならないんだ!?と思っていました。「活動すると小さな悩みなど吹き飛ぶ」という人がいますが、それは形を変えた現実逃避というもの。広宣流布の名の下に、さも世界平和に貢献しているかのような錯覚に陥っているだけです。
昨今の世界情勢、公明党の変節ぶり(今に始まった話ではありませんがw)を見れば明らかです。
その昔、婦人部幹部が会合で、「テレビで変なこと(学会批判)言ってたら直ぐ電話(抗議)するのよ!」と指導していたこともありました。そういう自分は電話してるのか?と疑念を抱きましたが。
同様に、「センセーの悪口を言われて黙っていてはいけない!弟子として師匠の正義を訴えなければ~」と熱く語っていた幹部もいました。真面目な人ほど真に受けて行動に移しますが世間からは、「痛い人」扱いされるだけです。
会員は駒としていいように使われているだけということに、いい加減気づくべきです。以前某議員が、「センセーが喚問される、されないというよりもそういう話が出ること自体が問題なのよ!」と涙ながらに訴えていたと聞きました。
当時はMC下で、「あら!でも良い機会じゃない?センセーが国会で堂々と話せば皆ビビって納得するわよ」と思った私もかなりヤラレてましたw
近年、創価の歴史や海外の建造物、池田老人の顕彰や対談に関する捏造・カラクリが根拠を示し暴かれています。創価はこれ等を常に、「嘘だデマだ!嫉妬だ!」と論点を摩り替え誤魔化してきました。
元々、池田老人はセンセーwであって師匠などとは思っていない私です。
会員をバカにした対応と異常な「師弟不二」の押し付けにウンザリし覚醒も加速しました。
未だ脱会できない苦悩はありますが会合や活動、選挙に振り回されなくなった分、精神的負担はかなり軽減しました。
たまにバリ活やユル活との会話で、創価の言動を棚上げする矛盾や脳内花畑症候群には閉口しますけどw
バトルになるのが面倒なので言わないけれど、いまや公の席どころか音声動画も出せず年に数回、聖教に載る魂の抜けたような「センセーの姿」こそ一番の現証じゃないのwと思うわ。
2016/03/26 (Sat) 20:30 | ウガク #- | URL | 編集

アズラ様

コメントありがとうございます。
遅ればせながら、本年もよろしくおねがいします。

義父さんがお亡くなりになられたとのこと、ご愁傷さまでした。
一周忌、三回忌まで親族はいろいろと気ぜわしいものですが
どうぞ御自愛なさってください。お疲れが出ませんように。

子供が小学校にあがる前に組織と縁切り、これ大事ですね。
少年部員会なんて洗脳集会wに連れ出されたらたまりませんし。

私自身、長子にはかわいそうな(?)記憶を植え付けてしまい
「仏壇に手を合わせると祈りが叶う」と思い込んでいたようです。
私がそうしていたのを、見てたんですね。2、3歳ころに。
三つ子の魂・・といいますが、本当だなと。
今は修正に努めています。
逆に次子は、仏壇にむかって柏手を打っていましたw@実家
いやいや、そこには神様いないんだよと教えましたが。
親としてぶれてしまった責任を、感じているこのごろです。

決意発表は、無意味なものでしたよね。
個人的な目標だけでなく、それを完遂するための組織がらみの
目標も言わされていました。新聞X部だの、対話数だのと。
結局、アズラさんもいわれるように、そっちに結び付けたいだけでしたね。
今となってはただ、呆れるばかりです。

「堂々と覚醒の道を歩む」 いいですね!
そう何も遠慮なんかいらないんですよ。だって自分の人生です。
考え方や主義信条が変わったところで、誰にも咎めることなんてできない。
信教の自由が認められているこの国に住んでいるんだから、自分の思いのままでいい。
創価脳はさも親切そうに「あなたのためを思って」なんて言いながら
組織に引き戻そうとしますがw 大きなお世話です。
ろくに自分の人生も思い通りになってない創価脳が上から物言うなよ、って
私はいつもそう思ってますw



2016/01/23 (Sat) 23:16 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

喪中につき、新年のご挨拶を遠慮させて頂きますが、今年もよろしくお願い致します。

創価一筋のお母様が、やんわりと非活への道を歩まれているなんて!
失礼ながら、私の母よりも、御母様の方が創価の色に染まっている感じがしていましたので、驚いております。そして、羨ましい限りです。
私の母の周りでも、内部の人がこんな人でした、的な事が起きないかしら…。

私は住む場所を変えることは出来ませんが、2014年に時間配分を替え、2015年はつきあう人を替えることに成功した気がします。
バリ活地区婦の元?親友と距離を置き、子供を通じた新たな人間関係が広がり、とても有意義な時間が増えた1年だった気がします。

子供も、会合で「静かに」と押さえつけられることもなく、お友達とワイワイ楽しそうに遊んでいる姿を見ることができて、本当に良かったと思います。
ちょうど子供が幼児の成長過程でして、会合に連れ出されたこともあまり記憶にないようですし。トンチンカン地区婦も会わなくなったので、忘れているようですし。
良いタイミングで覚醒し、意思表示ができて、本当に良かったです。

先日家族と初詣に行きましたが、家族が元気に笑って過ごせますように、と手を合わせてきました。平凡ながら、それが一番の幸せだと思います。
見せかけの一家和楽なんて言葉はいりません。

創価は、本当に決意が好きですよね。何かと決意。
座談会でもよく「決意発表」させられたなぁ…。
新年最初だと、全員が順番に何かしら言わされたような。
○○の資格を取りたいと思います、と言えば、しっかり祈っていきましょうね!だったり…。何にしろ、そっちにつなげる返答なのね、というか。

まだ色々と悶々としてるところもありますが、ブログに書き連ねながら、吐き出させて頂いて、堂々と覚醒の道を歩んで参りたいと思います!
…と決意発表してみます(笑)
2016/01/05 (Tue) 01:40 | アズラ #MyJ0QW/M | URL | 編集

アズラ様

コメントありがとうございます。
返信が遅くなってすみません。

アズラさんのブログ、拝見しております。
お子さんが肺炎だったのこと、大変でしたね。
良くなられたとのことで何よりです。
子供の体調不良って、自分の体調不良よりもずうっと消耗しますよね。
アズラさんもお疲れ様でした。
集団生活(学校や園)に入ると、感染病は予防接種などをしていても
罹ったりするもので、避けようがないなぁと私も日々痛感中です。

けど、創価脳の人は病気を「信心を怠けているからそうなった」って平気で
言いますよねw
昔、女子部の大きな会合で役につかされた際、当日高熱を出して
欠席することになったメンバーがいたんですが。
幹部が難しい顔をして「真剣に祈ってないから、魔が入った」と
言っていたのを思い出しました。
んなわけねぇよ。と、今なら即つっこみますが、
当時はそういうものなのか!となんだか妙に納得していましたw
わがことながら、馬鹿でした。

ご本尊問題について、創価脳な人の講釈を聞いても
(&ブログなどで読んでも)
なるほどそうなのか!と納得できるような説は出てきません。
罰論に縛られて「疑う」事を極限まで恐れているから、組織批判を
したくない、ゆえに一切考えずにただ上から流れてきた話を
受け入れているだけに思えてならないです。

自由に柔軟にものごとを考えられないって、不幸ですよね。
私は組織にだまされている不幸の前にまず、自分で自由に考えたり・
決めたり、選んだりができない「抑圧」という、その不幸に気付いてほしいと
最近強く思うようになりました。

@@@@@@@@@@@@

昨年こちらに書き込みをしてくれた東子さんが
非公開コメントで、脱会の報告をしてくださいました。
この場を借りて、おめでとうございます。
また落ち着かれたら、公開でのコメントお待ちしております。


2015/11/15 (Sun) 22:10 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

「人の不幸は蜜の味」学会員を表す言葉ではないかと感じます…。
何かあると、喜んでやってきますよね…。

先月、子供が肺炎になって大変だったのですが、
絶対にトンチンカン地区婦に知られてはいかん!と思ってました。
「ほら活動しないから」「あなたの罰が子供に」とか、
意味不明なことを言って、誘い出しに来るのが目に見えてましたので。
おばさまとの会話を拝見して、絶対そうなるだろうと確信が…(汗)

病室で堂々と…というのも、あちこちである風景ですね。
周りを気にしないし、私は正しいという意識があるから恥じらいが無い。

うちの母も、子供が肺炎の時に
「死に物狂いで、ご本尊にぶつかって、祈りきってください。
 乗り越えてください。」
なんてメールを送ってきましたが。
私も「祈る」ということを否定しているわけでなく。
母が題目で、ならば、その道で祈りを捧げればいいと思いますし。
だからといって、他宗を馬鹿にしたり、悪だの魔だの、
おどろおどろしい言葉を使って非難するのはどうなの?と思います。

前記事になりますが、お姉様との同姓同名の事故のお話…。
想像を絶する婦人部ですね…。驚きです。
ろくに確認もせず黒っぽい服で押しかけてくるとは!!

また、「日蓮正宗の御本尊だけはNGで、他はオールOK」については、
私も疑問に感じますし、トンチンカン地区婦に聞いてみたいところです。
どう思われますか?と。長井秀和さんのように、あちこちの日蓮宗の寺で
研鑽してくるの、どう感じますか?と。
まあ…きっと、誤魔化されるんでしょうけども。
財務のことも、組織のことも、適当に流されましたし…。
まともな返答が欲しくても、信心根本!の意味不明な回答になって、
やりとりが成り立ちませんしね…。
昨年、バリ活友人とやりとりして、よく分かりました…。

2015/11/02 (Mon) 09:36 | アズラ #MyJ0QW/M | URL | 編集

アズラ様

コメントのお返事が、大変遅れましてすみません。

アズラ様のお母様や、地域婦人部のエピソードを拝見し
創価の婦人部に対して、洗脳が行き届きすぎている事に
改めて驚いてしまいます。
財務や新聞を続けていれば家庭経済は守られて・
やめてしまったら転落する。
これが日本全国、共通認識なんでしょうね。
そんなオカルトがまかり通っている事が現代日本で?マジか?
と、信じられない思いがしますが、組織ドップリだと疑う事を
しません。
私も、今だからこういった刷り込みはオカルトと言い切れますが
覚醒していなかったら、婦人部の活動はしなくても
嫌々ながら細々と財務新聞を続けたと思いますw
お恥ずかしいですが、アズラさんのご指摘通り仏罰論が
体に染みついてましたので・・。

一日も早く、会員の皆さんがおかしな思いこみから解放され
本来の自身の暮らしを取り戻す事を、願ってやみません。


2015/08/21 (Fri) 23:02 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

ブログにも書きましたが…
私の母も毎月小遣いとして現金をくれます。
父の遺産相続を私が放棄して、母一人に相続した為、私の小遣いと子供の
教育費用の補助に、が第一の理由です。
が、母としては「専業主婦で収入がないから、これで新聞と財務を」も
含まれています。

既に私が覚醒して、財務をやめ、新聞をやめたことを、母は知りません。
もし知ったら、冷静に話さなければいけないと思いますが、
母も以前、「財務は自分に返ってくる」みたいな事を言ってました。
それが本当なら、創価学会員は全員金持ちですよね。

そして、私の覚醒のきっかけを作った地区婦も、私が仕事をすると言った時
仕送りの必要があるのか。
主人が仕事をしろと言ったのか。
主人との仲が良くなくなってきているのか。
と、勝手な妄想を突きつけてきました。

仏罰論が体の中に染みついているんですね…。
ずーっと新聞を取って、財務をして、普通の生活を送っていると、
これをやめたら罰が当たってしまう!という意識なのでしょうね。
新聞を取っているときに不運があれば、乗り越えるための壁よ!
とか言っちゃって、新聞をやめて不運があれば、新聞をやめたからよ!
罰が出た!と大騒ぎなんでしょうねぇ…。

財務と新聞のお金で、家族でディズニーランド行こうとしている我が家は
平凡な幸せを感じる日々ですが。

にしても、新聞が大聖人様のお手紙、とは…。
そりゃ、カラーコピーも御本尊、になりますね。


2015/07/15 (Wed) 13:26 | アズラ #MyJ0QW/M | URL | 編集

こっこ様 アズラ様 ゆみ様 ミル様

コメントありがとうございます。
そして毎回お返事が遅くてすみません。

こっこ様

ご結婚おめでとうございます。
その後、どうしておられるかな?と思っていました。
ご報告頂けて嬉しいです。

無宗教形式の挙式をされたとのこと、真っ向から衝突するのでなく
ゆるやかに折り合われたのは大変賢明であると感じました。

今後について「なるようになる」それが一番ですね。
事にあたって深刻になりすぎず、非会員の立場で冷静に
対処できるのが、外部の方の強みだと私は思います。

どうぞ末永くお幸せに。

アズラ様

新年GG会について、情報ありがとうございます。
昔から会館でもあったのですね!

お寺&会館両方に出かけた記憶が無かったのですが、
私の地元はお寺と会館の距離が離れていましたので
おそらく別日程で開催されていたのかも?と思いました。

高齢者にとっては人と会える貴重な場、でもあり
同志しか友達のいない老若何女にとっても会館での会合は
貴重なコミュニティスペースなのかもしれませんね。
組織の囲い込みが、見事に成功しているとでも言いますか・・。
寂しい事だなと思います。

ゆみ様

先に、非公開にしている事をお詫びします。
理由はメールアドレスを記載されていたからです。

このブログは残念ながら、思いを同じくしている人だけが
見ている訳ではなく、激しい活動家wの方も閲覧されています。
そのため、個人の特定を避ける目的で
メアド等の個人情報は、書き込まれませんようお願いしています。
ですので念のため非公開とさせていただきますね。

お姉さまのお話(他人の私が言うのも申し訳ないですが)
酷い、と思いました。
ゆみ様が疑問に思われている点
(組織が相続放棄を差し向けたのか?)については
私には正直、解らないとしか言えません。すみません。

相続放棄申述受理通知書が家裁から相続人に送られますが
それは受け取られましたか?
法的な手続きを確実にふんだのであれば(明確に証拠があるのでしたら)
お姉さんの話した内容は、あながち嘘ではないのかもしれません。
それにしたって理解に苦しむ行動ですが・・。
教義的に、そのような事はないので。
逆に相続分を財務しちゃいなよ!と幹部が勧めるいうエピソードは
聞いた事があります。
なので、放棄してしまったという点が私には不思議?で謎です。

ただ、手続きは自分(お姉さん)がやっておくからと
必要書類だけゆみ様から受け取って、後のことをゆみ様が知らないというのであれば、
それは大問題ですね。
お姉さんが勝手に一人で相続してしまった可能性もあると思います。
もし、↑この状況であれば、お姉さんを再度問いただしたうえで
弁護士さんに相談されてはいかがでしょうか?


ミル様

カルト宗教のことを調べていると、絶対と言ってよいほど
家族問題が出てきます。
創価に限らず、新宗教の大半が家族の断絶であったり・虐待に
近い様な主従関係を強いたりと、色々あります。

創価も昔と今ではかなり路線も変わって、今はどこを目指しているのか
正直離れてしまって傍観している私にもさっぱりわかりませんw
ただ、今でも「未来部育成」だとかで夜の会合に積極的に子供を
参加させ、コーナーをやらせるのは定番なんだそうで。
時代がどんなに変わってもやってることはアナログで伝統的w
莫大な資金力でそのうち会員専用通信会社も作るんじゃないでしょうか。
創価のアンチ情報などは一切フィルタリングされるようなプロバイダw
子供達に本当の事なんて知られたらたまったもんじゃないですから。
この情報化社会に対応するにはそのくらい、やりそう。
徹底的な情報操作と遮断ですね。

ミル様の仰る通り、ごく普通に家庭生活を子供に送らせてあげる事を
柱とすべきですよね。本当にその子供の幸せを思ってるんならば。
昼も夜も母親が組織のために走り回り、家事もテキトーに
する挙句、
生きてるか死んでるかもわからない大師匠のために生きろとか
尊敬しろなんて子に教えるのは、ほんと大間違いだと思います。

@@@@@@@@@@@@

なかなか更新がままならず、コメント返信も遅くなりすぎで
申し訳ありません。

夏休みにまとまった時間がとれそうなので
その時に遅れている(?)記事を一気に書きます。
早く夏休み、こないかな~♪(待ち遠しい)

私は元気にやっています。
あまりにも更新をしないと、心配して下さる方もいらっしゃって
大変有り難いことです。

梅雨まっただ中ですが、皆様、体調管理に留意なさって
健やかにお過ごしくださいね。


2015/07/05 (Sun) 23:31 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

こんにちは。



カルトの被害がたくさんあるのに、公明党のせいで、カルト対策ができないんでしょうね。
少子高齢化で社会保障費が必要なのに、宗教法人だけ課税されないのはおかしいですね。
収支報告書も義務付けていないですし。


創価は、精神的虐待など劣悪な家庭環境が多いですね。
このお子さん、修学旅行が京都方面(金閣寺や清水寺など)という理由で参加することができませんでした。
祭りのときも、お神輿に参加することができませんでした。
遅刻・欠席がかなり多いため、学力が遅れていたようで、自分に自信が持てないから、学校に行きたくないという気持ちになって不登校になるのでしょう。
先生は、心配して毎朝迎えに行っていたようです。
そしてなにより心配なのは、愛情不足なのか、担任の先生にべったりくっついて甘えていることがよくありました。

子供が自分からカルトに興味を持つことは考えられないですし、池田大作が師匠だと言われても納得いかないでしょう。
池田大作は、師匠のために尽くせと言っても、弟子のためには尽くさない師匠ですから…。

創価の異常な環境では、子供が自分から断ち切るということは難しいですから、1日も早く児童相談所が介入して対処したほうがいいのではないかと思います。

これらが、破壊的カルトの特徴ですが、

☆信者本人の人格破壊

☆信者と信者の家族との間の関係破壊

☆信者と社会との関係破壊

盲信者は、このことに気付いてないどころか自分は絶対的幸福だと思っているので呆れてしまいますね。

ありもしない功徳に執着するのではなく、子供と一緒にご飯を食べて、宿題をみてあげたり、話を聞いてあげたり…たくさん愛情を注いであげてほしいと思いました。


2015/06/04 (Thu) 14:32 | ミル #- | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2015/06/01 (Mon) 02:21 | # | | 編集

No title

私は、曖昧な記憶ではありますが、幼い頃の新年は、まずお寺に行き、その後会館に、という感じだった気がします。
実家の地域では、昔から区内に会館とお寺があり、どこの家も、お寺→会館という感じで、2カ所は歩いて行ける距離だったこともあり、ぞろぞろと大人数が歩いていた記憶がうっすらとあります。
なので、宗門ともめたあと、お寺に行かず会館だけ、というのは当然(?)のように感じていました。

新年GG会については、今年、母が体調がイマイチながらも行ったことで、私の怒りが爆発したところですが、高齢独居となると、会合は「誰かに会える場所」なのだなぁ…とつくづく感じます。

2015/06/01 (Mon) 00:22 | アズラ #MyJ0QW/M | URL | 編集

こんにちは。
去年コメント残させて頂きましたこっこと申します。

2世の彼との結婚のことでコメントしておりました。その節は心温まるご返信ありがとうございました。

進展がありましてご報告させて頂きます。

その後、2世の彼と結婚致しました。学会員の親戚が多くいたので結婚式は念のため配慮をして無宗教形式で挙げました。

色々悩んでおりましたが、夫が非活であったこと。義母は熱心でなく義父は非会員であったこと。夫が創価嫌いな私を受け入れてくれたこと。

の1つでもかけていたら結婚は踏み切れなかったと思います(汗)

今のところ、新居には創価色は一切なく年末年始を含め何度か泊まりに行った夫の実家では畳部屋に小さな仏壇があるくらいで義母も勤行しているところは見たことがなく逆に拍子抜けしました。

それでもやっぱり今後何か不幸があった時、子供のことやお墓のこと。誰かのお葬式時。

考えると心に深く骨があってごくたまにズキズキ痛むような状態ですが、無関心を貫いてその時がおこったらなるようになるさーな気持ちで日々穏やかに過ごしていければと思います。

2015/05/27 (Wed) 12:17 | こっこ #- | URL | 編集

しゅうえい様 吉野様 アズラ様 ゆうみ様 春日様 ミル様

コメントありがとうございます。
コメントレスが毎回遅くて本当に申し訳ありません。

しゅうえい様

故人を偲ぶという点においても、創価はいちいち池田老人やら
初代二代会長を持ちだしてき、誰が主役なのかよくわからなく
なっていますよね。
経本でも回向が一番最後で、先祖供養以前に自分の願い
事をまず祈念するって
その順番どうなのさw と、覚醒した今は思います。
そして自分の願い事より先に、3代会長へ感謝する観念文が
ありました。
冷静になって読むと常識を逸脱してる内容でビックリします。
こんなの大真面目に毎朝毎晩念じてたかと思うと・・orz

脱会のご報告、おめでとうございます。
婦人部での活動歴があるしゅうえいさんの経験は、今現在
活動家でありながら矛盾を感じ悩んでいる方にとって
物凄い説得力だし、勇気を持つ人も多いかと思います。
決断行動には様々逡巡もあったでしょうが、
結果を出されたことが羨ましいです。
私はまだもう少し時間がかかると思われますので。

脱会後のご家族との関係など、学会員家庭だからこその
テーマは、私も興味深く拝見させてもらっております。
これからも楽しみにしております。
↑ブログに伺ってコメント欄に書けばいい内容ですね。
レスに書かせてもらってすみません。

吉野様

お友達からの連絡、ほんとしらじらしいですね。
選挙前の同窓会って、バレバレだっつうの!と私も思います。
吉野さんの毅然とした意思表示にも怯まない婦人部w
さすがというか、なんというか。
選挙になると意味も無く張り切るタイプの人っていましたが
吉野さんのお友達も、そのタイプでしょうか?!

増税先送りもそうですが、最近では地域振興券(商品券)の
実績をごり押ししているようですね。
バラマキしてる場合か!と思うのですが、一番低いところの民意を
掴むのが得意なんだなぁと・・。
外部目線で見るようになって、良く解りました。

アズラ様

「パワーストーンで恋愛成就!大金ゲット!」
ありましたねw 今もあるようですが@雑誌広告。

創価の機関紙上はあくまでも、お題目の力だとか
学会活動(中身は謎)の功徳で経済的に恵まれるように
なったと、体験談に書かれていますよね。
財務のお陰でそうなったという体験談はひとつも載らないw
だのに会合では当たり前のように「財務の功徳体験」を語らせる。
詐欺に近い事だという自覚はあるんでしょうね。

アズラさんのブログで、住宅地図を買って戸別訪問することを
武勇伝としている・・という記事拝見しました。
背筋が凍りますね、ほんと。
その情熱を、もっと自分自身の血肉となる事に注げば
(件の方がどんな人か存じ上げませんが)
人生良くなるのにな・・と余計なお世話ですが思いました。
努力の方向を間違うって、これほど不幸もありません。

ゆうみ様

初めまして。コメントありがとうございます。

本質を見ようともせずに、やみくもに御本尊様に祈りなさいだとか
池田先生はこう言ってる云々引用されたりだとか
二世三世は皆、多かれ少なかれ経験しているようです。
それがどれだけ子供の心を傷つけるか、親は盲目状態なので
理解ができません。創価家庭の不幸と言えると思います。

池田老人からもらった名前を好きになれない、ゆうみさんのお気持ち
お察しいたします。
親御さんも、盲目が故それが子供にとっての幸せとなると
信じて疑わなかったのだと思います。
そういった意味では、親御さんも被害者なのです。
なかなか、折り合いをつけるのは難しいかもしれませんが
ゆうみさん自身が創価の呪縛を離れ、快活に暮らしていかれること
私は願っています。

春日様

新居を購入されるのが春日さん自身で、親御さんと同居する
わけじゃないのでしたら、仏壇購入は断れるのでは?!
個人宅のプライベートスペースに、親が口を挟む権利は
ないと私は思います。
春日さんの好きなインテリアになさるのが道理かと。
元々持っている仏壇で十分だから・場所を取るものは新居に
置きたくない旨を、お伝えなさってはいかがでしょう。
そこは、成人したりっぱな大人の立場で毅然とお話されれば
よいかと思います。

ミル様

創価に限らず、新興宗教団体は金集め目的のところが
殆どだと感じます。
非課税で、濡れ手に粟の商売ですから。
課税対象にすれば、こんなビジネスモデル崩壊するので
とっととやってほしいところですが、与党であるうちは
絶対無理そうで非常に残念です。

同級生のお子さん、気になりますね。
劣悪な家庭環境は負の連鎖を生みやすく、次世代に受け継いで
しまいがちなのだそうです。
これから成長してゆく中で創価を自分で断ち切るチャンスに
恵まれるといいなと、陰ながら願います。

@@@@@@@@@@

5/12にコメント下さった東子さんへ。
文章が途中で切れていました。
(ボリュームでいうと4行くらいで、その後ろがありません)
そのため今回公開を見合わせています。
またお時間がありましたら&気が向かれたら
コメント宜しくお願いいたします。



2015/05/26 (Tue) 23:54 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

こんにちは。

<また、創価でいう「対話」とは主に池田老人が一般世間的に名のある人物と
「宗教や人種の枠を飛び越えて」会談することを指しましたが
蓋を開けてみれば、お互いの思想のほめ殺しでしかありませんでしたw
結局は会員向けプロパガンダで、先生は世界の識者とも話ができる!
という、なんかよくわかんないけど「すごい」と、情報弱者を騙すための
ものだったと、私はそんな印象を持っています。


池田氏は、権力者や著名人との『対話』の演出はしていても、折伏はしていないようですので説得力がありませんね。
昔はすべての会員を騙すことはできたと思いますが、インターネットが普及した現在では、創価の実態がわかるようになり、若い方ほど覚醒している方が多いと思います。
会員の皆様から集めた財務で、勲章を集め、著名人と対話しているということをもっと多くの方に知っていただきたいと思います。



<創価が崩壊後、公的受け皿が無い事に関しては困った問題だと思います。
が、崩壊後に新宗教として独立しようともくろんでいる人物もいそうな
気がしますよ。宗門も池田センセーも嫌いだけど、日蓮と教学は
大好きって人向けの・・。


ネットでは、組織が分裂するのではないかという噂もありますが、どちらにしてもカルトですから、一切関わりたくありませんね。
私は、子供の頃から創価の盲信者と関わることが多くて、いい思い出がありませんから、私は、これからもずっと無宗教でいたいと思います。
どのカルトも、『新規会員の勧誘』『金集め』『組織の維持』が目的のようですから。
更には、マインドコントロールによって論理的思考能力がなくなり、人格が変わり、『退転したら不幸になる』と恐怖心を刷り込まれ…カルトでは何一ついいことがありません。

ところで、長男の同級生のお母さんが盲信バリ活で、迷惑行為(本人は慈悲と思ってますが)に悩まされていたのですが、今年からやっと別々の進路になり安心して学校に行けるようになりました。
学校でもトラブルメーカーになっていて、保護者だけでなく先生にも勧誘したり、学校で選挙活動したり、異常だと感じることが何度もあったので、気分がスッキリしました。
ですが、同級生のお子さんに関しては心配なこともあります。
これまで、毎日のように夜遅くまで会合に連れていかれているせいか、遅刻や欠席が多く、食事は外食がほとんどのようですし、宿題はぜんぜんしてこない(する時間がないのかも知れません)状態で、不健全な生活習慣という印象です。
きっと、活動も強要されているのでしょうから、精神面でも悪影響だと思います。
盲信バリ活は、人の話は聞かないので何を言っても無駄なのでしょうけど、『一番大事なものは何か』『家族を犠牲にして幸せになれるのか』と言うことを考えていただきたいです。


2015/05/12 (Tue) 14:24 | ミル #- | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/12 (Tue) 09:30 | # | | 編集

ご無沙汰してます。
3世未活の春日です。
選挙のときはまたしても母から投票したらメールをするように言われ、とりあえずメールはしましたが、違う候補者に投票しました。
実は今、一人暮らしのための自宅を購入する段取りをしているのですが、今日、実家へ寄ったところ、母から「新しい仏壇を買わないとね。」と言われました。
すでに賃貸で一人暮らしする際に仏壇を購入させられているので、「あるからいらない」と言ったのですが(そもそも今の仏壇もいらないのに。さらには本尊も返却したいのに。)どうしても買い換えたいようです。サイズを大きくするつもりなのかもしれません。新居に仏壇設置スペースは設けていないですし、なんとか阻止したいと悶々としています。
ガチガチの盲信者の母にどう対応するべきか…せっかくの新居なのに憂鬱でたまりません。
いつもコメントさせていただくときは愚痴ばっかりで申し訳ありません(>_<)




2015/05/01 (Fri) 23:30 | 春日 #- | URL | 編集

「どうして子自身と向き合わずに、御本尊に向かう親の背中を見て感動するのか。」

3世です。同じことずーーっと思っておりました。私が精神的に病んで入院しているときですら、お母さんずっと祈ってるからって言われただけ。挙句にあなたも勤行をしてみて、と。頭おかしい…

私の名前は、センセイからいただいた名前らしいです。名前は両親からの一番最初のプレゼントだというのに。だから私は自分の名前が大嫌いです。
2015/04/23 (Thu) 08:46 | ゆうみ #- | URL | 編集

No title

失礼ながら…お母様のメールは衝撃的ですね。
お父様の命日が近いにも関わらず、財務…。
裏切りって、何のこと?!と聞き返したくなりますね。同感です。

ぜひあちこちに無料配布してしまう新聞に、財務の功徳体験を
載せて頂きたいですね。
昔、雑誌の裏側にあった「パワーストーンで恋愛成就!大金ゲット!」
っていう安っぽい広告みたいですが。

お父様のご友人ご夫妻…なんと素晴らしい方なんでしょうね。
なかなか出来ることでは無いと思います。
お母様のメールと比較してしまうと…創価脳の悲しさが際立ちます。

公明党は庶民の味方だから、正義の党だから、と
いっちょ前の事を言いながら、選挙後、当選した議員がどんな活動を
しているかは、さっぱりで、得たいのは「勝利」と「功徳」。
選挙の度にガッカリですよね…。

私もブログに書いたのですが、背筋が凍るようなF活動をする人がいて
それを賞賛し、もっと頑張ろう!と思ってしまう非常識さ。
非活の学会員であるうちに「これって非常識じゃないですか?」と
創価脳の方に問うてみたいです。

2015/04/11 (Sat) 00:35 | アズラ #MyJ0QW/M | URL | 編集

No title

おはようございます。お久しぶりです。
統一地方選挙が近づいてきて、私の所に同窓会幹事を一緒にやって欲しいと
婦人部の同級生から連絡がきました。
婦人部の子は私が非活になった事を知ってるのに、それでも一緒にやろうと
誘って来れる神経がわかりません。
もうどう思われてもいいので、F活動なんてしてたら信頼なくすからしない事と
私自身が公明党推してないから協力はしませんとメールしました。
すぐ電話があり、別にF活動のための同窓会じゃないよ!とバレバレの苦しい言い訳。
そこで彼女が言った事に驚きました。
消費税10%導入が2年後に決まったのが公明党のお陰だというんです。
先延ばしにしただけの話を、生活者目線だから・・・・ってまるで良い事したみたいな言い方でした。
それまでに経済が上向かなくても容赦なく上げますって話なのに、彼女はわかってないみたいです。
何も確証はないけど2年後には絶対良くなってると思ってるのかもしれませんが、
そこが「創価脳」らしいと思いました。
私も覚醒しているのでこんな事を言えるだけで、彼女と同じ立場にいたら
増税が先延ばしになってラッキー!と言っていたかもしれません。
気付けないって恐ろしいです・・・・。

お引っ越し順調に進んでいますか?
私が今の家を建てたときは、まだ活動家だったので大事な事を全部お姑さんと夫にまかせっきりでした。
家具や照明を選んだりするのも楽しみのはずなのに、当時は多忙で全然そんなことに
気がまわりませんでした。
なんでもいいから二人で決めといて~とか平気で言ってたし(爆)今思うともったいなかったです。
新学期準備もありますし、私も今日は子供の買い物に付き合います。
もし今、活動家だったらこの時間は出陣とかなんとかで出かけていたから・・・・。
コーヒー片手に、ネット出来るようになって感謝です\(^o^)/



2015/04/05 (Sun) 07:44 | 吉野 #- | URL | 編集

No title

祥蘭様ご無沙汰しています。
以前コメントさせて頂いたしゅうえいです。
その後コメントはしておりませんが
ブログはいつも拝見しております。

お母様の記事に思わず久々のコメントしています。
お父様の事を心静かに偲びたい祥蘭さんの想い
同じく父親を亡くした身として痛い程分かります。
また、お母様の発言に関しても
元・活動家として分かるだけに切ないです。

他宗の人は年に数回、墓参りして故人を偲んで終わり。
だけど創価は違う。朝晩の勤行とお題目で故人をきちんと回向している。
今思えばとても思い上がった考えなのですが
当時はそれが当たり前で、その他の宗派を見下していましたから。

財務にしてもそうで、実際には幹部衆の懐が肥えるだけなのに
お花畑な考えの時は財務していれば、金銭面で守られると信じていました。
何を根拠に・・・なんて考えもせず。ただ上から指導される事を鵜呑みに。
お母様の発言も、功徳欲しさだけではないと思います。
娘が金銭面で困る事のないように、の想いからでしょう。
(覚醒してみればいかに愚かな事かわかるのですが)
そんな純粋な会員の気持ちを利用している
指導の名を借りた創価商法に腹立たしさを覚えます。

私の小学校の同級生の実家に、数十年後に他府県から
Fをお願いする為だけに訪ねていた母。
それを後から知った時のショックと言ったら・・・
どこの創価の母も同じなんですね(苦笑)

行って良かった、遠くからわざわざと言って
気持ち良く選挙の事も「わかりました」と快諾してくれた。

相手が大人の対応をしてくれた事もわからずに。
いい歳してそんな事もわからんのか~?

地方選真っ只中、今日もまた「広布の為に」を合言葉に
全国各地に創価脳の婦人部戦闘員が走り回るんですね・・・

迷惑行動だ、なんて考える事はないでしょう。
だってそれは自分の行動・考えを否定する事になるのですから。
依頼しているその政党の政策や実績を考える事もせず。
何とか法戦だけは控えて欲しいと思います。

お引越しはもう済まされましたか?
数回の引越し経験者ですが、家庭を持ってからの引越しは
そりゃもう大変の一言でした(汗
新居に移ってから段ボールを全て開梱し片づけ終えるのに
2年掛かった横着者です(笑)

最後にご報告させて下さい。先月脱会しました!
覚醒してすぐの頃、祥蘭さんの記事を
食い入るように読ませて頂き自分の行動が間違っていないと
確信できたのです。本当にありがとうございました。

超長文失礼しました。
2015/04/04 (Sat) 22:37 | しゅうえい #xHucOE.I | URL | 編集

キャラハン様 アズラ様 たえ様

コメントありがとうございます。
公開と返信が遅くなり、すみません。

キャラハン様

日蓮は愛国者であること、御書を切り文ではなく通しで読むと
それはそれは驚くほどですよね。
創価組織内では一切そのあたりをにおわせないよう・微塵も感じさせないよう
徹底して指導していました。
どこが日蓮直結で直弟子なのか?!意味不明です。
キャラハンさんの謎も解けたとの事、ブログを書いてよかったです。

内部票の読み、キャラハンさんの書かれている数字は
リアルな線だと私も思います。
確かに大白蓮華は活動家でなければ・意識が少しでもある
(創価や御本尊・日蓮に心が向かっている)人でなければ
購読しない書籍ですしね。

外部の方で、創価公明の癒着について疑問や不信感を抱いておらず
ただ頼まれたから・当人の義理堅さで投票している場合も
多いと思います。
政治に対してそれほど関心は無いが、棄権はしたくない・・という風な
ノーポリシーな外部層の受け皿に公明がなっているような
気はします。嘆かわしい事ですが。

学会2世3世4世って、うまれついてこのかた生活の中に
いつも創価があってそれが自然で育っていく。
そこが怖さだと感じています。私の経験はブログに書いたとおりですが、
組織内部のごくささいな一面に「おかしい」と気がついても
一瞬で全てを否定するには至らず、気付くにしてもそれなりの
時間がかかる。
皆さんのコメントを拝見していても、様々な気付きの積み重ねの中で
ぼんやりじわじわとした違和感が、あるとき確定的になるという
パターンが多い様に思います。
熱心に活動せずとも、キャラハンさんのように選挙はなんとなく
協力していた(いる)等、これも立派な囲い込み・マインドコントロールに
よるものです。
キャラハンさんは気付かれて、本当になによりでした。

アズラ様

新聞購読や、本尊安置はぎりぎり活動家(信心がある)とみなす
目安に組織内でなっていますね。
アズラさんのように、全くそんな気はなくても取り続けている人も
多くいらっしゃると思います。
ただ、創価脳はそんな風には考えません。常に自分たちの
都合のいいように捉えるからです。
そういった人たちの相手をするのは虚しいですよね、本当に。

「選挙で忙しい」こんな言葉を使う一般庶民は学会員しか
いないでしょうねw
自分の頭で考え抜くという訓練をしていないから、福運欲しさで
走りまわってみたり・師匠の構想実現のためと、中身も吟味しないまま
突っ走っているのではないかと思います。
考えないのは楽だし、結局は現実逃避にすぎません。
そこに早く気がつけばいいのに、と、私もアズラさんと同じ思いで
母やその他の創価脳な方々を見つめています。

たえ様

はじめまして。

親御さんが本尊を持たせたがるのは、創価脳なら当然という
気がします。
実家を離れる=分所帯が、セオリーですもんね組織では。

けど、たえさんは立派な成人です。
ご自身の意志でそれは無理だ・彼に対して不誠実であると
思うのであれば、受けることはできないとお母様に伝えるのが
ベストではないかと私は思います。
とはいえ、創価脳の親に「常識」がなかなか通用しない事も
よくよく存じています。
難しいですよね・・。

たえさんと彼にとって、よい結果になることを願っています。







2015/03/24 (Tue) 00:34 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

はじめまして

学会3世の女です。
年30歳にして二度目の再婚かもというときに宗教問題にぶつかり悩み中なので、コメント欄に書かせていただきました。

父母兄私の四人ですが一番活動家なのは母親です。
父は朝晩やりますが、中継・座談会不参加
兄はやってるのか不明
私は、一応朝晩・中継・座談会には出てますが、心ここにあらず。。

法戦のお願いとか嫌いです。話それましてすみません。

問題は今の彼との同棲について母親からご本尊もらわないとダメと言われていること。
私としては、宗教より彼氏なのです。
元々学会同士で結婚しましたが、別れて無宗教彼氏ができ、初の初詣にもいきました! 

信心しなくても理解してほしいと彼に言ってあります。
どう母に言うか、、、毎日頭痛いです。。
長文、すみませんでした。
2015/03/18 (Wed) 12:42 | たえ #KD5XUSzs | URL | 編集

No title

こんにちは。キャラハンです。

やっと祥欄さんのブログを全部読み終えました。
その上で自身の信仰及び学会の事を改めて考えてみました。

学会に関して、他の学会批評ブログもを読んだ上でほぼ覚醒したと思います。(どうかな?)

政治・選挙に関しかなり以前から矛盾を感じていましたが、このブログで自分の思いに確信を与えてくれたのだと思います。

改めて考えて見ると自分は今まで信心(学会活動・御本尊への信)を本気でしたことがない。本気で信じた事がなかった。母親(もう亡くなっています)の信心付き合いの学会員への遠慮(なのかな?)から、新聞だけ取っています。なので自身がどれぐらいMCにかかっているのかよくわかりませんでした。

違うかもしれませんが今の自身の状況は祥欄さんの覚醒された第一段階なのか?それにしては全く信じていないわけではないが勤行・唱題は1年近くしていません。それに関して罪悪感もありません。

うまく表現できませんが、なんというか私にとっての学会は自分のトリガーポイント(いただいた返信コメントでこの言葉初めて知りました)時の駆け込み寺みたいに利用して(されてでしょうね)いた感じかな?

最後に池田さんには最初から師弟感などありませんでした。




2015/03/15 (Sun) 10:27 | キャラハン #- | URL | 編集

No title

「新聞を読んだり現場で話を聞いた方がいい」
そういえば、先日、訪問お断りと伝えたのに突如やってきた
80代のグループ長さんが、非活の私に言ってましたっけ。
「新聞はとってらっしゃるのよね。じゃあ大丈夫ね。」
何が大丈夫なんだか…。

バリ活さんは、選挙の度に必死になりますが、
中身を得てない人が多すぎて、本当にひどいと思います。
私が非活になり、元?親友と創価についてやりとりをした時もそうでした。

集団的自衛権について、創価学会広報室が「本来、憲法改正手続きを経るべきだ」
とする見解を出したがそれについて…と書いたところ、
「集団的自衛権の事は詳しく知らないんだ。ゴメンね。」
で終わりでした。そして
「選挙も好きじゃない」「学会は極端だから一直線過ぎて、ついていけない」
とも言う。でも地区婦人部長として、Fをとらないといけない。

本当に理解できません…。
そして選挙になると、票取りが福運になる、とまで言い出す創価脳…。
なぜ疑問を持ちながらも必死に活動するんだろう…。
どうしたら目覚めるのだろう?
選挙が近づくと強く感じてしまいます。

お忙しい中、ブログへのコメントありがとうございました。
何かと慌ただしい年度末、お体ご自愛下さいませ。

2015/03/11 (Wed) 00:29 | アズラ #MyJ0QW/M | URL | 編集

No title

続けてのコメントさせていただきます。

以前から疑問を持っていたのですが公明が選挙で獲得する
比例票(主に国政)の学会内部票の割合ってどのくらいかという事です。

わたしの考えは6(内部):4(外部)ぐらい
外部の友人(政治意識が高く決して人の頼みで公明にはいれません)の意見は9(内部):1(外部)だという意見でした。
友人曰く「公明に入れてくれと言われ本当に入れると思う?
口でわかったと言いながら実際は入れない(選挙に行かない)よ」と言う意見。その意見を聞き随分創価の事過大評価してるんだなと思いました。先の総選挙の公明獲得議席が約730万(かな?)て事は内部票だけで600万以上ということでしょう。私は獲得票割る2ぐらで約400万が相場じゃないかと?これで本当に知りたいのは学会の純粋なバリ活もしくは意識はあるが未活の数(幽霊さんは除く)です。

以前内部の活動家仲間の一人でその事の話になった際彼の意見は大白の発行部数がイコール活動家数という意見
(聖教はMY制度のためアテにならない)。その彼が言った発行部数が約300万でした。その数の根拠の確認はしていませんが。

是非、祥欄さんの意見も聞いてみたく書いてみました。

先の選挙私は初めて自分の意思で公明以外の他政党に投票しました。宗教というか創価と政治政策選択は全く別ですからね。ただ投票確認の連絡で投票(電話で聞いてきた)
行きましたと答えたのには多少心が痛みます。でも相手はあくまで投票に行ったかどうかを聞いてるのであってどこに入れたかは聞いていないですからね。
自分の投票した政党は大惨敗で衆議院壊滅状態に・・・
せっかく公明にかわって自民と連立できんじゃないかと期待してましたが。公明与党時代とうぶん続きそうです(暗)。
2015/03/10 (Tue) 12:20 | キャラハン #- | URL | 編集

No title

コメントありがとうございました。

日蓮は愛国者だった・・・というブログの内容について、数ヶ月前衛星放送の政治問題を扱う討論番組で、あるジャーナリストがなんで公明党・創価学会が愛国的思想になんないのか不思議でしょうがない。とのコメントを言っていました。
このジャーナリストの言った事の意味がこの時はわかりませんでしたが、祥欄さんのブログに出会い意味がわかりました。そのジャーナリストもまさか日蓮の愛国的文章を端折って学会が会員に教えているとは思わなかったんでしょうね。

今思うと自分は祖国の事を真剣に考えた事なかったんじゃないか?と思います。MCで神社仏閣は邪宗だなんだ言われ近づく事もいやで。そして何より天皇について、その存在がどういうものか考える事も思考停止させていました。

以前から行ってみたいと思っていた都心にあるY神社にこんど参拝に行こうと思ったところ、どういう手順で礼と手合わせ(?)をするのかわからず会社の同僚に聞いたら笑われてしまいました。

しかし学会の教義って神社はホウボウだの他の寺は邪宗だの考えてみたらとんでもない排他主義ですよね。

最近の聖教新聞(まだ取ってます)の一面一週間に2,3回は中国絡みなんですが、ちなみに学会が大好きな周オンライって全然聖人なんかじゃなかったんですね。これは昔から怪しいと思ってましたが。
2015/03/10 (Tue) 05:48 | キャラハン #- | URL | 編集

ひっかき傷様 イノセントマン様 かおるん様 ミル様 アズラ様 キャラハン様

コメントありがとうございます。
公開・返信がおくれまして申し訳ありません。

ひっかき傷様

はじめまして。
アズラさんのブログからおこし下さったとの事、ありがとうございます。

創価の問題点や矛盾に気付いても、その思いを他人に話すことは
なかなか難しいですよね。
内にため込んで、もんもんとされる方も多いと思います。
だからこそ文章にすることは有用で、私も随分助けられました。

覚醒された方のブログが増えて、心強いです。
誰かのお仕着せではない自分の言葉で素のまま、体験を
書き綴っていかれることは、何より大きな説得力になると思います。
ひっかき傷さんのブログも、多くの創価問題で悩める方々の
支えや考えるヒントになると思います。

イノセントマン様

本尊返却、おめでとうございます。
会館へ直接行かれたなんて勇気ある行動ですね!
そして住所や電話番号を告げず、組織名を伝えたというのは
非常に賢明でGJだと思いました。
それが一番だと思います。住所や電話番号なんて、言う必要
ありませんよね。
よくおちついて行動されましたね。焦っていたらつい言ってしまいそうですが。
見習いたいところです。
その後、組織からの干渉がないというのも何よりです。

たくさん句を書いてくださってありがとうございます。笑いましたw
「犬作や 勲章買って 増上慢 」
まさにその通りで。お金で買える勲章あつめてふんぞり返って
「宗教界の王者」なんて豪語してるんですから・・恥を知れですね。

かおるん様

お母様のお話と、かおるんさんが思わずあびせた言葉。
お気持ちが痛いほど伝わって来ました。
いま選挙なんてどうでもいいだろ!と言いたくなりますね。

実は私の母方親族が12月あたまに急逝しました。
精進落としの席で選挙支援の言葉があったり、儀典長のあいさつで
この(法)戦いに勝って行くことが故人への供養になる・・という言葉が
あったと、姉から聞いて絶句しました。
また、身内から「こんな(支援活動で)忙しい時に皆さんのお手を煩わせて
申し訳ない」という言葉もあったそうで、それについても落胆でした。
人としての尊厳なんて、どこにもありません。

お母様が統監を外す手続きを取ってくださったこと、
良かったですね。
創価内部で、なかなか出来る事ではないと思いますよ。
(私の母ならばまず、考えられない行動です)

お母様の仰る通り、お父様は役職上の「立場」で
なかなか壁を越えられなかったのだとお察しします。

まだいろいろ思う所もあるかとは思いますが、
これから始まる新生活やご結婚の準備、楽しまれて下さいね。

ミル様

仰る通り、確かに創価は外部とは「対話」を推奨するけれど
内部では指揮系統ありきの「指導」でしたね。
また、創価でいう「対話」とは主に池田老人が一般世間的に名のある人物と
「宗教や人種の枠を飛び越えて」会談することを指しましたが
蓋を開けてみれば、お互いの思想のほめ殺しでしかありませんでしたw
結局は会員向けプロパガンダで、先生は世界の識者とも話ができる!
という、なんかよくわかんないけど「すごい」と、情報弱者を騙すための
ものだったと、私はそんな印象を持っています。

創価が崩壊後、公的受け皿が無い事に関しては困った問題だと思います。
が、崩壊後に新宗教として独立しようともくろんでいる人物もいそうな
気がしますよ。宗門も池田センセーも嫌いだけど、日蓮と教学は
大好きって人向けの・・。
宗教法人は濡れ手に粟・原価ゼロの美味しいビジネスモデルですから、
そこを金儲けの道具にする人と・孤独感と寄るべなさから、
そういった新宗教を求める脱会者のニーズ。
そんなものに、騙されて欲しくないと強く思います。

アズラ様

>結局の所、折伏・新聞・選挙が、いくつ出来たのか。
自分の下種カウントで、福運貯金という名の妄想を膨らませているだけのような気がします。

まさにその通りですね。
創価脳は福運という見えない(存在しない)通貨を積みあげる事だけに
執着しているように思えます。
すっかり創価フィールドから離れた(外れた)ところから見れば、
おかしいにもほどがありますよね・・。
新聞を何部何ポイント成果あげたからって、実利は創価学会の
中の人にしか無い。
営業マンならもらえるインセンティブを見えない「福運」が積めた!
って、タダ働きで喜々としていられるんだから。無茶苦茶です。

アズラさんのブログ、拝見しております。まだコメントが残せずで
すみません。
後ほどお邪魔させていただきますね。

キャラハン様

はじめまして。
「嫌になったら勝手にドロップアウト」このパターン多いですよね。
これでは、なかなか組織の矛盾に気付けません。
活動しなくても自分オリジナルの信心だけは大切に護ってしまって、
トリガーポイントに触れるような出来事
(主には挫折や人生のどん底と思われる様な、不幸)があると
自然と組織に戻るように、なっています。
そして組織の人たちも「待ってたよ~」と受け入れてくれることで
問題の本質に気付けないまま、組織で活動したり布教する事が
解決になると活動にまい進してしまうんですよね・・。
↑勿論これは、経験上の言葉ですw

私自身、脱会はまだですが
もうお題目を唱える事もありませんし、神社で御祈祷を受けてしまう
(それを罰あたりだと思わない)くらいに一般人の感覚です。
御書についても、現状は単なる「読み物」です(といっても、もう一年ほど
開いても居ませんが・・w)
どのくだりに涙されたのか謎ですが、(創価で言われる)信心が
既に私に無い事だけは、明記しておきたいと思います。


2015/03/09 (Mon) 16:12 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

はじめまして

はじめてコメントします。
学会2世で昨年までB長をしていた現在未活の壮年の者です。ほんの数日前にこのブログを知り、13年の8,9月を読み終えました。本当に真剣に活動されていたからこその体験と何より考察の素晴らしさに感動しています。
私は活動中はもちろん祥欄さんのような組織への矛盾というものに感じてきませんでした。
嫌だったらそこで勝手にドロップアウトしてきたからです。
だからこそ新聞購読のおかしさなど思ってもみませんでした。男性の場合何処の組織にしろ仕事を盾に全く何もしなくなる人結構いますよね。
大体私自身活動に関して又は学会に関しても最初から本気になった事はなかったのではなかと今は思っています。
だからこそ脱会までは今は到底踏み切れませんが。
祥欄さんのブログ中に所々出てくる御本尊と御書への思いの文章に涙する思いです。これからも随時読ませていただきます。
2015/03/06 (Fri) 00:45 | キャラハン #- | URL | 編集

No title

本当に創価は、自分の成果のために周りを巻きこむ、のが好きですね。
バリ活から覚醒された方は、祥蘭さんのような経験をされた方が多いのではないでしょうか。
あの時はこうだったけれど…と振り返る方が。
今バリ活な方にも、ぜひ一読して頂きたいです。

折伏、聖教新聞啓蒙、選挙投票依頼…
「広宣流布」「正義」という旗を振りかざして、周りに種をまいて、まいたらその後、芽が出るのか花が咲くのかは知らん顔…が多いような気がします。
まさに「下種できたわ♪」ですね。

折伏したあと、その人はどうなのか。
新聞を取ってもらったあと、その人が読んだか、どう感じたのか?
投票依頼したあと、その政治家がどう活動したのか、結果を出したのか?
種をばらまくだけで、花が咲くか、実が付くのかはほったらかし…。
あまりにもいい加減だと思います。

結局の所、折伏・新聞・選挙が、いくつ出来たのか。
自分の下種カウントで、福運貯金という名の妄想を膨らませているだけのような気がします。

2015/02/21 (Sat) 11:12 | アズラ #MyJ0QW/M | URL | 編集

コメントありがとうございます☆

こんにちは!
寒いですが、お元気ですか?


>ミルさんの仰る通りだと思います。
人道支援・平和行動って一体なんだったのさ?と
まさに今、ニュースになっている邦人人質事件を見ていて
そう思います。

創価が拡大路線だった前時代は、ある意味「平和」だったんですよね。
平和行動や世界の有識者との「対話」を演出しても、それが演出とは
バレずに済んだ・世界情勢が今ほど緊迫していなかった時代でした。
情報化時代となり、今では演出であることがバレてしまう。
ある意味、やりにくい時代になったということで、今後の組織の
かじ取りに苦悩してるんじゃないでしょうか@上層部。


表向きは、『平和』とか言っていますが、排他的で攻撃的で脱会者や対立する宗教団体の不幸を願っていますし、人の幸せを願う人の行動ではありませんね。
このような行動を見て宗教者としてだけでなく、人としてどうなのか?と感じていました。
こちらの地域では、悪い方向に人間革命されている方が目立ちます。
よほど無宗教の方や、他の宗教の方のほうが寛容ですし、人の幸せを考えているのではないかと感じます。

創価は、権力者との『対話』は演出してますが、内部の実態は『指導』『指示』『命令』などと上から目線のものばかりで、在籍(自分の意思で入会してないので在籍という表現にしました)していた約30年間『対話』というものは一度もありませんでした。

盲信者ほど、人の話を聞かない、人の気持ちを考えない、人の都合を考えないですし、子供の頃からそういう人と関わることが多く、子供ながら違和感を感じていました。
そして、疑問を持っても本音で話したらどうなるかよくわかっていましたので、常に人の顔色ばかり気にしていました。

改めて、脱会できてよかったと感じました。
子供は私と同じ思いをさせてくないと思っていたので、入会させていませんでしたが、子供が中学生になれば、執拗に誘いに来る可能性もあるでしょう。
子供の頃から、こんな間違った思想を教えていたら…と考えただけでぞっとします。
子供には、他者を尊敬し、心から人の幸せを願うことができる優しい心でいてほしいと思いました。



>具体例を上げてくださって、ありがとうございます。
組織どっぷりで暮らす事で、失うものがあまりにも多すぎます。
一日も早く、多くの方にそのことに気付いて欲しいですね。


絶縁中の母は、数年間、孫の顔は見に来ないのに、不在者投票の連れ出しには来たので、呆れて言葉が出ませんでした。

盲信者は、家庭崩壊しても気づかず、家族や友達から距離をおかれても気づかず、社会的信頼を失っても気づかず、本当に重症だと思いました。
仮に組織が崩壊したとしても、こういう人たちの受け皿がないので、解決策にはなりません。

これから私たちは、こういう人たちを反面教師にして、自分の幸福を求めるために人に迷惑をかけるのではなく、ありふれた日常こそが幸福なのだと自覚し、心から人の幸せを考えられる人でありたいです。

2015/02/19 (Thu) 10:59 | ミル #- | URL | 編集

池田【犬】作先生に捧げる俳句

字余りもありまするが読んで楽しんで呉るとうれしいですヨ(=^◇^=)

犬作や 法盗人は おまえだヨ(=^◇^=)

犬作や いつまでだます 広布基金

犬作や 広布の人材 広布基金

犬作や たくさんだませて ご満悦

犬作や 勲章買って 増上慢

犬作や 公明党は 金平糖

犬作や あんたのしたこと 省みろ!

犬作や 悪事がバレて ざまあみろ

犬作や 裏切り者は マトモだヨ(=^◇^=)

犬作や あんたはいつも 師弟不二

犬作や あんたはいつか 堕地獄ヨ(=^◇^=)

犬作や あんたはすでに 地獄行き

犬作や あんたも我も もう終わり

犬作や 地獄に堕ちて くそくらえ!


2015/02/14 (Sat) 23:15 | イノセントマン #- | URL | 編集

祥蘭さん、吉野さん

祥蘭さん
ご丁寧な心温まるご返信、本当にありがとうございました。

無事四十九日法要も済み、少しずつですが落ち着いてきました。

母親だけは相変わらず落ち着きがなく、具合が優れないようで、「このままだと私もお父さんのように突然倒れてしまう」とずっと泣きながら言っています。

そのたびに、「なんのために信心やってんの!?そういうときに迷わずに前向きになるための信心なんでしょ?」となぜか私が叱咤激励してる始末。。。(ーー;)

まだ学生の弟や妹もいるんだから頑張ってという普通の励ましは全く効かないのですが、創価脳の母を唯一奮い立たせるのが、この叱咤激励なので、仕方なく言っておりますが、、、
「使えない数学の公式かよ!人に言う時だけうまいこと言って自分の身に起きたときに応用出来ない宗教なんて役にも立たないからすぐ捨てて。金だけ払っててバカみたい」と思い切り罵ったことも一度あります。

それは父が亡くなった翌週の選挙のお願いを母がしてきた時です。

母から、結婚に際して「相手のご両親と今ご挨拶は出来ない。気分がのらない。ただ、結婚を止めてほしいとは思わないから進めてくれればいいから」と言われました。

母の気持ちも十分に分かったので、相手のご両親には両家の挨拶が出来ないことをお詫びして、なんとか進めようと思ってた矢先、

「かおるん、選挙は必ず行ってね。お父さんの最後のお願いだと思って」
と言われて、本当に頭にきてしまったのです。そして出たのが上のセリフです。

私も思い出すと気持ちが昂ぶって
たんだなぁと反省もしますが、、

普通の生活もままならない(ごはんも作れない・食べれない)娘の結婚のイベントはなおざりにしてでも、選挙だけは行くというのも理解出来ない。

学会活動だけするための信心じゃないはず。宗教は日々を充実させるためのものでしょう??

母は思い切り黙ってしまいましたが。


その後、私の訪問不可・統監を外す(=脱会?)まで母があっさりと手続きをすすめました。あんなに世間体に拘っていたのに大丈夫なの??と聞いたところ、「選挙の応援もしてくれないし、もう信心もしないってなってるんだったらもういいわよ」と。

今まではなんだったんだろうというくらいのあっけなさです。

母からは「お父さんだってかおるんの幸せを望んでいたわよ。あなたもうまくやって、余計なこと(私がわざわざ彼に学会宣言をしたこと)しなければこんなに揉めなかったのにね。お父さんも立場がある人だったから」と実家に帰るたびに言われますが、、

とても幸せを望んでる娘に対して言う言葉ではない数々を鮮明に覚えている身としては、まだまだ思い出の美化には時間がかかりそうです。
創価学会がそうさせたんだと、罪を憎んで人を憎まずとは思っていますが、父の本当のところは、もうわかりません。

また長々と自分の話を失礼しました( ; ; )祥蘭さんのブログを今後も楽しみにしています!!いつもあるあるな話に共感しています。
またコメントさせて頂きますね( ^ω^ )


吉野さん
コメントありがとうございます!
私も結婚というイベントがあって、はじめて向き合うことが出来ました。
彼の両親が反対しなくて、なぁなぁに進めて良いタイプだったら、私も触らぬ神に祟りなしの姿勢で一生終えていたと思います。

向き合うことはとても辛く、向こうのご両親も彼も味方はしてくれるわけではない。私だけでこの状況をどうにかしないと、と一時は気が遠くなり、何度も逃げたいし、別れて楽になろうかとも思ったのですが、こういう形で、脱会という意思を持てたこと、祥蘭さんのブログを見つけることが出来、吉野さんともこういう形でやりとりさせて頂けることが、辛さの代償かなと思っています(^^)

親と直接向き合わなかったら、本音を言えない細く長く苦しみが続き、向き合うと短いが重量ある苦しみが一気に来るが、解放は早い。どちらをとっても苦しみの総量としては同じかもしれないですね、、、

吉野さんが、いい形でご両親とお話しできることを祈っております。
2015/02/08 (Sun) 17:12 | かおるん #6yUCuwP. | URL | 編集

脱会しましたが・・・・・・


今朝、我が県の創価最大の会館でニセ本尊とニセペンダント本尊を返却しました。
1階の事務室に行くと女子部と思われる受付係員に「脱会しにきました」と言うと上司の女性に相談しに行き、その上司の女性が、30代くらいの男子部に取次ぎました。
その30代が「ここでは受付も脱会もできませんので、あなたの所属の地区部長のハンコウがなんたらかんたらたらたら」と御託が多いので、
「創価の方々と二度と会いたくないのでここに直接、来ました」
「それでしたら、あなたのお名前と住所と電話番号」ときたので、所属していた地区名と自分の名前だけを告げ、ニセ本尊を返却してきました。
住所と電話番号を言わなかったのは、もう彼らと関係性を持ちたくないし関わり合いたくなかったからです。といいましても自分は、問題児でしたし、1世なので、親がうるさいので自宅訪問はご遠慮くださいと言っておったし、向こうさんも自分と関わり合いたくなかったからだと思いますが、誰一人、自宅にはきませんでしたが(=^◇^=)
そんな感じで、創価学会と未来永劫に脱会祈念美・・・いや脱会記念日となりましたが、キチンと脱会証明書を提出していないので、数合わせの幽霊会員として利用されるような予感もします。
今まで池田【犬】作先生に騙され、題目を1千万遍近くあげた御本尊を返却したので少しは、少しは肩の荷が下りたような解放感は正直ありますが、池田【犬】作先生に対する怒りと悔しさと諦めが混在しております。
とにもかくにも祥蘭様とみなさまが、創価学会という名の詐欺師集団からの呪縛を完全に取り除いた清々しく健康な幸せな人生を送られますように。
2015/02/05 (Thu) 21:24 | イノセントマン #EnWc0M/M | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/03 (Tue) 12:35 | # | | 編集

No title

アズラさんのブログから来ました。
私もつい先日覚醒し、ブログを始め、自分の心境をつづっています。

文字にして書くことで、大分気持ちが落ち着いてきました。

また、学会員以外の方にもコメントいただくことで、自分の世界の小ささを思い知りました。

覚醒(この言葉も最近知りました)の 祥蘭さんのブログをコピーして、母に見せようと思っています。

私も、こういう学会から覚醒した方のブログに共感を得、また、私も同じ思いをもつものとして、ブログを書いていきます。

また来させてください。


2015/02/01 (Sun) 16:43 | ひっかき傷 #mQop/nM. | URL | 編集

アズラ様 ミル様

コメントありがとうございます。
承認とお返事が遅くなってすみません。

アズラ様

ブログ開設おめでとうございます。
そしてご報告ありがとうございました。

>迷っている人がふいに見つけて、1年前の私のように「私だけじゃ無いんだ」と
思ってもらえれば…と思って、書いてみました。

私の知る限りですが、八王子S大学卒で、覚醒された方のブログは
これまで無かったと思います。
アズラさんのリアルな証言・体験談が、また新たなどなたかの
不安を払拭し・新しい一歩を歩み出す原動力になってゆく事は間違いないと思います。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
またブログに改めてお邪魔させてもらいますね。

ミル様

お久しぶりですね。
お元気そうでなによりです。

>池田氏は、よく『対話』と言っていましたが、こういうときこそ『勲章』を集めるより、誰よりも率先して危険な場所に行って粘り強く平和のための『対話』をして、会員から集めた財務を人道支援のために全額寄付してはいかがでしょうか。
そのほうが、創価で活動するより『世界平和』のためになりますし、尊敬されるのではないかと思います。

ミルさんの仰る通りだと思います。
人道支援・平和行動って一体なんだったのさ?と
まさに今、ニュースになっている邦人人質事件を見ていて
そう思います。

創価が拡大路線だった前時代は、ある意味「平和」だったんですよね。
平和行動や世界の有識者との「対話」を演出しても、それが演出とは
バレずに済んだ・世界情勢が今ほど緊迫していなかった時代でした。
情報化時代となり、今では演出であることがバレてしまう。
ある意味、やりにくい時代になったということで、今後の組織の
かじ取りに苦悩してるんじゃないでしょうか@上層部。

>思考停止になっている母をはじめ、活動家は何の疑問もないようです。
創価で活動すればするほど、
☆視野が狭くなる
☆柔軟性がなくなる
☆倫理観の欠如
☆社会性の欠如
などの悪影響が多いです。
ソーシャルスキルトレーニングをしたほうがいいのではないかと思います。

具体例を上げてくださって、ありがとうございます。
組織どっぷりで暮らす事で、失うものがあまりにも多すぎます。
一日も早く、多くの方にそのことに気付いて欲しいですね。

@@@@@@@@@@

30日付で記事を2つ同時更新します。
ひとつにまとめるつもりが、長文になってしまった為です。

先ほど自分で読みかえしても「くどい」「お腹一杯」でした(反省)。
簡潔にまとめる能力がなくて、書きなぐっているような状態で
読みづらかったらすみません。
宜しくお願いします。

2015/01/29 (Thu) 23:09 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

こんにちは

こんにちは!
久しぶりにコメントします。

12月は、脱会後初めての選挙でした。

異常な組織なので、毎回、期日前投票の時期になると近所で待ち伏せしていて、ストーカーみたいで気持ち悪かったのですが、脱会後は誰からも待ち伏せされることなく投票を干渉されることなく、人権侵害から解放され、やっと普通の生活に戻れたと安心していました。

内容証明で脱会届を出したとき、『何かあれば法的措置』という警告する文章を付け加えたのがよかったのでしょうか…


ところが、家庭崩壊でずっと絶縁状態の母が、突然自宅訪問してきました。
期日前投票の連れ出しが目的と思われる訪問でしたので、居留守をつかって帰ってもらいました。

母はバリ活ではなく中途半端な活動状況ですが、長年マインドコントロールされていますので、組織の指示通りに行動し、功徳ほしさに連れ出しに来たのでしょう。

創価脳の親は、親子の絆より組織優先のようですが、私には考えられないことです。

それに、迷惑で非常識な選挙活動して、公明党を支持して何が変わったのでしょうか?
☆年金制度崩壊
☆介護保険制度崩壊
☆少子高齢化問題
☆財政再建
☆近隣諸国との外交問題
など、すべて悪化していますが、公明党は、『平和』と『福祉』の党ではなかったのでしょうか?

池田氏は、よく『対話』と言っていましたが、こういうときこそ『勲章』を集めるより、誰よりも率先して危険な場所に行って粘り強く平和のための『対話』をして、会員から集めた財務を人道支援のために全額寄付してはいかがでしょうか。
そのほうが、創価で活動するより『世界平和』のためになりますし、尊敬されるのではないかと思います。

思考停止になっている母をはじめ、活動家は何の疑問もないようです。
創価で活動すればするほど、
☆視野が狭くなる
☆柔軟性がなくなる
☆倫理観の欠如
☆社会性の欠如
などの悪影響が多いです。
ソーシャルスキルトレーニングをしたほうがいいのではないかと思います。



2015/01/24 (Sat) 18:24 | ミル #- | URL | 編集

まとまりました

「のん」改め「アズラ」です。

お忙しい中、お返事ありがとうございました。
ホントに新年勤の「万歳」って何なんでしょうね…。
子供の頃からずっと不思議でしたし、ある程度の年になってからは
恥ずかしくてイヤでしたが…。


昨年から、時間を見つけては、ちまちま書いて直して…を繰り返した文章。
やっとブログという形にしました。

「Escape from "LABYRINTH"」
http://awake2014.exblog.jp/

で公開を始めました。
色々迷いながらも、祥蘭さんをお手本にまとめてみました。
こちらにコメントで書いて、祥蘭さん始め、皆さんに読んで頂いたりしたことを、
だらだらと書いただけですが…。
迷っている人がふいに見つけて、1年前の私のように「私だけじゃ無いんだ」と
思ってもらえれば…と思って、書いてみました。

これをきっかけに、名前を「のん」から「アズラ」に変更しました。
これからも、よろしくお願い致します。
2015/01/22 (Thu) 09:51 | アズラ #- | URL | 編集

吉野様 イノセントマン様 のん様

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

吉野様

>選挙ってなるとなりふりかまわず必死になれる、あの感覚。私も活動から離れて
だいぶたつので、理解ができなくなっています。
法戦の闘いを通して自分の願いを叶えるって考え方には、もう戻れません。

一旦離れて冷静に考えれば、選挙の票集めで個人的な願いが叶うなんて
トンデモ・オカルトの域だとわかるようになるんですけどね。
しかし組織なる世間が全てだと、そこでまことしやかに語られる
「法戦の功徳(実は偶然の産物と思いこみ)」に感化されてしまうのだと
思います。
特別な人物ではない、ごく普通の隣人が語るそれ(功徳体験)は
”私にも同じ奇跡が起こるかも・やってみよう”と思わせるには
もってこいというか。
だから少しでも早く組織から距離をおくことが覚醒において重要なのだと
思います。

>今回はOO党が立候補していなかったから(御婦人のひいき政党みたいです)
どこでも良かったんやけど、負ける方に入れるのは悔しいから
勝ちそうな候補に入れた。負けたら気悪いやん!」って言ってたんです。
そんな理由?とちょっと驚きました。消去法にも色々あるんですね。

負ける方に入れたくない・・って、すごい心理ですねw
投票した候補が落選したら、自分が負けたみたいに思う人なんでしょうか。
政策云々で決めるより、そういった「感覚」だけで投票する人が
いることも問題ですね。
棄権するよりはましなのかな?う-ん、悩ましいところですが。

かおるんさんへのレスもありがとうございます。

>結局一番悪いのは幸せになれますとかって洗脳で、実は不幸に陥れている創価。
恋人でも友人でも家族でも、人間関係をこわすな!って思います。

吉野さんのこのお言葉に尽きると思います。
誰も悪くない、極悪は聖職者のふりしてる金の亡者です。
一日も早く白日のもとに、その実態が暴かれることを願ってやみません。

イノセントマン様

初めまして。コメントありがとうございます。

>最寄りの会館に行くと我が県でも指折りの大物幹部が偶然おり、彼と1時間余り脱会話をしましたが脱線しま狂い、最後には題目100回あげようと言われました。以前の私ならその言葉のひびきでマインドコントロールされ一緒に御本尊へ帰命するところでしたが、祥蘭様の覚醒ブログを読んでいたおかげ等で何とか、やりすごすことができました。ありがとうございました。

題目100回ですかw 創価って数に拘りますよね。
たぶん100回あげてるうちに、何で悩んでたか忘れさせる為だと
思いますよw 
それだけやれば、どうでもよくなる一瞬がくるか・もしくは題目100回を
一緒にあげるなど組織につけておいて、次なる戦いの流れの中で
なし崩しにする目的だと思います。
「春の統一地方選を闘いきって結果を出そう!」とかね。

幹部と言え、誰でもですが、功徳や境涯革命といわれるものを
「予見・予言」出来る人なんて絶対いません。
なにがおこるかはわからない。出たとこ勝負で、それっぽい良い事が
おこれば「あなたが信心を頑張った・お題目の功徳だよ!」と言うんです。
それは立派な詐欺だと私は思います。

イノセントマン様が踏みとどまれたことは賢明で、何よりでした。
またいらしてくださいね。

のん様

>欠かしたことが無いからと、風邪気味の体調を押して勤行会に参加して、
奮い立って前向きになったのかと思いきや、気持ちが立ち上がるまで
待って?!訳が分かりません…。
母にメールで伝えました。普通の感覚なら、疑問を感じて当然ですよ、と。
風邪を引いた高齢者が、寒い中、早朝から神社に参拝して、
体調が回復せず…。どう思いますか?と。

のんさんの心中、察するに余りあります。
お母様の「自分に負けたく無かった」の一文が、純粋すぎて悲しいです。
負けでもなんでもないのに、そう思わせてしまうのが、マインドコントロールの
恐ろしさです。
ひとつひとつの会合が「仏事」だから、体調が悪いのをおしても
参加しなさいと、青年部時代の私も幹部から言われた事がありました。
池田先生は微熱があっても活動を休まなかった!とかねw
でも、それで何かあっても自己責任なのは当然で、
組織がどうにかしてくれる訳ではないし。
お母様にも、そのあたりを理解してもらえたら良いのですが。

>一方の我が家は、歩いて数分の所に、初詣参拝数が三が日で300万人の
お寺がありまして、そちらに初詣に行ってみました。
特に、その宗派を信じることもないのですが、創価との決別の
意志を固めたい気持ちもあり、ささやかなお賽銭を入れて、
家族が健康で楽しく過ごせるように、お願いしてみました。

良い年の始まりを迎えられましたね。
どの寺社であっても、家族や親しい人と共に一年の平安を祈る
そんな年の初め方が日本人の崇高な精神性を物語っていると
思います。

それに比べ創価の新年GG会なんて
「今年も元気な池田先生と奥さまのもと~」と、
教団トップの老夫妻賛美から始まって「家族」や「国の平和」なんて
二の次三の次。 
最後は万歳三唱なんかして、わけがわからないですよねw今思えばですが。
MC下にあったときは、こんな年の初めの行事(GG会)について
何の疑問も違和感も抱かなかったんだから、どれだけ自失していたか・
常識外にいたのがよくわかります。恥ずかしい限りです。

非公開コメントで頂いた件、OKです。
ブログ楽しみにしています。

@@@@@@@@@@@@@@@

年末年始に、たくさんの拍手コメント・非公開コメント頂戴しまして
ありがとうございます。
中には、レスが大変だろうからとお気づかい下さった方も数名
いらっしゃいました。
恐縮です。
いつもあまりにもレスが遅すぎて、本当にすみません。
反省しております。

こんなブログ主ですが、今年もコメントを頂けましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。


2015/01/18 (Sun) 18:50 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

1年前、無礼な地区婦の発言をきっかけに覚醒への道が拓き、
祥蘭さんのブログのおかげで、自信を持って日々進めるようになり、
仏罰を気にせず新たな年を迎え、晴れ晴れとしております。

そんな晴れ晴れした新年なのですが、創価脳の母にまた呆然とした
出来事がありました。

昨年のクリスマスあたりに、母が風邪をひいたらしく、メールで
やりとりをしながら、寒さが厳しいので体調第一で、と伝えていました。
そんな母から、元旦にメールがきました。
「今朝8時の勤行会参加。バスの時間帯が悪いので往復歩き、
 運動になりましたが疲れ、こたつ三昧です。」

前日に、主人が3日が休みだからお母さんの所に挨拶に行こうか、と
言ってくれたので、都合はどうかとメールをしたのですが、
なかなか返答がなく、遅い時間になって
「まだ調子悪いので、ベッドで休んでいました。
 体重くて何もする気が起きないので。」
と返答があり、それなら新年の挨拶は先延ばしに、となったのです。

元日は、東京でも日中、雪がチラチラ舞うほどの冷え込みでした。
そんな冷え込んでいる朝に、風邪で体調がイマイチの状態で、
片道20分程かかるところを往復歩いて勤行会…。
体調が悪いならゆっくり休んで体調治すのが先では?とメールすると

「入会以来欠かしたことがなかったので、参加しました。
 自分に負けたくなかったので。
 とにかく何をするのも億劫なので。
 気持ちが立ち上げるまで、待ってください。
 どういう言葉で返信したらいいのかわかりません。」

欠かしたことが無いからと、風邪気味の体調を押して勤行会に参加して、
奮い立って前向きになったのかと思いきや、気持ちが立ち上がるまで
待って?!訳が分かりません…。
母にメールで伝えました。普通の感覚なら、疑問を感じて当然ですよ、と。
風邪を引いた高齢者が、寒い中、早朝から神社に参拝して、
体調が回復せず…。どう思いますか?と。

過去、大雪の中、神社に参拝する人をテレビニュースで見る度に
「あんな雪の中、神社行ってバカみたいね」と散々バカにしておいて、
自分がこのザマです。
情けなくて、主人にも言えませんでした。

一方の我が家は、歩いて数分の所に、初詣参拝数が三が日で300万人の
お寺がありまして、そちらに初詣に行ってみました。
特に、その宗派を信じることもないのですが、創価との決別の
意志を固めたい気持ちもあり、ささやかなお賽銭を入れて、
家族が健康で楽しく過ごせるように、お願いしてみました。

今年も、時に悩むことがあるでしょうが、悩みのない人などいません。
自分の気持ちや、家族、友人のサポートで乗り越える力がみんなに
あるはず。そう信じて、覚醒の道を進もうと思っています。

今年もブログを楽しみにしております。よろしくお願いします。
2015/01/05 (Mon) 12:49 | のん #MyJ0QW/M | URL | 編集

祥蘭様ありがとうございます(=^◇^=)ゞ

はじめまして。
創価学会に入会して25年目にしてやっと解放へのイリュージョンを掴みかけておる40半ばのおじさんです。
この年末に祥蘭様のサイトに出会い創価覚醒が更にさらに加速しましたので感謝申し上げます。

昨日、最寄りの会館に行くと我が県でも指折りの大物幹部が偶然おり、彼と1時間余り脱会話をしましたが脱線しま狂い、最後には題目100回あげようと言われました。以前の私ならその言葉のひびきでマインドコントロールされ一緒に御本尊へ帰命するところでしたが、祥蘭様の覚醒ブログを読んでいたおかげ等で何とか、やりすごすことができました。ありがとうございました。

来年もボリューム満点で内容てんこ盛り超ド級の祥蘭様創価覚醒ブログが、創価学会撲滅的壊滅へのカウントダウンへ更に119歩ぐらい貢献できますように。

祥蘭様と御家族の皆さま、そしてここに来られる皆様全員が、2014(平成26)年に笑顔で別れを告げ、
来るべき2015(平成27)年が健康と無事故で幸多き一年となりますように
(=^◇^=)O♂
2014/12/30 (Tue) 10:56 | イノセントマン #- | URL | 編集

後日談

こんにちは。
衆院選、まさかの議席増に「なんでやねん!」とニュースを見てテレビの前で
ツッコミ入れてしまいました。
低投票率は組織票が有利という選挙の法則がハッキリと解る結果に、もやもや・・・。
一党独裁よりは公明がついているほうがまだましと思う人も多かったかも
しれませんね。第三極、ほんとにしっかりしてほしい!

前回書いた母にハガキを出されてしまった友人に手紙を送った際、メアドを書いておいたら
メールが来ました。公明党のハガキは毎回誰かから来ているそうで、全然気にしてないよ!
わざわざ連絡ありがとうと書いてありました。
友人の心の広さに感謝すると同時に、スルーしてくれてて良かったと思いました。
毎回誰かから来ているという箇所がひっかかりましたが、同級生に活動家が
まだまだ居るって事なのか。または親が勝手に子供の名前を使って出しているのか。
選挙ってなるとなりふりかまわず必死になれる、あの感覚。私も活動から離れて
だいぶたつので、理解ができなくなっています。
法戦の闘いを通して自分の願いを叶えるって考え方には、もう戻れません。

私の選挙区も野党が当選(自民は比例復活)しました。
選挙の翌日に病院に行った時、待合室で御婦人がおしゃべりしているのが
聞こえたんですが、その内容が興味深くって
「今回はOO党が立候補していなかったから(御婦人のひいき政党みたいです)
どこでも良かったんやけど、負ける方に入れるのは悔しいから
勝ちそうな候補に入れた。負けたら気悪いやん!」って言ってたんです。
そんな理由?とちょっと驚きました。消去法にも色々あるんですね。
祥蘭さんが書かれていた通り、大阪で公明・共産しか出ていない選挙区が
2つあります。
公明に入れた人で、さきほど書いた御婦人のようなタイプの票も多かったのかもしれないって思いました。
大阪人のノリっていうか(汗)お笑い1000万票なんて言葉もありますが。
この結果を受けて、次の参院選での投票率が上がる事を期待したいです。

かおるんさんのコメント拝見しました。
お父様の御冥福をお祈りします。
御両親と真正面からぶつかりあって、本当にすごいです。
創価命の親が、学会周辺での世間体を気にするのはどこも同じなんだなと
思いました。役職があれば尚更気にします。私の実家も同じです。
お父様も、ひとりの親としての考え方より学会人としての立場ばかり
優先して考えていらっしゃったんだと思いました。洗脳のなせる技ですね。

私はまだ親と正面切ってぶつかった事がありません。
薄々非活になった事を親は気付いていますが、こっちに信心があると
当然みたいに思って話をしてきます。それが日を追うごとに内心きつくなっています。
このまま私は本心を言わないで、親が洗脳されている事も指摘せずに
終わって行くのかなと考えるたび、なんともいえない気持ちになります。

かおるんさんは複雑な心境でいられると思いますが、ぶつからないままで
終わっていくかもしれない、この割り切れなさもあるので。
比較するような話でもないけど、自分にも親御さんにも真摯で誠実で
行動された事、私はすごいと心から尊敬します。
自分にもいつかそんな日がくるのかこないのか解りませんが、どっちにしても
すっきりしない思いは残りそうな気がします。

結局一番悪いのは幸せになれますとかって洗脳で、実は不幸に陥れている創価。
恋人でも友人でも家族でも、人間関係を壊すな!って思います。

2014/12/18 (Thu) 12:15 | 吉野 #- | URL | 編集

吉野様 マリーナ様 のん様 東子様 かおるん様

コメントありがとうございます。
お返事、公開が遅くなってすみません。

吉野様

>公示日当日で、まだハガキがとりまとめ役のところで止まってるかもしれないし取り返して
(出さないようにしてほしい)と頼みました。
そのときに出た母の言葉「親に恥をかかせたいの?」に絶句・・・・。
友人に対する非常識・失礼を気にする私のことより、母が組織で恥をかきたくないと。
そっち優先?!って情けなかったです。

吉野さんの心中お察しします。
創価脳の親は、親子の絆や信頼関係以前に創価社会の世間体を
気にする、これはもうどうしようもない事のようですね。
害毒以外の何ものでもありません@組織。

しかし
公示日前に、急な選挙だったにもかかわらず、
支援ハガキが用意されているって所がなんともきな臭いですね。
それを組織を通じて書かせている。こんなのおかしいですよ。
さすがは選挙屋(創価)がバックについてるだけあるなとw
今回の衆院選は安倍首相が外遊中に出た話で、するともしないとも
言わなかったのが、帰国したら既成事実みたいになっていました。
先日みていた報道番組で、安倍首相が決断したにせよ粉をかけた
人物がいると話しているコメンテーターがおられ、興味深かったです。
「今なら勝てる」と言えるのは選挙屋くらいじゃないでしょうか?
あくまで私的な憶測ですが。

>「非常識なんて相手が思うとは限らない。F活動で久しぶりの友人(私)からの連絡を
嬉しく思う人だっている。なんでも悪くとりなさんな」と。
これ聞いて、ミラクルを信じる人がここにもいたよー!祥蘭さん!と思いましたw
公明党支援のはがきが、長年連絡とってなかった人から届いて嬉しい人なんて
いるわけないです。自分の行いを正当化したくて無理やり肯定的に
母がもっていこうとしてるだけ。

おそらく、学会婦人部もわかっているとは思います。
外部にF頼んで嫌われる・迷惑がられることは。でもそんなことを
まともに考えていたら足が止まってしまう。
そこでミラクルが飛び出すんでしょうね。
己の行動を冷静に振り返るなんてしてたら、できない「戦い」だから
なかったことに、目隠しするというか。
まともに物事考えられなくするための魔法が必要なんでしょう。
それが吉野さん仰る所の「正当化」だと思います。

お友達の不安を慮って手紙を出された、吉野さんの行動は
とても賢明で常識的。素晴らしいと思いました。
どんなハガキであれ、他者の筆で友人名で届いたら気味が悪いと
思います。
でも、そういうことにまで頭がまわんないんですよね。創価脳って。
公明党支援は正義だから、なんでも許されるとでも思ってる証拠です。

>こんな選挙支援のやり方(子供になりすましで支援ハガキを出す)、ルール違反も甚だしいと思いますが?
親子間だから問題化しても、内輪でなんとかごまかせるとか思ってるんだとしたら最悪だし、
厳罰化すればいいのにと思います。

選管に通報していいレベルの案件だと思いますよ。
けど、親子間でそれはないだろうというズルイ魂胆があるでしょうね、
組織側には。
吉野さんにおかれても、お母様に辛い思いをしてもらいたくないでしょうし
「お母さんのためを思った忠告」で対応されたらどうでしょうか。
今回限りで、勝手にハガキを出すようなまねはしないでほしいと
釘を刺し、これが選管に知れたら組織に迷惑かかるよ?
大好きな先生wにも迷惑かかっちゃうんだよ!と。
信仰心の厚薄で世法が変わることなんて断じてない、悪いものは
悪いんだよ、という常識を教えて行く以外にないんだと
私自身、創価脳な母親と接して痛感しています。
なんでもミラクルで自分は無罪放免と思ってますからね、下手すると。
そんな都合のいい話、あるわけないよと、世の中の道理を
よく噛み砕いて教え、解らせる事がベストではないかと
思っています。

マリーナ様

>そもそも創価は儀典部まで設け友人葬を喧伝・推進していますが本部幹部が悉く密葬とは、説得力も無く矛盾していますね。
何より本部幹部が亡くなっても会員に知らせない=隠していること自体、会員をバカにしていると思います。唯一発表した某理事長の場合は、外部から漏れてしまったからとか。
こんな体質だからセンセイの現状も「不自然な写真」でムリヤリ糊塗するのでしょうw
人間誰しもいつかは亡くなるのに、どれだけ疚しい組織なんだか。

どんな死に対しても、都合のいい解釈をつけて「霊山へ旅立った」と
言い放つ創価学会も、最高幹部の急逝には理由のつけようが
ないんでしょうねw
最高幹部と言う責任ある立場なのに、早く死んで「良かった」なんて
どうやっても理由がつかないです。だから隠して、早く忘れてもらおう、
なかった事にしちゃえ!って魂胆じゃないでしょうか。

ただ、池田老人の逝去に関しては「無かった事」にはしないでしょうねー。
なんせ金儲けの大チャンスですから。最後のチャンスと言っても
過言ではないかも。
今から相当壮大なエンディングエピソードが練り上げられて
いることでしょうし、
一体そのネタで何年ひっぱるんだよ!?というくらいの事にはなりそうです。

>ある女子部が気乗りせず、お断りしたところ紹介者の婦人部に、「男子部の○○長なのよ!」と凄まれたそうです。
因みに私も言われましたw内心、「それがどーした!エライのか?!」と叫んだのは言うまでもありませんww

ありました、ありました。
創価の役職なんて一般社会では恥さらしものですが・・
これも、学会世間の狭さなんでしょうね。
んなもん誇示したところで社会では笑われるだけなのにw

>先方も嘘を吐いたわけではないと思いますが紹介者の安易な勧め方に当時は、かなり腹が立ちました。
後日判明したところによると、先方が乗り気だったのに30代の私があっさり断ったことがショックだったようです。あゝ勘違いw

マリーナさん、お疲れさまでした。
こっちにも選ぶ権利があるんだよ!って感じですよね。
縁談をもちかける側が勝手に盛り上がって、当人の考えなんて
そっちのけで暴走パターン、創価じゃかなり多いと思います。
学会婦人部って総じて「おせっかいおばさん」がデフォ故。
思い込みの激しい人も多いですしねw

組織内お見合い結婚で不幸なパターン、私の身近にも
ありました。
その昔、学会の見合い話は「池田先生が決めた縁談は
断っちゃいけない」と言われてたんですよね。
私の地元の古参幹部にも、何人かいるんですよ。
たまたま本部にいったら池田老人に出くわして、結婚は?と聞かれて
「まだです」と答え、地元に戻ったら「先生からの縁談だ」と
女性を紹介されたって話がw
もちろん、有無を言わさず結婚して、新聞店をされておりましたが。
北朝鮮とか統一教会とか言われても仕方ないですよね、これじゃw

>こう言っては何ですが、役職を振りかざす人に限って他に誇れるものがない人が多いように感じます。
まさに、学会の常識は世間の非常識w

マリーナさんの仰る通りで、学会の役職ほどあてにならないものも
ないと思います。人間性とか中身とか全然関係なし。
自分の頭で考えるような人は徹底して排除されているし。
自主性のない、操り人形みたいなタイプか・魂抜かれちゃって
学会に尽くす事が我が使命!と勘違い燃焼タイプのどちらかでしょう。
なかでも男子部の役職なんて、もっともアテにならないw
私の身近なところだけかもしれませんが、学会での外面は良くても
実生活むちゃくちゃって人も多かったです・・特に創価班。

のん様

>だーかーらー。
誰が1票入れると書きましたか!!
バリ活特有の、「すべてポジティブ」状態です…。
相変わらず、実態のない「F」とやらを数えて、満足しているのですね。

ちゃんと文面を読めば、のんさんが考えた上で投票先を
決めるつもりでいる=公明とは限りません、と伝えているのが
わかりそうなものですが、自分の都合のいいように解釈して
しまうんでしょうね。

先日みていた番組で、林先生(東進ハイスクール)が
「思考は訓練であり習慣」と仰っていて
まさにそのとおりだわ~と感服してしまいました。
「考えないから考えるようになれない」とも。
創価脳はお仕着せの「教え」ばかりを有り難がって頭に詰め込み
「疑ったら堕地獄」なんて縛りあげられて自ら考える事を
辞めてしまってる。
これでは頭が悪くなる一方なんですよね。

しらゆり長さんも、のんさんの発言を吟味・咀嚼せずに
創価のお花畑なポジティブシンキングでただ捉えてしまうから
残念ながら、なかなか覚醒できないんだと思います。

>よくあれこれ言って怒らせた私に笑顔振りまけるな~と思いつつ、
表情変えずに「こんにちは」とだけ言って、駆け抜けました。
彼女もきっと「のんさんに会いたいと思っていたから会えたんだわ!
功徳だわ!」とか思っちゃってるんじゃなかろうか…と想像し、
あー悔しい(笑)と苦笑してしまいました。

お疲れ様です。
怒らせてしまったのんさんに対して、笑顔で明るく接する、
それが「最高の振る舞い」だと思っているかも知れませんね。
まぁ勝手にそう思ってろって感じもしますがw

東子様

>活動家だった頃は会合スケジュールが最優先。もともと誘ってくれる友達もいませんでしたし、いつも学会婦人部に囲まれて。
今たわいもないことを話している時間がとても楽しいです。どれだけ狭い世界で生きてきたか。。。
外に出てみて、思った以上のことだったと痛感しています。

お元気かつ、楽しまれている様子が伝わってき、なによりです。
私は婦人部どっぷりの期間が無くて(ワークだったので)、それでも
余暇を意味のない学会活動に割かれるのが苦痛でたまりませんでした。
それを日々こなしている人が現実に今も居るという事が
不思議と言うか、なんで?!という気がしてならないです。
東子さんが世界を広げられた事、喜びがとてもよくわかります。

>2年前の選挙、転勤でこちらに住んでいる私はFのつて(友人)が全く無かったので
入るお店の店員さんにFをお願いしていました。クリーニング屋さん、コンビニ、
お花屋さん、パン屋さんetc。。。やすやすと頼んでいた訳ではありません。内心葛藤はありました。
初対面の人にもO区に住んでいる親族・友人さんいますか?と聞いたりして。。。
そうすることが政治を良くするため、仏国土を作るためだと思っていました。とんだ勘違いでした。

勇気を出してお願いしていたんですよね、わかります。
実家に住んでいた頃の私も、数を積み重ねるためお店の方に
投票依頼していました。 
見ず知らずの方にFを頼む=自分の殻をひとつ破れた!なんて
組織では言いましたよね。なんの殻なんだか。恥ずかしい。
今回もそうやって積み重ねられたFが実票に繋がったんでしょうか。

>私もこんな風に迷惑かけてたんだなと思うと、穴に入りたいと同時に申し訳ない気持ちになります。
消したい過去です。。。

同感です。 バリ活だった頃、票を頼んでしまった友人に
合わせる顔がないと思う事もよくあります。
外部の方が、どうしてそこまで選挙に必死になるのか理解できない、
と思われるのも当然のことだと思います。
まさかそれが「師匠の為」だとか「功徳があるから」なんて
想像もつかない事でしょうしね。
政治と何の関係も無い思惑で選挙支援活動してるだなんて。

今回は低投票率で組織票の思うつぼになり、悔しい結果でしたが
こんな時代はそう長く続かないと思います。
気付いた人間だけでも、まともな投票行動をしていく。
そして次世代に功徳選挙なんて絶対引き継がせない。
ここが肝要だと思っています。

かおるん様

お久しぶりです。
どうなさっているかな、と案じていました。

お父様の事、ご愁傷様です。
あまりにも突然の報せに驚きました。

御冥福をお祈りいたします。

そしてコメント、公開になっていましたのでUPさせて
もらいましたが大丈夫でしたか?
(御希望あればすぐ非公開に切り替えますので
御連絡下さい)

>見捨てる訳がないじゃないか。育ててもらった感謝はあるのに。
創価=家族の結びつきだなんて馬鹿げている。
家族って宗教の上に成り立ってる訳ではない。
いろんな形があるけれど、お互いの考えを理解して、
宗教の壁を超えて支えあうのが家族なのではないか、と。
・・・私の本心です。
ひどい反論、と書きましたが、父にはどうしても伝えたい思いでもありました。
父にとってはひどい反論なのでしょう。
私のメールで1回、死ぬ直前に心を痛ませる事がなかっただけでも
良かったのでは、と言い聞かせています。

かおるんさんが、真髄を述べて下さったと思います。
私もまったく同意です。

創価脳の親のまちがいは、子供の幸せを限定してしまうところです。
それが子供といういち人格にとって「不愉快」なことであるにも
かかわらず、創価はすばらしい・信心してればまちがいないからと
押し付けてしまうところが最大級の間違いです。

子供が親の思う「幸せ」を拒絶しても、子供本人が選んだことなら
「要らない」というのなら、認めるべきです。

勿論、命にかかわるような事や社会通念上よろしくない事を
子供が選ぼうとした時、止める義務が親にはあると思います。
(が、当然のことながら創価信仰は命にかかわるような問題でもなければ
どっちかといえば社会通念上良くない事だから辞める方が賢明です)

でも宗教は心の問題。
まして創価信仰は伝統仏教でもない、歴史が100年にも満たない
ただの新興宗教団体です。いつ潰れるかも解りません。
まず、建物・文献etc文化財としての価値がどこにもない。
国が保護する事も考えられない。
組織が分裂・破たんする要素だっていくらでもあるんですよね。
そんな不確実な宗教を親のエゴで子にも継承・続けろっていうのは
まったくもっておかしな話で。
檀家制度等、先祖代々の何かを守るっていうのとは全然レベルの
違う話ですし。

宗教を解りあえないから親子の縁が絆が云々・・というのも
まず宗教ありきでそこを解釈してしまうこと自体、
人の尊厳も情愛もない、って事になるのを気付かせないまでに
教義で縛りあげている。
そこが創価が社会悪だと思う因のひとつです。

私が言える立場にないですが、お父様もかおるんさんが辛い顔を
しているよりは、笑顔でいてもらいたいと思っているはずなんです。
親の願いは、子の笑顔です。
それは幾つになっても、です。私はそう思っています。
ただそのことを、創価のバカげた教義のせいで「見えなく」されて
いる、創価脳は残念なのです。
どれだけ無益なことで子供(家族)を悲しませ苦しませていたか、
覚醒したらみんな解るのです。そして後悔するのです。
お父様だって、解る御方だったと思います。だって、かおるんさんの
お父様ですから。
ただそれには少し、残念ながら時間が足りなかった。
時間があればきっと気付くことができたんだと、私は思います。
(勝手な意見で、お気を悪くされたらすみません)

貴重な経験談をお聞かせくださって、ありがとうございます。

まだ混乱されているとのこと、お疲れが出る事もあるかと思います。
どうぞ今は御自身のことを最優先に。
心ある婚約者さまと、ゆっくりした時間も持たれながら過ごしてくださいね。

2014/12/16 (Tue) 18:01 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

お久しぶりです。

祥蘭さん
お久しぶりです。
7月、8月と2回コメントさせて頂きました学会3世のかおるんです。

外部との結婚と脱会についての悩みを投稿させて頂きました。
ご返信に励まされながら、彼との結婚を進めていきました。

長くなりますが、この4ヶ月の事を報告させてください。

あのあと、彼から正式にプロポーズして頂き(創価の話のせいで、すっかりそんな雰囲気ではなかったのですが、ちゃんとしてくれましたw)、
改めて親にも結婚の挨拶をしにいきました。

9月の終わりです。

彼からは何故脱会をしてもらいたいかを話し、
それに対して回答をする父親。

その回答からは、祖父母から受け継いだ信仰を孫の代でこんな風に
終わらせたくないという気持ちが伝わってきました。

脱会についても、統監を新住所にうつすから(ずっと実家においたままでした)、
そちらでうまくやってくれ、と。
本部に脱会届けなんて出しても意味がないとも言われました。
地域で管理してるものだから、そもそも脱会届けなんてものは存在しないとも。
※入会届けはあるのに変な話ですよね。

脱会まではしなくていいと思うと散々言われましたが、自分たち(親)のこの地域での
立場があるし、何を言われるか分からないから、非活宣言もしないでほしいと。
前回財務の件で触れた、学会組織内に対する見栄が見え隠れする内容でした。

彼の前では終始にこやかな私の両親。
ただ、内容は喜々としてどれだけ創価学会の活動が素晴らしいものかを
語り、時に
「かおるんはそんな自分たちを理解してくれてると思っていたんだが、、残念な娘です」と
彼の前で言うという。

さすがに30を過ぎて嫁の貰い手がなくなると思ったのか、
結婚については何も言わないから、早く進めなさいとの事でした。


結婚式に関しては、海外でやりたい、教会でやることも考えている(私からの創価離れ宣言です)、
ということを話したら、
「教会だけはやめてほしいな」と両親ともにぽつりと言いましたが、
特にその場では大きく喧嘩になる事もなく。

一連の流れから、なんだかんだうちの親も人の親なのかな、と思ったりしました。
彼からも「思ってた感じと全然違った。もっと散々言われるかと思ったけど、最後はやっぱり子供の幸せを考えてくれてるんだよ」と。

うまくいきすぎてるなーと思ったのもつかの間、
その当日中に、父から散々なメールがきました。

・本当に脱会するなんて、馬鹿げている
・創価学会を馬鹿にしすぎ。
・一銭も資金援助はしない。海外で結婚式をやるという事はもちろん我々(親)の旅費も考えているんだよね?

という内容が、ひどい言葉と一緒に飛んできました。

それを読んだ瞬間、どこまでいっても変わらない人だな、と思い
私も売り言葉に買い言葉で応戦しました。

その内容を彼に伝えたところ、かなり怒られました。
せっかく自分が行って良い雰囲気で終わらせたのに、こんな風に悪い方向に蒸し返すなんて
かおるんは何をしてるんだ、と。

私は親の良い顔悪い顔両方見てきたので、それ見たことか!とばりに
思ったのですが、良い顔しか見てない彼からすれば、そういう反応になるかもしれないですね。

統監の移動の進捗をするため、何度かメールをしましたが
よく分からない返答に、私もイライラし、やはり本部に内容証明を出すしかなくなると
伝えました。

これが、10月末の話でした。

12月頭、母から電話が入りました。
父が倒れたと。病院で緊急治療中なのですぐに来てほしいとの事でした。

頭が真っ白になりながら、向かってましたが
途中の電車の中で間に合わなかった、と連絡をもらいました。

兄弟は全員、その場にいれませんでした。
母は最後見届ける事ができたそうですが。。

こんなに早く?という思いと、
やってしまったという後悔の思いが、一気に溢れてきました。

慌ただしく通夜や葬儀の手配をしましたが、
通夜の前日はひっきりなしに学会員が来ました。本当に休む間もなく。。。
涙を流してくれる方もたくさんおり、
学会員で良かったね。頑張ってきた甲斐があったね。とも思えたのは事実です。

ただ、一人学会の上の方が2人揃って来た時に
その思いは砕かれました。

AさんBさんとします。Bさんは私も何回かお話したことがあり
面識はあります。Aさんは全く見た事ない方で、後で母に確認したところ
役職ある方でした。父とはそこまで深く事なかったようです。

BさんはAさんに良く言ってたんでしょう。みんなお子さんが信心を頑張っていると。
わたしは実際、Bさんに会った時はなんとなしに返事をするといった次第でした。

Aさんはテンプレートのようなお話をされました。

「子供さんみんなが立派に信心をしてるし、お父さんもやりきったから安心して逝ったんでしょうね」と。

何の事情も知らずに、兄弟全員立派に信心してるとか、
まだ学生の兄弟もいるのに安心して逝くとか。
どういうつもりで言ってるのか?

安心して逝った訳がないんです。
私ともこんなに揉めて、体の弱い母を置いて逝って。
こんなに早く死ぬなんて、なんのための信心だったのか。

創価のえらい人はみんな同じような事を言います。
やり切ったからね。お父さんは立派な信心だったからね。
兄弟みんなでお母さんを助けて、立派な後継者にならないとね。と。

外部の方の方がよっぽど寄り添ってくれました。
突然だね。お父さんびっくりしてるよね。
かおるん頑張りすぎないようにね。家族も心配だけどかおるんも体に気をつけてね、と。

この差はなんなんだろう。
創価学会は私がいるべきところではない、と改めて思いました。

父とのやりとりの最後はどんなだったか、亡くなった1週間後にメールを見返しました。
1通、まだ読んでいなかったメールがあることに気付きました。

---------------------
創価をやめるという事は親を見捨てるということだ。
見捨てた子供の結婚式に出る親なんかいない。
おまえがやめると言った日から熟睡できた日がない。
---------------------

最後のやりとりから1か月後、亡くなった1週間前に来ていました。
全く気付きませんでした。

気付かなくって良かったです。
こんなメール、見ていたら即刻ひどい反論をしていたと思います。

見捨てる訳がないじゃないか。育ててもらった感謝はあるのに。
創価=家族の結びつきだなんて馬鹿げている。
家族って宗教の上に成り立ってる訳ではない。
いろんな形があるけれど、お互いの考えを理解して、
宗教の壁を超えて支えあうのが家族なのではないか、と。

・・・私の本心です。
ひどい反論、と書きましたが、父にはどうしても伝えたい思いでもありました。
父にとってはひどい反論なのでしょう。
私のメールで1回、死ぬ直前に心を痛ませる事がなかっただけでも
良かったのでは、と言い聞かせています。

少しまだ、混乱しています。

母とは、溝があります。
おそらく、母は私を恨んでいると思います。
心に負担をかけた私の事を。

父に出来なかった分、母には親孝行していかなければ、と思っています。
母や兄弟とのやりとりは、是非みなさんに聞いてほしい事でもありますので
また別で書かせて頂きます。

悩んでいる方がたくさんいると思いますが、
創価の事で関係が悪くなる家族が少しでも減るよう、応援しています。

2014/12/14 (Sun) 03:07 | かおるん #- | URL | 編集

No title

こんばんは。
祥蘭さんいつも丁寧なお返事ありがとうございます。おかげさまで仕事開始から一ヶ月が経過。
非活ライフも一ヶ月経ちました。あっという間のようで、中身の濃い幸せな毎日でした。
先日職場仲間と忘年会をしてきました。日程をきめる時に「いつでもいいですよ」と言えたのがひそかに嬉しかったです。
活動家だった頃は会合スケジュールが最優先。もともと誘ってくれる友達もいませんでしたし、いつも学会婦人部に囲まれて。
今たわいもないことを話している時間がとても楽しいです。どれだけ狭い世界で生きてきたか。。。
外に出てみて、思った以上のことだったと痛感しています。

非活になっても選挙があると報道が出た後から週に2-3度メールがきます。F報告と拠点闘争の連絡。
無視していますが、先日気所でばったりと活動家の人に出くわして仕事のことを
いろいろ探られました。土日もシフトで仕事にいくことがあると話したら
「期日前投票だよね。拠点に報告した?まだなら言っておくね」と言われて。
誰も公明党に入れるなんて言ってないんですが。。。と思いながら、面倒なので「お願いします」と言っておきました。

まだ期日前に行けてません。棄権はしませんが消去法でも難しいです今回の選挙。第三局が頼りなさ過ぎて。。。
私の選挙区は公明候補がいないのですが、近い選挙区で候補が立っている関係もあって
選挙となるとかなり必死の闘いになります。
2年前の選挙、転勤でこちらに住んでいる私はFのつて(友人)が全く無かったので
入るお店の店員さんにFをお願いしていました。クリーニング屋さん、コンビニ、
お花屋さん、パン屋さんetc。。。やすやすと頼んでいた訳ではありません。内心葛藤はありました。
初対面の人にもO区に住んでいる親族・友人さんいますか?と聞いたりして。。。
そうすることが政治を良くするため、仏国土を作るためだと思っていました。とんだ勘違いでした。

先日仕事の休憩中に同僚と話していたら「昨日夜の8時過ぎに近所の人が公明党をお願いしますって頼みにきてさ。
どうしてあんなに選挙に必死なの?解らないわー」と言うのでドキッとしました。
「なんでだろうね?組織票だからかな」と答えましたが、夜8時に戸別訪問って。。。完全にアウトじゃないですか?
それ以上話題は続かなかったけど、同僚が明らかに不快感を示している事だけはよくわかりました。
私もこんな風に迷惑かけてたんだなと思うと、穴に入りたいと同時に申し訳ない気持ちになります。
消したい過去です。。。

私の一票はたよりない一票かもしれないけど、自公圧勝といわせないように心して投票して来たいと思います!
2014/12/12 (Fri) 20:00 | 東子 #0CPpIVug | URL | 編集

ポジティブ…

先日のコメントで、ハービーハンコックが出演したライブの件、
教えて頂きまして、ありがとうございました。

観光局長が赤字を補填、というのは、テレビのニュースで何気なく見ていて
どういうこと?!と思っていました。そんなに観光局長って金持ちなの?と
不思議に感じていました。
まさか、その流し見していたニュースの裏側がそんなこととは!!

想像ですが…
ハービーハンコックの来日公演は、いつも完売で大人気だ!と
某議員先生がプッシュ。ふたを開けたら大赤字…。
そんな気がしてなりません。
活動家数=賛助会員の民音さんなら、数千万の補填もかわいいもの?

その後、痛々しいしらゆり長さんから、またメールが来ました。
 選挙の報告があるが、誰か頼めたか?
 報告は今回一度なので、見込みでもいい
ということでした。

賛助会員の件に引き続いて、正直に返事を書きました。
 マニフェストを読みましたが、疑問点があるため、
 他の方に選挙依頼をするつもりはありません。
 私自身、他党のマニフェストを読んで、判断するだけで、
 投票ギリギリかと思います。
と送りました。すると
 そうですか~。それは残念だけど、のんさんが1票入れて下さるなら、
 それが一番良いです(^-^ゞ なので、宜しくお願いしますね

だーかーらー。
誰が1票入れると書きましたか!!
バリ活特有の、「すべてポジティブ」状態です…。
相変わらず、実態のない「F」とやらを数えて、満足しているのですね。

「すべてポジティブ」といえば、先日、自転車で用を済ませて帰宅した時
家の近くの路地で、あの地区婦とすれ違いました。
私にあれこれ言ってきた、後からすれば、覚醒のきっかけとなった地区婦。
近所に住んでいて、私がそれなりに活動していた時は、やたら顔を見ていた
気がしましたが、非活になってから、久しぶりに顔を見ました。
遠くから気づいたのですが、引き返すのもおかしい細い路地。
仕方なくスピードを上げました。
近づくと「あら~♪のんさん、こんにちは!元気?」とニッコニコ。

よくあれこれ言って怒らせた私に笑顔振りまけるな~と思いつつ、
表情変えずに「こんにちは」とだけ言って、駆け抜けました。
彼女もきっと「のんさんに会いたいと思っていたから会えたんだわ!
功徳だわ!」とか思っちゃってるんじゃなかろうか…と想像し、
あー悔しい(笑)と苦笑してしまいました。

2014/12/07 (Sun) 23:46 | のん #MyJ0QW/M | URL | 編集

律さんのお話から

律さんの御母様のご冥福をお祈りいたします。 合掌

祥蘭さんの仰る通り、律さんの御葬儀のお話は大変参考になりました。
私自身、近い将来の問題として悩みの種でした。
葬儀社さんの言葉も、現実を知るプロの貴重な証言として有り難く思います。
やはり、同じような悩みを抱える二世、三世が多いということでしょうか。
そもそも創価は儀典部まで設け友人葬を喧伝・推進していますが本部幹部が悉く密葬とは、説得力も無く矛盾していますね。
何より本部幹部が亡くなっても会員に知らせない=隠していること自体、会員をバカにしていると思います。唯一発表した某理事長の場合は、外部から漏れてしまったからとか。
こんな体質だからセンセイの現状も「不自然な写真」でムリヤリ糊塗するのでしょうw
人間誰しもいつかは亡くなるのに、どれだけ疚しい組織なんだか。
また、よそ様のことを言うのは何ですが…遺産のことに加え縁談とは、一周忌も済んでいないのに…と驚きました。
早く元気になってほしいという善意かもしれませんが、すべて組織絡みというところが残念ですね。
縁談といえば女子部時代、創価脳の非常識な言動に不愉快な経験をした例を見聞きしました。
一般的にお見合いの場合、条件が先立つのは致し方ないと思います。
しかし創価脳は、世間一般の条件とかなりズレていると言わざるを得ません。
ある女子部が気乗りせず、お断りしたところ紹介者の婦人部に、「男子部の○○長なのよ!」と凄まれたそうです。
因みに私も言われましたw内心、「それがどーした!エライのか?!」と叫んだのは言うまでもありませんww
しかも、こちらがお願いしたわけでもなく紹介者の顔を立てるために、「会うだけでも~」という話でした。一応こちらの経歴を伝えると当初の話が変化し、私の仕事に便乗するかのような打算的な言葉まで聞かされ嫌気がさしてしまったのです。両親も、「いくら仲人口とはいえ話に一貫性がなさすぎる。会わずにお断りした方が良い」という結論に至りました。
先方も嘘を吐いたわけではないと思いますが紹介者の安易な勧め方に当時は、かなり腹が立ちました。
後日判明したところによると、先方が乗り気だったのに30代の私があっさり断ったことがショックだったようです。あゝ勘違いw
もちろん結婚は条件だけでは決められません。
さりとて幹部だからと結婚しても、気の毒なことに不幸になっている例も散見されます。先方が役職を鼻にかけていたかどうかは不明ですが、このような幹部が存在するのは事実です。
婦人部に限らず壮年部でも、本人はもとより親御さんの役職までしつこく聞く幹部を目の当たりにしました。役職の高さが人間の価値を決めるとでも思っているのでしょうか?
こう言っては何ですが、役職を振りかざす人に限って他に誇れるものがない人が多いように感じます。
まさに、学会の常識は世間の非常識w

PS
今回の件は、いつかお話したい(吐き出したいw)と思っていました。
もっとグロテスクな話もあり、ご紹介できないのが残念ですがw
せめて、組織内縁談で嫌な思いをされている全国の女子(男子)部に、「あなただけじゃないよ。笑い飛ばして!」という気持ちをお伝えしたいと思いコメントさせていただきました。
この機会を作ってくださった律さん、そして何よりこの場を提供してくださっている祥蘭さんに感謝いたします。
2014/12/05 (Fri) 19:55 | マリーナ #- | URL | 編集

No title

こんにちは、お久しぶりです。すっかり寒くなりましたね!

選挙公示日、母からかかってきた電話で喧嘩になりました。
実家の選挙区で候補者が立っています。その支援ハガキを母が私の名前で地元の友人に送ったけど
(友人は)引っ越してないよね?という確認でした。
友人にかなり前に聖教新聞を推進したことがあります。
母が覚えていて、友人の家(実家のわりと近くです)も知ってるのですが
訪問Fは頼みづらいからハガキを送った・新聞もとってくれた人だし理解者だと思ったみたいです。
勝手にしないで!と怒りました。私はここ5-6年連絡をとっていません。
活動家だった時はFをお願いに行った事もありますが、民主が大勝した
あの選挙以来F活動停止。今は疎遠になっています。
公示日当日で、まだハガキがとりまとめ役のところで止まってるかもしれないし取り返して
(出さないようにしてほしい)と頼みました。
そのときに出た母の言葉「親に恥をかかせたいの?」に絶句・・・・。
友人に対する非常識・失礼を気にする私のことより、母が組織で恥をかきたくないと。
そっち優先?!って情けなかったです。
私がイヤミで「これだから創価公明って非常識と、はがきを受け取った
友人が思ったら公明に投票なんて絶対しない。他に入れられて逆効果になるよ」と言うと
「非常識なんて相手が思うとは限らない。F活動で久しぶりの友人(私)からの連絡を
嬉しく思う人だっている。なんでも悪くとりなさんな」と。
これ聞いて、ミラクルを信じる人がここにもいたよー!祥蘭さん!と思いましたw
公明党支援のはがきが、長年連絡とってなかった人から届いて嬉しい人なんて
いるわけないです。自分の行いを正当化したくて無理やり肯定的に
母がもっていこうとしてるだけ。
友人は多分筆跡で私が書いたはがきじゃないと気付くと思います。母の字は独特?なんです。
でも、それが逆にどっかで個人情報が漏れてるんじゃないか?と不安にさせるかもしれないと心配になり、
母が勝手に出したとお詫びの手紙を書いて送ることにしました。
どっちみち友人に迷惑をかける事に違いなくて、悲しいやら情けないやらです。
私自身が非活になって、誰にもFを頼まなくたって親が足を引っ張ってくるとは盲点でした。
こんな選挙支援のやり方(子供になりすましで支援ハガキを出す)、ルール違反も甚だしいと思いますが?
親子間だから問題化しても、内輪でなんとかごまかせるとか思ってるんだとしたら最悪だし、
厳罰化すればいいのにと思います。

今回の選挙、なんで今?感がすごいです。投票は行きますが、どこを選んだらいいのか~って、
公明以外に入れればいいだけw
野党は決め手に欠けますが、組織票を勝たせないためにも棄権はしないように
していきたいです。

2014/12/04 (Thu) 13:41 | 吉野 #- | URL | 編集

のん様 いも様 律様

コメントありがとうございます。
お返事がおそくなり申し訳ありません。

のん様

>すると、
 私は、難しい事は、頭が悪いから‥。
 ってあまり考えて無いけど、のんさんって、たくさん考えているんですね
 私も、もっと物事を良く考えるように頑張ります
というお返事…。

MCが行き届いているのか、素直すぎるのか?!
なんだか痛々しいですね、しらゆり長さん。
のんさんの理路整然とした回答にただ感心するだけでなく、
自分の頭でよく考え、咀嚼してほしいですね。

>「民音の活動が認められて、世界から表彰されてるのよ。」と新聞を出す。
そりゃ、お金いっぱい渡して来日公演してください、って言われれば
喜びますよね。表彰状一枚でいいなら、いくらでも出すでしょう。

お金をいっぱい渡して・・まさにバラマキですもんね。

先日、非公開コメントで関西方面の方から気になる報道が
あったと教えて頂きました。
大阪市観光局が誘致した海外アーチストのライブが、大赤字を
出したところ、観光局長が私費数千万円を投じて赤字を補てんした
というものでした。
通常、自治体が絡むイベントで個人(企業における社員)が
私費で赤字を補てんするなんて、考えられない異例なんだそうで。
その海外アーチストに、ハービーハンコック&ウェインショーターが
含まれており、この公演を観覧にわざわざ地元選出の公明国会議員が
大阪まで来ていたとのこと。
ハービーハンコック&ウェインショーターといえば、SGI芸術部の
大看板です。
観光局長は数千万円の出所を「個人的な借金で賄った」と会見で
話したそうで、イベント赤字補てんのための資金をいち個人へ数千万円も
まともな金融機関が貸し出す事は、相当な担保でもない限り
考えられないと。
だとしたらお金の出所(貸してくれたところ)って一体・・と。
憶測の域はでませんが、赤字公演となったことを市議会で
つっこまれない為に・・と動く勢力があるとすれば、考えられるのは
組織しかないですよねと。
この件を読ませていただき、私も怪しいと思いました。

>元親友の地区婦に、集団的自衛権の話を振った時も
「集団的自衛権の事は詳しく知らないんだ。ゴメンね。」の1行でした。
公明党の選挙カー手伝い経験もある人ですが。
世の中をよくするために!ではなく、公明党の議席確保!でしかない選挙。
「難しいことは頭が悪いからあまり考えてない」という活動家さんに
早く気づいてほしいものです…。

公明党が勝てば(確たる理由は無くても)世の中良くなる。
だって正義の党だから!ぐらいの思いこみで選挙活動を
行ってますからね、多くの活動家は。
消費税10%先送りについても、先送りで生じるリスクの事は考えも無しに
「確実な軽減税率導入のために、公明党が関与している」と
いうような語り草になっていると聞きました。
リスクなんてすっとばし、学会員は公明党のいいようにしか言わない、
実はほとんどなんもわからずに選挙支援をしている、という事実が
外部の方々へと広まり、冷静沈着な投票につながる事を願っています。

いも様

コメント拝見し、いも様のような学会員が存在している事も
リアルであると解ります。
よかったですね、という感想以外、私から申し上げることは特にありません。
お立ちよりありがとうございました。

律様

まず、お母様の御冥福を深くお祈りいたします。

そして脱会、おめでとうございます。

(中略)としたところは私が懸念し控えた部分です。
お墓の話については、後日機を改めて紹介させてもらいますね。

>葬儀は地元の大手葬儀社に依頼。近年学会員の家族葬が増えているとのことで対応も良く何の問題もなしで実にスムーズに運営していただきました。 親がバリ活でも子は活動継承無し、大仰で煩わしい友人葬は避けたい・でも故人の遺志を尊重し一般宗教で揉む宗教でもなく学会式で行いたい子世代の増加を感じた次第です。

貴重な情報、ありがとうございます。
近頃は多様なスタイルの葬儀を手がける会社も増えていると
聞きます。
近隣学会員の手を借りずとも、身内だけで家族葬が可能。
これは大変心強い・有益な情報です。
儀典部なんて呼びたくないですしねw縁もゆかりもない(?)幹部に
読経してもらうより、自分で出来る人は導師をするのもUSEですね。
それに池田老人からの定型メッセージなんて、覚醒した者からすれば
絶対イラネですしw
こうして実際経験者のお話を伺うと、気持ちが軽くなって来ました。
大変にありがたいです。

御親戚のエピソードについては、大変でしたね。お疲れ様です。
遺産の行方について口出しもいかがなものか、ですし
結婚相手の紹介には最近流行の結婚ビジネスを想起し、私まで
ぞっとしました・・。
そしてお父様との和解、何よりでした。法華講勧誘というのが
老婆心で若干気にはなりましたがw
律さん流のブラックユーモアだと拝察しています。

>遺品整理にて母の10年日記を発見、父と離婚する数月前から空欄のままでした。 それ以前の記述を読むと幹部指導内容や地域メンバーの名前などびっしり活動の事があり家族の事は何も書かれていなかった。 どうして母が書くことを止めたのかは解りませんが、誰にも見せなかった母の苦悩、弱さを見たようで、この日記は捨てず取っておく事にしました。

今となってはお母様の気持ちは量れませんが、
筆を止めた、それは思う所あっての事だったんでしょうね。
育児日記のくだりについては、私の見解ですが律さんのことを
お母様が慈しみお育てになっていたことは、間違いありません。
「広布のお役に立つ人材に」これは当時の婦人部スローガンで、
それが絶対に正しい事で我が子の幸せの直道と信じて疑わないから
書かれたのです。本気で組織に子供を売り渡すような事では無しに、です。
ただただ愚直なお母様の慈愛は本物だったと、そのことは
理解して差し上げられれば・・と思います。

>携帯番号もメアドも変えることなく、そのままにしてあります。現段階でどこからも脱会のお尋ねもありません。個人情報保護で脱会事実が男子部にしれないようになっているんでしょうかw もしくは男子部何てもう存在すらないのかもしれませんね。

律さんのケースですと、お父様が先に脱会・お母様逝去ということで
統監カードが現住地で抹消になったのではないか?と思います。
通常、二世三世が実家を離れて脱会すると、紹介者の親元に
統監カードが返却されるそうです。
返却する場所が無ければ地元(実家方面)で知る由は無い、という事です。
男子部が存在すらない、というのはリアルですねw
とある地方都市の現役男子部の方から頂いた非公開コメントでは
圏単位の会合で結集2桁いかないのがザラだという話でした。
参加者全員、兼任の役職者であることも珍しくないそうです。
相当疲弊している事が伝わって来ました。

>こちらのブログの存在は僕にとり心の支えでありました。創価さえなければ、自分の家族はもっと円満だったのではないかーそれともこれは僕自身の家族ひとりひとりの宿業なのか? 悩まされたその教義自体が悩みの根本起因ではないのかと気がついても「信」を破ることは一人では中々出来る事では無く。 ネットに氾濫する数多の意見の中から、祥蘭さんの紡がれる言葉は自分のど真ん中に入ってき、僕の気持ちを代弁してくれているように思えました。

律さんが相当、家族と創価にまつわる問題で傷つき、悩まれたことが
伝わってきました。
そこは私も同じく、一家和楽に拘るあまりどんどんから廻って行く
母を見て、悩みは増す一方でした。
けど実は一家和楽なるスローガンが家庭不和の原因であったと
気がついた時は、目から鱗。
今まで目指していたものは一体なんだったのか?となりました。
もっと早くに気がついておれば・・と、今でも後悔が絶えません。
けれど、変えられない過去を嘆くより間違いを潔く認め、
新たに歩みだす事のほうが、自分にも周囲にも有益ですよね。

>今の僕の課題は母の人生を創価にだまされ続け無念だったものとはしたくない、という事なのです。創価盲信のまま終えた生涯とは思いたくありません。

律さんの、お母さまへの深い思いに感動しました。
きっとお母様もお喜びだと思います。
私、母のあらさがしばかりしているようですが(反省)、
妄想にとりつかれた母の印象だけが残ってしまわないよう、
今後務めて行きたいと、襟を正す思いで読ませていただきました。

>創価で親子関係がこじれるほど無益な事もないと言い切れます。 利害関係の一致がカルト宗教に左右されるなんて間違いです。この問題で悩む多くの方々の心が一日も早く軽くなる事を願いつつ。

仰るとおりですね。
親子間で信仰の自由を認めることができれば、難ないことです。
創価も今後大きく宗旨が変わっていくようなので、是非そこを明文化して
いただきたいですね。 
まぁ、会員を金蔓と思っている限り、絶対やんないでしょうけど(呆)。

かさねがさね、貴重なお話、ありがとうございます。


2014/11/30 (Sun) 00:52 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

御無沙汰しています。 長らくコメントをしませんでしたがこの期間目まぐるしく環境変化し、先日脱会届を提出。ご報告に参りました。
契機は予てより療養中であった母の急逝です。病状自体は死を想定するほど厳しくはなかったものの、まさに不測の事態でした。
自分も年を重ねるごと親も年老いてゆく、いつか必ず別れがやってくることは頭の片隅にありました。が、リアリティは薄く。 僕が喪主を務める事になりましたが身内の誰も死に目に会えず、生前遺言らしきものも特になかった為、僕の意志で家族葬を執り行いました。
(母方親族に現役バリ活がいるため)無宗教方式にしたかったところ、自宅から曼荼羅を持ち込みおじに導師を務めてもらう形をとりました。僕が知りうる母の旧知の友人にだけ連絡し参列してもらいました。 一部親族から通常通りの友人葬にしないのはおだやかでないと意見もありましたが、僕自身が実家を離れて久しく地域の人脈もない上に、母から確たる(葬儀に関する)希望も遺されていない旨話し収めてもらいました。
葬儀は地元の大手葬儀社に依頼。近年学会員の家族葬が増えているとのことで対応も良く何の問題もなしで実にスムーズに運営していただきました。 親がバリ活でも子は活動継承無し、大仰で煩わしい友人葬は避けたい・でも故人の遺志を尊重し一般宗教で揉む宗教でもなく学会式で行いたい子世代の増加を感じた次第です。
(中略)
実家は両親離婚時に父が母へ譲渡、僕が相続する事に。諸々考えた末売却する事にしました。身内の醜聞で恥ずかしい限りですが売却を聞きつけた親族が僕に連絡を寄こし「お母さんは生前こう言っていた」と、売買成立できた際は広布基金で幾らかでも差し出すべきだと伝えて来ました。
僕自身母からそのような話を生前一切聞いていません。元はと言えば父の財産であったそれ(家)の処遇を、親戚が口を出す事がもうお門違いです。この人たち正気か?と常識を疑いました。 存命の父に幾らかでも戻せと言うのならまだ解りますが、何がどうなって広布基金?理解が出来ません。
墓の件でもしゃしゃり出てき(中略)、口出し内容とは真逆の事に落ち着きました。 又、独身の僕に嫁さんを紹介したいとうるさく言ってき、よくよく話を聞けば年季の入った(失礼)女子部。要援助な両親がもれなくついてくる人物です。家あり車あり姑なしの僕ならうってつけと思われたのか?と、ぞっとしました。
学会に籍ある限りこのような干渉が続く事は容易く想像でき、一周忌の節目を待たずして脱会手続をとりました。
脱会すれば親戚にとって僕は心配な甥っ子の一人ではなくなり、裏切り者脱落者になる。願ったり叶ったり。ついでに父の誘いに乗って法華講入りしてやろうかとも考えましたが、それはさすがにワルノリが過ぎると自粛しました。
父は母方親族の心情を鑑み葬儀に参列はしませんでしたが、実家にて遺骨と対面してもらいました。僕のメンタル含め何かと気にかけてくれ、助かっています。思えば覚醒したから父とも解り合う事が出来、最近は腹を割った友人のような関係です。 もし僕が覚醒しないままでこのような(母逝去)事態を迎えていたなら、父を恨んだまま孤独に陥り、創価寄りの親戚頼みになっていた事も想像出来、覚醒していて良かったと胸を撫で下ろしました。
(中略)
遺品整理にて母の10年日記を発見、父と離婚する数月前から空欄のままでした。 それ以前の記述を読むと幹部指導内容や地域メンバーの名前などびっしり活動の事があり家族の事は何も書かれていなかった。 どうして母が書くことを止めたのかは解りませんが、誰にも見せなかった母の苦悩、弱さを見たようで、この日記は捨てず取っておく事にしました。又、育児日記のようなものも、僕の成長の一端を喜ぶ文章の結びに「広布の役に立つ人に」との言葉を見つけ複雑な思いが去来し。 その時の母の偽らざる清廉な心情であったことは理解できるのですが、そのような目的で子を育てる事は戦時中の「お国のために」と全く変わりが無い事を母は考えもしなかったのだろうと、無知の罪を痛感した次第です。

脱会して何が変わったか、これといってありません。元々ここ数年組織から完全に距離をおいていましたし、関係者と連携もとらずに来ました。実家を離れ生活している事もあり近隣学会員にイチャモンつけられるような場面もなく平和です。
携帯番号もメアドも変えることなく、そのままにしてあります。現段階でどこからも脱会のお尋ねもありません。個人情報保護で脱会事実が男子部にしれないようになっているんでしょうかw もしくは男子部何てもう存在すらないのかもしれませんね。
単身者だからこんな簡単な脱会が成立するのでしょうか。近隣世間のしがらみを生活上避けられない婦人部や壮年部の方の御心労をお察しします。祥蘭さん仰るところの限界コミュニティからの離脱は、相当の決意覚悟と実行力が無いと厳しいもので、それをわかった上で組織形成をし雁字搦めの組織隷属を強いている、そこに人権蹂躙を感じずにはいられません。

長くなりましたが、葬儀や墓問題等、僕の経験談がこれから創価との決別を実行する二世以降の方々の参考になればと思います。祥蘭さんの裁量で使って頂ければ幸甚です。
こちらのブログの存在は僕にとり心の支えでありました。創価さえなければ、自分の家族はもっと円満だったのではないかーそれともこれは僕自身の家族ひとりひとりの宿業なのか? 悩まされたその教義自体が悩みの根本起因ではないのかと気がついても「信」を破ることは一人では中々出来る事では無く。 ネットに氾濫する数多の意見の中から、祥蘭さんの紡がれる言葉は自分のど真ん中に入ってき、僕の気持ちを代弁してくれているように思えました。
今、自分史のようなものを遅れ馳せながら綴ってみています。母の人生についても過去の写真や友人(非創価です)からの手紙、父の話などから辿っています。今の僕の課題は母の人生を創価にだまされ続け無念だったものとはしたくない、という事なのです。創価盲信のまま終えた生涯とは思いたくありません。
まだ予定も何もありませんが、いつか僕に子供が出来た時に亡き祖母が「こんな人だったよ」と語れることが、創価以外に何も無いのでは切なすぎますし母も浮かばれないと思います。
創価で親子関係がこじれるほど無益な事もないと言い切れます。 利害関係の一致がカルト宗教に左右されるなんて間違いです。この問題で悩む多くの方々の心が一日も早く軽くなる事を願いつつ。
長文失礼しました。読んで頂きありがとうございました。
2014/11/29 (Sat) 22:13 | 律 #- | URL | 編集

同感ですが

通りがかりです。

私もいわゆる学会二世です。
ここに書かれている学会員や幹部、組織の有り様については全く同感できます。その通りだと思います。更に酷い笑い話、本当は笑ってしまうしかない笑えない話とも言うべきなのですが、を私は半日ほどは続けることが出来るかもしれません。

でも、私はアンチ学会ではありませんし、池田名誉会長のことも尊敬しています。大方の幹部は、アホか無責任か卑怯者だとは思いますが、人間としての根本的な部分ではその善意を信用しています。

何が私はブログ主さんと違うのかと考えて、いくつか思い至りました。

第一に、私はこうした組織上の諸々の問題点を普段の会合で提起するようにしていますし、幹部がおかしなことを言えばいつでも糾弾するようにしています。適当に調子を合わせたりしないと自分を戒めています。それが、自分のためにも学会のためにも必要だと思うからです。結果として、この20年間、選挙支援も新聞啓蒙もしていません。実際のありようがその理想とするところから遠く離れているし、開かれた学会にするためには必要な行動(非行動)だと思うからです。幹部にも元気いっぱいに明るくそう表明しています。最初は多少の孤独な辛い気分もありましたが、その他の面では私自身が会員さんのために汗を流すことを厭わない方なので、会員さんとも幹部とも良い関係です。

第二に、なぜそれが出来るかと言えば、アメリカSGIで過ごした2年余りの経験があります。彼らは、話す人の役職などとは関係なく、話すことが理に適っていれば、たとえ組織の方針と一致しなくとも耳を傾け採用してくれました。結果として、組織の有り様や広宣流布について自由に語り合うことができましたし、風通しの良い組織で楽しい日々を過ごしました。『たとえ、この日本で誰も理解してくれなくとも、太平洋を渡ればみんな私の理解者だ。』と心の中でいつも思える強みはあります。

第三に、私は20代前半のときと昨年の二度、生命に関わることで「祈りとして叶わざるなし」の体験をしています。自分の心を何度も奮い起こして最後まで諦めなかった結果、ご本尊は応えてくれた、大聖人はそこにいる、という思いを強くしています。

ご本尊に対する確信と体験、私がこんなことを偉そうに言っていいとは思えませんが、選挙や幼稚園のクジ引きではそのことを口にしても一番大事なときに尻込みする。学会二世が増えたせいか、幹部、一般会員を問わず、そんな学会員が増えたように感じてなりません。自分はその挑戦を避けずに来たという思いは、選挙支援活動をしなかろうと新聞啓蒙をしなかろうと、いつも私を正々堂々とさせてくれています。
2014/11/24 (Mon) 15:05 | いも #- | URL | 編集

民音と選挙と

今朝、ポストに白ゆり長からの手紙がありました。
民音賛助会員をお願いします、ということです。
去年、しょうがないか…という感じで500円払いましたが
覚醒した今、500円だって払いたくない!という思い。
元々、民音の活動自体にも疑問がありました。

なので、
 宗教団体として不要な多角経営的な事業展開と感じること、
 チケットの購入割当等、理解できない点から、お断りします。
とメールで返答しました。

すると、
 私は、難しい事は、頭が悪いから‥。
 ってあまり考えて無いけど、のんさんって、たくさん考えているんですね
 私も、もっと物事を良く考えるように頑張ります
というお返事…。

あまり考えずに、出してるんですかね…。MCの現れでしょうか…。
 民音賛助会員です、はい500円。
 財務です、はい1口1万円。
全て「功徳」だと思ってるんでしょうか…。

主人に話したら、唖然としてました。「毎日何を学んでるの?」と。
二人で苦笑です。

どうも、私の地区の方々は、理路整然と伝えると、引かれるようです。
助かります。これで、民音のパンフレットも入らなくなります。

母に、民音なんて、創価学会の本来の活動と関係ないのでは?と言ったら
「池田先生が、色々な文化に触れることができるように作って…」云々。
興味の無いコンサートに割当で自腹切っていくのが、文化に触れる?
こんな販売方法で、民音の活動実績を作り上げてるだけなのでは?

「民音の活動が認められて、世界から表彰されてるのよ。」と新聞を出す。
そりゃ、お金いっぱい渡して来日公演してください、って言われれば
喜びますよね。表彰状一枚でいいなら、いくらでも出すでしょう。

さて、衆議院が解散されて、選挙モードに突入ですね。
早速、聖教新聞も気合いが入っています。一面は
「翻れ!正義と共戦の旗 神奈川 保土ケ谷 旭
 原田会長とブロック長・白ゆり長会を力強く開催」
保土ケ谷区、旭区=神奈川6区は、衆議院議員上田いさむ氏の選挙区です。
(私は神奈川在住です)
毎回、「重点地区です!」「誰かいたら電話を!訪問を!」と
毎度やかましく言われるところ。
「勇気」だの「正義」だの、かっこつけた言葉を並べたって、
要は、「選挙活動始めますよ~!大会」です。

またも、「選挙の時にしか電話してこない」と裏口言われてることすら
気づいていない学会員が奮闘するんですね…。
去年の参議院選挙で「佐々木さやか」を必死に応援したものの、
その後の活動のことなど、全く聞きません。
「佐々木さやかを!」と言った創価の皆さんは、当選後の活動を
知ってるんでしょうか…。

元親友の地区婦に、集団的自衛権の話を振った時も
「集団的自衛権の事は詳しく知らないんだ。ゴメンね。」の1行でした。
公明党の選挙カー手伝い経験もある人ですが。
世の中をよくするために!ではなく、公明党の議席確保!でしかない選挙。

「難しいことは頭が悪いからあまり考えてない」という活動家さんに
早く気づいてほしいものです…。

毎回長くてスミマセン。
2014/11/21 (Fri) 14:07 | のん #MyJ0QW/M | URL | 編集

あややん様 春日様 のん様 東子様

コメントありがとうございます。
毎回毎回、公開とお返事が遅くなってすみません。

あややん様

>けど会則も入会誓約書も財務の話は書いてないことを覚醒して初めて知りました。
あくまでも個人の意志で任意なんですよね。

2,3世ともなれば入会誓約書を自分で確認する機会なんて
滅多なことではありませんよね。親が勝手にやったことで。
会則というよりも暗黙のルールを空気の中で押しつけられ、
それが当然となっている世界に暮らしてきたから
後段であややんさんが仰ってる通り「責務」「当然の義務」と
思いこまされてきたという。
まったく、組織は常に「してやったり」ここでもかと、腹立たしく思います。

>もし、私立にいくことになったらうちの両親もおそらく「えっ?!」ていう反応になると思います。
他にも学校はあるのになんでそこ?的な・苦笑。
うちの子供にとって祖父母は私の親だけなので合格した時はケチつけないで
気持ちよく祝ってやってもらいたいと思いますが、どうかなぁ・・・。

もう随分と前から、宗教系の学校へ進学する事は問題ないという
風潮も組織内にあるらしいですが、親世代には馴染みにくい
でしょうね。
折伏教典がバイブルだった世代にとっては馴染めないかとw
まさにうちの母はこのタイプです。
あややんさんの親御さんが(もし私学へ進んだ際は)
最良の選択を受け入れて下さる事、願ってます。

>試験会場でお昼、友人とお弁当を食べたんですが、友人のお弁当がとても豪華でした。
頑張ってねという思いが伝わってくるような、テンションあがるようなお弁当。
でも私のお弁当はいつもとまったく同じ・苦笑。
時間あったのに、母はそういうところに無頓着だったんです。
家族とお題目一緒に上げたから!と当時の私は満足していましたけどね。

あややんさんの健気さが伝わってきます。
家族が一緒に祈ってくれた、そこは素直に美しいと思います。
が、創価が絡んでる事がなんとも残念というか・・。
お母様は、題目さえあげていれば平気!って感じだったのでしょうかー。
私も受験期間のこと思い出そうとしても、母が5時間唱題しなさい・
勉強したところが試験にでるから!と受験前日に言った事くらいしか
出てきませんw
今となっては、なんとお粗末で愚かなエールなのかと・・。

>あと、自分が活動家だった頃に近所の婦人部が子供の合格のために
自分は折伏をO日までに実らせると頑張ってました。
そんなことする暇があったら、私は夜食やおやつのひとつも手作りしてあげるとか
子供が勉強しやすいように環境を整えるほうに神経を使いたいと
今だからそう思います。
努力の方向を間違わなくなったのが、覚醒して良かったと実感する事の1つです★

あややんさんの仰る通りですね!
私も、子供の気持ちに寄り添いながら必要なサポートをして
いきたいです。
そのために有効に時間・手間を使うのが親ですよね。
信仰のお仕着せ押しつけなんて、百害あって一利なしですから。

初冬を迎えて、受験サポートも佳境に入ってくる頃でしょうか。
何かと気忙しいでしょうが、親子ともども体調に気をつけて、
元気に乗り切ってくださいね。

春日様

>母は辛いときにこそ題目なのに、こんな時に題目をあげられないと苦しんでいました。よくわからない私にも矛盾してると感じたので質問させていただきました。

確かに矛盾していますよね。
あらゆる悩みを解決するための信心的なうたい文句なのに、
お題目がダメだなんて。
お母様はその後、快方へ向かわれたのでしょうか?

>こんなことなら私も盲目的に信心できていた方が幸せだったのではないかと思うこともありました。

お気持ち、解ります。
何の疑問も葛藤も持たず、現実を知ることなくお花畑にいるほうが
数々の非常識も正当化・目を瞑る事が出来ますから
色んな意味で楽ですよね。

>とりとめのないことを書いてしまいましたが、こんなこと誰にも言えないので…。

創価問題で、どこにも吐き出せない思い・やりきれない思いを
抱えている人の多さに驚きます。
ここでよければ、いつでも気持ちを吐き出しに来て下さいね。
非公開でもOKです。

のん様

>1月2,3日の生中継で、あの三色旗がこれでもか、と振られる予感…。
きっと、婦人部をはじめとする組織が、「我が同士」ならぬ
「我が家族」として、沿道で三色旗を振って応援するんでしょう。
そして、先日、あの大学を出ている私の元に、「寄付金依頼」の
手紙がきました。卒業生、卒業生保護者宛に送っているそうで。
またも張り切って振り込むんだろうなぁ…。

三色旗を振って応援する姿、目に浮かびます。
正月からあまり見たくない光景ですね・・。

出場校に決定した時の様子がニュース映像に出ているのを
ちらっと見ましたが、抱き合って喜ぶ学生たちの姿を見て
複雑な思いがしました。
彼らは自分のため家族のため・・は二の次・三の次で
「師匠のため」なんて思いながら走るのかなぁ~と。
「全国同志のため」も、あるかもしれませんね。

寄付金依頼ですか~。
創立者が山ほどお金持ってるんだから、出してもらえば
いいのにw
OBOGや父兄に集らなくても・・と思ってしまいます。

>今年の初めに、地区婦とのもめ事から非活になりましたが、
当初、何かあると、非活だからか…などと、くだらぬ落ち込みも
少しはありましたが、最近は、ほとんどなくなりました。
「あぁ~、今日はついてないわ。明日はその分、いいことあるね。」
と思う自分がいます。それが普通なのですが。

良い感じですね。
人生、バイオリズムがあり、浮き沈みがあって当然なのだと
心得る。
それをベースに生活することが普通になれば、仏罰という概念に
とらわれずに進めるという事ですよね。
私も、日を追うごとにその法則が解るようになってきて
仏罰なんてないと言えるようになりました。

>そんなもんなんです。「願えば叶わないことはない信心」と言いつつ
「実際そうじゃないでしょ、叶わないけどすごいよって言ってもダメっしょ。」
…じゃあやらなくていいじゃん、と私は吹き出しそうだったのですが
自分がしっかりした心を持てばいい、それだけなんです。
組織の、バリ活さんたちの、言うこと…その場を乗り越えるだけなのです。

活動家における、信心(学会活動)ありきで「負けない自分」が
作り上げられる・・という方法論は「思いこみ」なんですよね。
それがなにも創価信仰でなくてもよくて、別の方法でも可能だ
ということについて認めようとしないのも、これだけが唯一最強という
「思いこみ」によるもので。
その発端は組織や親からのプロパガンダなわけですが。
つくずく厄介なものだと思います。

>良いことがあれば「祈ったから」
悪いことがあれば「祈りが足りなかったから」
無限ループでしかありません。

のんさんの仰るとおりです。
このバカげたからくりに、早く気付いてほしいものですね。

東子様

ご報告ありがとうございます。
お仕事、楽しくされているようで何よりです!

>幹部の答えは祈りの姿勢を変えていこう一緒に祈っていこうと言ったと思う。経済革命がどうこうと。。。
仕事は経済的な問題でなく自分の生き方の問題ですと先に話したにもかかわらず、全然話が通じません。
以降の話もあんまり的外れなので思わず苦笑してしまいました。

話が通じない、とw
どういうわけか、全国的に婦人部は専業主婦至上主義ですよね。
私自身もワーク時代「早くお仕事辞められるようになるといいわね」と
蔑まれた様な発言を何度も受け、納得いかないなと感じていました。
公明党はそんな専業学会婦人部に支えられているというのに、
安倍政権が推進している女性の社会進出に伴う配偶者控除廃止を
いったいどう考えているんでしょうかw
学会婦人部からしたら、死活問題じゃん!と今ふと思いました。

>闘士って表現に虫唾が走ります。。。闘士ってなんなんでしょう。。。大事な時っていうのも?
今夜のニュースをみていたら解散総選挙の話題が出ています。大事な時って=もしかして選挙?と思ってしまいました。

選挙目前に大事な人材が消えてしまった!という、幹部の焦りが
透けて見えるようです。
闘士って言葉、確かに違和感ですよね。
男性に使うならまだしも、女性なのに。
なんというか組織発展・組織利益のためなら男も女も関係ないし
どうでもいい。
全員ただの手駒なんだよって本音を感じてしまいます。

>もう振り回されたくないので返事もしないし、いちいち対応しない事にしようと思います。

それが賢明だと思います。
東子さんの思い切りのよさに拍手を送りたいです。

>いま仕事でドキドキするような時、題目のかわりにドラクエの呪文を呟いています。
なかなか効果ありますよ(笑)いい意味で力が抜けて緊張がほぐれていい感じです!

良かったですね♪
私もどうしても困った時にでも、唱えてみようかなw

@@@@@@@@@@@

以前コメント下さった律さんから、脱会のご報告がありました。
コメントは私が添削(?)の上、公開して良いとの事だったのですが
今回は時間がないため、次回とさせていただきます。
宜しくお願いいたします。



2014/11/19 (Wed) 02:05 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

こんばんは。
祥蘭さん、御心遣い溢れるお返事ありがとうございました。 連休明け研修に入り昨日から職場に出ています。
久しぶりの労働と初めての仕事内容で戸惑う事&緊張もありますが、なんでも興味深くおもしろく取り組む事ができています。
活動家時代、細切れの暇な時間がとても退屈で焦りを感じていました。中途半端に忙しくて、仕事したくても適当な働き口がなかったので完全に諦めていました。
祥蘭さんの記事に深夜のファミレスでアルバイトをしている婦人部のことがありましたが、本当に婦人部で活動していると早朝深夜でないと働き様がありません。
そこまでするほど生活に行き詰ってはないのでしませんでしたが、活動に穴を開けたら生活が悪くなるという洗脳から
昼間の仕事を諦めている婦人部はものずごく多いと思います。

研修開始後、今後会合に出れないと幹部に連絡しました。
それ以前に11月の某会合の役を頼まれたのを断っていた件も含めで家庭訪問に複数で来ました。
祥蘭さんの書かれていたアドバイスを元に録音を隠し撮りで話しました。
仕事を始めた事もその時初めて話しましたが、どうして事前に相談してくれなかったのか?と言われたので
仮に相談したらどんな答えだったのかを聞きました。
幹部の答えは祈りの姿勢を変えていこう一緒に祈っていこうと言ったと思う。経済革命がどうこうと。。。
仕事は経済的な問題でなく自分の生き方の問題ですと先に話したにもかかわらず、全然話が通じません。
以降の話もあんまり的外れなので思わず苦笑してしまいました。
仕事を辞めて欲しいとは言われなかったですが、私が役割を出来ない時は高齢の婦人部のAさんがするので
一言挨拶しておくようにいわれました。
メールで連絡したのですが、Aさんの返信に冬は必ず春となるの一文が書いてあって、ああこの人も私が経済苦で働くと思っているのかなと。。。
どう思われててもいいんですが、その理由でしか捉えられない創価脳の世界の狭さを痛感しました。
最近以前よく関わってもらっていた圏幹部からメールがあり「いまこの大事な時に広宣流布の闘士である東子ちゃんが歩みを止めてしまうのは勿体無い」と書いてありました。
闘士って表現に虫唾が走ります。。。闘士ってなんなんでしょう。。。大事な時っていうのも?
今夜のニュースをみていたら解散総選挙の話題が出ています。大事な時って=もしかして選挙?と思ってしまいました。
もう振り回されたくないので返事もしないし、いちいち対応しない事にしようと思います。

いま仕事でドキドキするような時、題目のかわりにドラクエの呪文を呟いています。
なかなか効果ありますよ(笑)いい意味で力が抜けて緊張がほぐれていい感じです!
こちらで相談させてもらってよかったです。ありがとうございました。


2014/11/11 (Tue) 22:27 | 東子 #0CPpIVug | URL | 編集

No title

> これは多くの創価脳あるあるだと思いますが、創価芸術部は「身内」感覚故なのでしょう。
まるで自分の家族のことのように喜んでますよね、特に婦人部。

少し前ですが、母からメールがきて、見たところ
「創価大学、箱根駅伝出場決定。元気が出ました。」と一行。

全国的な知名度は分からないのですが、私の住んでいる所は、
正月に日本テレビが生中継する、大学駅伝の地方大会の
「東京箱根間往復大学駅伝競走」=「箱根駅伝」が近くを走るので
今から創価の皆さんは、応援を楽しみにしているはずです…。

1月2,3日の生中継で、あの三色旗がこれでもか、と振られる予感…。
きっと、婦人部をはじめとする組織が、「我が同士」ならぬ
「我が家族」として、沿道で三色旗を振って応援するんでしょう。
そして、先日、あの大学を出ている私の元に、「寄付金依頼」の
手紙がきました。卒業生、卒業生保護者宛に送っているそうで。
またも張り切って振り込むんだろうなぁ…。


毎回、祥蘭さんが「仏罰なんてありません。」と毅然とした
ご意見を書かれていることに、尊敬し、感謝しています。

> ナニゴトかあったとして、それを仏罰と感じ受け止めてしまう、自分の心に問題があります。
本当にその通りです。コメントを拝見していると、やはり長年の
MCのせいで、悩まれている方が多く、組織ってやつは…と思います。

今年の初めに、地区婦とのもめ事から非活になりましたが、
当初、何かあると、非活だからか…などと、くだらぬ落ち込みも
少しはありましたが、最近は、ほとんどなくなりました。
「あぁ~、今日はついてないわ。明日はその分、いいことあるね。」
と思う自分がいます。それが普通なのですが。

今年から会合に出ず、財務も断り、勤行も題目も当然やらない。
でも、普通に生きてます。良いことも悪いこともある。
仏罰なんてない。
そう実感しています。
祥蘭さんが、「仏罰なんてありません。」と毅然と書かれている思いが
分かるようになってきました。
本当に祥蘭さんの仰るとおりです。
心が定まらない方、仏罰なんてないんだ、そう信じてほしい、と思います。


春先にバリ活地区婦の(元?)親友とメールした時に、
「願えば叶わないことがないのが信心だよ、って(幹部が)力説するならば、
 もっともっと祈って、叶えて実証を示して欲しい…」と書いたら
「死んだ人が必死に祈ったら生き返るんか?って。
 全部が自分の思う通りに叶うならみんなやるよね?
 でも実際はそうじゃないでしょ、自分の都合良く捉えて、感謝して、
 前向きに生きていける。それじゃ納得出来ないかな?
 世の中、全てが完璧じゃないよ。
 「願っても叶わないこともあるけど、信心ってすごいよ」って指導されて
 納得出来る?そんなのやりたくないよ。おすがり信心じゃないでしょ。
 何があっても負けないように生きていく力を出せる。
 自分を変えていけるのが信心。」

そんなもんなんです。「願えば叶わないことはない信心」と言いつつ
「実際そうじゃないでしょ、叶わないけどすごいよって言ってもダメっしょ。」
…じゃあやらなくていいじゃん、と私は吹き出しそうだったのですが
自分がしっかりした心を持てばいい、それだけなんです。
組織の、バリ活さんたちの、言うこと…その場を乗り越えるだけなのです。

良いことがあれば「祈ったから」
悪いことがあれば「祈りが足りなかったから」
無限ループでしかありません。

祥蘭さん、役員活動がありながら、お返事頂き、ありがとうございました。
役員ではない私ですら、秋は子供の行事が多く、ドタバタです。
今日もどこかで、このブログ、そしてコメントが、多くの方の励みに
なっていると思います(^^)
2014/11/10 (Mon) 23:53 | のん #MyJ0QW/M | URL | 編集

お返事ありがとうございました。
鬱のときに題目をあげないほうがいいという話はやはりあるんですね。
母は辛いときにこそ題目なのに、こんな時に題目をあげられないと苦しんでいました。よくわからない私にも矛盾してると感じたので質問させていただきました。
ひねくれ者だったのか幼少のころから常に懐疑的だった私は母の言動にモヤモヤし、また私が学生の頃から、私の友人に選挙のお願いに勝手に行かれたことで我が家が学会員であることがバレたり、本当に散々な目に遭ってきました。
こんなことなら私も盲目的に信心できていた方が幸せだったのではないかと思うこともありました。

とりとめのないことを書いてしまいましたが、こんなこと誰にも言えないので…。

2014/11/03 (Mon) 17:37 | 春日 #zbT7meO. | URL | 編集

No title

こんばんは。お久しぶりです。

毎回祥蘭さんの指摘にハッとさせられているんですが、今回も。
「財務は寄付行為。強制は違法になる。」
これ、悩んでいる覚醒しかけの方々にぜひとも知って欲しいです。
私、財務は会員である以上義務だと思ってました。義務っていうか、責務のほうがピッタリかな。
やって当然。やらない人は非国民みたいな感覚で捉えていました。活動家の時は、です。
けど会則も入会誓約書も財務の話は書いてないことを覚醒して初めて知りました。
あくまでも個人の意志で任意なんですよね。
私がしらゆり長やってた頃に新入会のバツイチママさんがいて、そういった方には
積極的に財務をすすめないよう上から連絡があったのですが、
2世3世なんて親が勝手にサインして納金するのが当たり前の流れでした。
私も2世なので就職した年から親が振込用紙を渡してくるようになって
学会員である以上、社会人になれば当たり前に財務するものだと思って生きてました。
それが「会員の責務」と思わせたひとつのやりくちなんだろうなと思います。
活動家の親なんか未活の子供の分まできっちりと芋づる方式で申し込んで
納金しますから、おいしいんでしょうね。
しかしずるい方法で返す返すも腹が立ちます!
財務は会員の責務でも任務でもない。単なる寄付。
そして金額の大小問わず、功徳なんてありません。功徳あると思う人は自由ですが・笑。って
ちゃんとことわるべきだと思います。

幼稚園合格のお話で、お母様が軽くスルーしたのはとても残念なことですね。
私も今、子供の進路決めの最中なんですが併願校が宗教系になりそうです。
わりと評判のいい学校なので私はそっちに進んで(単願でも)いいと思ってるんですが
子供は友達と同じところに行きたいようです。
もし、私立にいくことになったらうちの両親もおそらく「えっ?!」ていう反応になると思います。
他にも学校はあるのになんでそこ?的な・苦笑。
うちの子供にとって祖父母は私の親だけなので合格した時はケチつけないで
気持ちよく祝ってやってもらいたいと思いますが、どうかなぁ・・・。
祥蘭さんのお母様と同じく塩対応かも・苦笑。

そういえば自分の受験のとき、両親と兄が一緒に題目をあげてやるからと
試験当日の朝5時起きで家族全員でやったのを思い出しました。
父が朝早い出勤だったので合わせたんです。私は8時に家を出ても間に合うところだったので
ちょっとでも寝たかったんですけどね・苦笑。
試験会場でお昼、友人とお弁当を食べたんですが、友人のお弁当がとても豪華でした。
頑張ってねという思いが伝わってくるような、テンションあがるようなお弁当。
でも私のお弁当はいつもとまったく同じ・苦笑。
時間あったのに、母はそういうところに無頓着だったんです。
家族とお題目一緒に上げたから!と当時の私は満足していましたけどね。
でも友人のお弁当が羨ましかったのは事実で、子供にそんな思いは絶対させたくないので
受験当日はがんばって作るつもりです。
こういう事も、創価脳のままだったら考えなかったかもしれません。
自分が親にされたように、早朝からたたきおこしてごん行唱題して送り出そうとしたかも・苦笑。
あと、自分が活動家だった頃に近所の婦人部が子供の合格のために
自分は折伏をO日までに実らせると頑張ってました。
そんなことする暇があったら、私は夜食やおやつのひとつも手作りしてあげるとか
子供が勉強しやすいように環境を整えるほうに神経を使いたいと
今だからそう思います。
努力の方向を間違わなくなったのが、覚醒して良かったと実感する事の1つです★


2014/10/31 (Fri) 18:51 | あややん #- | URL | 編集

東子様 なたーしゃ様

コメントありがとうございます。
(またしても)公開が遅くなって申し訳ありません。

東子様

>私の場合、しみついてしまった題目を唱えてしまった瞬間ぱっと御本尊様と同時に池田センセーの顔が浮かんでくるんです。。。
色々思いだし、いやな気分になって題目を唱えてしまう自分のこともいやになってきます。

その後、いかがですか?
私も池田氏のだみ声の「ナンミョー」を思い出すとゾワ~っとします。
お題目は良く響く声でしっかりあげなさい、と母から教わりました。
それと比べてあの題目・・どう考えても小馬鹿にしてたとしか
私には思えないのですが。
ご尊大は教祖気取りで、オリジナリティを込めていたのかも
しれませんけどね。
ああいやだいやだ・・と、それで唱えなくなったのかもしれませんw
東子さんはなにも悪くないのです。自己嫌悪から早く抜け出せること
願っております。

>前回書いた仕事の応募は不採用になってしまいました。気を取り直して派遣会社に登録し、来月から短期で働く事が決まりました。
まだ伝えていません。ぎりぎりになってから言うつもりです。ごたごたと引きとめられたくないので。。。
ああだこうだと言われるのは目に見えてますが私の人生、私が決断行動したことの何が悪いんですか!毅然と言い返したいと思います。

お仕事決まられたそうでおめでとうございます。
連休明けからの勤務でしょうか?
この週末はリラックスして、新生活に備える事ができると
いいですね。

東子さんの人生、自分で決めて当然です。
それでも組織の人たちはあれやこれや、言って来る事もあるかと
思いますが、東子さんの決断に異論をとなえたり文句は言えても
だれも東子さんの人生の面倒なんてみれない(言い方悪いですが
みる気もない)人達ばかりだと思います。
責任もてないくせに、役割分担だけ押しつけてくるんです。
そんなのは相手にしないのが賢明ですよね。

またのご報告もお待ちしています。


なたーしゃ様


コメントを編集できなくて、そのまま反映させてもらいました。
すみません。

鼓笛隊唱歌の歌詞、初見でした。
ご紹介ありがとうございます。
すさまじい内容ですね・・。
これを歌ってたんですか?
北朝鮮ですね、まんま。

>小学生からこれを歌います。
しかも公園で大きな声で。
異様な光景です。

会館とかでなく、公園でー?!
信じられません・・。
プロパガンダの一環でしょうか。
公衆の面前で「先生賛美」することが
平気になれば
大人になったとき筋金入りの活動家ですもんね。

>児童虐待ですよね。
幼少期からMCされていると
判断能力が奪われます。

まさに仰る通り。児童虐待ですね。
今はさすがに公園で練習はなさそうですけど。
常識的ではないですよね。
やってたとしたら、上層部頭おかしい・・。

>この歌の歌詞がネットでないか
検索したら
ヤフー知恵袋で中2女子の質問がありました。

悲しいですね。
子供なんて学校と家庭が世界の全てになりがちで
冷静な判断・教示は大人(親)がしてやる仕事です。
学会賛美が善と親が教えてしまったら
素直な子なら、信じて尽くしてしまうでしょうしね。
かつての私も同じくでした。
本当におそろしいことです。

いつも貴重な情報、話題をありがとうございます。


2014/10/30 (Thu) 23:38 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

前回の文に追加して編集お願い致します。


この歌の歌詞がネットでないか
検索したら
ヤフー知恵袋で中2女子の質問がありました。

私は富士鼓笛隊です。
池田先生はみんなを守って
下さっているのに
どうして悪く言われるのですか?

まるでかつての自分を見ているようで
辛いです。
何の疑問も抱かなかい
純粋な未来部。
可哀想です。
2014/10/30 (Thu) 17:56 | なたーしゃ #- | URL | 編集

富士鼓笛隊での訓練

鼓笛隊では歌が不可欠です。
ひとつ、歌を紹介します。
歌詞がうろ覚えで正確ではありません。
知っている方がいれば訂正お願いします。

空に燃えてるでっかい太陽
胸に秘めたる我らのファイト
いざや戦う師と共に
えいこらごーごー行進だ
年がら年中どろだらけ
泥んこ修業は何のため
勝って帰らにゃ鼓笛じゃない

世界はひとつだ
心もひとつ
先生を求めて
頑張る我ら
今こそやるぞ  ****?
えいこらごーごー行進だ
めそめそする子はおっぱらえ
いつでも仲良く元気よく
勝って帰らにゃ鼓笛じゃない

ファイト(右手拳を左肩に)
ファイト(右手拳を右肩に)
ファイト(右手拳を上に掲げる)
これを3回して終了。

小学生からこれを歌います。
しかも公園で大きな声で。
異様な光景です。

児童虐待ですよね。
幼少期からMCされていると
判断能力が奪われます。

覚醒してから冷静に考えると
なんて恐ろしいことなんだと
思います。
2014/10/27 (Mon) 16:37 | なたーしゃ #- | URL | 編集

No title

祥蘭さん、なたーしゃさん、モーサムさん、吉野さん お返事ありがとうございました。
祥蘭さんの「お題目は創価の専売特許じゃない」 
私の場合、しみついてしまった題目を唱えてしまった瞬間ぱっと御本尊様と同時に池田センセーの顔が浮かんでくるんです。。。
色々思いだし、いやな気分になって題目を唱えてしまう自分のこともいやになってきます。
唱えてもいいけど、創価を思い出さないようにすればいいんですかね。。。気をつけてみます。
モーサムさんの「ぱるぷんて」は笑ってしまいました(笑)ホイミやベホイミも代わりに唱えてみようかな?!
なんか楽しい気分になり、救われました。ありがとうございます。
吉野さんの、「お題目に頼らなくても生活できるようになった」という実感を私もひとつの目標としていきたいです。
それからなたーしゃさんの「1円財務」!初めて知って衝撃です。確かにATMからなら可能ですね。
まだどうするか決めていないんですが、参考にさせて頂きます。皆さん、本当にありがとうございました。

前回書いた仕事の応募は不採用になってしまいました。気を取り直して派遣会社に登録し、来月から短期で働く事が決まりました。
まだ伝えていません。ぎりぎりになってから言うつもりです。ごたごたと引きとめられたくないので。。。
ああだこうだと言われるのは目に見えてますが私の人生、私が決断行動したことの何が悪いんですか!毅然と言い返したいと思います。
祥蘭さんのブログやコメント欄の皆さんの言葉を読むと勇気がでてきます。
いろんな考え方があってもいいんだと励まされます。活動家の輪の中にいたらタブーが多過ぎて、こんな事言ったら
非難されるだろうなとか、思ってても表には出さないでいい子ぶってしまう事ばっかりでした。
まだ非活宣言はこれからしないといけなくて緊張しますが、自分の意見をちゃんと話せるように心の整理をしていきたいと思います。
ありがとうございました。また報告、書きにきます。
2014/10/18 (Sat) 00:24 | 東子 #0CPpIVug | URL | 編集

ひろ様 なたーしゃ様 モーサム様 春日様 吉野様 のん様 ピエロ様 マリーナ様 

コメントありがとうございます。
承認とお返事が大変遅れてすみません。

ひろ様

>地域とかご近所づきあいとかの世間に創価がしっかり存在しているから
迷惑とか超越してる感じです。
私はそうじゃないんだから気を使ってよと思いますが、そんなの通用しないですね。

お疲れ様です。お察しいたします。
聖教新聞紙上では「未入会の家族に配慮を」とか「感謝を」なんて
言葉も書いてあったんですけどね(今はどうか知りませんが)。
書いてあるだけで、現場には殆ど浸透してないのが現実でしょうか。
男子部は仕事が終わってからの活動が主で、会合開始が
21時以降がザラでした。現状も同じみたいですね。
連絡が遅くなるのもその余波だと思います。
が、やはり未入会の奥さんがいることを知っているのであれば
慎むべきです。当たり前ですね。
けどそれが出来ない。傲慢さもあるし、限界コミュの住人なので
何が迷惑なのかも解ってないんです。
一般の感覚をもっていないので、我慢してとは言いません。
そこはひろさんが注意しても良いと思いますよ。

>まだ返事はしてなくて行くべきか行かないでおくか~。悩みます。
行ったら行ったで、囲まれたりするんでしょうか?
アドバイスいただけたら嬉しいです。

既に終わってしまいましたね。
レスが遅くて本当にごめんなさい!申し訳ないです。
支部総会、行かれましたか?
未入会者の会合参加は、好意的と捉えられるのが定説です。
なので極力参加しないほうがいいと思うのですが、今更ですね。
良かったらまたお話きかせてください。

なたーしゃ様

お久しぶりですね。
東子さんへのレスありがとうございます。

>あとは、5000円で買わされたお守りご本尊を
生ごみと一緒に捨てたいのですが
それがなかなか出来ないのは
罰論が染みついている故だなと思います。

お守り御本尊、処分に困りますよね。
もらった(買わされた)頃はバリ活だったので、ありがたいと
思っていましたが、曼荼羅の文字が潰れて見えないほど縮小したうえ
ちゃちいプラスチックの入れ物に入ってるなんて実は全然
ありがたみないですよね。
まるで怪しい通信販売のお守りみたいw
本当に金もうけのためのツールだったんだと実感します。

非公開コメントで、脱会届は内容証明で本部に送ったけど、
本尊とお守りは会館(居住県の学会本部があるところ)に
無記名で郵送したと報告くださった方がいました。
無記名なので受け取り拒否されても、自分のところには
絶対戻ってこないとの事で。
ゴミとして捨てるのもありですが、少しでも気分が悪いようなら
無記名郵送も良いかもしれないですね。

モーサム様

>開き直りは自分のそれまでを棚に上げというかなかった事にし、簡単に攻撃に回っている気がしてならないです。
それが最も楽な方法ですからね。

攻撃は逆切れみたいな感じですかね。
私も覚醒当時はそんな感じでした。反省より怒りの方が勝っていて。
けれどしばらく経過してどーんと引き波がきて、自責の念のほうが
勝つようになりました。

>日蓮仏法の否定をしているかいないかがボーダーかと思っていましたが
そうでもないみたいですね。

全く仰る通りだと私も思います。
それ以前の問題なんでしょうね、結局。
元来の人間性も大いに関係していると思います。

東子さんへのレスもありがとうございます。
なんだかドラクエの呪文のほうが効果ありそうですねw

>恋愛や結婚の辛い話もウザがられない程度に語りたいところです。自分も傷つけたし、傷つきました。

また、お話聞かせてください。


春日様

>こんな状況なので脱会したくてたまりませんが、母がいわゆるバリ活で創価なしでは生きていけないような性格(気が強く見えるのに、何事も自分の意思がなく、何度か精神を病みました)で私が脱会などの話をせずにいるのでバランスが保てているのかなと思っている今、どのように行動すべきか悩んでおります。

御苦労、お察しいたします。
私も春日様と同じくで、母のメンタルを気にして即脱会には踏み切れないで
おります。
頭の痛い問題ですよね、本当に。
脱会した事が親に知れない方法でもあるといいのですが、
組織管理も場当たり的というか、画一的ルールがないみたいで
困ります。

>あと質問なのですが、心を病んだ人に題目をあげるのをやめるようにするし指導(母が言われていました)は何がどのあたりからきているのでしょうか?

お題目は良くも悪くも自己との対話で、お題目をあげることにより
ますます自分を追い詰めて鬱の病状が悪化する事があるそうです。
なので、休むよう指導されるみたいですね。
創価が公式見解として出している訳じゃないのですが、大白蓮華の
2006年9月号「いのちのケアの現場から」という特集記事にて
精神科に勤務する白樺会(学会員の看護師)メンバーによって
言及されています。
詳しくは「いのちのケアの現場から」でぐぐってみてください。

吉野様

>連休時期の支部総会なんて今なら迷惑でしかたありません。
私が活動してた時は9月に開催していたんですけど、変わったのかな?
10月なんて運動会シーズンでもあるし、いまもし活動家だったらスケジュール管理でイライラしてたかも。

この3連休に支部総会のところが多かったんでしょうかね。
非公開コメントでも頂いております。
確かに昔は9月中~下旬でしたよね。
夏休み時期から出し物の練習始めてましたもんw@未来部。
運動会シーズンだけど、活動家激減で子供をもつ世代も
減ったから、苦情が出ないのかもしれませんね。

>でも、今考えていろいろ努力の方向が違ってたんじゃないかと思います。
無鉄砲な行動でも信仰のためなら勇者扱いされたりとか。
周りもそれを特に注意しない風潮で、うまくいったときは信心のおかげだって
もちあげて、活動報告もさせてお祭り騒ぎ。
ダメだったときは他に使命があったというし。本当に都合よかったです。

無鉄砲でも上手く行けば勇者扱い。ありましたね。
結局、組織は「功徳があった」って事に話が成立すれば
オールOKだったんですよね。
オチが必ず「この信心はすごい」「信心の実証を示せた」になれば
いいんですよ。 
自分もまんまと乗せられてたわけですが、アホらしいにもほどがあります。

>結論として、本当に組織から離れて良かった!です!

本当にそうですよね。私もはげしく同意です。

東子さんへのレスもありがとうございます。

のん様

>が、何度か会って顔を覚えたのは、ブロック長のみ。
地区部長、支部長、会ったこと無い気がします。
…既に壮年部崩壊だったのでしょうか?

派遣・兼任の役職者だったりすると、なかなか顔みせないこともありますし
最近は男子部のかわりに会館警備なども壮年部が請け負って
いるそうです。
人数が少なければ持ち回りになるし、そういった意味でも
やはり崩壊してるのかもしれませんね。

>先月、毅然と断った財務ですが、その後、何もありません。
実家の方にいくか、と思ったのですが、母から何も言われません。
私が毅然としすぎていて、諦めてるんでしょうか(汗)

静かな事で何よりです。
親御さんへの連絡も、このまま無いといいですね。
これについて組織でフローがあるわけじゃなくて、地域役職者の
民度によるところが大きいと、非公開コメントで頂きました。
確かにその通りだと納得しました。

>人気の年で、56人中20人という中、当たることができ、
祈ったからだ!やっぱり願えば叶うんだ!(恥ずかしい…)と
思っていたのです。あまり活動していなかったけれど、
やっぱりしなくてはいけないかも。そう思ってしまいました。
それもあって、ヤングの副支部長なんてのを受けてしまったのです。
そして、座談会に誘われ、子供が第一希望の園に決まりました、なんて
アホな話までしてしまいました(恥ずかしい…)。

のんさんの、日ごろの行いの良さと運でつかみ取った
当選だったんですよね。
それでもお題目あげてたとなると「功徳」って思っちゃいますよね。
その話を聞いた人もまた「私も頑張ろう!」となる事もあるわけで。
まさに、仕入れ¥0で活動家を働かせお金を巻き上げ、
大儲けしてますよ組織は。
こんなおいしい商売ないから、やめられないんでしょうね。

>後から聞いた話、ヤングの本部長が、やはり同じ抽選の場にいたそうで
見事落選だったそうです。
私よりも信心強情なはずなのに???
そりゃそうですよね。単純なボールをひく抽選なんですもん。
使命もクソもありません。
私も、子供には絶対に同じ轍を踏ませない、と固く誓っています。

ヤング本部長は「別の幼稚園に使命」と感じているんでしょうか。
なんだか本当に、このからくりには脱力してしまいます。
早くみんなに気付いてほしいですね。
けど、身近に起こるラッキーを「題目あげたから」とか
「御本尊様のおかげ」と思っているうちは、難しいです。

>「のんさんの、青年教学3級は受かった年月分かりますか?」
と、呑気なメールがきましたが、記号にしたことで、少し落ち着きました。
どうでもいい過去の話なので「忘れました、分かりません」とだけ
返答しましたが。こんな情報、統監とやらで分からないんでしょうか?
というか、今さら、人の情報で何しようとしてるんでしょうかね?

今年から試験を増強するらしいので(青年、未来部育成のため)
試験勉強を教える人(合格責任者)を探しているようです、どこの地域も。
あんまり年数が開いていると、教え辛いようですね。
いまの50-60代幹部の頃、試験内容に「日顕宗を破す」なんて
なかったので。
のんさんに合格責任者として白羽の矢を立てようとしていた
可能性がありますね。

>私も、いつか、ブログ等でまとめたものを出して、仏罰なんてないんだ、
と同じように思う方に伝えられればいいなぁ、と思っています。

リアルな体験談が、不安でどうしようもない時など
どれだけ頼りになるか。
覚醒当時の私も、更新がとまったブログでもむさぼるように
読みました。
とにかく誰かの言葉で「なんともない」「仏罰なんてない」って
知りたかったんですよね。
これからブログが少しずつでも増えて、その数だけ怯えて不安になっている人たちを
励ます事が出来ればいいなと私も願っています。

ピエロ様

お久しぶりですね。コメントありがとうございます。

>得体のしれない恐怖心が沸き起こってしまうのです。
自分が情けないです。
罰が当たるとは思っていませんが
不信に思っていることがバレると
あらゆる幹部が来るんじゃないか・・・
近所の学会員が陰で私の悪口を言うのも目に見えています。
「女子部で訓練うけてきたのに忘恩の輩だ」
「魔にやられてしまった」
「旦那を入信させないからだ」

不幸になる事を手ぐすねを引いて待っている。
そんな思いに襲われます。

ピエロさんの、活動家時代のお立場なども踏まえると
なかなか一筋縄ではいかない面もおありなんですね。
けど、不幸になる事を手ぐすね引いて待ってるヤツ(学会員)なんて
ろくなもんじゃないですよね。
その時点でもう、信仰者としてはアウトです。
相手にする義理もないです。

創価の人は、こっちの状況がどうあれなんとでも言いますよ。
去って行く人間が、自分たちより幸せだったら
困るんですから。
でもそれもおかしな話で、非常識極まりない事です。

ピエロさんは何も悪くないのです。
そして地域の方々は味方でもないけど敵でもないです。
ただの「部外者」です。

詳しい環境など解らないまま、勝手な事を書いてしまって
的外れでしたらすみません。

>婦人部の担当幹部がメールを送ってきた時は
(財務の確認や、人間革命の推進など・・・)
まるで私が元気か?なんて心配もしていないメールには腹が立つので、返信をしない。
アポなし訪問の時も居留守を使う。
そんな抵抗はしてみてます。

残念ながら、むこうから気付いて離れて行くことは
まずないので
こちらが意志表示しない事には、向こうが引く事は
ないんですよね。
私は「こっちの態度で気付いてよ・・」と思っていた期間が結構長くて
その間、もんもんとしていました。

一番大切なのは、ピエロさんが穏やかでいられる事だと
思います。
少しずつでも組織の人に意思表示できているから、大丈夫です。
いつか、エイっと思いきれる日がくると思います。

マリーナ様

>仰る通り、創価は実に都合のよい解釈で物事を片付けます。常日頃は何事も、「勝ちまくれ!!」と檄を飛ばしているけれど負けても決して敗北を認めないし反省もない。選挙はその最たるもので公明党党首はじめ誰も責任を取りません。
他党ではあり得ないことです。ただ、「○○長が替わったのは選挙に負けたせいらしい」という話は聞きます。変な組織ですね?

確かに!
選挙で人事が変わる事ありましたね。
2004年の1000万選挙で、私の地元の書記長が投票日前に
進退気にしてましたw なんのことか意味がわかりませんでしたけど
責任は組織側がとるって事?なんじゃそりゃー!ですよね。
候補や議員は池田老人の秘蔵っこだから、敗北しても傷つけないってことでしょうか。
もうこの時点で健全なわけがないですねw

>昔から感じていましたが一部の人には厳しい指導をする幹部が、大幹部の子息や本部に近い人には実に寛容で時には擁護までする姿に軽蔑すら覚えます。

組織内に確実にありますよね、ヒエラルキー。
学会は権威主義じゃないとか言うけど、どの口が言うか?!です。

>しかし日々、疑問が深まり覚醒した私には逆効果でした。かつて紆余曲折の末、渋々引き受けた微細な役職から逃れる機会を生む皮肉な結果となったのですw

おめでとうございます!してやったり、ですねw
任命は、責任を持たせて組織から離れがたくしたいんでしょうね。
そのテはもう古いですよね。

>恥ずかしながら人生の折り返し地点を迎えて初めて、「本当の幸せとは何か」を「自分の頭」で考えたような気がします。
本来、信仰というのは自分を見つめ心を豊かにすることだと思います。
常に敵をつくり闘い続けることを強いる創価に、平和団体や宗教団体を名乗る資格はないと思います。

マリーナさんの仰るとおりですね。
幸せ、個人の価値観は様々です。多様性があってしかるべきです。
絶対的幸福の押しつけも、もう流行らないですよね。
そういったマインドは、日本人ならいわれずとも誰でも普通に
もっていると思います。
神に恵みの感謝をささげて歴史をつないできた民族ですし。

というより、絶対的幸福をうたう創価の人たちのほうが業突張り
だったりしません?現世利益・功徳功徳!みたいな。
つくづく、矛盾の多い教義だなと感じます。

@@@@@@@@@@

今回コメント承認と、お返事が遅くなった事ほんとうにすみませんでした。

私事ですが今年学校役員をしており、秋は忙しいと聞いていたのですが
本当にそのとおりで、余暇がほとんど取れない状態でした。

やっと落ち着きましたので、これからはマメにチェックするように
いたします。


私信:非公開コメントくださったツルさん

その時間のコメントは、吉野さんのものでした。
ツルさんのコメントは、非公開以外は届いておりませんので
ご安心ください。





2014/10/16 (Thu) 02:37 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

ナイスネーミング!

祥蘭さん、「ペテン的思考」いい得て妙ですね。
仰る通り、創価は実に都合のよい解釈で物事を片付けます。常日頃は何事も、「勝ちまくれ!!」と檄を飛ばしているけれど負けても決して敗北を認めないし反省もない。選挙はその最たるもので公明党党首はじめ誰も責任を取りません。
他党ではあり得ないことです。ただ、「○○長が替わったのは選挙に負けたせいらしい」という話は聞きます。変な組織ですね?
そもそも、池田氏からして美味しいとこ取りで責任を取りませんものねw
ただ、この体質は組織の最前線にも見られます。
実は、婦人部になった直後にも役職の話があったのですが即刻断りました。
元々活動嫌いですからw役職なんてとんでもないわけですが理由は他にもありました。「副白ゆり長に~」という話に、「冗談じゃないわ!」と思ったのです。何故なら当時の白ゆり長が女子部時代の幹部だったからです。とにかく要領のいい人で、「都合よく使われちゃ堪らない」と思ったのです。実際、その当時も白ゆり長としての役目を果たしていませんでした。
恐らく補佐役に、「ちょうどいい」と思われたのでしょう。この白ゆり長、言わば創価エリートなのです。創大卒で外郭団体勤務、女子部員でさえ「世間が狭い人」と評していました。
そのせいか役職だけは順調に上がり、現在は派遣で他地区です。
昔から感じていましたが一部の人には厳しい指導をする幹部が、大幹部の子息や本部に近い人には実に寛容で時には擁護までする姿に軽蔑すら覚えます。
斯くして人材不足が加速し今一度、私を活動家にしようと考えたのか?地区婦があの手この手で策を仕掛けてきました。
しかし日々、疑問が深まり覚醒した私には逆効果でした。かつて紆余曲折の末、渋々引き受けた微細な役職から逃れる機会を生む皮肉な結果となったのですw
未だ地味な非活ですが、祥蘭さんをはじめ皆さんのお話に励まされる日々です。押し付けがましい「師弟不二」や「センセイへの報恩感謝」の押し売りから解放され、日常生活の中で自然と湧く感謝の念に目から鱗が落ちる思いです。
恥ずかしながら人生の折り返し地点を迎えて初めて、「本当の幸せとは何か」を「自分の頭」で考えたような気がします。
本来、信仰というのは自分を見つめ心を豊かにすることだと思います。
常に敵をつくり闘い続けることを強いる創価に、平和団体や宗教団体を名乗る資格はないと思います。
2014/10/15 (Wed) 18:57 | マリーナ #- | URL | 編集

No title

祥蘭さん、お久しぶりです。

ブログは毎日のようにチェックさせていただいてます。
コメントを書こうとパソコンを叩いては、話がまとまらず
未送信・・・
そんな状態です。

私は今、足踏みをしている状態で悶々としています。
覚醒して、日々、創価の間違いには確信が持てるものの、
次の一歩に踏み出せないのです。

今年の財務は断りました。
・・・でも、新聞までは断れない自分がいます。

得体のしれない恐怖心が沸き起こってしまうのです。
自分が情けないです。
罰が当たるとは思っていませんが
不信に思っていることがバレると
あらゆる幹部が来るんじゃないか・・・
近所の学会員が陰で私の悪口を言うのも目に見えています。
「女子部で訓練うけてきたのに忘恩の輩だ」
「魔にやられてしまった」
「旦那を入信させないからだ」

不幸になる事を手ぐすねを引いて待っている。
そんな思いに襲われます。

何とも弱い自分が嫌になります。
今まで皆にいい顔をして生きてきただけに
なかなか殻が破れません。

婦人部の担当幹部がメールを送ってきた時は
(財務の確認や、人間革命の推進など・・・)
まるで私が元気か?なんて心配もしていないメールには腹が立つので、返信をしない。
アポなし訪問の時も居留守を使う。
そんな抵抗はしてみてます。

私も祥蘭さんのように、堂々と言っていけたら
この悶々とした状態から抜け出せるのかもしれませんね。

これからも祥蘭さんのブログ楽しみにしてます。



2014/10/15 (Wed) 13:20 | ピエロ #- | URL | 編集

恥ずかしい過去

「支部長はおろか地区部長の名前も顔も知りません。」
…私も同じです!
結婚して今の家に嫁いで、もうすぐ9年。出産までの4年間は、仕事が多忙で
ほとんど顔を出していませんでしたが、出産後は多少会合に顔を出しました。
が、何度か会って顔を覚えたのは、ブロック長のみ。
地区部長、支部長、会ったこと無い気がします。
…既に壮年部崩壊だったのでしょうか?

私も3年前に、防犯対策として、カメラ&録画付きのドアホンにしました。
義父母と同居(玄関廊下のみ共有、その他は別々)してるんですが、
最近は物騒ですから…とお話して、交換しました。
今になって、本当に便利だと思います。色々な意味で。

それにしても、本当に金集めに必死ですね。
実際、必死すぎただけなのか、連携が取れていないのか不明ですが、
いずれにせよ、財務となると必死なのが伝わります。
そして決め台詞は「真心の財務」…。何に使われるんだか。

先月、毅然と断った財務ですが、その後、何もありません。
実家の方にいくか、と思ったのですが、母から何も言われません。
私が毅然としすぎていて、諦めてるんでしょうか(汗)



お子様の入園のお話…。これも、私もまたまたまた!同じです。
受験ではないのですが、私の住んでいる所は、ここ数年で
大規模マンションが増え、幼稚園がどこも定員ギリギリ。
入れないことは無いのですが、第一希望の園に入りたければ
前日の夜から並ぶ先着順とか、抽選でなければ決まらない状況でした。
プレで雰囲気が良かったので、ここにしよう、と決めたのですが
そこは公平な抽選でした。

それはもう、ここにしようと決めてから、遠ざかっていた唱題を再開し、
当日は、お守り御本尊をポケットにしのばせ、左手で握りしめながら
右手で抽選のボールをひく状態でした。(恥ずかしい…)
人気の年で、56人中20人という中、当たることができ、
祈ったからだ!やっぱり願えば叶うんだ!(恥ずかしい…)と
思っていたのです。あまり活動していなかったけれど、
やっぱりしなくてはいけないかも。そう思ってしまいました。
それもあって、ヤングの副支部長なんてのを受けてしまったのです。
そして、座談会に誘われ、子供が第一希望の園に決まりました、なんて
アホな話までしてしまいました(恥ずかしい…)。

希望の園に入ったから「信心のおかげ」
希望の園じゃなかったら「ここに使命があった」
いずれにせよ、学会は、オールオッケーなんですよね。

後から聞いた話、ヤングの本部長が、やはり同じ抽選の場にいたそうで
見事落選だったそうです。
私よりも信心強情なはずなのに???
そりゃそうですよね。単純なボールをひく抽選なんですもん。
使命もクソもありません。
私も、子供には絶対に同じ轍を踏ませない、と固く誓っています。



先日、地区婦のメルアド・電話登録の名称を変える、という
お返事、ありがとうございました。

女としての嫌な性分なのですが、グサッと心に刺さった出来事や言葉は
忘れられないタイプでして。
2月に無礼な地区婦とメールのやりとりをした際、最後に書いてあった
「これから20年30年後を楽しみにします」と書かれていたのが
どうしても忘れられず、名前すら見たくない程なんです。
(なんと、上から目線なのか!信心から離れた人の後の姿を見てやる
 と言わんばかり、と受け取りました)

アドバイス頂いてから、登録名を記号にしておきました。
先日、突然
「のんさんの、青年教学3級は受かった年月分かりますか?」
と、呑気なメールがきましたが、記号にしたことで、少し落ち着きました。
どうでもいい過去の話なので「忘れました、分かりません」とだけ
返答しましたが。こんな情報、統監とやらで分からないんでしょうか?
というか、今さら、人の情報で何しようとしてるんでしょうかね?



祥蘭さんを見習って、今までの学会に染まっていた自分史を文字にして
いるのですが、なかなかうまくまとまりません。
それでも、活字として思いを吐き出すことで、自分の気持ちが整理できて
きている気がします。
こちらでコメントを拝見していると、同じような思いを抱く方が
本当に多いんだと感じます。
私も、いつか、ブログ等でまとめたものを出して、仏罰なんてないんだ、
と同じように思う方に伝えられればいいなぁ、と思っています。
…また長くてスミマセン。

2014/10/15 (Wed) 00:05 | のん #MyJ0QW/M | URL | 編集

No title

おはようございます。
大型台風、こちらは昨晩のうちに過ぎました。秋晴れとはいかず曇り空です。
これからのところに、大きな被害がないことを願ってます。

連休前に買い物に行ったところ、ばったり以前仲良かったバリ活の子に会いました。
挨拶だけで通り過ぎようとしたけど掴まって立ち話。支部総会においでと誘われました。
彼女に私が非活になった本当の理由とか、脱会まで考えてる事をしゃべった事はないんです。
だからでしょうね、すっごく軽いノリで「吉野が来たらビッグサプライズになる。
みんなが喜んでくれる」とか言われて、苦笑いしか出て来なかったです。
みんなが私の事を怨嫉で出て来なくなったとか思ってるのかなと考えると
違う違う!って否定しにいきたくなります。めんどくさいことになるからしませんがw
連休時期の支部総会なんて今なら迷惑でしかたありません。
私が活動してた時は9月に開催していたんですけど、変わったのかな?
10月なんて運動会シーズンでもあるし、いまもし活動家だったらスケジュール管理でイライラしてたかも。

東子さんのお題目の話で、私もしばらく題目グセが抜けなかったです。
そのたんびに「やっちまった!」って感じで恥ずかしくなったりしてました。
祥蘭さんもおっしゃる通りでいつのまにか途絶えたっていうか、忘れていったと思います。
先日、夫方親戚の葬儀にいってきました。
お焼香の時にふと「なんて唱えよう?」と思って、祭壇を見たら南無阿弥陀仏のお厨子が
あったので、南無阿弥陀仏と心で唱えました。
ごく自然に唱えられたので、ああ私、覚醒したよ!って感動してました。
昔だったらどの宗派の葬儀でも絶対、お題目しか唱えなかったのに。
意地でもそうしていたのにw
お題目に頼らなくても生活していけるようになった証拠かなと
思いました。

今回の記事で、女子部時代の同期で2浪の末、進学は諦めて
進路を探しながらフリーターをやってる子がいました。
受験のときに滑り止めを受けなかった。第一志望(難関大学)しかありえなくて
それ以外の大学を受けることは御本尊様への信を疑うことになるからと
言ってました。
ものすごく題目あげることで有名な子でした。
当時の私は受験事情もよく知らずに、すごい純粋な信心してるんだなって
彼女に対して感心したおぼえがあります。
でも、今考えていろいろ努力の方向が違ってたんじゃないかと思います。
無鉄砲な行動でも信仰のためなら勇者扱いされたりとか。
周りもそれを特に注意しない風潮で、うまくいったときは信心のおかげだって
もちあげて、活動報告もさせてお祭り騒ぎ。
ダメだったときは他に使命があったというし。本当に都合よかったです。
祥蘭さんの書かれてること、そのまんまな話が私の身近にもいっぱいあったのを
思い出します。
結論として、本当に組織から離れて良かった!です!


2014/10/14 (Tue) 10:10 | 吉野 #- | URL | 編集

はじめまして。

祥蘭さま。
先週、こちらのブログを見つけて一気に全て読ませていただきました。
私は母方の祖母と母が同時入会の3世、ほぼ未活アラフォー婦人部、現在独身です。
父方は別の宗派ですが、結婚する条件として母が父を折伏。私と兄弟は生まれたのと同時に入会。
何もわからないまま未来部、女子部の活動に参加していましたが、参加しないと母から怒られるという理由だけでほとんど信心のない10〜20代で役職もたしかヤングリーダーとかいう名前のものにしか就いたことがありません。
20代半ばで結婚しましたが、母から折伏しないと結婚できないと言われるまま、前の主人に電話で(!)学会宣言&折伏。「お母さんが入会しないと結婚したらダメって言ってる」と言ったところ、「いいよー。」という軽い返事で元ダンナの入会、そして私との結婚が決まりました。
が、3年後、元ダンナの浮気により離婚。
当時、母は怒り狂い、呪いの手紙を元ダンナに送り、不幸が訪れるよう祈っていたそうです。
それから10年経った今、実家の近くで一人暮らしをしていますが、ほぼ未活で、離婚後しばらくは新聞も取らされていましたがいつのまにかうやむやになり、現在は年に一回の財務一口と選挙のときに投票に行くよう母から連絡があります。
ただ、財務も私は実家と違う地区に住んでいるのですが実家に寄ったときに母に申込書を書かされ、選挙の報告も母にしていて、私の地区の人たちとはほとんど接触がありません。たまに何かの会合の案内がポストに入っているくらいです。また財務も私がお金を出したことはここ何年もありません。
こんな状況なので脱会したくてたまりませんが、母がいわゆるバリ活で創価なしでは生きていけないような性格(気が強く見えるのに、何事も自分の意思がなく、何度か精神を病みました)で私が脱会などの話をせずにいるのでバランスが保てているのかなと思っている今、どのように行動すべきか悩んでおります。
将来、再婚することがあった場合も、創価が絶対障害になるのも目に見えていますし…。ちなみに兄弟も未活です。
長々と自己紹介してしまいましたが、現在は母が心の病に再びならないように穏やかにとりあえず私だけでも脱会したいという願いです。

ご自身のことを客観的に詳細に記録されている祥蘭さまはすごいなぁと思っております。
私は起こってしまったことは仕方がないとすぐに割り切り、諦め、過去の出来事をすぐに忘れてしまうので(汗)
あと質問なのですが、心を病んだ人に題目をあげるのをやめるようにするし指導(母が言われていました)は何がどのあたりからきているのでしょうか?
ほとんど活動をしてこなかったのでわからないことだらけです。教学がまったくないのもある意味私の弱点となっています。母の言いたいことが全くわからないので。
思いつくまま書いてしまったので、とりとめのない文書になってしまいました。

これからも応援しています!

2014/10/13 (Mon) 19:37 | 春日 #mQop/nM. | URL | 編集

No title

初めまして。30代の学会員(男)です。
周りは学会員ばかりの環境で育ち、学生部まで活動してましたが社会に出てトーンダウン。
牙城会大学校の面接に騙されて連れて行かれた事を契機に非活です。

以前からときどきブログを拝見していました。
祥蘭さんのお話は客観視と創価目線との対比が見事だと感心しています。
先日の記事、覚醒と開き直りの違いについても感銘を受けました。
開き直ってしまえれば本当に楽ちんですよね。
開き直りは自分のそれまでを棚に上げというかなかった事にし、簡単に攻撃に回っている気がしてならないです。
それが最も楽な方法ですからね。
攻撃する事で自己の正当化を狙ってるようなアンチもちらほら見かけ、見苦しいな、と思います。
活動歴がまったくない(親の都合で入会)方ならただの被害者としてそれも有だと思いますが。
自分の身近にも脱会→宗門入りした者がいて、それまでの反省なんて全くなしで
ただただ学会が悪いと言ってます。その前に自分はどうなのか?驚くほど自省なし。
日蓮仏法の否定をしているかいないかがボーダーかと思っていましたが
そうでもないみたいですね。


東子さんの書き込みに反応。お題目がでなくなったきっかけ。
自分の場合は同僚(当然非会員)があるとき叫んだドラクエの呪文でした。
仕事が詰んで徹夜コースと思われた時突然意味不明の言葉を
叫んだので、何それ?と尋ねたら「ピンチのとき叫ぶんだよ、ぱるぷんて!」
思わず笑ってしまったし、そんなもんで解決しねーよと言ってしまったんだけど
ふと自分の題目もコレと同じじゃね?と、可笑しくなってきたことが
きっかけです。
以降なんか事あればぱるぷんて!って言ってます。
いい意味であほらしくなって効果的です。

恋愛や結婚の辛い話もウザがられない程度に語りたいところです。自分も傷つけたし、傷つきました。
そろそろ昼休みがおわるのでこれにて。
また、お邪魔させて下さい。

2014/10/06 (Mon) 12:02 | モーサム #- | URL | 編集

No title

ごぶたさしています。
でも全部読んでいます。
祥蘭さんの洞察力、表現力には頭が下がります。
すべてに共感。
今日は東子さんに一言いいたくて。
私も福子として純粋培養され、
青春時代、時間もお金も捧げてきました。
心中お察しいたします。
さて、財務の件。
ご存知でしょうが申し込みを
しても振込拒否できます。
でも事故扱いですよね。
ましてやそれが白ゆり長とは!!!
そこで、先日「対話を求めて」という
ブログに書かれていたのですが
なんと1円でも財務出来るそうです。
手数料は学会負担なので、
1円だと学会にダメージが与えられると。
ちゃんと領収書も来るとのことでした。
もう、目からうろこ情報でした。
そりゃ、銀行も1万以下だからって却下しませんよね。
ATMで振り込めば恥ずかしくもない。
私はもう、お金を一切出さない人と認識されているので
学会からはお払い箱ですが、
今、広布部員なら絶対に1円財務をするなぁと思いましてね。
参考になれば幸いです。

さて、私の近況は相変わらずバリ活の母との
微妙な距離が悩みです。
財務大好き人間なので難儀です。

非活になっても罰なんかありませんし。
心、穏やかに生活出来ています。
このブログと「対話を求めて」を読み
そうだそうだ、私は間違っていないと日々感じることが出来
感謝しています。

あとは、5000円で買わされたお守りご本尊を
生ごみと一緒に捨てたいのですが
それがなかなか出来ないのは
罰論が染みついている故だなと思います。
2014/10/06 (Mon) 11:04 | なたーしゃ #- | URL | 編集

No title

お久しぶりです。
マキシムさんのこと、その後どうなったのかなって気になっていました。

マキシムさん、まだここを読んでいるでしょうか。
私宛のメッセージありがとうございます。
色々語ったわりにお役に立てなかったと思います。ごめんなさい。
別れという結果になったそうで、私まで複雑な気持ちがします。

私は彼と中高の頃から知り合いです。付き合う前から彼の家が学会と知っていました。
マキシムさんは交際して時間もたってから知ったんですよね。
とてもショックだったと思いますし、彼との話合いも大変だったんじゃないかと想像しています。

私は知って付き合ったので、最初からそうだったせいか
彼に対しても強く自分の意見を押し通せました。
でも、マキシムさんみたいにお付き合いが深まってからだったらどうだったかな。
結婚まで進めたか正直なところ自信がないです。
そのくらい、ショックが大きい事を自覚してくれたらいいのにって思います(創価の人、特に男子!)

今だから書きますが、創価の人と結婚は私はお勧めできないです。
(皆さんごめんなさい。覚醒している皆さんは違います)
私の彼はのらくらしてる感じですが、彼の幼馴染は違い熱心です。
その害がこちらにも及びます。
朝早い仕事をしているので、日付が変わる前に寝る彼ですがおかまいなしに
携帯・家に電話してきます。活動の事でです。
横で聞き耳立てても何がそんなに大事で緊急なのか、わかんない内容ばかりです。
週に1-2回でも今一番それが私のストレスです。
祥蘭さんがコミュニティの事を書かれていましたが、めちゃめちゃ納得してしまいました。
地域とかご近所づきあいとかの世間に創価がしっかり存在しているから
迷惑とか超越してる感じです。
私はそうじゃないんだから気を使ってよと思いますが、そんなの通用しないですね。

彼の両親を見ても生活の重要な一部を活動が占めてるってわかります。
そういう事が当たり前になっている家に、一般人が馴染んでいくのは
とても難しいんだと感じてます。
もうこうなってしまったものは仕方ないと割り切ってます。

私もマキシムさんのこれからの幸せを祈っています。


話題は変わりますが
もうすぐ総会?があるらしく、お姑さんから見に来てと誘われています。
年に一度のお祭りみたいなものと聞きました。
彼も出し物に出るみたいです。でも正直行きたくないです。
いまから3連休の事を考えると、とても憂鬱です・・・・。
彼の休みは2連休で、そのうちの1日で休みが潰れたも同然で
それも憂鬱なんです。
まだ返事はしてなくて行くべきか行かないでおくか~。悩みます。
行ったら行ったで、囲まれたりするんでしょうか?
アドバイスいただけたら嬉しいです。

2014/10/06 (Mon) 08:22 | ひろ #er/IAF.I | URL | 編集

東子様

コメントありがとうございます。
承認とお返事が遅くなってすみません。

>引っ越してきたばかりで何もわからない私に役職を任せる時点で、人がいないんだなって事はわかりました。会合に出てみると母親もしくはそれ以上の世代の婦人だらけです。
でも支部婦は30代の地元の有名幹部の娘で新聞店のお嬢さん。圏婦も40代の学園卒で頭だけ若い状況です。

どこの地域も、同じような状況みたいですね。
正の部幹部以上に据えるのは若手で、現場は中高年任せと。
しかも純粋培養で組織を裏切れない関係者を人選するというw
まさに「コネ人事」みたいな感じですよね。
そういうところひとつ見ても、組織に昔の勢いがないと
解る気がします。

>支部婦は「強き祈りで部員さんの変革を願っていくしかない。きっと東子ちゃんならできるよ!」と、こんな感じです。

御苦労、お察しいたします。
幹部指導の内容も、いかにもって感じで苦笑しました。
相手の問題なのにこちら側の成長に絡めて指導されるのが
セオリーですからね、基本的に。
そうじゃないよ、具体的にどうするか言ってよ!ですよね。
幹部も現実的な答えは持ってないと思います、実際。

>夫は無宗教でお母さんが正宗です。3年くらい前(私たちの結婚後)に知人の紹介で入信しました。
創価の嫁は敵と思われる?とヒヤヒヤでしたが、全然そんな態度をとらないし何も変わらない、優しいお母さんです。
以前住んでいた地域で、お姑さんが正宗に入信したと言った途端に「脱講に行きましょう!どこに住んでますか?」と壮年部から言われて心臓が止まるかと思うほどドキッとしました。 なんで身内をモメさせる様な事を平気でやろうとするんだろう、他人の家庭だからどうでもいいのか?って。。。 
結局、夫の実家が県外で少し遠いので行くことはなかったですが近所だったら行かされたんでしょうか?今思い出しても怖いです。
実家の母に言った時は腰を抜かすくらい驚いて嘆いてましたが脱講させようとまでは言いませんでした。

貴重なお話、ありがとうございます。
壮年部を庇うわけじゃないですが、それが正義と信じて疑わないから
他人の円満な家庭をぶち壊しに行く事になるなんて想像も
してないと思います。
逆に「いい事をしている。一家和楽になる」くらいに思っているから
怖いんですよね。 
梢さんがコメントされていたイラク空爆と原理は同じです。
覚醒しないとその偏向性は理解できないでしょう、残念ながら。

実家の母から脱講の話を以前聞きましたが、創価と法華講と
いったりきたりする人も中にはいるらしいですw
優柔不断なんでしょうね、手を引っ張られたほうへ
ふらふら行ってしまうところが、己の無さ。魂抜かれた状態と
言えると思います。

>祥蘭さんや皆さんは、お題目が出て来なくなるまでどれくらいかかりましたか。 出なくなったきっかけだとか、参考になる本等あればおすすめもらえると嬉しいです。

私の場合ですが、2013年の5月くらいまでは唱えてました。
日蓮仏法が自分の中で絶対でなくなった時期からは心が拒絶して
唱えなくなりました。
それまでごん行はしなくても、寝る前のお題目三唱を欠かしたこと
なかったんですが、一切止めました。
2-3日は違和感があった記憶ありますが、1週間も経過すれば
どうってことなくなりました。
それからは全然です。 
私もなんでもかんでもお題目で魔法の呪文みたいに唱えてましたが
今は落ち着きたいときは「おちついて、OO(←自分の名前)」
と心で呟きますし、そのままの言葉を呟きます。
「うまくいって、おねがい」とかw
習慣なので、たぶんわりと単純な事で出なくなると思いますよ。
けど、出てもそれはそれでいいんじゃないでしょうか?!
お題目は創価の専売特許じゃないですから。
広く日蓮(をリスペクトする宗)のものですしね。
あ、でも池田老人はそのお題目で商標とろうとしたんでしたっけw
まったく。中国人じゃないんだから・・と呆れます。

こちらにコメント下さる皆さんも、お題目が出なくなったきっかけ等
ありましたら教えてくださいませ。


@@@@@@@@@@

「限界コミュニティの憂鬱」に、沢山の非公開コメントを
ありがとうございました。
日本全国、類似したエピソードがあるということが
よくわかりました。
また、「限界コミュは相対的貧困者向けのサークルだ」という
御指摘もあり、まさしくその通りだと思いました。

私は覚醒後にニュースや時事問題を扱う番組が
好きになって、よく見るようになったのですが
末端組織の現実と、社会問題が合致しまくりなことが
最近よくわかるようになり気になっています。
支持政党が50周年を迎えたらしいですが、この体たらく。
日本を良くするどころか、末端組織に溢れる現実を見れば
自分たちの「政治(信仰)活動」が何にもなってないことが
よくわかると思うのですが。
MC下だとわからないんでしょうかね。
活動家はまず、ニュースなんて見る暇ないですもんねorz


@@@@@@@@@@


マキシムさんのコメントの件で、前回呼びかけましたら
ひろさんへ伝言をお願いされました。

「ひろさん、その節はアドバイスありがとうございました。
具体的にこたえて頂き、感謝しております。
ありがとうございました。」

彼とはお別れされたそうです。
身バレするといけないので、詳細については非公開との
ことでした。

マキシムさん、複雑だったでしょうが経験お話しいただき
ありがとうございました。
結局は「縁」なので、創価の彼とは縁が無かったんだと
私は思います。
マキシムさんのこれからに素敵な事が沢山ありますように。
ありがとうございました。


2014/10/05 (Sun) 23:30 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

初めまして。 最近このブログを見つけました。もっと早く出会っていればと思いました!
学会2世の婦人部です。女子部で本部長をしていました。今年引っ越してきた地区で初めてしらゆり長をすることになりました。
引っ越してきたばかりで何もわからない私に役職を任せる時点で、人がいないんだなって事はわかりました。会合に出てみると母親もしくはそれ以上の世代の婦人だらけです。
でも支部婦は30代の地元の有名幹部の娘で新聞店のお嬢さん。圏婦も40代の学園卒で頭だけ若い状況です。
支部婦が一番年齢が近いという事で何かと連携させてもらいましたが、いつも通り一辺倒の激励しかありません。。。具体策がないんです。 
私が担当している部員さんに精神疾患を患っている人がいます。この人がトラブルメーカーで内外から問題行動で困っていると相談?苦情?をうけます。
私もどうしていいかわからず地区婦に相談しても「あの人は治らないから相手もほどほどに」と言われました。
支部婦は「強き祈りで部員さんの変革を願っていくしかない。きっと東子ちゃんならできるよ!」と、こんな感じです。
本当にどうしていいのかわからず、ネットに同じ経験野人がいないか調べる事にしたんですが、精神疾患の人に「お題目をあげてはいけない」と指導する。余計悪くなるから。という話を見かけてビックリしました。
ウソ?!めちゃ唱題会参加してるけど。。。
一旦調べ始めたら止まらなくなり、創価に関する全く未知の情報を漁るのが日課になりました。中にはちょっと信用できないものもありましたが、祥蘭さんのブログに書いてある事は私が体験した内容と奇跡かと思うくらいにリンクしていました。
もう財務の申し込みをした後でブログを拝見して、1ケ月早く
ブログを見ていたら断ったのに!!!と悔しいです。
非活になるために仕事の面接に行きました。いま結果待ちです。誰にも相談せずに面接受けに行きました。
私の実家は母だけ熱心ですが、活動はご近所づきあいの延長みたいに思ってるところもある気がします。友達が少なくいつも婦人部と行動を共にしてます。
私が脱会したいと言ったら発狂するかもしれません。 でも、私のきょうだいは皆非活です。他のきょうだいに独身時代は信心をおろそかにするなとうるさかったですが、結婚後はとくに何も言っていないみたいです。
なので私が非活になったからって文句は絶対に言わせない!と心構えしています。
夫は無宗教でお母さんが正宗です。3年くらい前(私たちの結婚後)に知人の紹介で入信しました。
創価の嫁は敵と思われる?とヒヤヒヤでしたが、全然そんな態度をとらないし何も変わらない、優しいお母さんです。
以前住んでいた地域で、お姑さんが正宗に入信したと言った途端に「脱講に行きましょう!どこに住んでますか?」と壮年部から言われて心臓が止まるかと思うほどドキッとしました。 なんで身内をモメさせる様な事を平気でやろうとするんだろう、他人の家庭だからどうでもいいのか?って。。。 
結局、夫の実家が県外で少し遠いので行くことはなかったですが近所だったら行かされたんでしょうか?今思い出しても怖いです。
実家の母に言った時は腰を抜かすくらい驚いて嘆いてましたが脱講させようとまでは言いませんでした。

私の今の悩みというか迷いが、困った時にはいつも題目が出てしまう事です。子供の頃からの習慣なので抜けません。
偽本尊とか見てしまって以来、仏壇は開けていませんしごん行もしてません。でも、お題目は自然と出てしまいます。
私も体験と思って来た事があるんですがポリアンナ症候群を知ってすごく腑に落ちてしまいました。 あとはどんな結果が出てもご仏智で御本尊様は私に悪い様にはしないって考えも定説でした。
そこまでは解ってるんですが、なぜかお題目をとなえてしまう自分が解りません。。。
御本尊様はいつでも本部に返上したい(というかカラーコピーと知ってからは家にあるのも嫌!)のに、お題目がとれないっていう現象が自分でよくわからなくて、とにかくなんとかしたいです。(こんな文章で伝わってますでしょうか、不安)
祥蘭さんや皆さんは、お題目が出て来なくなるまでどれくらいかかりましたか。 出なくなったきっかけだとか、参考になる本等あればおすすめもらえると嬉しいです。
自分の事ばかり長々と書いてしまってすいません。本当にブログに出会えて良かったです。感謝しています。これからも更新楽しみにしてます!!
2014/09/29 (Mon) 23:00 | 東子 #37MOyXPY | URL | 編集

さくら様 のん様 あややん様 梢様

コメントありがとうございます。
返信が遅くなってすみません。

さくら様

>先日、Xのtoshiさんのテレビを見て、ネットで検索しているうちに、自然とこちらのブログをみつけて、読ませていただきました。
創価のことを、ネットで検索したのは、今回が初めてだったので、かなり動揺していました。疑ったことがなかったからです。

ToshIさんのカルト脱出ドキュメンタリー、私も見ました。
集団洗脳や暴力などハードな内容でしたね。
創価は暴力こそ表だってないけれど、宿業という自己否定を植え付け
組織の活動にのみ転換の方法があると徹底的に叩きこんで
いくところが
ToshIさんを陥れた手法と同じだと感じました。
けど、活動家の多くは全く「同質」だということにあの番組を見ても
気付かないでしょうし、
他人事で「誤った宗教に入るからああなるんだ!」と
思っている事でしょうね。
そんな中で、気付かれたさくらさんは賢明な方だと思います。

>今は非活になって、症状はなくなりつつあります。
ただ、いつも罪悪感を感じていました。自分は弱い人間だと。

活動が出来ない事、メンタルから体調に出てしまう事を「弱い」と
思わされてきた。それこそが「洗脳」ですよね。
体調がおかしくなったのは、本能の叫びだったんでしょう。
現在は症状が落ち着かれてきたとのこと、本当に良かったです。

>今回、さっそく新聞購読と、財務を断ることができました。

> まだ目が覚めたばかりですが、もう一歩踏み出しました。脱会はすぐには無理ですが、罰に怖れることがなくなり、軽やかな気持ちです。

おめでとうございます。
最初は時折、心に波風が立つ事もあるかと思いますが
時間が必ず解決してくれます。
どうぞ心穏やかに、創価の絡まない日々を楽しんでくださいね。

のん様

>「蔵の財より身の財すぐれたり。身の財より心の財第一なり。」
この日蓮の教えを、学び直すべきだと思います。

「アパート暮らしでもね、心の財はものすごいのよ」
「○○さん、一軒家建てたんですって~、すごいわ~、羨ましい」
昔、お喋り婦人部の方が話していたのを聞いて、どっちだよ!
と突っ込みたくてしょうがなかったです。

のんさんの仰るとおりですね。
私が財務に疑問を抱いた時、頭に浮かんだのが
小説人間革命の山本青年の言葉「学会は少欲知足でいこうよ」
どこがなんだよ!!!と、突っ込みました。
女性会館やら、記念会館の豪華絢爛なしつらいを思い出すと
ありえないと思います。

心の財についても、創価においては
「自己正当化が上手い」って意味では?と思うように
最近なりました。
日蓮がどのような思いでこの言葉を紡いだか測れませんが
他者をおとしめることが正義の証明のように考える者が
いくら「心の財」を積んでると言っても、信用ならないと
見るのが常識じゃないでしょうか。

>戸田先生の時代から僧侶は横柄な態度も取ってきた。
 だから「追撃の手をゆるめるな」って予見して言われた。正本堂だって
 破壊した。今まで僧侶に指導受けて元気になった訳じゃないよね?
 先生が指導してくれたから、立ち上がれた事多かったはず。
 今だって毎日新聞で励ましてくれてる。
 組織を利用して、先生を会長から引きずり下ろして学会を乗っ取ろうと
 したんだから、やっぱり「極悪」。
と返ってきました。

のんさんのお友達、見事に洗脳下にあることがわかりますね。
僧侶が激励してくれたことは無い・・そりゃ当然ですよね。
僧侶が説法を行うのを寺に信徒が聴きにいく機会を奪ったのは
まぎれもなく学会ですから。
お寺を単なる御本尊授与所になり下げてしまったのは創価です。
また、創価からの恩恵(金銭)を甘んじて受け続けた
宗門にも問題はあると思います。
元をただして考えれば解る事も、創価が都合よく作り上げた
ストーリーが「真実」と信じて疑わないから
のんさんのお友達のような事になるのでしょうね。

>きっと、日顕死去の情報が入ったら、仏罰だ!と大騒ぎなんでしょうね…
「我々は勝った!」とか言っちゃうんでしょうね…。
センセー死去の時は、使命を果たされて霊山に!となって、
センセーバンザイ!となって、皆さん泣きはらすのでしょうかね…

日顕さんは、それでなくても御長寿(御年91歳)なので
ここまできたらもう、いつ亡くなられてもご立派だと私などは
思ってしまうんですが。
それでも「我々は勝った!」言いそうですね~w
目に浮かびます。
だったら池田老人は、日顕さんより1日でも長く生きないといけませんよね。
学会正義と仏意仏勅団体の代表者の威信にかけても。
いま86歳ですから、あと5年以上か。
そこまで持たない気が・・w あくまでも個人的感想です。

あややん様

>党ポスターを断る話。実は私も今の地域に引っ越してきた時、断ったんです・笑。
驚くのが勝手に家の貼る位置まで決めたうえで打診しにきたことです。
あの場所だと遠くからも見えてバッチリなんだけどーとかって来られた日には。

引っ越してきたと同時にお願いに行くのがパターンなんですかね?!
それで信仰度合いを測ったりもしているのでしょうかw
しかし、貼りつけ位置まで考えてやってくるとは。ずうずうしいにも
程がありますよね。
どうでもいい事ですが、たまに出先で公明党と共産党のポスターが
隣合わせで貼ってある外壁のお宅を見ます。
おそらく、信頼者(外部)なんでしょうけど、あれはいいんでしょうかw
面白いですよね、節操なしな感じが。

>「タクシー呼んでワリカンにしたらいいのに」と言ったんですが、お金がかかるとなれば
尻込みして出席を渋る人もでるから普通の車じゃないとダメなんよ、って。

>母は地域で取りまとめ役をしてるので、車の件で最近とても気を使うとこぼしていて
(だったら会合なんて無くせばいいのに)と内心思って聞いてました。
私も活動家の頃、高齢者を送迎してましたが当たり前みたいに思ってて
お礼も言わない人がいたのには内心イラついてました・苦笑。
活動家が多い時は善意でカバーできたことも、高齢者ばかり増えたら一部に負担が集中しちゃって
そうもいかなくなってくる気がします。御信心だけで済ませられない感じで。
そんな末端の事情なんて一切知ったこっちゃないのが上層部ですもんね。

あややんさんの仰る通りで、参加したい人だけで寄りあって
タクシー利用が一番自然だと思います。
地域経済にも貢献できますしね。
だのに、会員に個人負担を強いるようなことはどうなのか?と。
私の母は申し訳ないと、車を出してくれる方に時々食事を
おごったりするそうです。
けど、送迎が当然と振る舞う高齢者も周りには多くて常識を疑うと
話してました。
それ以前に、みんなが「自発能動」で行きたがらない会合なんて
意味が無いと気付くべきですよね。
本当に行きたければタクシーでも使うと思いますよ。
善意に甘えるばかり、おぜん立てが無いとだめで、
お金(交通費)がかかるとなったら尻ごみするって
あなたの信仰とは何か?という話になっていくと思います。
誰もそこまで突き詰めて考えないから、覚醒しないんでしょうけど(頭痛)。

>それくらいの貯金はあったし、興味もあり羨ましかったんですが、実際行く気に
なれなくて断りました。
学会活動があるし、まず無職になるなんて考えられない事だったんで。
私は活動に地元を走り回ってました。
海外なんて行こうと思えばいつだって行ける境涯になるんだ!と思いながら。
結局、活動していた時は海外なんて行けなかったです。

学会活動なんて、別に仕事でもないんだから休んだって
どうってことなかったのに
役職をもたされたりすると、絶対に穴をあけられなかったですよね。
私の周囲を見ても、青年部時代に3泊4日くらいの近い海外へ
出る活動家はいても
1週間はかかるヨーロッパやアメリカ方面にプライベートで行く人は
いませんでした。
会合も馬鹿みたいに多かったから、1週間以上現場に穴をあけるなんて
出来ませんでしたものね。
若くて身軽な時に行っておけばよかったなと思う地域、私も
沢山あります。

>留学した友人は今ヨーロッパに住んでます。
もう私も自由な身、子供の受験が落ち着いたら絶対会いに行くと決めてます★
そんな現実的な希望をもてるようになったのも、覚醒したからなんですよね。
いずさんのコメントにもあったカンボジアにもいつか行ってみたいなと思うし、
活動家の時に行ったけど殆ど楽しめなかった京都も再訪したい!
そのときは神社で堂々とおみくじ引きたいと思ってます・笑。

そうやって楽しみを「具体的に」持てるようになったことが
大きいですよね。
もし、今現在も活動家だったとしたら。
年齢的に地区婦人部長とかやってたらw 絶対考えられないんじゃ
ないでしょうか。友達に会いに海外旅行なんて。

活動家だった頃は訪れてもただ通り過ぎるだけ、ちゃんと見なかったことが
悔やまれる神社仏閣・教会などなど。沢山ありすぎます。
歴史を感じながらの鑑賞、そういった心豊かな経験機会を
謗法だの外道だので、目をふさいでいたことに我ながら
ガッカリします。
私もいずさんのカンボジア遺跡群のお話、羨ましかったです。
京都もいいですね~。紅葉時期なんて特に。
高野山もいずれ行ってみたいと思いますし、
長崎も活動家時代に行きましたが、観光をまったく楽しめなかったので
再訪を願っています。

梢様

>それと似た事が地域でもあったんです。
脱会し宗門についた人が事故で亡くなったとの連絡が
入った時です。
「やっぱり」と言った人がいたかと思えば
「自業自得」と言う人も。
宗門にいったのだから、酷い目にあって当たり前と
その場にいた誰も「お気の毒に」と言いませんでした。
私は嫌な気持ちがしながらも
何も言えずその場に座っていただけでした。

集団心理のなせる技ですね。
その中にあっていずさんは違和感を覚えていた、
すでに立派に覚醒されていたのではないでしょうか。

私も、似た経験がありますが
「反逆者に仏罰は当然」という考え方を持ってました。
声高にそれを叫ぶ事はしなかったけど
内心では納得してましたね。
先の、のんさんのコメントにもありましたが
そんな思考を持っていた事が怖いです。

>創価(学会員)も同じです。
我らが正義と、宗門へうつった人の死も悼む事が
出来ないくせに
何故その矛盾に気付きもしないで
平和のために行動しているなんて
言えるんでしょうか。

全くもって梢さんの仰るとおりです。
正義を言いだした時点でおかしくなります。
信仰に正義なんて要らないんですけどね。
また、敵を作る事もおかしいと思います。
仏敵という呼び方もいかがなものかとw
そもそも仏様に敵なんているんでしょうか。
良く考えて欲しいものです。

>折伏、活動に巻き込む事で
多くの友人を失いました。
会って当時の無礼を謝りたい気持ちがありますが
まだ会えないと思う、自分もいます。

お友達の言葉、ごもっともですね。
私も近い事を助言されたことがありました。
考えを押しつけることは、自分を縛る事になるよ?
みたいな感じだったと思います。

私もまだ会えていない友人がたくさんいます。
故郷を離れているので余計遠くなっています。
時が来れば会える日もあると思います。
その日まで、自身の内面を充実させたいです。

>「一度や二度、約束通り会えなかったからって
 疎遠になるような相手は腹心の友ではない」と
幹部が言っていました。
新聞や選挙のお願いでもそうでした。
これで孤独になっても、当然です。

ありましたね、そのテの指導。
創価だとカミングアウトしたら相手の本性がでる。
そのことで態度を変える人間ならその程度だ!とか。
とんでもないですよね。
どんだけ上から目線なんだよと。

>法要に形式がないとはいえ、
「思い」を形にする習慣が全く無いのは
味気ない事だと思いました。

本当にその通りですね。
私も、父の法事や彼岸を通じ外部の方々の
思いを形で受取ったことで、かなり目が覚めました。
創価は「死んでもすぐ生まれ変わる」という考えが
浸透しているせいか(?)
非常にドライな印象があります。
単純に、そういった事にお金を使わずに
組織に集中させたい意図もありそうな気がしますが。

>人の御縁は大切にしていきたい。
創価を離れて、つくづくそう思います。

下種先・Fになるかな?等の下心を一切なくして
おつきあいできるって、素晴らしい事ですよね。
一般社会ではそれが当たり前な話なんですが。
今振り返ってもMC下にあったときの、自分の他者への
認識は異常だったと感じます。

@@@@@@@@@@@@

非公開コメントをくださった一休さんへ。
「御心配ありがとうございます。無問題です」
いつもありがとうございます。


2014/09/27 (Sat) 11:38 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

こんばんは。

限界集落の事件、報道で気になったのは
加害者の人物像を語る近隣住民の殆どが
半笑いだったことでした。
あれだけ凄惨な事件が静かな山間集落で起こったのに
誰も萎縮していない。
むしろ、状況を楽しんでいるように見えました。

それと似た事が地域でもあったんです。
脱会し宗門についた人が事故で亡くなったとの連絡が
入った時です。
「やっぱり」と言った人がいたかと思えば
「自業自得」と言う人も。
宗門にいったのだから、酷い目にあって当たり前と
その場にいた誰も「お気の毒に」と言いませんでした。
私は嫌な気持ちがしながらも
何も言えずその場に座っていただけでした。

今、イラクの空爆ニュースを毎晩見るたび
思い出すのです。
アメリカは我らが正義とイラクを攻撃する。
攻撃されるイラクも我らが正義と
傍若無人に振る舞う。

私はどちらも正しいとは思いません。

創価(学会員)も同じです。
我らが正義と、宗門へうつった人の死も悼む事が
出来ないくせに
何故その矛盾に気付きもしないで
平和のために行動しているなんて
言えるんでしょうか。

30年以上前、折伏をした友人が私に
「若いうちから偏った考え方を持つ事は、
 人生の可能性を狭めるだけ。 勿体無い」
と言いました。
当時は友人に対し、なにも解っていない。
仏法は偏った考え・教えなんかではない。
知ろうとしないあなたのほうが勿体無い
そう反論しました。

今、友人の言葉がボディブローのように
じわじわ効いてきています。

折伏、活動に巻き込む事で
多くの友人を失いました。
会って当時の無礼を謝りたい気持ちがありますが
まだ会えないと思う、自分もいます。

限界コミュニティにしか居場所が無いと
諦めなかっただけでも、儲けものだったと思います。

海外、幾つも諦めました。
友人が誘ってくれても、日程を気にして返事を先送りに。
気付けば誘ってもらえなくなり
私の知らない間に皆で行っていました。
つきあいが悪いと、自然に声もかからなくなります。
当たり前のことですが創価では
「一度や二度、約束通り会えなかったからって
 疎遠になるような相手は腹心の友ではない」と
幹部が言っていました。
新聞や選挙のお願いでもそうでした。
これで孤独になっても、当然です。
最後に残るのは組織の知り合いだけになっても
仕方がありませんよね。

私の母も、友人は少ない方でした。
けれど入院中によく足を運んでくれたのは
馴染みの学会員よりも、友人でした。
一周忌法要は自宅で身内だけでしたが、
母の友人は供花と線香を送ってくださいました。
長年共に活動した学会員からは、何もありませんでした。
法要に形式がないとはいえ、
「思い」を形にする習慣が全く無いのは
味気ない事だと思いました。

人の御縁は大切にしていきたい。
創価を離れて、つくづくそう思います。


2014/09/25 (Thu) 19:45 | 梢 #obZDpHCE | URL | 編集

No title

こんにちは。
限界コミュニティのお話、頷きまくりで読んでいました。
創大卒神話、うちのほうでもありますよ・笑。
遠方でなかなか行く人もいなかったから、卒業生Uターン組は
ちょっとしたヒーローで壮婦はチヤホヤしてましたね。
男子部の若い人で寮生だった人がいて「エリートは考える事が違うんだよ」と
兄がしきりに感心してましたけど、話の内容は忘れました・爆。

党ポスターを断る話。実は私も今の地域に引っ越してきた時、断ったんです・笑。
驚くのが勝手に家の貼る位置まで決めたうえで打診しにきたことです。
あの場所だと遠くからも見えてバッチリなんだけどーとかって来られた日には。
目立ちたくないからって断った記憶があるんですが「景観を損ねる」これイイですね!
私もそれ、言ってみたかった・笑。
もう頼まれることはなさそうですが機会があったら使います★

限界集落化で思い出した事ですが、昨年実家から連絡があって
明日車で会館へ送迎してほしい、バイト代は出すからと
母が必死な様子でした。
話を詳しく聞いたら、最近会館に車を出してくれる人が少なくなっていて
負担がひとりに集中したことで、いつも送迎していたヤング婦人部がへそを曲げて
ドタキャンしてきたと。
会館へ車で30分くらいかかります。鉄道の駅もバス停も遠くて不便な場所なんです。
「タクシー呼んでワリカンにしたらいいのに」と言ったんですが、お金がかかるとなれば
尻込みして出席を渋る人もでるから普通の車じゃないとダメなんよ、って。
結集のために母が気を使いすぎていると思ったし、それに甘えている
高齢者もいるというのが納得行かなかったです。
会合なんて、行ける人だけいってくださいでいいのにーみたいな。
でも会合に「出させてあげる」事が優先なんですよね、役職もちは。
自分も覚醒前はそう思っていたんで、解るんですけど納得できない・笑。

用事があったので断って、あとでどうしたのか聞きました。
ワークの人が仕事を休んで車を出したそうです。
母は地域で取りまとめ役をしてるので、車の件で最近とても気を使うとこぼしていて
(だったら会合なんて無くせばいいのに)と内心思って聞いてました。
私も活動家の頃、高齢者を送迎してましたが当たり前みたいに思ってて
お礼も言わない人がいたのには内心イラついてました・苦笑。
活動家が多い時は善意でカバーできたことも、高齢者ばかり増えたら一部に負担が集中しちゃって
そうもいかなくなってくる気がします。御信心だけで済ませられない感じで。
そんな末端の事情なんて一切知ったこっちゃないのが上層部ですもんね。
ほんと、みんな早く気付いてー!って思います。

社会経験が薄い、も耳が痛かったです。
海外へのあこがれはばくぜんとあったけど、初めて行ったのは結婚後でした。
独身の頃、3年目で仕事をやめ貯金をはたいてロンドン留学した友人(外部)がいます。
実はフラットを借りるから一ヶ月だけでも来ない?と誘われたんです。
それくらいの貯金はあったし、興味もあり羨ましかったんですが、実際行く気に
なれなくて断りました。
学会活動があるし、まず無職になるなんて考えられない事だったんで。
私は活動に地元を走り回ってました。
海外なんて行こうと思えばいつだって行ける境涯になるんだ!と思いながら。
結局、活動していた時は海外なんて行けなかったです。
周りにいた婦人部も新婚旅行が初海外って人ばかりで、あまり気にならなかったのもあります。
(そういえば、新婚旅行が熱田村って人がいました・爆)
非活になってバイト先で出来た主婦友と話してると、結構みんな国内外問わず
あちこち行ってて歴然と差を感じました。

留学した友人は今ヨーロッパに住んでます。
もう私も自由な身、子供の受験が落ち着いたら絶対会いに行くと決めてます★
そんな現実的な希望をもてるようになったのも、覚醒したからなんですよね。
いずさんのコメントにもあったカンボジアにもいつか行ってみたいなと思うし、
活動家の時に行ったけど殆ど楽しめなかった京都も再訪したい!
そのときは神社で堂々とおみくじ引きたいと思ってます・笑。

2014/09/25 (Thu) 14:35 | あややん #- | URL | 編集

No title

前回のコメントについて

> 親に言ったところで、どうしようもないと思うんですけどね。
> どこまでも金カネカネって必死さは、悪徳詐欺みたいですよね。

ホントにうんざりです。
祥蘭さんのブログに出会った頃は、財務は母からの小遣いもあるし
仕方ないか…と思っていたのですが、自分なりに色々調べたり
振り返ったり、考えをまとめているうちに、出したくない!!と
気持ちが固まりました。
「真心の財務」…何が真心なんだよ?と。

「蔵の財より身の財すぐれたり。身の財より心の財第一なり。」
この日蓮の教えを、学び直すべきだと思います。

「アパート暮らしでもね、心の財はものすごいのよ」
「○○さん、一軒家建てたんですって~、すごいわ~、羨ましい」
昔、お喋り婦人部の方が話していたのを聞いて、どっちだよ!
と突っ込みたくてしょうがなかったです。

> 非公開で頂いたご意見の中に、活動家&幹部のメアドや電話番号の
> 名前登録を「見るな」「出るな」にするというアイデアがありました。
素敵なアイデア、ありがとうございます。
名前を見るとイラッとしてしまうので
(こんなこと書いていると、「怨嫉だ」とか言われそうですが)
名前の登録を変えてみます!ありがとうございます!


「限界コミュニティ(序)」について

> 「創価と池田先生の敵は仏罰が出て当然。悲惨な死に方して当然」

私も、若い頃は、創価批判をしている人が病死した際、周りに感化され
罰が当たったんだ、と思い込んでいました。
今思うと、人として、とても恥ずかしいことです。


春先に、地区婦をやってる元?親友と、メールをやりとりした際、
 「打倒日顕」「極悪粉砕」なんて言わないで、そういう輩は仏罰があたるのが
 道理だから、私たちはほっておきましょう。それでいいんじゃないかと。
 指導の中にも「仏法は道理です」っていうのが度々あったと思うし。
という内容を送りました。すると友人は、

 戸田先生の時代から僧侶は横柄な態度も取ってきた。
 だから「追撃の手をゆるめるな」って予見して言われた。正本堂だって
 破壊した。今まで僧侶に指導受けて元気になった訳じゃないよね?
 先生が指導してくれたから、立ち上がれた事多かったはず。
 今だって毎日新聞で励ましてくれてる。
 組織を利用して、先生を会長から引きずり下ろして学会を乗っ取ろうと
 したんだから、やっぱり「極悪」。
と返ってきました。

確かに悪い点もあると思いますが、僧侶のおかげではなく、先生の指導の
おかげと。
…すっかり「池田教徒」です。
そんなに好きなら「創価学会」でなく「池田教」にすればいいのに…。
というか、実態は既に「池田教」と思いますが。

きっと、日顕死去の情報が入ったら、仏罰だ!と大騒ぎなんでしょうね…
「我々は勝った!」とか言っちゃうんでしょうね…。
センセー死去の時は、使命を果たされて霊山に!となって、
センセーバンザイ!となって、皆さん泣きはらすのでしょうかね…


また長くなってしまい、スミマセン。

2014/09/24 (Wed) 23:42 | のん #MyJ0QW/M | URL | 編集

No title

はじめまして、学会3世、婦人部のさくらと申します。
女子部の時は、一応活動家でしたが、婦人部になってからは、体調不良を理由に、非活になっていました。

先日、Xのtoshiさんのテレビを見て、ネットで検索しているうちに、自然とこちらのブログをみつけて、読ませていただきました。
創価のことを、ネットで検索したのは、今回が初めてだったので、かなり動揺していました。疑ったことがなかったからです。

でも、本当に真実の声が聞けて、涙を流しながら読ませていただきました。

私は女子部のときから活動が苦手でした。私の性格では、選挙や署名活動や、新聞啓蒙がなかなかできない。かなり苦しみました。人に頼むのが嫌でした。

そして、体調が悪くなり、過敏性腸症候群になり、睡眠障害になりました。10代の頃はニキビなんてほとんどなかったのに、ストレスで顔のあごや頬にたくさんぶつぶつが出てしまいました。

今は非活になって、症状はなくなりつつあります。
ただ、いつも罪悪感を感じていました。自分は弱い人間だと。

でも、こちらのブログを読んでから、少し自分に自信が持てました。

今回、さっそく新聞購読と、財務を断ることができました。
「女子部のときから今まで、素直にやってきたのに何があったの?」
と、心配されましたが、私のほうはなんだか晴れ晴れとした気持ちで明るく、
「特に理由はないです。強制ではないですよね?」と言うと、「そうだけど・・・なんかあったの?」とまた怪訝そうに聞かれました。婦人部の方と討論しても、平行線になるので、あえて理由は話しませんでした。

「なにがあっても、ご本尊さまだけはきちんとご安置してね。勝手に返したりしないでね。」と、念を押されました。

まだ目が覚めたばかりですが、もう一歩踏み出しました。脱会はすぐには無理ですが、罰に怖れることがなくなり、軽やかな気持ちです。

こちらのブログの真実の声が聞けたおかげです。
本当にありがとうございました。





2014/09/20 (Sat) 22:31 | さくら #- | URL | 編集

のん様 吉野様 あると様

コメントありがとうございます。
公開、お返事が遅くなって申し訳ありません。

のん様

>すると、即、メールが。
「確認です(汗 の絵文字) 今回?今後も?」
今回やらず来年はやります、っていう人、いるんでしょうか?!
「今回も今後も、現時点で意志はありません。」と返信したら
「了解しました。けど、毎年誰かからはお声かけさせてもらいますので、
 よろしくお願いします。」だそうです。

なかなか、しぶとい担当者ですね。
毎年誰かから声をかける、って・・。もうやらないと言ってるのに。
私の勝手な想像ですが、金輪際やらないと申し送りすると
面倒なことになるので(理由は何?指導に行かねば!的に
本部幹部以上が動く)
その場しのぎにしているのかもしれませんね。
のんさんと自分(担当者)の間で以前かわされたやりとりが
上に露見するのを恐れてるのかなーと。あくまで邪推ですが。

>非活はまだしも、財務拒否となると、母の方に連絡いくんでしょうか?
いったとしても、自分の考えがまとまったから(地区婦にぶつけた疑問点等)
母に素直に話して、私は出す気持ちがない、と伝えればいっか、ですが。

私の場合は、一昨年は申込したのですが覚醒したため
未納金で、未納金だった事を実家へ連絡されました。
昨年の申込を断った事に関して実家へ連絡はありませんでした。
こういった事(連絡)も地域差がかなりあるようです。
親に言ったところで、どうしようもないと思うんですけどね。
どこまでも金カネカネって必死さは、悪徳詐欺みたいですよね。

>この地区婦の名前を見るのもイライラするほどなので、メルアド変更
してしまおうか、地区婦のアドレスは受信拒否設定にしようか、とも
考えるのですが、そうすれば、訪問か電話になりますかね…?
顔も見ず声も聞かないメールだけの方がマシでしょうか?

以前もアドレス変更に関しての話題がありましたが、
アドレスを変えると必ず追及がきますし
のんさんもお察しの通り家庭訪問に来られますので
変えないのが良いかと思います。
非公開で頂いたご意見の中に、活動家&幹部のメアドや電話番号の
名前登録を「見るな」「出るな」にするというアイデアがありました。
着信時、ディスプレイに表示されたら即創価関係者と解るので
便利とのことです。

>今夜は十六夜でした。子供がもらってきたススキを飾り、
意味を調べると魔除けの意味もあるそうで。
子供と昔ながらの風習を話しながら、軒先にススキをさげておこうと思います。

風流で、とってもいい習慣ですね。
四季とともに自然と共生して暮らしてきた日本人の文化を
伝承していくことは大事ですよね。
創価では、そのような季節行事も「邪宗のまじない」だなんだと
排除されがちでしたが。
恥ずべき事だと思います。

吉野様

>今年も連絡あるかなー?って8月下旬くらいから気にしてたんですけど
なんの連絡も今のところありません(嬉)。

おめでとうございます。
私のところも今年は全く音沙汰なしでした。

>見に行ってないのでなんとも言えませんが、展示の最終コーナーが
池田夫妻や池田センセー+著名人のパネルというパターンじゃないかと思って(過去にもありました)。
全然展示会の趣旨と関係ない。
結局創価の宣伝だし、来年の選挙に向けての交流活動に他ならないです。
ちなみに展示会開催の選挙区、前回は楽勝だったけど
次は刺客候補が必ず出るので超厳しいといわれてます。

ありました、ありました@最終展示が池田夫妻w
とってつけたように、突然出てきてビックリって感じでしたよね。
展示そのものはすばらしくても、最後にぶち壊し的なw

しかし展示会がまさかの選挙対策にも使われているとは・・。
ほんと、なりふりかまわずですね。
活動家は「これ」っていう口実・大義名分が無ければ外部と会えない、
外部との人間関係の希薄さが伺えます。

>友人も役職があるので私が内部だろうがおかまいなく、数さえ稼げれば・
連れ出した者勝ちと必死になってるんだと思います。
あと、自分のやってる事は正しくて間違いないっていう厄介な確信と。
以前の自分も同じだったので歯がゆいと言うか、憐れで早く彼女にも
本当の目的に気付いて欲しいです。

非公開で頂いたコメントに、最近は連れ出し目標(数値)を明確に
個人個人に課すそうです。会期中、何日間行けるかなども組織に掌握されるそうで。
新聞なみにノルマを課して総動員しないことには、人が集まらなく
なってるのかもしれませんね。なんせ組織も少子高齢化ですから。

>このチラシもきっと、余りまくってると思います。私も活動家だったとき、毎回終了後に
20-30枚は捨ててました。
まったく資源の無駄遣いです。わりといい紙でしかも両面カラー印刷。
チラシの裏にもできないので本当に無駄で、環境に関する展示会をやる前に
する事あるでしょ!って感じです。

山ほどおりてきますもんね。
私も何枚の署名用紙(未使用)を廃棄したことか・・w
印刷物も全て外注で、儲けさせて圧力をかけているんでしょう。
印刷工場を各地にもてるくらいの資産はあるはずなのにねー。
ほんと、活動家はそういうところにちょっとくらい気付け!と
思います。

あると様

>私は、未だ「宗教」に囚われていることが再確認できました。

私が「信仰」にこだわる理由は、何かしらの信仰がないとネガティブになりがちなのと、何か信仰していれば、創価に文句は言われないということで、様々な宗教を模索していました。

よく考えればおかしなことですが、前者に関していえば、創価MC様々ということだったようです。(後者もそんな気がしてきました・・・)

とはいえ、自分の再確認もできたので、もう少し肩の力を抜いて、距離を保ちながら生活していこうと思います。

心のよりどころ・柱のひとつとして「宗教」を
据えるのが創価で、それが心を支配し生活まで縛りあげる
手法にすぎないんですね。
それがなくても(信仰が無くても)前向きに暮らしている人は
沢山いますし、それは誰にでも出来る事だと思います。

あるとさんがより良く快活にいられること、願っています。


2014/09/20 (Sat) 10:30 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

アドバイスありがとうございます

レスポンスを拝見させていただきました。

「正にその通り!!」と思えるほど、鋭い意見を頂くことができ、大変に感謝いたします。
読んでみて「なんて難しく考えてたんだろ~、オレってバカだなぁ」と思って自分で自分が可笑しく、笑ってしまいました。

私は、未だ「宗教」に囚われていることが再確認できました。

私が「信仰」にこだわる理由は、何かしらの信仰がないとネガティブになりがちなのと、何か信仰していれば、創価に文句は言われないということで、様々な宗教を模索していました。

よく考えればおかしなことですが、前者に関していえば、創価MC様々ということだったようです。(後者もそんな気がしてきました・・・)

とはいえ、自分の再確認もできたので、もう少し肩の力を抜いて、距離を保ちながら生活していこうと思います。

長い戦いになりそうです(^_^;) でも頑張ります。
ではまた。
2014/09/11 (Thu) 00:16 | あると #- | URL | 編集

No title

おはようございます。
暑さも過ぎて少しずつ秋を感じられるようになりましたね。
前回のコメント、お手数をおかけしてしまいすみませんでした。
修正ありがとうございます。

財務の申込のことですが、
今年も連絡あるかなー?って8月下旬くらいから気にしてたんですけど
なんの連絡も今のところありません(嬉)。
ただ、今の期間に創価が絡んでいる人から連絡がくるとビビってしまう自分がいます(恥ずかしい)。
先日久しぶりの内部友人から連絡がありました。
私が非活になった事は伝わっています。私が話した訳じゃなくて
いろいろあって伝わってしまいました。
何かと思えば展示会が彼女の地元であるので見に来ないかとの誘いでした。
彼女と私の子供が同年代で、未だ私がバリ活だった頃に何度か遊んだ事があります。
他の人にも声をかけているそうでプチ同窓会みたいなノリで誘って来ました。
展示会は環境に関するもので子供向けの内容もあるって事でした。
その場で返事をせず先延ばしにしてネットで調べました。
展示会、むかしは大手新聞社やテレビ局や企業も協賛しているものが多かったけど
今回は完全に創価だけです。
見に行ってないのでなんとも言えませんが、展示の最終コーナーが
池田夫妻や池田センセー+著名人のパネルというパターンじゃないかと思って(過去にもありました)。
全然展示会の趣旨と関係ない。
結局創価の宣伝だし、来年の選挙に向けての交流活動に他ならないです。
ちなみに展示会開催の選挙区、前回は楽勝だったけど
次は刺客候補が必ず出るので超厳しいといわれてます。

以前の私も展示会とあれば外部連れ出し、結集に必死でした。
友人も役職があるので私が内部だろうがおかまいなく、数さえ稼げれば・
連れ出した者勝ちと必死になってるんだと思います。
あと、自分のやってる事は正しくて間違いないっていう厄介な確信と。
以前の自分も同じだったので歯がゆいと言うか、憐れで早く彼女にも
本当の目的に気付いて欲しいです。

その日は他の用事が入ってしまったので行けないとメールで返事をしたところ
「とても残念だけど、吉野が行ける時に足運んでみてほしい。無料です。
行ったら連絡頂戴ね」と。
そしてきのう、展示会のチラシが郵送されてきました。
ものすごく微妙な気分になったのはいうまでもありません(=’=)
このチラシもきっと、余りまくってると思います。私も活動家だったとき、毎回終了後に
20-30枚は捨ててました。
まったく資源の無駄遣いです。わりといい紙でしかも両面カラー印刷。
チラシの裏にもできないので本当に無駄で、環境に関する展示会をやる前に
する事あるでしょ!って感じです。

P.S.地名は書かなかったですが内容でばればれかもしれませんね。
でも私が常勝関西(爆)の人間ということは、ばれてもかまわないので
そのまま公開してもらって大丈夫です。宜しくお願いします。


2014/09/10 (Wed) 09:17 | 吉野 #- | URL | 編集

財務…

子供の夏休みが終わり、やっとゆっくり片付けや掃除ができる…
と取り組んでいたら、人間革命やヤング指導集が何冊か、棚の奥から
出てきました。
去年、一昨年と、あまり良く思わない主人を気遣って、棚の奥に
しまいこんでいたのですが、「もういらない!」と、カタログ雑誌と
共に紙袋に押し込みました。明日がごみの日です(笑)

祥蘭さんのブログに出会い、
 創価学会やめたって・活動しなくたって不幸にならない
 組織でいわれているような「仏罰」は、ありません
という言葉に支えられ、今年の私は変化を続けている感じです。
何かコトを起こす度に、お会いしたこともないのに、勝手ながら
祥蘭さんの言葉を思い出し、前に踏み出している自分がいます。
本当にありがとうございます。


> 申込用紙は8月から廻っているようですね。
> どうでしたか?
> 私のところには今回来ませんでした。

祥蘭さんから、このようなコメントを頂き、8月からかぁ…と思っていたら
今日きました。メールが。あの地区婦から。

「お久しぶりですみません。広布部員の申込の時期となりました。
 ○○池田記念講堂がが完成する年!是非真心の財務をお願い致します。
 申込書、お渡ししたいのですが、都合のいい日教えて下さい!」

2月に暴言を吐き、私を非活にしておいて(結果オーライ♪でしたが)
その後、偶然を装い(?)勝手な謝罪、謝罪の手紙…。
そして、その後は、新聞の領収書にメモ書きで「また連絡します」とか
おきまりの激励文句を書いていただけ。

よくもまぁ「真心」の財務だなんて。
真心のないあなたに言われたくありません…と返答したかったのですが、
「広布部員の申込みをする意志はありませんので、申込書は不要です。」
とだけ返信しました。

すると、即、メールが。
「確認です(汗 の絵文字) 今回?今後も?」
今回やらず来年はやります、っていう人、いるんでしょうか?!
「今回も今後も、現時点で意志はありません。」と返信したら
「了解しました。けど、毎年誰かからはお声かけさせてもらいますので、
 よろしくお願いします。」だそうです。

年末に「何でも疑問はぶつけて!」と言った、この地区婦に財務のことも
ぶつけたのを、すっかりお忘れのようです。

・他の寺院や神社では、施設維持管理費や給与、運営費等の収支報告が
 あるのに、なぜ学会は収支報告を出さないのか。
・真心の財務なのに、なぜ「一口一万円」と決めつけるのか。
・学会の建築物は今後維持管理できるのか?これ以上不要では?

どれも簡単に受け流され、「何がぶつけて!だよ…」と思った年末。
去年までは、会館利用料のつもり…で一口だけ続けてきましたが
もう100円ですら出したくありません。会館行ってないし(笑)
 母のために新聞は続けていますが、毎朝収集袋に直行ですし…。
 新聞はまだ「新聞」という物を購入しているわけですが、
 (それでもイヤですが)財務は不透明すぎで何に使ってるのか?

非活はまだしも、財務拒否となると、母の方に連絡いくんでしょうか?
いったとしても、自分の考えがまとまったから(地区婦にぶつけた疑問点等)
母に素直に話して、私は出す気持ちがない、と伝えればいっか、ですが。

祥蘭さんにご相談なのですが…。
この地区婦の名前を見るのもイライラするほどなので、メルアド変更
してしまおうか、地区婦のアドレスは受信拒否設定にしようか、とも
考えるのですが、そうすれば、訪問か電話になりますかね…?
顔も見ず声も聞かないメールだけの方がマシでしょうか?

今夜は十六夜でした。子供がもらってきたススキを飾り、
意味を調べると魔除けの意味もあるそうで。
子供と昔ながらの風習を話しながら、軒先にススキをさげておこうと思います。

2014/09/10 (Wed) 00:46 | のん #MyJ0QW/M | URL | 編集

あると様 あややん様 ゆう様 のん様 梢様

コメントありがとうございます。
返事が遅くなり、申し訳ありません。

あると様

>私が自身の信仰スタイルに悩んでいる理由を説明させていただきますと、
「心の中で祈っても祈った感覚にならない時がある」
「創価の仏罰論などが未だにフラッシュバックする(創価の本尊に祈れ)」
「釈迦の教え、悟りとは何かに悩む」
の3つがあるからです。
とはいえ、自分のやり方に自信がつけば自然に解決するのではとも思っています。

質問に答えて頂いてありがとうございます。
見当ちがいな返信になるかもしれませんが(ごめんなさい)、
あるとさんが信仰や祈念そのものに囚われすぎではないか?
と少し心配です。

創価家庭に生まれ育つと、いやというほど「ご祈念」や「信心」を
生活の中心・常に傍に置くことを固定観念として親から叩きこまれます。
「行為」としての信仰(読経唱題など)を、一日のうち10分でも30分でも
怠らぬようにとされていることも実はMC手法で、呪術と変わりません。
これは現代一般社会の感覚から大きくかけ離れていることです。
私も覚醒するまで気付かなかったので、40年前後も自分は信仰を
軸に持たないと生きられない・意味もないと考えていました。
しかしそれは創価による狡猾な刷り込みです。
そうやって本尊であったり、お経であったりに強い依存心を持たせることが
宗教なしでは生きられなくさせる、心を完全に操るためのMCにすぎません。

日々、今在ることに感謝できたり、自然や大地の恵みにより
生命をつなげている事、自分の身の回りに感謝をすることは
宗派をこえてなされている事であり、個人の思いはどの宗派にあっても
正しいと私は思います。
ただ、それを利用されたらおしまいだ(創価は完全にひとの良心を
利用して、私腹を肥やしている)ということを
私は繰り返しブログで訴えているつもりです。

あるとさんがもう少しラフに信仰と向き合えれば、気持ちも楽に
なるんじゃないかな?と感じました。
近視眼的になるよりは、いったん離れてみて、視野を変えて
自身と信仰の関係を見つめるのも有意義なことではないかなと
思います。

あややん様

>問題の性質を解っている人に聞いてもらうのってすごく気が楽になります。
私にとっては祥蘭さんやここの皆さんが、会ったことは無くても
すごく頼もしい存在。本当に有り難く思ってます。
これからも宜しくお願いします☆

こちらこそ、宜しくお願いします。
創価問題はストレスでしかないと思います。
記事にも書きましたが、私がブログを続けるのもストレスの
はけ口にはっているところが大きいです。
早くそんなストレスから解放されたいですけどねw

皆さんにも、ここをストレス発散の場所にしてもらえれば
幸いです。

>日本の死因の1位が癌というくらい創価も当たり前に癌で亡くなる人が多いです。
それもたいてい末期がんで手の施しようなくという感じです。
めちゃくちゃ組織に尽くしてきた方でもなので、他と比較して言うことが出来なくなっているんだと思います。

あややんさん仰る通りで、私の知人の学会員も癌で亡くなる方が
たいへん多いです。 
一昔前はがんを克服した等の体験談も多かったですが
今もあるにはあるんでしょうけど(高度先進医療もありますし)
多死社会になっている今、助かる方も亡くなる方も組織内でイーブンに
なってそうな気がします。
だったら一般社会と変わらないので、特別創価がすごいわけでも
信仰の力の証明にもなりませんもんねw
さすがにそのあたりは運営側も・末端会員も解り始めたと
いうことでしょうか。

>けど必ず言うのは「いいお葬式だったわ」・爆。
父は儀典部なので。自画自賛するか普通?と思ってしまいます。

「立派な葬式だった」は、聞く事ありますが
「いいお葬式だった」って世間じゃあんまり聞かないですよねw
友人葬は湿っぽくならない・悲しみが無いからいいの!と、
幹部の伯母が言っていたのを思いだしました@儀典部。

ゆう様

>去年というか、活動を始めた当初から「自発的に」ではなく「義務的=やらされている」感が常に心を埋めていたように今では思います。正直言って、センセイの事は尊敬もしていないし、一度も恩を感じた事もない。女子部の活動や白蓮の活動は「楽しい」なんて思った事は皆無に等しいです。時々、楽しい!って思う事はあったけど、MCにかかっていたのかなと。

年代の近い独身女子だけで、和気あいあいとしていれば
どこでも楽しいと思います。私も女子部、楽しかったですよ。
たまに「女子会」状態で飲み会もやったりしてねw
人間ってきっと、集まることは「楽しい」と
感じる生き物なのだと思います。
学会がその作用を組織従属に利用しているだけでしょうね。

>折伏も新聞啓蒙もした事もなく、成果を上げていない私が何故部長なの?と現在進行形で不思議でなりません。活動5年足らずでポンポンと役職が上がり白蓮の班長を2年務めた事も当時は疑問だらけでしたが、先輩たちからは「ゆうちゃんしか果たせない使命があるんだよ!この信心は成果だけが全てじゃないし、これから徐々に一緒に頑張っていこう!」的な事を言われて役職も断れずに今まで来た次第です。

現状の組織の中身がよくわかるお話、ありがとうございます。
少子高齢化が著しい組織で、ゆうさんのように従順に活動に
参加してくれる若い人は「人材」で、非常に大切にされていることが
わかります。
私の時代(かれこれ20年前ですが)は、まだまだ人も多かったので
成果のない人が役職に就くのは、よほどでない限り無かったです。
人材枯渇っぷりが伺えますね、現状の。

>幸い(?)私の周りの女子部や婦人部は良い人が多く、祥蘭さんが体験されてきたような事はまだ経験していないので、記事を読み進めるうちに学会員の非常識な言動に怒りを覚えました。

創価もこの10年でかなりソフト路線が進んだようです。
きっと女子部の諸先輩方も、ソフト路線で育った方たちなので
優しい・人間的にもそう悪くは無い方が多いのだとお見受けします。
ただ婦人部にあがると年齢層が分厚いですからねw
40-60代くらいだと、熾烈な時代の叩き上げ幹部も多くなります。
そういった人達は自分の時代感(=非常識)を押しつけてきます。
その傍若無人な言動のお陰で覚醒できる場合もありますが、
私みたいにw

>来月に教学試験を受けるのですが、それが終わったら母親と先輩に活動をする気が無い事を正直に伝えようかと考えています。母の手前もあり、今すぐには脱会は出来ないのでまずは徐々にフェードアウトする形を取ろうかなと。

引き留めや説得もあるかもしれませんが
自分の思いを遂げてくださいね。
若い時間を創価に使う理由はありません。
若い人には自分のために自由に過ごしてもらいたい!
独身時代にしか無い楽しい事・有意義な事、
沢山ありますから。
そう願っています。
これからもよろしくお願いします。

のん様

>そろそろ財務の話が出てくる時期ですかねぇ…。
2月に地区婦の暴言で覚醒し、非活になった私ですが
こんな私の所に、地区婦が財務の依頼にくるのでしょうか?

申込用紙は8月から廻っているようですね。
どうでしたか?
私のところには今回来ませんでした。

>一撃を食らったのは、支部や本部で、男子部長として
毎日必死に活動していた方がいたのですが、この方が
亡くなったと聞いた時です。
詳しく聞いてみると、外出先で、自分の車の座席で
仮眠を取っていたら、ガスが車内に入り中毒死されたとか。

幹部の急逝は衝撃だったでしょうね。
不慮の事故となれば、創価脳なら「どうして?!」と
疑問を持ちそうです。

>この一件に対しても「あの人は使命があるから、
生まれ変わって、もっと上の地位にいくはずよ」等々
婦人部が力説…。

すごいですねw 生まれ変わってまた幹部にw
お亡くなりになっても「使命」
勝手に背負わせないであげて、と思ってしまいます。
が、私も数年前(未覚醒)であれば
同じ事を思ったかもしれないので、MCとは恐ろしいです。

>度々書かせて頂いておりますが、「ああ言えば、こう言う」
という引き出しは、限りなくあるのが創価だと思います。
「悲惨な死」まで「使命」という言葉で飾ってしまうとは。

創価信仰をたもつ自分たちはどこまでも特別ですからね。
勝てなくても負けるな、という言葉を先月、高校野球を
みているときふと思い出しました。
池田老人の言葉です。
「試合に結果的に勝てなくても心は負けるな」という
意味だったと思うのですが
結局「負け惜しみ」「なにがなんでも負けを認めるな」って
事なんですよね。
負けから学べる事も沢山あるというのに。
歪んだ解釈やら、物事を都合のいい方に捉えるようなことを
若い世代にメッセージとして送るなんてどうかしてます。

梢様

>創価の世界は右向け右、左向け左の号令に従えなければ
反逆者となります。
それでもまだ金銭供与があるあいだは大目に見るようですが
一切の金銭供与を拒絶したとたん、態度が豹変するのです。

物凄く、良く解ります。
新聞や財務がいちばん解りやすいバロメーターですもんね。
会合にでてこなくても、この2つがなされていればOKで
拒絶したらアウトなんでしょう。

>彼ら彼女らが真実に自力で気付く事が出来た時、私は何事もなく
柔軟に受け止めたい。
そう考えています。

全く梢さんに同感です。
創価を憎んで人を憎まず、です。

>最後の一人を見送った後、私は誰の信心のせいでこうなったのか
考えました。
しかし答えは出ず虚しくなる一方、無力感が募りました。

お辛い体験だったでしょうに、書いて下さった事
感謝いたします。
誰の信心のせいでもないですね。
きっと寿命だったと思います。
私はそのように父の急逝について答えを出しました。

私も父が急逝したとき、自分が活動に出なくなったせいでは?
と、ものすごく揺さぶられました。
活動しない自分のせいではないか、と考えました。
でも、どうしても組織に戻ることは出来なかったです。
生理的に受け付けなかったので、地域の人たちを。

>皆、大変な最期だったけどお金の面で家族に迷惑かけなかった。
借金残さず、揉める額の財産も残さず逝った。
遺族たちに迷惑をかけなかったんだから
いい死だったよと言いました。
私はそんな言葉では到底納得できなかったのです。

それは信仰のお陰というよりは
梢さんの御家族が人生設計をしっかりしておられた証ですよね。
「いい死」とか「悪い死」とか、他人(親戚であっても)が
言うものではないと思います。
そのあたりも創価の非常識な臨終観かもしれませんが。

>けれど、祖父母と両親が身を持って
私を覚醒に導いてくれたんだと思っています。

立ち止まって考える機会を与えてくださった、という事でしょうか。
私にとっても父の死はターニングポイントであったと思います。
(とはいえ、そこから3年かかったんですが@覚醒)

>どのような死であっても、尊厳をもって受け止める。
それが当たり前のことだと思います。
信仰してたから、してなかったから、
そんな次元で語ってしまう事じたいがオカルトじみていますし
非常識極まりなく、一般社会から敬遠される理由だと思います。
学会員は、早くその事に気付くべきです。

まったく梢さんの仰る通りだと思います。
人の死を、自分たちの選民思想を宣揚するために利用しないで
もらいたいものです。

@@@@@@@@@@@@@@@


マキシム様、コメントが非公開にチェック入れておられ反映できません。
これは公開していいものでしょうか?
ご連絡ください。


2014/09/07 (Sun) 12:03 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

ブログ一周年おめでとうございます。

この春祥蘭さんのブログと出会い、沢山の知識を得、
これまでにない探求欲もわいてきました。
長年疑問に思っていたことにも答えが見つかりました。
大変感謝しています。
創価の世界は右向け右、左向け左の号令に従えなければ
反逆者となります。
それでもまだ金銭供与があるあいだは大目に見るようですが
一切の金銭供与を拒絶したとたん、態度が豹変するのです。
現実社会身の回りに、確かに相談は出来ません。
自分が好きでそこに属していたくせに、今更何を言ってるの?と
一般の方々は受け止めるでしょうから。
そこに孤独が生まれるのだと身を持って地域で体験した私です。

けどもう大丈夫です。
敵のように思えた元同志も、今では真実に気付かず操られている
可哀相な人々。態々解り合おうとは思いません。
祥蘭さんが書かれていた「対峙」まさしくそのままです。
彼ら彼女らが真実に自力で気付く事が出来た時、私は何事もなく
柔軟に受け止めたい。
そう考えています。

独善的臨終感。
毎回思うのですがタイトルの言葉選び、センスが凄いですね。
感心してしまいます。

私は逆に独善的臨終感に悩まされた一人でした。
会合で聞く大往生、奇跡のような臨終体験、病を克服した体験。
いい話しか聞いて来なかった耳年増です。
だのに両親、祖父母も壮絶な死でした。
合併症から来る下血で意識レベル低下、なす術なく亡くなった者。
家族の誰も臨終に立ち会えず、医師と看護師に看取られた者。
癌の痛みどめ(麻薬)による強い幻覚で何かを恐れながら
恐れたまま息絶えた者。
とても会合で語れるような最後ではありませんでした。
亡くなり方は身内の秘密で、口外することもしていません。
生前の母はそれを恥だと言いました。
全員活動家でしたし、祖父母は日蓮正宗時代から尽くしてきた人達です。
最後の一人を見送った後、私は誰の信心のせいでこうなったのか
考えました。
しかし答えは出ず虚しくなる一方、無力感が募りました。

祥蘭さんのブログで、転んでもただでは起きないとありましたが
うちの親戚も同じです。
皆、大変な最期だったけどお金の面で家族に迷惑かけなかった。
借金残さず、揉める額の財産も残さず逝った。
遺族たちに迷惑をかけなかったんだから
いい死だったよと言いました。
私はそんな言葉では到底納得できなかったのです。

けれど、祖父母と両親が身を持って
私を覚醒に導いてくれたんだと思っています。

今となっては、家族の死因は必然だったと納得しています。
(健康に常から留意するような人達ではありませんでしたので)
信仰とまるで関係ない観点から見て当然でした。

どのような死であっても、尊厳をもって受け止める。
それが当たり前のことだと思います。
信仰してたから、してなかったから、
そんな次元で語ってしまう事じたいがオカルトじみていますし
非常識極まりなく、一般社会から敬遠される理由だと思います。
学会員は、早くその事に気付くべきです。



2014/09/02 (Tue) 16:41 | 梢 #obZDpHCE | URL | 編集

No title

そろそろ財務の話が出てくる時期ですかねぇ…。
2月に地区婦の暴言で覚醒し、非活になった私ですが
こんな私の所に、地区婦が財務の依頼にくるのでしょうか?
 「またご連絡します」というメモが新聞の領収書と共に
 ポストに入るものの、なーんの音沙汰もありませんが。
 私が非活になったことで、色んな人に指導を受けた…等、
 その指導を受けた結果、どうなってるんだろう?
 知りたいけど、関わりたくないし…(汗)

「独善的な臨終観」…。
私の母も、私が幼い頃、度々言っていた気がします。
芸能人であっても、その人が脱会したり学会を批判する人
だったりすると「罰が当たったのよ」みたいな言い方を
していました。
子供の頃は、純粋に、「そうなんだ。罰なんだ。」と
思っていましたが、成人し、あらゆる方の死と向と向き合う
ことが増えてきたとき、「なんで?」という疑問が
どんどん膨らみました。

一撃を食らったのは、支部や本部で、男子部長として
毎日必死に活動していた方がいたのですが、この方が
亡くなったと聞いた時です。
詳しく聞いてみると、外出先で、自分の車の座席で
仮眠を取っていたら、ガスが車内に入り中毒死されたとか。

この一件に対しても「あの人は使命があるから、
生まれ変わって、もっと上の地位にいくはずよ」等々
婦人部が力説…。

世間の人たちは、どう思うでしょうね…。
あの人、朝から晩まで会合に出て必死に活動してたのに
若くして車でガス中毒ですってよ。お気の毒に。
そう思われていることを、分かっていないのか、
必死に隠そうとしているのか…。

さすがにこの一件は、私の母もショックだったようですし、
年老いた今は、そう軽はずみな事も言わなくなりました。

度々書かせて頂いておりますが、「ああ言えば、こう言う」
という引き出しは、限りなくあるのが創価だと思います。
「悲惨な死」まで「使命」という言葉で飾ってしまうとは。

2014/09/02 (Tue) 00:45 | のん #MyJ0QW/M | URL | 編集

No title

はじめまして。今年の春頃からこちらを拝見していました。
私は学会2世(母が若いころに知人に折伏されて入会、私は2歳の頃に入会しています。父と兄は未入会)の現役活動家・女子部部長をしている者です。本年3月まで白蓮も3期、経験していました(今期も白蓮の話がありましたが、断りました)。ネット中にたまたまこちらのブログに辿り着き、日々読ませて頂いています。
私自身、未来部時代は未活動で、女子部の活動を始めたのも5~6年ほど前からなのですが、去年辺りからこの活動をする意味を見出せなくなりました。去年というか、活動を始めた当初から「自発的に」ではなく「義務的=やらされている」感が常に心を埋めていたように今では思います。正直言って、センセイの事は尊敬もしていないし、一度も恩を感じた事もない。女子部の活動や白蓮の活動は「楽しい」なんて思った事は皆無に等しいです。時々、楽しい!って思う事はあったけど、MCにかかっていたのかなと。折伏も新聞啓蒙もした事もなく、成果を上げていない私が何故部長なの?と現在進行形で不思議でなりません。活動5年足らずでポンポンと役職が上がり白蓮の班長を2年務めた事も当時は疑問だらけでしたが、先輩たちからは「ゆうちゃんしか果たせない使命があるんだよ!この信心は成果だけが全てじゃないし、これから徐々に一緒に頑張っていこう!」的な事を言われて役職も断れずに今まで来た次第です。
新聞・書籍・財務・選挙も何の意義があるのか…。祥蘭さんが綴られていた言葉の数々に何度も共感しましたし、学会はこんな最低な団体なのかとショックを通り越して呆れ、私が今までしてきた活動は無意味だった事に悶々としながら日々を過ごしています。
幸い(?)私の周りの女子部や婦人部は良い人が多く、祥蘭さんが体験されてきたような事はまだ経験していないので、記事を読み進めるうちに学会員の非常識な言動に怒りを覚えました。
最近特に強く感じるのですが、日々の活動が本当に苦痛で最近は理由を付けて会館や座談会など諸会合には顔を出していません。来月に教学試験を受けるのですが、それが終わったら母親と先輩に活動をする気が無い事を正直に伝えようかと考えています。母の手前もあり、今すぐには脱会は出来ないのでまずは徐々にフェードアウトする形を取ろうかなと。
最後になりましたが、祥蘭さんの言葉に安心というか、活動をしなくても罰が当たらない事に本当にホッとしました。同時に勇気が持てました。初回から長文失礼致しました。また来ます!

2014/08/30 (Sat) 20:53 | ゆう #- | URL | 編集

No title

こんにちは。
祥蘭さんのコメント欄への思いを読ませてもらって、感謝と敬意を表したいです。

確かに創価の問題や悩みって、一般外部に話すのは気が引けてしまいます。
考えが合わない、性格が合わないとか、そういう次元と違う話で。
相手もどう返したらいいか戸惑うだけだろうしって思うと言う気にもならないですね。
問題の性質を解っている人に聞いてもらうのってすごく気が楽になります。
私にとっては祥蘭さんやここの皆さんが、会ったことは無くても
すごく頼もしい存在。本当に有り難く思ってます。
これからも宜しくお願いします☆

臨終観のお話。
私の両親も祥蘭さんのお母様と大いに同じ面が以前ありました。
でも最近変わってきました。
というのも老衰で安生と亡くなる人なんて本当に少ないんです(組織)。
実家は高齢者の多い地帯なので訃報は毎月のように聞きます。
10年くらい前までは、まだありました。90代の大往生とか。
けどそんなご老人に限って殆ど活動してなくて、子供夫婦だけ活動家なんですが・汗。
日本の死因の1位が癌というくらい創価も当たり前に癌で亡くなる人が多いです。
それもたいてい末期がんで手の施しようなくという感じです。
めちゃくちゃ組織に尽くしてきた方でもなので、他と比較して言うことが出来なくなっているんだと思います。

けど必ず言うのは「いいお葬式だったわ」・爆。
父は儀典部なので。自画自賛するか普通?と思ってしまいます。


エルマーさんへ

ご両親が挙式参加してくれることになったそうで、おめでとうございます!
本当に良かったですね。
私の書き込みがちょっとでも役に立てたのなら嬉しいです♪
どうぞ素敵なお式を☆

2014/08/28 (Thu) 14:13 | あややん #- | URL | 編集

ありがとうございます

こんばんは。

最初に、私の家族に対する悩みについて励ましの言葉を頂き、大変うれしく思います。ありがとうございます。

私が自身の信仰スタイルに悩んでいる理由を説明させていただきますと、

「心の中で祈っても祈った感覚にならない時がある」
「創価の仏罰論などが未だにフラッシュバックする(創価の本尊に祈れ)」
「釈迦の教え、悟りとは何かに悩む」
の3つがあるからです。
とはいえ、自分のやり方に自信がつけば自然に解決するのではとも思っています。
自信がない故の祥蘭様に対しての「どう思いますか?」だったのです。
自身のことなのに意見を求めるのも、どうかと思いましたが、祥蘭様から温かいお言葉を頂き、感無量です。

話は逸れますが、「釈迦の教え」に関して、「お経」は後世のものだから「瞑想」するのが正しいという人もいらっしゃいますが、私はお経があったほうが集中できる人間です。

「法華経」に関しては、経の保ち方が、お経の中に具体的に書かれていないので「題目が正しいのか」と少し疑問です。
(お経には「読み、書き、音読せよ」と書かれていますが)
そもそも、お経というもの自体ホントに釈尊の言葉と信じるべきなのかという疑問も・・・

「天台宗」では、「念仏」「禅」「題目」「密教」を全部行うようにしていると本で読んだ記憶があるので
「法華経に帰依していないわけではない」と個人的に思ってたりしています。

後半部分が、ただの独り言になってしまいました。申し訳ありません。
また寄らせていただきます。
2014/08/26 (Tue) 23:21 | あると #- | URL | 編集

あると様 ひろ様 ミル様 エルマー様 吉野様

コメントありがとうございます。
公開と返信が遅くなって済みません。

あると様

>1つは家族が怖いということです。
特に兄が怖いです。

ご家族が皆幹部という環境下で、たったひとり
創価に疑問を持たれると、様々葛藤あるでしょうね。
家族という最小社会で少数派になると、恐怖感があるのも
無理のない話です。それは当然のことだと思います。
あるとさんの心中お察しします。

>今、このように家族と対峙できない私は、自身を恥ずかしく思いつつ、自分の意見が言えるよう努力中です。

恥ずかしいなんて思わなくても大丈夫ですよ。
その環境下で気付けたことが、まず凄いことだから
自信をもって下さいね。

>しかし、「法華経」と「題目」を捨てられません。他宗教・派との考察から自分が素敵だと思ったのが「法華経」でしたし、「題目」は昔からの一種の「おまじないの言葉」であります。
本尊には祈れないので、心の中でお題目を上げています。

それがあるとさんの信仰スタイルなら、それでよいと思いますよ。
自分で求めて勉強・考察した上で「素敵だ」と思っておられるのなら
全然いいと思います。

アンチブログをやっているので、誤解されているかもしれませんが
私は宗教を金儲けに使い・トンデモ教義や日蓮御書の切り文で
会員をだましてきた創価が許せないだけです。
なんでもかんでも創価が売り物にしてきた事全てを否定しているわけじゃ
ないんですよ。

また、私は池田老人を師匠と思わず・日蓮大聖人が私の師匠だと
信じて疑わずにいました。
が、私の信じてきた日蓮大聖人も実は創価版(古くは日蓮正宗版)の
伝記で知った人物像で、いちから検証し直す必要に迫られました。
日蓮本人のことを近視眼的に見るより外側からと、鎌倉時代の
史実を読んでいくうちに、私の思っていた人物像とは違うと
わかりました。
ブログにそのあたりを詳細にまだ書いてないのですが、いずれ
書きたいと思います。

法華経に関しても、深くは学んでいないのですが
今の私の認識としては「数多くある教えの中のひとつ」というものです。
またお題目は日蓮が編みだしたものですが、法華経に南無する事を
大本の天台宗は認めていない、という事を踏まえるとどうなのか?
という疑問を持っています。
まだまだ勉強しないといけない事が多い、と私は個人的に思っています。

でも、それを子供時代から慣れ親しんだ「おまじない」とするのは、
まったく個人の自由です。
あるとさんが悩まれる理由がどのあたりなのかわかりませんが、
日蓮の編みだした言葉から離れられない=創価依存?という
気持ちが少しおありなのでしょうか。
自分で説明できるそれを信じる理由・根拠がちゃんとあるなら
なにも捨てなくていいと思いますよ。
個人の信教の自由は憲法でちゃんと認められていますからね。


ひろ様

>私の様な外部者の意見も聞いてくださって、悩みの相談にも
のってもらえ本当に感謝しています。

こちらこそ、外部の方の書き込みはありがたいと思っています。
なんせ、学会3世。外部のような顔をして暮らしていますがw
全然わかってないと思うんですね。感覚的な部分。
ひろさんの視点で書かれた意見を読むと、なるほどと
勉強になります。

>どんなシーンでも創価を忘れないんだこの人達って、なんというか驚きます。
私側の友人(外部)も来ているのに、創価用語がポンと出てくるところも
通じてると思ってるのかな?と、不思議でした。

つつがなく会を終えられて、何よりでした。
どんなシーンでも忘れない・・そうですね、自分たちは
創価の広告塔だという使命感wをもって暮らしているので
アピールできるところでは、したいんだと思います。
それが外部に通じようが通じまいが「下種(げしゅ)」だと
思っているからです。

>人のいい方達ばかりでしたが、なぜかみんな声が大きいですね。
友人も驚いてました。

www
笑ってしまいました。すいません。
みんなお題目をあげるのが日常なので、声は大きい傾向です。
ついでに耳が遠い人も多いと思います@特に中高年。

>ご先祖様の供養はしたいですが、会館に行くのは抵抗があります。
自分が創価には関わらないと宣言して嫁いだものの
こういう時に疎外感で、ジレンマでした。

会館は行かなくて大丈夫ですよ。
行ったら行ったで、広布基金という集金があるんです。
しない人もおりますが、たいていの人がしますね。
一口1000円からと財務よりは気軽なので。

ひろさんなりの供養をされたら良いと思います。
祖父母と彼がうつっている写真はありませんか?
写真立てに飾って、果物を御供えするだけでも
立派なご供養だと思います。
そして、時期がきたらお墓参りに連れてってもらって下さい。

>創価の墓に入るのは抵抗があります。というか会員じゃないので
私が入るのはおかしいような。
(そこまで彼には言いませんでしたが)
自前で用意した方がいいのかなと考えたり、先の話ですが気になります。

お墓は頭の痛い問題ですよね。
創価の墓苑はいちど納骨すると絶対返さないそうで
将来困るので、生前親御さんが購入した創価墓苑に納めず
一般墓苑にお墓を購入した、と非公開コメント下さった方が
おられました。
その方も、結婚してお子さんが出来て、次代の手を
煩わせたくないとの思いだったそうです。

ひろさんはまだ新婚ですし、そこまで彼と話しあう必要は
無いと思いますが、先々そういった話題が出てくる事を
頭の片隅に置かれたらいいかもしれませんね。

エルマーさんへのレスもありがとうございます。
公開が同時になってしまいましたが(本当にごめんなさい)。
これからも宜しくお願いします。

ミル様

>私にとって創価は、北朝鮮の強制労働と同じだと思っています。調べてみますと以下の通り共通点がたくさんありました。

沢山書いて頂いてありがとうございます。
読めば読むほど、似てるな~と思わされますね。
独裁体制というところからしてソックリですし、
世襲なんてした日には、もろ北朝鮮になりますねw

ニューヒーローと思しきリーダー不在なので
世襲は無謀。絶対無いとも言われてますが、あるんじゃないのかと
最近は思います。

>⚪一度入会すると簡単には脱会できない
ということを、入会誓約書などの書面にて明確に表示し、説明する義務があるのではないでしょうか。
そして、未成年などの判断能力のない人を入会できないようにするべきです。

本当にその通りですね。
以前ブログ記事でも書いたとおりですが、政権与党にこだわり
都議選を何が何でも落とすな死守せよと、国政なみに必死に
闘うのは、すべて宗教法人法改正に踏み込まれない為です。
そこを崩されたら終わりますから、生命線です。

だから功徳選挙なんか絶対に止めて欲しいと思うんです。
功徳で目をふさいで突っ走って、いい事なんか何一つないので。
老齢世代はそれが解らないでしょうから、ネットを使える60代~
若い世代には、一人の国民として・
有権者としての自覚をもってもらいたいと願っています。

エルマー様

まずは、お疲れさまでした。
ご報告ありがとうございます。

>彼の両親は、どんなに信仰上の制約があっても実の娘の挙式に出ないなんて
ありえないと思っているようで、私の話を大げさだと捉えている様子でした(--;
細かい事を説明しても伝わり切らないと思い黙っていましたが
本当に参加しないとなった時に彼の両親にどん引かれてしまうことがひそかなプレッシャーでした。

一般家庭との温度差ですよね、わかります。
一般家庭の皆さんは、信仰より親子の情愛がプライオリティ高。
それが当たり前ですが、創価家庭は違いますもんね。
エルマーさんの心中お察します。

>母は要は気の問題でまだ神社の神前式なら許せたが、キリスト教はイメージが悪いとw
ただ単なる母の好き嫌いだけで反対していると尻尾を出しました。
だったらますますおかしいじゃない!と喧嘩になりかけましたが、父が間に入って議論中断しました。

あややんさんの指導内容で、ご両親も反論の余地を無くして
最終的には「好きか嫌いか」って暴露しちゃったんでしょうねw
宗門と別れた後の、創価の泣き所はまさに冠婚葬祭のフローが
明確に無いところだと思います。
友人葬こそなんとなく形が出来たような感じはありますが、
法事となるとグダグダ、各家庭任せ。
結婚式についてもこれといった形がないので、うるさく言えない
ところがあるんだと思います。

お父様が自分の意見を述べなかったのは、教義破たんの
危険を感じていたとの、エルマーさんお察しの通りかと
思いました。
結局宗門からひきずってきた物が多いので、どうしても整合性が
取れなくなるんですよね。
そのあたりのジレンマは、本部も感じているらしいですが。
巷の噂です。

>お恥ずかしい話で、私の親戚で学会員家庭の子供の結婚式は
本当に身内だけのこぢんまりしたものしかしていなくて
私はいとこの挙式披露宴に一度も出た事がありません。
いつも参加するのは親だけでした。
キリスト教式を諦めさせて人前式があったという話は初めて聞かされて、ショックでした。
どうして二人の新しい門出に、親が文句をつけるのかって、親戚間の体面をたもちたいだけなんておかしいにもほどがあります。
学会員の親戚のために結婚式をするわけじゃないし、一体何なんだと
すごく嫌な気持ちがしました。

悲しいお話ですね。
その方も、お相手も納得の上だったのならまだ救われますが
親の面子で人前式に変更させたというのなら、酷い話ですよね。
お式は子供の好きにさせてあげるのが、親の器量というものじゃ
ないかと、今の私はそう思います。

>この問題を両親と議論したことで改めて創価の常識は世間の非常識、
子供の人権を完全に無視している事が良く解りました。一刻も早く脱会したい気持ちです。
又何かあったら書き込ませてもらいます。

貴重な経験をお話しくださって、ありがとうございます。
エルマー様の経験がまた、次の誰かのためになっていくと
思います。
これからも宜しくお願いします。

吉野様

朝にコメント入れて下さったのですが、地名が入っていましたので
私が訂正投稿させてもらいました。ご了承くださいね。

>この一年、自分が強くなれた実感があります。
おどおどしなくていい、ドキドキしなくていい。私は私。そう思えるようになりました。

吉野さんも、だいぶ早くからコメント入れてくださいましたよね。
財務のお話、覚えてますw
今年はどうでしたか?そろそろシーズンだと思うのですが。

罪悪感、というのは多くの方も書かれてますね。
特に第一線にいた方が活動から引くのは、大変だと思います。
周りに学会の人間関係が多いと特に、ですよね。
吉野さんが私は私と思えた事、何よりでした。

>創価のひとりよがりな信心で「供養できている」と思っている父が
情けないというか不憫というか。
そんなに遠い場所でもないのに、邪宗寺院だからと足を踏み入れない
父の心に”仏性”があるとは全然思えないです。

お寺の中にお墓があると、檀家さんということになりますから
必ずお寺の方にお目通りするなど、お父様的に敷居が高い
のかもしれませんね。
ただの墓地なら、もう少し気軽にお参りできるのかも。
けど行けないから会館・・という選択しか無いのかもしれません。
そんなの創価の思いこみから解放されれば、すぐ解決する
話なので、早くそうなってほしいものですね。

吉野さんが、お父さんの分まできちんとお参りをされて
きっとご先祖様もお喜びだと思います。

>遠すぎて毎年は誰も行こうとしないんです。
私の両親は確実にその墓地に収まる予定ですが(もうお墓買ってますし)
果たして私が墓参りに行くかと考えたら、すっごい微妙~です。

解ります@遠すぎて行かない。
そのテのお話はよく聞きます。
毎年ちゃんと行ってる人の話を聞いた事がないというw
伯父達の墓が創価墓苑ですが、やはり遠方なので
いとこも4年に一回くらいしか行けてないと言ってました。

お墓問題は一般社会でも頭を悩ませる事が多いですし、
近頃は無縁墓など社会問題化もしているようですが
創価の墓苑問題も、なかなかのものがありそうですね。

2014/08/25 (Mon) 23:56 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

おはようございます。
子供の新学期が今日から始まりました。夏休みが終わって
ほっとしています?!
ブログは読みに来ていたんですが書き込める時間が無くて。
遅くなりましたがブログ1周年おめでとうございます。
あれから一年と感慨深いです。
財務で検索していた時に偶然発見した祥蘭さんのブログは、私の救世主的存在になりました。
組織から外れて3年以上経過していましたが、しつこくやってくる同志に辟易し
かといってむげにも出来なくて悶々としていました。
以前は一緒になって楽しく?活動していたのに、急に態度を変えてしまったことに
罪悪感が少しあったかもしれません。
それまでも様々なアンチブログを読んで来ましたが祥蘭さんの文章で
胸のつかえが取れました。
宗教は心の問題で個人の意志が尊重されて当然。
生まれた時から当たり前のようにその世界で生きてきたせいで、視野も狭く
憲法なんて気にした事もなかったというか、創価の世界のルールだけに縛られていたと
気が付きました。
この一年、自分が強くなれた実感があります。
おどおどしなくていい、ドキドキしなくていい。私は私。そう思えるようになりました。
ここに集う皆さんのお話を読んでいても、創価問題は百害あって
一利なしとわかるものばかりです。
本当に一日も早く、空中分解なりなんなりと皆に真実の姿が
わかればいいと思います。
親世代の認識もそこでいっきに変わって欲しい!そう思います
お忙しい中のブログ運営は大変だと思いますが
これからも末長く続けて欲しいです。
私も末長く応援させていただきます。

お墓参りの話を読ませてもらった日、ちょうど実家から連絡があり
会館の夏季追善供養に一緒に参加するよう誘われました。
予定があったので断ったんですが。
祖父母の墓は某寺の敷地内にあります。学会員ではなかったので
先祖代々の墓に入りました。
父の兄弟で非創価の人が管理しています。父はその兄弟と折り合いが悪く
祖父母の墓に行きません。
墓に参らない代わり、創価の会館法要に行く事を供養だと思っているみたいです。
私も祖母の納骨以来、全く行ってないので寺の名前などうろ覚えでしたが
急に行きたくなり、宗派と大まかな住所はわかっていたのでネットで調べて先日行ってきました。
お寺の住職さんとも話させてもらい、親戚が毎月参りに来て
しっかりお墓を守ってくれていると聞いて、感謝と申し訳ない気持ちでした。
創価のひとりよがりな信心で「供養できている」と思っている父が
情けないというか不憫というか。
そんなに遠い場所でもないのに、邪宗寺院だからと足を踏み入れない
父の心に”仏性”があるとは全然思えないです。

祥蘭さんのお母様が仏花を捨てたのと同じで、人の心から
大事な物を奪い去ってしまうんですね。
両親の、祖父母に対する供養ひとつ見ても改めてそう感じました。
自分も以前は同じだったなんてと、ゾッとします。

ちなみに母方は全員創価です。
母の両親、子供の折伏で亡くなる数年前に入会して創価の墓に入っています。
それでも墓参りは5-6年に一度くらいしか行ってません。
遠すぎて毎年は誰も行こうとしないんです。
私の両親は確実にその墓地に収まる予定ですが(もうお墓買ってますし)
果たして私が墓参りに行くかと考えたら、すっごい微妙~です。
親自身が滅多と行かないそんな遠い墓地に、私も行くわけないのに・・・・。
いったい何を考えてそんな遠い場所を買ったのか解りません。
近くに親戚がいるわけでもないし、何の縁もゆかりもない地域なんですよ。
後の人の事も考えて買うのが思いやりなんじゃないでしょうか?
墓って、遺産になると聞きましたが、正直放棄したいくらいです(苦笑)。
2014/08/25 (Mon) 21:49 | 吉野 #- | URL | 編集

No title

こんばんは。
祥蘭さん、あややんさん先日は心強いコメントありがとうございました。
その後の報告がおそくなってしまいましたが、書かせてもらいます。

挙式と披露宴の予約は既に終わっていて招待状の発送も(学会員の親戚を除いて)しています。
私も彼も、親の意向を反映させることは最初から考えていませんし
彼と彼の両親に、もしかしたら私の両親(と、学会員の親戚)が挙式参列しないかも
しれない事は承諾を得ています。
彼の両親は、どんなに信仰上の制約があっても実の娘の挙式に出ないなんて
ありえないと思っているようで、私の話を大げさだと捉えている様子でした(--;
細かい事を説明しても伝わり切らないと思い黙っていましたが
本当に参加しないとなった時に彼の両親にどん引かれてしまうことがひそかなプレッシャーでした。
前置きが長くなってしまいましたが、出来る限り参加の方向で話をまとめたいと思っていましたので
あややんさんが教えてくださった指導を「先輩から聞いたんだけど」と、両親に話しました。
ネットで得た情報だと親がアレルギーをおこすのでそこは内緒です。
父は、ふーんという感じで聞いていましたが自分の意見は言いません。
母は最近宮参りは許すと聞いた事はあるけど、結婚式は聞いたことが無いし
宮参りは日本の神様だからいいとしても、キリスト教なんて外道中の外道だからいいわけがないと反対でした。
そんなのおかしい。なんで日本の神様ならよくて外国の神様はダメなの?
私が教学試験で勉強した時はそんな事言ってなかったし、そもそも日蓮在世は欧米思想なんて
まだ日本に入ってないから反対しようがないはずと反論しました。
母は要は気の問題でまだ神社の神前式なら許せたが、キリスト教はイメージが悪いとw
ただ単なる母の好き嫌いだけで反対していると尻尾を出しました。
だったらますますおかしいじゃない!と喧嘩になりかけましたが、父が間に入って議論中断しました。
多分ですがそのまま議論が進むと、創価の教義的矛盾に踏み込んで行くことになりそうな流れで
(流れを私が作ってました)危険を感じた父が阻止しました。
その場で参加するかどうかの返事がなかったんですが、後日父からメールがあって
挙式は家族だけ参加する。
親戚は披露宴から来てもらう事にする。
祝い事だから笑顔で参加したいのは皆山々。
親戚の中には私と同じようにチャペル式に憧れを持っていた子供を
断固反対で説得して人前式に変更させた人もいる。
私のわがままだけ通すわけにいかない。と綴られていました。
お恥ずかしい話で、私の親戚で学会員家庭の子供の結婚式は
本当に身内だけのこぢんまりしたものしかしていなくて
私はいとこの挙式披露宴に一度も出た事がありません。
いつも参加するのは親だけでした。
キリスト教式を諦めさせて人前式があったという話は初めて聞かされて、ショックでした。
どうして二人の新しい門出に、親が文句をつけるのかって、親戚間の体面をたもちたいだけなんておかしいにもほどがあります。
学会員の親戚のために結婚式をするわけじゃないし、一体何なんだと
すごく嫌な気持ちがしました。

お陰さまでなんとか両親家族に挙式参加はしてもらえることになりました。
祥蘭さん、あややんさんに感謝申し上げます。ありがとうございます。

この問題を両親と議論したことで改めて創価の常識は世間の非常識、
子供の人権を完全に無視している事が良く解りました。一刻も早く脱会したい気持ちです。
又何かあったら書き込ませてもらいます。

2014/08/25 (Mon) 00:18 | エルマー #p71T3McU | URL | 編集

コメントありがとうございます☆

祥蘭様

アドバイスありがとうございます。

今のところは、自宅訪問や嫌がらせ等はなく安心しているのですが、まともな宗教団体ではないと認識しているので、影では脱会者に対する罵詈雑言をしているのではないかと推測します。

あと1~2年は不安ですが、証拠などはすべて残しておき、何かあれば被害届を出そうと思っています。

私にとって創価は、北朝鮮の強制労働と同じだと思っています。調べてみますと以下の通り共通点がたくさんありました。

⚪監視されている

⚪ノルマがあり、ノルマを果たせないものは、ノルマを果たすまで労働を行わせる

⚪身分が高ければ悪いことをしても許され、よい暮らしができる

⚪日々の過酷な処遇による体力の衰え、極度の心労、精神的苦痛が脱走不可能なものにしている

⚪無償の強制労働を継続的に課している

⚪疑問を持つことができない

⚪思想教育で奴隷になる
毎日の思想教育で『命をかけて最高指導者を守る』ということを徹底する
幼児期から洗脳し、独自の思考は排除する
思想や言論の自由はない
指導部が恐れているのは、思想統制の崩壊

⚪組織的で大規模な人権侵害

⚪国民が生き残るための手段を講じようとすると、そこから金銭をゆすりとっている。これはまさしく、詐取と虐待の上に構築された経済システムからなる略奪体制



どうなんでしょうね@活動家の考察。
バリ活さんのブログを見ても、そのテの内容に触れているところは
見当たりません。
少し疑問をもったにしても、創価と政治(公明党)は別の話と
都合よく棚上げにしているんじゃないかと思います。
愚直な活動家になればなるほど、理想だけは熱く熱く語るけど
世界の実情は何も知らない・知ろうとしないのが殆どかと。
嘆かわしいですね。

マインドコントロールとは恐ろしいですね。
思考停止になるのではなく、一人一人が考えて行動してほしいと思います。
お子さんの将来に影響することもあるのではないのでしょうか。






興味深い記事をご紹介いただき、ありがとうございます。
全くもってミルさんのご指摘通り!
自分たちのやってることはどうなのよ?ですよね。
言ってることはもっともらしく立派だけど、内情は・・。

創価の公式HPもそうなんですが、ほんと「表向き」なんですね。
創価の事などまったく何も知らない人が読めば、
もっともらしい感心するような事しか書いてない。
学会活動の主たる内容なんてひとっつも書いてませんしw
献金と新規獲得と票集めと他部数購読がメインですって
本来ならば書くべきですよね。
騙しているようなものだと思います。


表向きの『平和』や『幸福』という言葉を利用して活動させるのではなく、新規入会者に対して、

⚪売上重視の強引な新聞啓蒙と迷惑な多部数購読

⚪違法な選挙活動

⚪半強制的な財務

⚪迷惑な新規会員獲得

⚪これらの活動にはノルマがある

⚪複数の会員に個人情報を共有される

⚪一度入会すると簡単には脱会できない

ということを、入会誓約書などの書面にて明確に表示し、説明する義務があるのではないでしょうか。
そして、未成年などの判断能力のない人を入会できないようにするべきです。

前回コメントした創価大学の人権侵害の事例として、

⚪不当に時間を拘束すること

⚪指導と称して、人格を否定するような発言をし、名誉と自尊心を傷つけること

⚪『気にくわない』という個人的な好みで、不当に差別すること

⚪悪口をその者がいないところで言って名誉を傷つけること

⚪こなしきれない課題やノルマを与えること

⚪下位の者に対して、暴言を吐いたり怒鳴り付けること

⚪達成が困難な課題を日常的に強要すること

⚪指導や注意の範囲を越えて、人格を著しく傷つける発言をすること

⚪不当で自分勝手なルールを強制すること

⚪常軌を逸したことをさせること(勧誘強要等)

⚪特定の者だけを不当に排除すること

⚪活動の名目で、精神的苦痛を与えるほどに、過度に活動へ拘束すること

⚪不正、違法を強要すること

⚪地位を利用し、マルチ商法への勧誘、強要すること

⚪執拗にメールを送信すること

⚪インターネットのブログや掲示板への書き込みによって他人を傷つけること

創価大学は、これらの人権侵害に対して、『まず勇気を持って相手に嫌だという意思表示をしましょう。毅然とした態度と言葉で伝えましょう』と言っていますので、創価学会の人権侵害に対しても同じ対応でいいのではないでしょうか。

2014/08/23 (Sat) 13:25 | ミル #- | URL | 編集

No title

祥蘭さん、ブログ一周年おめでとうございます。
私の様な外部者の意見も聞いてくださって、悩みの相談にも
のってもらえ本当に感謝しています。
リアルで創価の事(踏み込んだ細かい事まで)を相談したり
質問できる相手がいなかったので、このブログの存在はセラピールームのようです。
祥蘭さんはじめ、言葉をかけてくださるこちらの皆さんと実際に
お友達になりたいくらい
ネット上であっても、my dearと思える存在です。
これからも長く続けて下さること期待しています。

前回書き込ませてもらった件のご報告です。
祥蘭さんのアドバイスをもとに、私の友人にも来てもらう事にしました。
会の最後、参加した一人一人から
私たちにお祝いコメントを伝えるコーナーがあり
彼側の友人のひとり(バリ活です)が、尊敬する師匠の言葉ですと
何か言ってました。
尊敬する師匠って、あのお方の事だと思いました。
(後で彼に確認したら当たってました)
個人名を挙げられなかっただけ、ましだと思うべきでしょうか(笑)
活動家夫妻で参加していた奥さんの口からは「一家和楽で」。
出ましたって感じで思わず下を向いてしまいました。
どんなシーンでも創価を忘れないんだこの人達って、なんというか驚きます。
私側の友人(外部)も来ているのに、創価用語がポンと出てくるところも
通じてると思ってるのかな?と、不思議でした。
特に勧誘の様なことはありませんでしたし、アドレスを聞かれる事も
無かったです。
バリ活夫妻から「ぜひ次回新居に遊びに行かせて」って言われましたが
返事は曖昧にしました。
人のいい方達ばかりでしたが、なぜかみんな声が大きいですね。
友人も驚いてました。

別の件でお盆にあった出来事を聞いてください。
彼は両親と仕事をしてまして、盆休みは3日間とりました。
某日、その日は休みだと聞いたのですが朝突然出かける用意を
始めました。
どこに行くの?と聞くと「すぐ帰るから」。私、OOに一緒に行って欲しいと
思ってたのにーと伝えたら「帰ってから行こう」と出かけて行きました。
なに?会合?すぐにそう思いました。
お昼すぎに戻ってきたんで、会合?と尋ねると「うん」。
どうして前もって言ってくれなかったの?とちょっとした喧嘩になりました。
理由を聞いたら「創価のお盆参りで会館に両親と自分で出かけた。
ひろは行きたくないと思ったから言わなかった」
お盆参りって創価はお墓に行くんじゃなくて会館でするの。
ご先祖様の供養はしたいですが、会館に行くのは抵抗があります。
自分が創価には関わらないと宣言して嫁いだものの
こういう時に疎外感で、ジレンマでした。

でも祥蘭さんの最新記事を読んだら、お墓参りしたって書いてある。
あれれ?となって。
彼にお墓の話を聞いた事がなかったと気付き、先祖の墓は
どこ?って尋ねました。
遠方にある創価の霊園で、彼の祖父母(義父の両親)が眠っているんですが
遠くて毎年いけない代わりに創価の会合でお参りしているみたいです。
霊園がある県は義母の郷里で、義母の実家の墓は一般霊園にあるので
お墓参りは毎回いっぺんに巡るそうです。
結婚まで墓の事なんて思いもしなかったので、まさかまさかで
事実を知って茫然としました。
創価の墓に入るのは抵抗があります。というか会員じゃないので
私が入るのはおかしいような。
(そこまで彼には言いませんでしたが)
自前で用意した方がいいのかなと考えたり、先の話ですが気になります。

久しぶりに書いたので、だらだら長くなりました。いつもの事ですが
ごめんなさい。

最後に
エルマーさん、私のだんなは創価ですがキリスト教でお式を挙げました。
私の希望でどうしても某外国でしたかったんです。
私は両家両親に来て欲しかったですが、彼の両親が絶対に無理ということで
互いの両親不参加という条件で2人だけで海外挙式しました。

正直、賛成している私の両親には絶対来て欲しくて
内緒で来てって両親にも言いました(我儘娘です)。
それをやってしまうと嫁ぎ先にアンフェアだと、私の両親は来ませんでした。 
理不尽な気がしましたが、結婚は何もかもスムーズに行くことなんて
珍しいと友人たちの話を聞いて予備知識があったので
そこはもう忘れて、2人で記念に残る挙式旅行にしようと
気持ちを切り変えました。

あややんさんが書かれていたお話読んでビックリしました!
もう少し早くそれを知っていれば説得材料にできたかな、って。
でも、いくら会が融和策をとっていても個人の信条でキリスト教の
お式なんて許せないと言いそうですけどね(私の義両親は、です)。

エルマーさんのご両親が広い広い心で、お式に参加してくれるように
私も願っています。
2014/08/20 (Wed) 15:45 | ひろ #96erCwcY | URL | 編集

はじめまして

祥蘭様、はじめまして。

創価系ブログ(バリ・アンチ問わず)を周っていると貴ブログに行き当たりましたので、拝読させていただきました。
大変参考になることや気づきが多く、感謝しております。

私は20代半ばの3か月に1回、強制的に会合に出るか出ないかという男性学会員です。(幼少期からの身体的障害により出席少なめ)

私には両親と兄がおり、3人とも幹部をしております。私自身は諸事情から創価に悪印象を抱いております。

私は悩みが二つあります。

1つは家族が怖いということです。
特に兄が怖いです。
怒るわけでも喚くわけでもなく、「…(会合)行くよな?」というように問われ、怖くて断れません。
選挙の時も同様です。折伏に関しては何も言われておりません。(やりたくもありません)
今、このように家族と対峙できない私は、自身を恥ずかしく思いつつ、自分の意見が言えるよう努力中です。

2つ目は自分の信仰スタイルについてです。
私は「組織」と「池田氏」が嫌いで、「本尊」にも強い思い入れはなく「日蓮聖人」に関しても、「四箇格言」等のの真意をうまく理解できておらず、強い思いはありません。(本尊に関しては、幼少期に実家の仏壇に魑魅魍魎が現れたので好いていません。オカルトですみません)

しかし、「法華経」と「題目」を捨てられません。他宗教・派との考察から自分が素敵だと思ったのが「法華経」でしたし、「題目」は昔からの一種の「おまじないの言葉」であります。
本尊には祈れないので、心の中でお題目を上げています。

このような考え方、祥蘭様はどう思われるでしょうか?是非ご意見を伺えればと思っております。

最後に、コメントがブログの感想より自分語りが多くなったこと、また長文・駄文をお詫び申し上げます。

それでは、これからもこのブログが悩みを抱えている方々の一助となることを願っております。
2014/08/20 (Wed) 05:22 | あると #- | URL | 編集

のん様 ゆるぬこ様 マリーナ様 アイビー様

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなって済みません。

また、一周年のお祝いコメントもありがとうございます。
嬉しく拝見しております。
これからも宜しくお願いします。

のん様

>でも、子供の頃から感じていました。
「お題目は、一遍でも心を込めて唱えれば御本尊様に通じるのよ」
と言われたり
「1時間しっかりお題目をあげれば、勝利に向かって進めるのよ」
と言われたり。
…どっち?!

何時間もダラダラあげたって意味は無い、との指導があると
あややんさんも書かれていましたね。
そのわりに祈願成就には100万遍あげなさいと言ってみたり。
のんさんが子供心に疑問を持たれて当然だと思います。

私は子供時代、親からとにかく沢山あげなさいと言われ続けて
育ちましたので、随分大人になってから「たった一遍でも云々」と
聞いた時はポカーン・・って感じでした。
何故今頃それを言う?みたいな。
要はお題目に縛りつけておきたいってそういう事でしょうね、
組織の目的としては。
題目に力があると思ってるうちは、創価離れしませんから。

>一度、正直に「そんなにやってない」と幹部に話したところ
「それは、お母さんが福運をくれているのよ。
 お母さんが祈ってるから守られているのね。」と言われました。
まぁ…バリ活の方は、本当に「あぁ言えばこう言う」が
すごすぎて、本当に感心します…。

のんさんの仰る通りでw
どこまでいっても創価に近しい人のお陰だとか、因縁を
無理繰りにでも絡めてこようとしますよね。
非常に恩着せがましいと思います。

>毅然とした態度と意思表示が良かったんでしょうか?!(汗)
みなさんのコメントを拝見していると、ある程度の覚悟を
していたのに、音沙汰なさ過ぎてビックリするほどです。
まあ、静かでいいんですが。

落ち着いた状況になられて、何よりでした。
相手に非活意思がきちんと伝われば下がってくれると
いう事だと思います。
ただ、人事が変わった時に新任挨拶を口実に
何も知らない振りで家庭訪問にやってくる場合もあります。
実際、うちにも来ましたw
何らかの隙を狙ってくるので世間話もまともに取り合わず、
事務的に対応されるのが良いと思います。

>「愚痴は福運を消す」。長いこと度々言われてきました。
でも、愚痴を言わない学会員に会ったことがありません(笑)
特に婦人部。愚痴だらけです。
「あの人がこうなのよ、や~ね~。」
会合後のお茶飲みで、そんな話ばかり。
「○○婦人部長はさぁ…」なんて、内部の人のコトまで
言う人もいましたし…。

そうでしたね。
私もたった1年ほどでしたが、婦人部組織に関わった時
会合後の茶話会がものすごく苦痛でした。
早く帰らせてほしかったw
いい話を聞かせてっていうより、不満はないの?
悩みは無いの?と、マイナス面を引き出そうとする幹部も
多かったですしね。
そうやって弱みを握って、活動が疎かになり始めたとき
ゆさぶりをかける材料にしたかったのかもしれませんが。

>幼い頃を思い出すと、こんなじゃなかったような気がします。
その頃は、自分がお金を出す立場じゃなかったからでしょうか。
大人になって、新聞、グラフ、本、民音、財務…。
こんなにお金を出してることが分かってくると、うんざりします。
自分を高めるというよりも、学会という団体を、センセーという
個人を守るための活動としか思えなくなりました。

本当にそのとおりですよね。
私も子供時代、夢にも創価がこんな搾取団体だとは
思いませんでした。
どこまでも清浄で素晴らしい団体と信じ切っていました。
センセーという個人を守る・・についても
現状創価の活動指針になっています。
先生をお護りするという言葉が、宗門問題以降ずっと
叫ばれていますね。
宗教界の王者とか自分で吠えてたわりに、護れって一体w
この矛盾に気付かないところが活動家の一凶でしょうか。

ゆるぬこ様

>特に2世、3世の方は創価が間違っていることに気付きながらも創価最優先の家族の立場まで思いを巡らせて対応されていて凄いなぁと思っています。
申し訳ないですが、1世で良かったなと思います。
騙されたのも自己責任だと思えますから…

そうですね、一世というのは強みです。
身内に創価がいないのは何より幸いなことですし、
自己責任だと思えるところも、私には羨ましいです。
2、3世もタイプによりけりで、ハマらない人もいるので
自己責任的なところがないとも言い切れません。が、
完全にそうとも言えないところもあって、やはり幼少期からの
プロパガンダは相当な痛手です。
精神的ハンディキャップですから。
それで親に対して恨みの感情を抱いたり、責任論になると
関係性もこじれ、深く苦悩してしまうこともあります。

>創価の功徳に絶対の自信があるなら、入会時に退会時用の書類も渡せば良いんじゃないか?と思います。
「創価は絶対に間違ってない!でも万が一、間違っていると思ったら、この退会届を使って下さい。」ってね♪
クーリングオフみたいに♪
間違ってないなら可能だと思うんですがww
入会時に「辞めたら不幸になる(と思ってます)」ってことも提示するべきですね♪
後出しジャンケンはウンザリです…

仰るとおりですね。
でも、それをやると確実に金蔓がいなくなりますからw
だから脱会届という用紙が正式には無いんですよね。
脱会なんてはなからさせるつもりがありません。
なので自分で作って送るしかないという。

>個人情報の取り扱いもトンデモナイですよね。
幹部カードに職場の住所、家族が未入会でも家族の住所から生年月日、果ては帰省先まで書かせる…
実際に職場で待ち伏せされたこともあります…

恐ろしいですよね、本当に。
ゆるぬこさんも待ち伏せされたりしたのですね。大変でしたね。
気をつけておられるとは思いますが、身の危険を感じる様な
事がある時は、録音をとっておくとか、訪問日時をメモする等
証拠を残しておかれる事をおすすめします。

マリーナ様

>ところで先般、かの大誓堂に行って参りましたw

おおっ!行かれましたか。
レポートありがとうございます。

>しかし、せっかくの機会wしっかりチェックしてきました!と言っても大誓堂まで一直線に誘導されてしまい、どのフロアもガラス張りの壁とエスカレーター脇の下駄箱のようなものしか見えず実につまらない風景でした。ただ、使われている内装材は高価であると感じました。トイレもすっきりとした造りで、ペーパータオルまで完備されていたのには驚きました。

あれだけの建物、じっくり見せてくれるのかと思いきや
そうじゃないんですね。一直線だなんて・・。
サービス悪w
いやいや、きっと警備上の問題でしょうねー。
内部構造を知られたらマズイってこともあるんでしょう。

>メインの大誓堂は意外にも一見シンプル。
しかし、ヒールが埋もれそうなくらい分厚い絨毯は歩き難かったです。
この感触どこかで…と蘇ったのが某有名ホテルのバンケットルームw
それにしても接遇の男女青年部が口々に、「おめでとうございます!」と連呼していたけれど何がめでたいのか?ハコモノ乱立が広宣流布や世界平和に繋がるんですかいw

ヒールが埋もれそうなくらい分厚い絨毯www
地味なようでシッカリお金はかけてます!って
感じでしょうか。
「おめでとうございます」・・私、大昔に接遇センター任務で
言った事ありますw
実際先生に会うことはできなくても、おひざ元まで来れた事に対し
「おめでとうございます」だったと記憶してます。
正月でもないのに何故おめでとう?と思い、傍にいた人に聞きました。

>かつての本幹時同様、「ナンニョーレンゲギョッ」としか聞こえない怪しい発音の題目に加え、お経は超特急で所々聞き取れず。
皆、よく唱和できるわねーと感心しつつ端の席をいいことに途中で口パクに切り替えw

えっ!ごん行もセンセーと共に出来るんですか!
センセーのごん行が聞けるってなかなかレアな状況ですね。
ほんとにいつ録音したんでしょうか。
口パクに切り替えたマリーナさん、ナイスですw

>また、博正氏がセンセイのメッセージを代読。
加えて、だだっ広い一階ロビーに掲げられた「センセイの書による『広宣流布』の額は陶板製で優に千年は持つ~」と得々と語っていました。でも、千年後に誰が見るの?

博正氏まで出てくるんですね。ほぉ~。
こんなところで話題にするのは不謹慎ですが、まるで皇族を
意識したかのような演出に思えます・・。
というか、どうして実物は出てきてくれないんでしょうね。
ちょっと舞台袖(?)から顔出して手を振るくらいでも、
姿を見せれば熱心な会員も安心するだろうに&アンチブログで
ささやかれる噂もデマだとぶっ飛ぶのにw

>目の前の不幸や現実から目を逸らし、キレイゴトを語る平和団体って何?ww

本当ですよね。
先日、池上彰氏の戦争に関する特番を見ていたのですが、
中東問題を取り上げた後に幾つか流れたCMのうち
ひとつが聖教新聞だったんですよw
平和のために樹を植えてます的な内容でしたが、池上無双の
しわざか・はたまた偶然か、苦笑いが止まりませんでした。
すごくペラいなぁ~と思いましたよ、あのCM内容w

平和とか軽々しく金儲けのために使わないで欲しいと思います。

マリーナさん目線でのレポート、非常に貴重なお話を
ありがとうございました。

アイビー様

>私がアンチブログに興味を持ったのは今年の春で、文字通り創価に命をささげている
親との同居問題が浮上したのがきっかけでネットを覗くようになりました。

非公開コメントも拝見しました。
事情を読ませて頂いて、こんな事例もあるんだなぁ・・と
また、この問題の根の深さを思い知った次第です。

>私としては親を大事にしたいし、高齢になって心配でもあり同居はマストという思いを持っています。
しかし親はそこに信仰を持ちこんでくるので厄介なことになっています。

アイビーさんのケースですと、避けようが無い感じですよね。
折り合おうにも・・と、苦心されている事が伝わってきます。
親御さんもご高齢だと中々譲る事もないでしょうし。
お察しいたします。

私の実家においても同居問題は年々現実味を帯びてきます。
母は、以前は老健入所すると言ってたのですが(今より
元気だった時です)
だんだん弱気になってきたのか、最近は迷いがあると言いますね。
そのあたりも今後ブログに書くことになると思います。

>23歳の時のあの必死な引き留めはなんだったのかと。
あれから十数年、祥蘭さんのブログで謎が解けました。
池田センセイは若い子は恋愛禁止の方針だったんですね!
25歳まではダメだったなんて全然知らなかったです。

謎を解くお手伝いができて、良かった?!です。
結婚を反対されたとは、お辛い経験でしたね。
しかも婦人部を巻き込んでくるとは!
最近つくづく思うんですが、そうやって無責任に
他人の人生の決断を、宗教の名のもとに力づくでも変えさせるって
無責任極まりない行為なんですよね。
あまりにも不用意に他人の人生に関わろうとする。
軽く考えてもらいたくない、と思います。
折伏についても全く同じ事が言えて(これは私自身も過去に
やってしまった事で、深く反省しているのですが)
それを善行と奨励するのは完全なる誤りだと思います。

>そして池田センセイのお達しならと、組織ぐるみで行動してしまう。
あなたのためを思ってとか言いながら、実際明確な事由は無く、ただ池田センセイがそう仰るから。
善悪も自分で判断せずに動けてしまうところが、創価がストーカーと
いわれる所以なのねと納得しました。

まったくもって、アイビーさんの仰るとおりです。
結局は自分の頭で何も考えていないんですよね。
自分の頭で考えなくさせている=MCという事です。
そこを多くの活動家に気付いてもらいたいと願っています。

>昨年夏の選挙時に、夫と私のところにそれぞれはがきが届きました。
公明党のでした。
未入会の夫はまだいいとして私は一応、学会員の籍はおいてあります。
学会員にもこのはがきって送られてくるものなんですか?

ご質問頂きながら、申し訳ないのですが
この件について私は情報をもっていません。
アイビーさんの認識同様、私もあのハガキは外部から外部へ・・
というフローだった、と記憶してます。

ただ、主人のところに主人の友人(=男子部バリ活)の後輩から
きたことは数年前にありました。
このときは友人から「自分の後輩からハガキが行くよ」と電話が
事前にありました。
主人が入会した事を友人は知らないので、そうなったんですけどもw

しかし知らない人から届くって、気持ち悪いですね。
もし次回選挙でそのような事があったら、居住地の選管に
尋ねてみてもいいかもしれないですね。


2014/08/20 (Wed) 01:27 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

前回のコメントで、「祥蘭さん」の「さん」が抜けておりました!!
呼び捨てなんて、大変失礼しましたm(__)m

私も以前書かせて頂きましたが、母の話を聞く度に
「信心していても」
を実感します。それほど信心に励むのならば、とっくに頭痛や胃痛、
ストレスからの疾病など、治っていてもおかしくないのに…。

でも、学会の中では、「新たな魔が出てきた」なんですよね。
エンドレスな魔…。「宿命転換」にゴール無し…。
そして、突き詰めると、「現世」と「来世」。
「来世は!」って、誰が来世見てきたんでしょうか…。

「愚痴は福運を消す」。長いこと度々言われてきました。
でも、愚痴を言わない学会員に会ったことがありません(笑)
特に婦人部。愚痴だらけです。
「あの人がこうなのよ、や~ね~。」
会合後のお茶飲みで、そんな話ばかり。
「○○婦人部長はさぁ…」なんて、内部の人のコトまで
言う人もいましたし…。

幼い頃を思い出すと、こんなじゃなかったような気がします。
その頃は、自分がお金を出す立場じゃなかったからでしょうか。
大人になって、新聞、グラフ、本、民音、財務…。
こんなにお金を出してることが分かってくると、うんざりします。
自分を高めるというよりも、学会という団体を、センセーという
個人を守るための活動としか思えなくなりました。
主人も言ってますが「学会」というより「池田教」なんですよね。
2014/08/18 (Mon) 16:34 | のん #- | URL | 編集

No title

はじめまして。
学会二世の、女子部はやってましたが婦人部は仕事を口実に出ていない者です。
ブログ一周年だそうでおめでとうございます。

私がアンチブログに興味を持ったのは今年の春で、文字通り創価に命をささげている
親との同居問題が浮上したのがきっかけでネットを覗くようになりました。
もう半年になろうとしていますが話し合いは平行線、全く進展しません。
身バレしそうなので詳しい事情は控えますが、親子の絆に信仰が挟まって
私も親も絶対に譲れない一線があってそれが創価信仰という事になります。
私としては親を大事にしたいし、高齢になって心配でもあり同居はマストという思いを持っています。
しかし親はそこに信仰を持ちこんでくるので厄介なことになっています。
祥蘭さんのご兄妹がお母様との同居を考えられないと書いていましたが私も同感です。
信仰があるふりも今更できません。もう題目なんてずっとあげてないですし、会合も行きたくありません。

祥蘭さんのブログを読んですごく腑に落ちた事がありました。
私は23歳の頃、結婚したい人がいました。外部だったのですが、相手は入会はしないけどご本尊安置や私自身の信仰を
OKしてくれました。
相手の親も私がやるだけなら問題ないとの事で、先輩にそれを話すと猛反対を受けて
何故か翌日拠点に呼び出され、行ってみると婦人部長や圏女もいて囲みで結婚を考え直すよう説得されました。
このときの婦人部長の台詞が忘れられないんです。
信心するのにへりくだる必要なんて無い。
肩身の狭い思いをしながら信心する必要なんかない。
堂々と胸を張って信心できるところにお嫁に行くのが女子部の使命。
嫁ぎ先に遠慮して信心しなきゃならない環境を、わざわざ選んで行く必要は無い。
どうぞどうぞと歓迎されて信心させてもらえるところに嫁ぎなさい。
というものでした。
これってすごく傲慢じゃないですか?嫁ぎ先(外部)に対して上から目線すぎで、
当時はそこまで思わなかったですが気付けばよかったのに自分・・・と情けなくなります。
両親からもやいやい言われ、わけが解らなくなって最終的に彼に別れを告げました。
そこで気付けばよかったんですが、私は傷つけてしまった彼が幸せになるようにと
活動を続けてしまいました(バカですね)。
30歳手前でいまの夫と知り合いました。夫は入会しませんでした。
こわごわと女子部幹部に結婚する予定だと報告するとにっこりと
「あなたの振る舞いを見ていつかご主人が発心してくれるようにがんばって!」
と励まされて、あれー?でした。
23歳の時のあの必死な引き留めはなんだったのかと。
あれから十数年、祥蘭さんのブログで謎が解けました。
池田センセイは若い子は恋愛禁止の方針だったんですね!
25歳まではダメだったなんて全然知らなかったです。
そして30歳手前の女子にはうるさく言わない、と・・・まるでグラビアアイドルの
消費期限みたいな話ですね。失礼すぎます。
そんな事に振り回されてしまったなんてと頭痛がしました。
(ただ、別れた彼はその後素敵なお嫁さんをもらって今も幸せなので救われてます)
そして池田センセイのお達しならと、組織ぐるみで行動してしまう。
あなたのためを思ってとか言いながら、実際明確な事由は無く、ただ池田センセイがそう仰るから。
善悪も自分で判断せずに動けてしまうところが、創価がストーカーと
いわれる所以なのねと納得しました。
いまさらですが恐ろしいですし、私もそのうち脱会したいと思っています。

そういえば、ひとつ疑問に思った事があるのでこの機会に質問します。
もし何かご存知でしたら教えて頂けますでしょうか。

昨年夏の選挙時に、夫と私のところにそれぞれはがきが届きました。
公明党のでした。
未入会の夫はまだいいとして私は一応、学会員の籍はおいてあります。
学会員にもこのはがきって送られてくるものなんですか?

夫のは、会社近くに行きつけのお店がありそこのおばちゃんから
頼まれたそうで住所を教えたと言ってました(夫が何も知らなかったとはいえ、学会員に住所を
教えたなんて!きぃー!と激怒してしまいました)。
私のは推薦人の名前が知らない女性名でした。
夫は私の名前はそのおばちゃんに教えてないから、出したのはおばちゃんではないと思うと言っています。
じゃあ一体誰が送ってきたの。私は心当たりがありません。
私が活動していた頃は原則相手(外部)に了解を貰ってから送るものだったと思うんですが
今はルールが変わったんでしょうか?
内部に送るくらい、外部に嫌われて送り先がなくなったのかな・・・・。

長々と書きましたが、これを機にまたお邪魔させていただきます。
読んでいただいてありがとうございました。

2014/08/15 (Fri) 14:36 | アイビー #- | URL | 編集

残暑お見舞い申し上げます

祥蘭さん、一周年おめでとうございます。
まさに光陰矢の如し。
祥蘭さん、クロさんと相前後してコメントさせていただいてから間もなく一年が経とうとしていることに我ながら驚きます。
積年の疑問が不信に変わり覚醒に至った当時は眠れぬ夜が続き、あらゆる負の感情に苛まれる日々でしたが精神を病まなかったことは不幸中の幸いでした。
創価とは無関係なサイトのあるワード検索をきっかけに、まるで手繰り寄せられるように覚醒ブログに辿り着きました。
以降、アンチと思しきサイトを読み漁り語られる言葉に内心同意したり励まされたり(主人のことは身バレしそうなので…一つ確かなことはこの件に関してはno problemですw)
そんな中で特に感性と人柄に惹かれ、こわごわコメントさせていただいたのが祥蘭さんとクロさんのブログでした。思い切ってコメントさせていただいて本当に良かった!感謝です。
お忙しいことと思いますが細く長く続けていただけますようお願いいたします。

ところで先般、かの大誓堂に行って参りましたw
回避し続けていたのですが母の付き添いで行く羽目に(トホホ)
しかし、せっかくの機会wしっかりチェックしてきました!と言っても大誓堂まで一直線に誘導されてしまい、どのフロアもガラス張りの壁とエスカレーター脇の下駄箱のようなものしか見えず実につまらない風景でした。ただ、使われている内装材は高価であると感じました。トイレもすっきりとした造りで、ペーパータオルまで完備されていたのには驚きました。
おそらく、池田氏関連のフロアは更に豪華絢爛センセイ仕様なのでしょうねw
メインの大誓堂は意外にも一見シンプル。
しかし、ヒールが埋もれそうなくらい分厚い絨毯は歩き難かったです。
この感触どこかで…と蘇ったのが某有名ホテルのバンケットルームw
それにしても接遇の男女青年部が口々に、「おめでとうございます!」と連呼していたけれど何がめでたいのか?ハコモノ乱立が広宣流布や世界平和に繋がるんですかいw

さて、いよいよ勤行…ところが意図せず数珠・経本をすっかり忘れた私w
けれど悲しいかな無くても詠める経w
それはともかく以前参加した婦人の話では、「センセイの声に包まれているようで~」と大絶賛していた池田氏の声もといテープ…
いったい、いつ録音したのでしょう?
かつての本幹時同様、「ナンニョーレンゲギョッ」としか聞こえない怪しい発音の題目に加え、お経は超特急で所々聞き取れず。
皆、よく唱和できるわねーと感心しつつ端の席をいいことに途中で口パクに切り替えw
また、博正氏がセンセイのメッセージを代読。
加えて、だだっ広い一階ロビーに掲げられた「センセイの書による『広宣流布』の額は陶板製で優に千年は持つ~」と得々と語っていました。でも、千年後に誰が見るの?
目の前の不幸や現実から目を逸らし、キレイゴトを語る平和団体って何?ww

2014/08/14 (Thu) 19:10 | マリーナ #- | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/14 (Thu) 10:57 | # | | 編集

祥蘭様コメントありがとうございます。
ブログ1周年なのですね♪
このブログに書かれている祥蘭様や皆様のエピソードを読んで心が軽くなりました。
ありがとうございます。

皆さんのコメントを読ませて頂いて、様々な立場で誠実に生きていこうと努力されていることが伝わってきますね。
特に2世、3世の方は創価が間違っていることに気付きながらも創価最優先の家族の立場まで思いを巡らせて対応されていて凄いなぁと思っています。
申し訳ないですが、1世で良かったなと思います。
騙されたのも自己責任だと思えますから…

TON様の気持ち良くわかります。
私も似たような状況でした…
共倒れになるくらいなら、TON様だけでも幸せになって欲しいと思います。
TON様が創価抜きで誠実に生きていかれる姿がご友人にも良い影響を与えることを願っています。

話は変わりますが、残念なことに私の知人の知人(直接面識はない方)が創価に入会することになったと伝え聞きました。
「1年試して、必要ないと思ったら辞めれば良い」と言われたそうです。
常套手段ですね…
MC下にあったときは私も何度も同じ事を言ってました…
でも、辞めると言い出せば、「不幸になるよ」ですもんね…
最初は良いことばかり言って間口を広くしておきながら、出口を示さない!
創価の功徳に絶対の自信があるなら、入会時に退会時用の書類も渡せば良いんじゃないか?と思います。
「創価は絶対に間違ってない!でも万が一、間違っていると思ったら、この退会届を使って下さい。」ってね♪
クーリングオフみたいに♪
間違ってないなら可能だと思うんですがww
入会時に「辞めたら不幸になる(と思ってます)」ってことも提示するべきですね♪
後出しジャンケンはウンザリです…
個人情報の取り扱いもトンデモナイですよね。
幹部カードに職場の住所、家族が未入会でも家族の住所から生年月日、果ては帰省先まで書かせる…
実際に職場で待ち伏せされたこともあります…
当事者は「連絡取れないお前が悪い!手間かけさせるんじゃねぇよ!」とか平気で言いますからね…
周りも「どうしても会いたいから、職場で張り込むなんて!熱意溢れる素晴らしい行動だ!」ってなっちゃうんですよ…
常識外れの行動が余りにも多すぎました。
こちらには恐怖感しかなかったです。
これじゃ、ストーカー規制法から宗教団体を除外するのに手を尽くさざるを得なかったですよねww

公開コメントでは書けないようなことが山ほどありました。
本当は皆様にお伝えしたいのですが…
職場も把握されているので、身バレが怖いです…

御礼のつもりが長文になってしまい、すみませんでした。











2014/08/13 (Wed) 13:32 | ゆるぬこ #- | URL | 編集

No title

唱題についてのブログを拝見して、思い出しました。
母が夜な夜な必死に唱題していた後ろ姿です。
でも、朝から晩まで自営業の仕事をした後のこと。
最初はいいのですが、途中から頭が揺れ始めて、居眠り唱題でした(汗)
当時の私は、そこまでして、すごいなぁ。
福運の貯金なんだ。なんて思ったりしていたのですが。

でも、子供の頃から感じていました。
「お題目は、一遍でも心を込めて唱えれば御本尊様に通じるのよ」
と言われたり
「1時間しっかりお題目をあげれば、勝利に向かって進めるのよ」
と言われたり。
…どっち?!

一遍で通じるならそれでいいじゃん?
子供の純粋な心だったからか?、そう思っていました。
宗門問題までは、それなりに活動していましたが、
私はどうもそれがひっかかって、真剣に題目をあげた、
という時間が少なかったと思います。

それでも、それなりに会合に出て、お題目は?と言われて
怒られるのがイヤでやってます、と嘘をつき、
(ダメな教育法ですね…恐れて嘘をつく子になってしまいました)
発表などで色々と話すと、褒めてくれてしまう。
「なんだ、唱題なくてもいいんじゃない?」と、ひねくれたことを
思っていました。(それが普通なんですが)

一度、正直に「そんなにやってない」と幹部に話したところ
「それは、お母さんが福運をくれているのよ。
 お母さんが祈ってるから守られているのね。」と言われました。
まぁ…バリ活の方は、本当に「あぁ言えばこう言う」が
すごすぎて、本当に感心します…。


ブログ1年、おめでとうございます。
他の方と同様、祥蘭の言葉に、どれほど励まされたことか。
2月に地区婦とモメて、祥蘭さんのブログを知って半年。
読む度に励まされ、同感し、気持ちを強く持てました。

半年前、「仏罰」が気になっていた私ですが、
今はその気持ちもかなり薄れ、実際何事もなく、子供も元気です。
(私ではなく子供に何かあったら…としばらく夜な夜な考えてました。
 いかにすり込まれてきたか、ですね…)
春先に「活動する気持ちになれない」と宣言しましたが、
それからは、月1で手紙や入場券がポストに入る程度です。変わりません。
毅然とした態度と意思表示が良かったんでしょうか?!(汗)
みなさんのコメントを拝見していると、ある程度の覚悟を
していたのに、音沙汰なさ過ぎてビックリするほどです。
まあ、静かでいいんですが。

祥蘭さんには、コメントを書く度に、友人のように
気配りのあるお返事を頂き、励まして頂き、本当に感謝しております。
今後も楽しみにしております。
2014/08/13 (Wed) 01:37 | のん #- | URL | 編集

きとら様 エルマー様 ゆるぬこ様 TON様 かおるん様 あややん様

コメントありがとうございます。
お返事遅くてすいません。

きとら様

非公開コメントもありがとうございます。
色んな意味で驚かされました。
また、組織って本当にお粗末な対応しかできなくなって
いるんですね・・。閉口です。
貴重なお話をいつもありがとうございます。

>活動家も不幸に遭います。それなのに転重軽受だといいます。
その家族に対し宿命転換の時ともいって煽ります。
退転者が不幸に遭った時だけなんで仏罰に変わるんでしょう。おかしいです。
どちらも公平な目で見たらふつうにアクシデントなのに。
実際目の当たりにしたからこの騙しのからくりがよくわかりました。

冷静になると、こんな子供だましにひっかかってたなんて?
ウソでしょ、と驚くほどの陳腐なからくりですよね。
人の良心につけこんで最悪だと思います@罰論。

きとらさんが仏罰なんて無いと、実感を込めて
語れるようになったことが何よりだと思います。
私のブログが少しでもお役に立てたのなら
嬉しい限りです。

こちらこそ、これからも宜しくお願いします。

エルマー様

>ただ私の両親が何というか気にかかり、学会2世でチャペル式を
やった人はいるのか、どう親を説得したか調べていたところこちらのブログを見つけました。

私の兄が全く自覚のない学会3世で、チャペル式でした。
当然母とはすったもんだありました。
父と親戚の説得で丸く収めたのですが、私自身の記憶が
はっきりしないところもあり、記事ではさらっと触れただけでした。
ほとんど参考にならなかったと思います、すみません。

>ただ、彼は入会しなくてもいいから私に御本尊様を受けなさいと迫るのです。
必要を感じないと断ったところ、結婚に関して資金援助はしないとメールが来ました。
最初から援助を受けるつもりなんてありませんでしたが、父の本性が
表出したようで人間的に嫌いになってしまいました。

このエピソードを伺い、創価脳の親って同じ行動パターンおよび
思考回路なんだなぁと妙に感心してしまいました。
うちの母も、姉の最初の結婚に反対した際、一切援助は
しないと言っておりました。
信仰と金銭的援助を引き換えにするなんて、他の宗派では
そこまでしないと思われます。
親子の絆よりまず信仰ありきという基層部分が
そうさせるのでしょうが、おかしいですよね。

>彼の両親は突然何を言いだすの?と困惑してましたが、自分たちは
それを理由に結婚を反対はしないので大丈夫だと言ってくれました。
親を見送ってから脱会するつもりがある事もこのとき話しておきました。

理解が得られて良かったですね。
実家の信仰は、どんなに隠しても絶対バレます。
話しておくことが無用なトラブルを招かないためにも
賢明な判断だと思います。

>来週、お墓参りで帰るのであらためて挙式について話をしますが
理解が得られなかった時はバージンロードを自分の恩師と歩こうと思っています。
祥蘭さんが書かれていた、知り合いの方と同じパターンです。
結婚に反対はしないのに挙式スタイルに反対するなんて創価かカルト宗教しかないでしょうね ┐(´Д`)┌

あややんさんが書いて下さった指導内容で、理解してもらえると
良いですね。
後であややんさんのレスにも書くつもりですが、私はこの指導は
初耳でした。
最近の創価はソフト路線が進んでおり、過去には絶対禁止だった
神社のお祭り(神事)参加なども、地域の振興・友好目的なら
OKとされています。
創価のバリ活になると、会館で結婚式をあげたりもしますがw
大昔には結婚式場で仏前式などありました。
が、お坊さんに来てもらう必要もあるので現状は不可能です。
だからチャペル式なども、容認せざるを得なくなったんじゃ
ないでしょうか。

親御さんがもし、聞き入れない時は
地元の幹部に確認をしてもらうようお願いしてみて下さい。
おそらく幹部は反対はしない(できない)はずです。

エルマーさんの経験がまた、どなたかのお役に立つと
思います。
御報告お待ちしております。

ゆるぬこ様

非公開コメントも拝見させて頂いております。
貴重なご経験、お聞かせくださってありがとうございます。

>今回の母の件も職場の上司や行政、福祉に相談してアドバイスを貰いながら現状で考えられる最高の結果が出ました。
創価の介入は一切ありません。
ヤンチャだった弟も今では家庭を持ち、子供にも恵まれています。
私が頑張って一家の宿命転換をしなければ!なんて頑張っていたのにww
未活になった今、全てが解決に向かって動き出していますww

ゆるぬこさんが身を持って、自身の機転と周囲の協力で
事態の解決をはかることが出来るんだって証明された事が
なによりでした。

この経験をもし、現活動家が耳にすれば
「それは活動家時代の福運貯金のおかげだ!」と
間違いなく言うでしょうねw 
そんなわけないっつの。
後付けならなんとでも言えるんですよ、ほんとに。

>生きていれば良いことも悪いこともあります。
創価だろうが無神論者だろうがです。
創価は悩みで組織に縛り付けているような気がします。
解決しなくても戦いきって出た結果は信心で受け止めよう!
次の目標に向かって頑張ろう!
とゴールを示さず右往左往させて引きずり回すww
悩みが解決するよりも悩みを原動力に活動に躍起になって貰いたいんでしょうねww

ゆるぬこさんのご指摘通りで、読ませてもらってふと
活動に縛りつけることで不健康状態に追い込んだり・
家庭不和を招かせたり・金銭を巻き上げて貧困化させるのも
信仰に縛りつけておくためだったのか?!と
ハッとさせられました。
私のいとこがまさにそのパターンでして、痛々しいほどです。
創価から離れたら、今よりは絶対幸せになれると思います。
早く気がついて欲しいものです。

>「本当に困っている人を弾いて横入りさせたの?本当に困っていたのなら議員が窓口にならなくても大丈夫だったんじゃないの?」って引いてしました。
まあ、どちらにしても公明のお陰ってのは着いて回りますww
庶民のためじゃなくて創価のためだろ?って今は素直に思えます。
おかしな組織ですねww

本当ですね。
地方議員(区、市議)なんかは、そのため(口利き窓口)に
存在すると言っても過言じゃないようですし。
これは非公開で頂いた情報ですが、新入会者で本当に困窮している
所帯は、議員が「無理」と断るのに
長年会場提供をしているお宅(持ち家)だとあっさり通して
もらえたということが、実際にあったそうです。
創価への貢献度で口利きの優先度が変動するのだとしたら
それもなんだかな、と。
老齢世代が創価から離れないのも、選挙になると威力を発揮
するのも、こういった背景(口利き)もあるのかもしれませんね。

>形のない曖昧な物に時間とお金と体力を費やすのは勿体ない!
真面目に働いて、家族や友人との時間を大切にして、向き合わなければいけない課題に取り組んで行きたいと思う次第です。

ゆるぬこさんの仰るとおりです。
強く生きていくために信仰が必要だ、などという創価ロジックは
実はまがいものです。
そんなのなくても強く生きている人、逆境を乗り越えた人、
素晴らしい人はいくらでもいますから。
自分の生ある限りある時間を、有意義に過ごしたいですね。

>外部からすれば「本当に私の事が好きなら創価を捨てる事ができるはずよ?」となるのが当然です。
でも「創価は絶対!お前が変われ!」と自分は変わらずに相手に変わることを求めるww
直接、言葉にしなくても心のどこかにそういう気持ちがあったと思います。

こちらが絶対正しいんだという、創価ならではの思いこみ・
選民思想の賜物でしたね@傲慢さ。
私も若いころを思い出すと、穴に入りたいです・・。

>また、コメントさせて頂きます。

はい、お待ちしております。

TON様

お久しぶりですね。元気そうでなによりです。
そして脱会おめでとうございます。

>やつが健常になるまで
脱会はできないと
思ってました。

以前頂いた非公開コメントで
御友人の状況を拝見し、心配でした。
彼を待っていたら、ずーっとTONさんは
脱会できないのではないかな・・とも思ってたんですよ。

>ぼくの決断を
勝手に自分の問題にするな
と。
少しでも
風穴をあけられないかと
思っています。
無謀かもしれませんが
やります。

お友達の事を直接存じ上げている訳でもないですが
(以前拝見したコメントから察するに)
いっそ親元をでたほうが、彼のためかもしれないですね。

周囲のだれかを自分の問題にして隠れ蓑にする、
結局それは他人のせいにしてるだけなんですよね。
創価で育つと「依正不二」という考え方がベースになりがちです。
私自身もそうだったんですけどね。
TONさんが、彼に「そうじゃないんだ」って事を
伝えてあげられるのは、すごいことだと思います。

脱会その後のお話もありがとうございます。
TONさんは一世ですし、非活の期間もあるので
地域としても「脱会、さもありなん」で
受け止められているのかもしれませんね。
もっとも、本部から地域への連絡は
タイムラグが結構あるそうなので。
一年くらいは様子見ておいたほうが
いいかもしれないですね?!

貴重なお話聞かせて頂いてありがとうございます。

かおるん様

>あまりにコピペだったので、非公開にさせて頂きましたが、内容自体は他の皆様にも是非ご覧になって頂きたい事なので、何かの折に記載頂く分には問題ございません。ひとつのネタとして扱って頂ければと。

いえいえ、こちらこそすみません。
そして情報記載の了承ありがとうございます。
いずれの機会に使わせていただきます。

>その後誓約書について、「組織の幹部にアドバイスをもらってのことか?」と親に質問したところ、一切スルーされたので、親が勝手に書かせようとしてきているだけかもしれません。。

前回、匿名様への返信にも書いたのですが
非活宣言した時点で誓約書を書かせる地域があるのだそうです。
本部でアンチブログを監視wしているそうで、本人特定あぶり出しの
材料にでもしてるんじゃないでしょうか。
組織として誓約書をかかせるという事実は、全く無いわけでは
なさそうです。

婚約者の親御さんのお話を拝見し、
そこまでスタンスをはっきりされているのであれば
精神的脱会では、通用しなさそうですね。

ただ、外部の方が何を持ってして脱会と認めるのか、ですよね。
そこが気になりました。
脱会届の控えを見せれば納得されるのか・
創価と完全に縁を切りました、と口頭報告でも納得されるのか・・。
法的効力と言う点で言えば、やはり内容証明の控えでしょうか。

>子供の優先順位もそういう尺度で付けてしまう親を、少し不憫に思います。

全く同感です。
といいながら、私は創価脳だった頃それが母に認められる
唯一の材料だったので、誇らしげに思っていた大馬鹿ですがorz
今となると、悲しいなぁと思います。親子ともども。
信仰の絆ありきの親子関係なんて、魂抜かれている様なものです。

覚醒された上で結婚されるかおるんさんが、とても羨ましいです。
創価ロジックに囚われず、新しい家庭を築かれることが
何よりお幸せなことです。

私は創価脳のまま嫁いで、途中で気がついたパターンなので
本当に後悔することがいっぱいあります。

創価脳な親との対峙は、ストレスも多いですが
かおるんさんと彼の生活を最優先に大切にされてくださいね。

またの御報告、お待ちしております。

あややん様

かおるんさん&エルマーさんへのレス、ありがとうございます。

>私が5年くらい前に組織で聞いた話ですが、創価はキリスト教式もOKですよ。

貴重なお話を聞かせてくださってありがとうございます。
私、この指導は聞いた事ありませんでした。
女子部には絶対言わないでしょうね、こんなこと。
婦人部の・子を持つ親にだから言うんだろうなぁ~(呆)。
幹部の助言で親子間揉めて、ぐちゃぐちゃになって、
活動家だった親が非活に転じたという話もあるそうなので。

しかし、創価のソフト路線以降、すごいですねぇ。
結婚式は形だけって物言いも
まぁ、そうなんだけど・・いや、それにしたってw
うちの兄が結婚した当時は、宗門問題直後くらいだったのですが
チャペル式なんか絶対ダメだって空気でした。
そんなことしたら不幸になる。ハリツケの前(十字架のことです)で
結婚を誓うなんてどうかしてる。離婚は間違いないとか、
幹部の伯母が吠えてましたからw
しかし自身の子供(バリ活・仏前挙式)が離婚して、うちの兄は
家庭円満です。全く皮肉なもんですね。

あややんさんはすごく早い時期に
ブログ拍手からコメント下さっていましたよね。
気付くのが遅すぎて、その節は失礼しました。

同世代で、元活動家だった共通点からか
あややんさんの昔のエピソードを聞かせてもらうと、私も
「そうそう、あったあった!」って古い記憶を思い出させてもらえて、
とてもありがたいんです。
これからも宜しくお願いします。

2014/08/13 (Wed) 00:28 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

取り急ぎ

あややんさん、大変に参考になるレスを頂いてありがとうございます! まさに明日(今日の午後)実家に帰るところでしたので両親に話してみたいと思います。 スマホからの書き込みで簡単ではありますが、まずお礼を言いたくて書き込ませてもらいました。 祥蘭さんこの場を提供して頂いてありがとうございます。 また報告させてもらいますね。
2014/08/12 (Tue) 01:58 | エルマー #8y73PNos | URL | 編集

No title

かおるんさんへ

コメントを読ませてもらって安心しました。
脱会意志がとても強そうだったので、それは心底創価が嫌になってしまって
結婚を機に縁を切りたい(結婚の勢い?)のかなーと思ってたんです。
(勝手な想像でごめんなさいね)
もし、勢いの様なものであったとして結婚後にこんなはずではなかったとなった時、
脱会していたら自身の身内に誰も味方がいないという状況もありえる事なので
そこが心配でした。
(結婚前の幸せな時にこんなマイナスなこと言うのもごめんなさい。老婆心です・汗)

相手の親御さんもしっかりとかおるんさん自身を理解して下さっているようですし、
かおるんさんのごきょうだいに理解者がいらっしゃると聞き、本当に良かったです。
私の取り越し苦労でしたね・笑。

私の夫は天涯孤独で、結婚してつながる新しい家族(私の親族)がそれ(入会)をどうしてもと望むなら
受け入れるしかないと思ったと、後になって語ってました。
自分にもし親きょうだいなど誰か助言する人がいて反対を受けたら
入会はしなかったかもしれないし、結婚自体も考え直したかもしれないと・汗。

私が結婚したときに女子部の先輩から
「あややんみたいな結婚相手と巡り合う事が福運なのね。
親がいないから信心に反対する人がいないし、良い人みつけたね」
と笑顔で言われた事があって、すごい複雑でした。イヤミか!って今なら言い返します・苦笑。
こんな言葉が先輩から出たくらい昔から創価と外部の結婚はハードルが高いものでした。
さらに今は世間の認知力が上がってしまって、一層大変になってるんだと思います。
ここだけみても、平和をめざす宗教団体なんかじゃありませんよね。
本当に開かれた宗教ならば「去る者追わず」の姿勢も絶対あっていいはずだ!
そう思います。


エルマーさんへ

私が5年くらい前に組織で聞いた話ですが、創価はキリスト教式もOKですよ。
具体的に言うと支部役職のお子さん(2世で非活)が外部の方と結婚で
チャペル式をやることになって、分県幹部に指導を受けに行ったそうです。
そこでOKとの見解が示されたと聞きました。
確か理由は「結婚式は形だけの物で、その宗教に帰依するわけじゃないから」だったと思います。
カソリックだと洗礼を受けるんですよね?それはNGだけど、洗礼や入信を伴わない挙式だけなら
OKとのことでした。
ただ絶対信心から離れてはいけない。大事なのは御本尊様と創価だ!と
子供としっかり話し合いなさい~と付け加えられてましたが・汗。

もしかしたら親御さんはこの指導を知らないかもしれないので
参考までに話してみてはどうでしょうか?

祥蘭さんへ

ブログ1周年、おめでとうございます。
初めて祥蘭さんのブログを見つけた時の感激は今もしっかりと覚えています。
元活動家の目線で書かれた文章に、そうそう!そうなのよ!と
何度も頷きながら繰り返して読んでいました。
いつもちょっとした空き時間があるとスマホから覗くのは祥蘭さんのブログです。
まるで小説の様な読み応えがあってクセになってます・笑。

暑い日が続いてますがお身体に気をつけて。
楽しい夏休みになりますように☆
2014/08/11 (Mon) 21:43 | あややん #- | URL | 編集

祥蘭さん、匿名さん、あややんさんへ

祥蘭さん

ご丁寧なご返信、ありがとうございました。
そしてその後非公開でコメントしてしまいましたが、返信のしようがなかったですよね(^_^;)大変失礼しました!

あまりにコピペだったので、非公開にさせて頂きましたが、内容自体は他の皆様にも是非ご覧になって頂きたい事なので、何かの折に記載頂く分には問題ございません。ひとつのネタとして扱って頂ければと。


私もまたネット等でそういう事例があるのか見ていきたいと思います。

その後誓約書について、「組織の幹部にアドバイスをもらってのことか?」と親に質問したところ、一切スルーされたので、親が勝手に書かせようとしてきているだけかもしれません。。
子供に誓約書書かせるなんて。そして脱会届を出すつもりもないかもしれないのに。。
開いた口が塞がらないとはこの事です。

祥蘭さん、匿名さんからもコメントを頂いた通り、精神的な脱会でもいいかもと思っております。
ただ、匿名さんが書いて頂いた通りだとすれば、私の代わりに親が財務を払う⇒これ十分ありえます。。。そのお金を自分たちがちょっと贅沢にでも使ってくれればいいのに。

昔から旅行や家族で出かける事が少ない家でした。
お金の使い方がこんな風にされているかと思うと悲しくなります。
旅行も国内から海外旅行にグレードアップ出来るくらい払っていると思います。。。
お小遣いはなしだったので、高校では部活をやらずバイトばかりしてました。※ただし新人熱心な下の兄弟にはおこづかいをあげてたみたいですけど(TдT)

子供の優先順位もそういう尺度で付けてしまう親を、少し不憫に思います。


ここにコメントを書き、祥蘭さん以外の方からもコメント、アドバイス、ご心配頂き大変感動しております。それぞれご返信させて頂きたいため、祥欄さん長くなりますが、スペースお借りしますm(_ _)m


>匿名さん
コメントありがとうございました。上の祥蘭さん宛のコメントにも少し内容かかせて頂きましたが。。。
前のコメントにも書いた通り、私の気持ち関係なく財務をやってれば私の発言を意に介さない親だったため、代理財務やりそうです。それは残念すぎますね。。。

また、統監の件もありがとうございます!1年後ですか。ありえそうですね。

仰って頂いた、籍を残す事での復讐というのは全く考えておりませんでした。
そういう発想もありますね。

別の方へのコメントで下記に詳細書かせて頂きますが、私自身の気持ちよりも、相手方に迷惑がかからないよう脱会をしたい気持ちが大きいので、進め方を非常に迷っております。

いずれにせよ、大変参考になりました!ありがとうございます。


>あややんさん
お心遣いあふれるコメント、ありがとうございます。
大変うれしいです。

そして私はまさしく白黒つけたい人間です!!創価教育の特徴、、そうかもしれませんね。


あややんさんの旦那様も、祥蘭さんの旦那様も大変ステキな方ですね!!

正直、私はこの話が問題になった最初の方、「学会員の強引すぎる勧誘、選挙応援とか※偏見ばかり言ってるけど、私だって好きでこんな家に生まれたんじゃないし、うまくやるために非活で見逃してくれよ。。。脱会は無理だよ。。。」と思っておりました。そのあたりで折り合いをつけれない彼を、交渉力ないなーと思っていたくらい。。。苦笑。
しかも最初気にしないとか言ってたじゃん!と。

※↑偏見と思ってしまったのですが、後に私は両親の発言により、その偏見は事実という事を思い知らされるのですが。。。


その当時はあややんさん/祥蘭さんの旦那様、の発言を心底羨ましがったと思います!(今も羨ましいです笑)



ただ、彼のお父様から言われた内容で、そんな思いが消し飛びました。長くなりますが、書いていきたいと思います。
素晴らしい方で、言ってる内容がハラオチしたので、皆様にも読んで頂きたく。。


「うちの会社にも創価学会の方がいてね。すごく真面目で素直な人たち。ひとつの宗教を熱心にしている方たちはこういう事なんだなと思うよ。だからかおるんさんのご両親もきっと真っ直ぐな人たちなんだろうね。創価学会を悪いとは思わない。人それぞれの自由だ。

ただね、現実として創価学会は行き過ぎた勧誘や政教一致の問題や、利益団体体質などの問題もある。創価学会にいる人たちはもちろん否定すると思う。ただ、世間の大半の意見であるという事は事実として認識すべきだ。

うちの家内がまさにそれでね。昔イヤな思いをしてから、創価学会をあまり良く思っていない。

結婚は家と家の問題。
うちの息子がA(彼)だけだったら、家内も嫌がりつつも応援するだろう。僕も何も言わないかもしれない。ただ、Aには兄弟がいてね。兄弟が先日結婚したんだが、結婚相手のご両親に《創価学会の方はいないか》と質問があったんだ。

この場合、創価学会の人がいるとなったら、その兄弟の結婚に一つの問題が生まれてしまう事になっただろう。

これが家族という事なんだよね。2人の問題だけじゃなくなってくるんだ。そういうリスクは僕もAも他の兄弟にかける事を望んでないから、せめてかおるんさんが気持ちは全く信仰を持ってない、だから結婚もAとしたいと思ってるのであれば、脱会という形が一番自然だと思う」 

と。

当人2人の覚悟、気持ちの問題と親の理解だけ得れれば、中間を取れればと思っていた自分が、なんと視野が狭かったことか恥ずかしくなりました。

と同時に、中途半端な事は出来ない。胸を張って、創価学会員ではないという状況を作らなければならないと思ったのです。


親との縁が切れるかもしれない。

孫が祖父母と呼べる関係が築けないかもしれない。
薄情な子供だと、親に恨まれても、私を選んでくれてこの問題に向き合ってくれている彼と、彼のご家族が同じ問題で苦しむ可能性を微塵も残してはならないと思ったのです。


ご心配頂いた両家の顔合わせと結婚式ですが、まさにそういう話があがりまして、向こうのご両親からは

・一番は顔合わせも結婚式参加もしてくれる事。これをまずかおるんの両親に打診してほしい。
・もし難しければ、結婚式は自由に。併せる形でAの親も出ない方がしっくり来るようであれば、私たちは気持ちだけのお祝いする

と仰ってくれております。

私が、うちの結婚式に来てくれなくても仕様がないと言った時に、向こうのご両親はすごく驚いてました。。。きっと私のさっぱり具合にびっくりしたんでしょうね笑。


今は、さすがに結婚の報告だけは対面でしないとと言う彼の希望により、日程を打診してます。が、両親からははぐらかされてます。

私は最悪勝手にしても、、、と思ってますが(^_^;)


また、身寄りに関しては不幸中の幸いで、兄弟で同じくアンチ創価がいて、今は一番の理解者でいてくれてます。
その兄弟も私と一緒に親と話しており、脱会意思を伝えて疎遠状態に。

別の兄弟が熱心でやっております。創価教育の出身。先日家で脱会の話を親にしていた時は、「ネットのデマを信じて!頭が悪すぎる」と罵られました。。w

この兄弟とは、和解だけ試み、親に万が一の事があった場合の連絡経路として、金銭的や介護の問題等は必ず協力するという話を今度する予定です。


長くなりすみません!
まさに具体的なところをご心配して頂き、本当に本当に嬉しかったです。


また何か前に進めた時に、ここで報告させてください。
良い報告が出来るよう、彼と頑張っていきたいと思います。






 




2014/08/10 (Sun) 17:09 | かおるん #mQop/nM. | URL | 編集

No title

ひさしぶりです。
ブログはいつも読んでました。

そして
一周年おめでとう
ございます。

一世のぼくが
祥蘭さんのブログに
興味を持ったのは
紹介者である友人が3世で
精神を病んで
しまったからです。
僕からすると
考えられないくらい
やつは親を気にして
生きてました。
なんでもかんでも
親の反応気にする。
就職先も確か
親の希望で決めたとか
いってたほどです。
単に供依存か?
創価だからそうなるのか?

家族関係の記事を
読ませてもらううち
やはりこれは
宗教という呪縛を
親が子に強いる
創価ならではの
害毒なんだとわかりました。

やつが健常になるまで
脱会はできないと
思ってました。
なんでも自分のせいにして
抱え込んでしまうタイプで
ぼくが
勝手に創価を出て行く事を
自分のせいだと
追いこんでしまわないか
不安があったからです。

でも、最近考えが変わりました。

ぼくが創価を出て行くことで
しっかり話をしたい。
思いこむな
思いあがるな
人の話をちゃんと聞け
ぼくの決断を
勝手に自分の問題にするな
と。
少しでも
風穴をあけられないかと
思っています。
無謀かもしれませんが
やります。

脱会届はもう出しました。

※ぼくは宅配便で
 本尊もいっしょに
 本部に送りました。

荷物の受領確認
済んで数日後に
知らない番号で
何度か着信が
ありましたが
気味が悪いんで
放置しました。
もう今は
かかってこないですが。

地域からは
何も言ってこないです。
というより
ぼくは今年に入って
一度も男子部に
会ってません。
すでに
地域で
活動家がゼロに
なってる可能性も
否めませんが。

また
報告させて
もらいます。
※非公開かも。

台風きてますね。
被害がでませんように。

ここに来ている
みなさんが
一日も早く
すっきりできる
日がくることを
お祈りしつつ。

2014/08/08 (Fri) 22:03 | TON #- | URL | 編集

近況報告

祥蘭様こんばんは。
先日、非公開でコメントさせて頂いたゆるぬこです。
先日の続きで痛い経験を綴ろうかと思いましたが…
近況報告と感じたことを綴らせて頂きます。
纏まりのない文章になってしまうでしょうがお許し下さい。
非公開コメントからの流れでの文章なので流れが掴めない方が多いと思いますが、ご容赦下さい。


母の件です。
本日、特別養護老人ホームに入所しました。
自分の知っている限りで母が今までで一番穏やかに過ごせるであろう環境が整ったことを嬉しく思っております。
MC下にあったときに母のことは何度も幹部に指導を受けました。
母のことが入会動機だったのですから…
でも…「病気だから仕方ないだろ?」「大変だな。まあ、頑張れ」等の言葉が返って来るだけで具体的な指導は一切ありませんでした。
「あれ?叶わないの?」なんて思いながら「冥益」を信じて活動に躍起になったり、不信を抱いたものを無理矢理信じることに疲れて活動出来なくなったりを繰り返していました。
結論から言えば、創価にとっては創価の功徳で叶わないものは叶わなくて良いものなんだ!と確信を得ました。
今回の母の件も職場の上司や行政、福祉に相談してアドバイスを貰いながら現状で考えられる最高の結果が出ました。
創価の介入は一切ありません。
ヤンチャだった弟も今では家庭を持ち、子供にも恵まれています。
私が頑張って一家の宿命転換をしなければ!なんて頑張っていたのにww
未活になった今、全てが解決に向かって動き出していますww

創価にとっては、個人の努力で問題を解決されることは素直に喜べない事だと思います。
個人の努力で問題が解決してしまえば、創価の存在価値がなくなってしまうからww
だから、良い結果は功徳だの福運だの無理矢理こじつけるww
悪い結論は罰だの信心が足りないだのと責めるww
生きていれば良いことも悪いこともあります。
創価だろうが無神論者だろうがです。
創価は悩みで組織に縛り付けているような気がします。
解決しなくても戦いきって出た結果は信心で受け止めよう!
次の目標に向かって頑張ろう!
とゴールを示さず右往左往させて引きずり回すww
悩みが解決するよりも悩みを原動力に活動に躍起になって貰いたいんでしょうねww
右往左往させて生活がニッチもサッチも行かなくなると生活保護やら団地の入居やら議員が窓口になる…
本当に困っている人は、議員が窓口にならなくても福祉や扶助を受ける権利があります。
でも、議員が窓口になることで公明のお陰で助かったとなるのです。
もし、基準を満たしていないのに公的扶助の口利きをしていたら、とんでもない話ですが…
時々、座談会など「議員のお陰でお祖母さんが特養に入れた」等の話をする方がいましたが…
「えっ?」「そんなことあるの?」
「公平な基準で一番困っている人から優先順位をつけていくんじゃないの?」
「本当に困っている人を弾いて横入りさせたの?本当に困っていたのなら議員が窓口にならなくても大丈夫だったんじゃないの?」って引いてしました。
まあ、どちらにしても公明のお陰ってのは着いて回りますww
庶民のためじゃなくて創価のためだろ?って今は素直に思えます。
おかしな組織ですねww

私は創価の中で恵まれた生活をしている方達に対して、「この人は信心していなくても逞しく生きていけるんだろうな」と思うことが良くありました。
逆に誰かが悩みを解決したり、結果を出した時に「俺が激励したんだよ」みたいに自分の手柄にしようとする人は生活もパッとしないなぁ…とも思っていました。

結局は個人の資質や性格の問題で功徳なんてないのねww

せっかくの努力の結果を「先生のおかげ」だの「功徳」だの「俺のおかげ」だのと手柄を横取りされたくないですね!
良い結果を出したのは自分の努力と心から本当に自分のことを思って支えてくれた周りの人のおかげです。

形のない曖昧な物に時間とお金と体力を費やすのは勿体ない!
真面目に働いて、家族や友人との時間を大切にして、向き合わなければいけない課題に取り組んで行きたいと思う次第です。

恋愛や結婚について悩まれている方が多いですが、恋愛についてもMC下の自分は最低だったと思います。
創価であることが分かると逃げていく人も多いですがww

今は外部の方の方が器が大きいと思います。
創価である相手を受け入れて折り合いをつけて良い関係を築こうとするのですから。
創価側は創価に入らないとダメ!理解しないとダメ!となることが多い…
本人がそうならなくても親や組織が黙っちゃいない…
相手の信念や人間性なんか関係ないです。
ただの下種先としか思っていない…
オーバーに言えば「本当に俺の事が好きなら創価を受け入れるべきだ」なんて傲慢さがある。(ありました…)

外部からすれば「本当に私の事が好きなら創価を捨てる事ができるはずよ?」となるのが当然です。
でも「創価は絶対!お前が変われ!」と自分は変わらずに相手に変わることを求めるww
直接、言葉にしなくても心のどこかにそういう気持ちがあったと思います。

本当に傲慢ですね…
本当にすいませんでした…
泣きながら去っていった昔の彼女が目の前にいたら土下座して謝りたいです…


近況報告から話が飛躍してしまいました…
すいません。

また、コメントさせて頂きます。








2014/08/08 (Fri) 00:26 | ゆるぬこ #- | URL | 編集

No title

初めまして。
30代 学会2世のエルマーと申します。
子供の頃から親に言われるがまま活動してきましたが
役職を断った事で親と大喧嘩し活動をやめました。
これがきっかけで家を出て、創価に対する見方が完全に変わりました。
とは言え、脱会するところまでは考えず自分の中で無かったことにしていました。

外部の彼と結婚することになり、彼のたっての希望で
母校キャンパスにあるチャペルでの神前式を計画していました。
私自身、チャペル式になんの抵抗もないです。むしろ母校キャンパスがとても素敵な場所で
下見に行ってとても気に入ってしまいました。
ただ私の両親が何というか気にかかり、学会2世でチャペル式を
やった人はいるのか、どう親を説得したか調べていたところこちらのブログを見つけました。
記事を全て読ませてもらいました。自分が人生の大半を
関わってきた学会について
何もしらな過ぎたことに愕然としました。
知った以上、知らないふりもできない。きちんと考えて自分でかたをつけたいと初めて思いました。
祥蘭さんに感謝です。

少々長くなるんですが、これまでの事を書かせて下さい。

私は彼に実家が創価だと話していませんでした。
言い訳すると話すきっかけが全く無かったからです。
私自身が完全に活動をやめていた事もあり、部外者のように思いこんでいました。
(家を出る時に御本尊授与されそうになりましたがブッチしたので、持ってなかったのも
今となっては良かったと思います。)
話したのが、彼の両親に初めて対面する前日でした。
彼は少し驚いていましたが、親がやってるだけならいいと受け入れてくれました。
彼の両親に話すかどうか相談したら、言わなくていいとのことで初対面でその話はしませんでした。

後日彼が私の実家へ結婚の挨拶することになり、実家に連絡しました。
おめでとうと言ってくれましたが、2言目に御本尊様授与のことが出ました。
そのつもりはないし、彼にもその話は絶対しないで欲しいと言ったところ
反創価なら結婚は許さないと母が言いだして喧嘩に。
父も活動家ですが婚期を逃す女子部を沢山見て来たせいか
破談になっては困ると、母を制してくれました。
ただ、彼は入会しなくてもいいから私に御本尊様を受けなさいと迫るのです。
必要を感じないと断ったところ、結婚に関して資金援助はしないとメールが来ました。
最初から援助を受けるつもりなんてありませんでしたが、父の本性が
表出したようで人間的に嫌いになってしまいました。

彼の実家へ結婚の挨拶に行くことになり、彼からは止められましたが
私は自分に正直にいたくて、実家が創価だということをお話しました。
(祥蘭さんのブログ記事で、後輩が結婚するときに創価を隠すのは良くないとアドバイスしたと
書かれているのを読み、私も同感したからです)
彼の両親は突然何を言いだすの?と困惑してましたが、自分たちは
それを理由に結婚を反対はしないので大丈夫だと言ってくれました。
親を見送ってから脱会するつもりがある事もこのとき話しておきました。

両家顔合わせをGWに行い、挙式は秋です。
チャペル式であることを先月初めて両親に伝えたら、凍りついてました。
父は親戚は披露宴から来てもらうと言いました。
母は結婚式は女側の家に男側があわせるものだから考えなおしてと言いました。
一円の援助もないのだから二人の好きにしたって文句は言えないでしょと私が反論すると、
親に向かって言う事じゃないと激怒されました。
意味不明です。本当の事を言ったまでですし、自分たちで決めて実行する事に
どうして注文をつけるのか意味がわかりません。
未成年だったらまだわかりますが、自活している30過ぎの子供に対しても
支配欲があるのかと、落胆と軽蔑でした。
創価の親は子離れ出来ない人が多いと、祥蘭さんが書かれていたのは本当ですね。
自分たちの従属物みたいに思っているし、創価への捧げものとでも思っているんでしょうか。
こんな親とは縁を切りたいと思うほど腹立たしく思いました。

あれから実家と連絡をとっていません。 
来週、お墓参りで帰るのであらためて挙式について話をしますが
理解が得られなかった時はバージンロードを自分の恩師と歩こうと思っています。
祥蘭さんが書かれていた、知り合いの方と同じパターンです。
結婚に反対はしないのに挙式スタイルに反対するなんて創価かカルト宗教しかないでしょうね ┐(´Д`)┌

また報告させてもらいます。

P.S. 同じく悩みを抱えている方々、頑張りましょう!
2014/08/07 (Thu) 22:53 | エルマー #SlMP41Kc | URL | 編集

No title

ブログ一周年おめでとうございます。
創価2世で真面目な信仰を続ける親を持ち、幹部の姑さんがいる創価の家に嫁いで
覚醒してしまった私の心のよりどころは祥蘭さんのブログです。
いつもお世話になってます。

正直に言うと初めて書き込んだ頃はまだ仏罰を気にしてました。
一寸でもおかしなことがあると【もしやまさか】と不安になっている自分がいました。
けどその後の大きな出来事で考えが変わりました。
活動家も不幸に遭います。それなのに転重軽受だといいます。
その家族に対し宿命転換の時ともいって煽ります。
退転者が不幸に遭った時だけなんで仏罰に変わるんでしょう。おかしいです。
どちらも公平な目で見たらふつうにアクシデントなのに。
実際目の当たりにしたからこの騙しのからくりがよくわかりました。
こんな風に冷静に見れるようになったのは祥蘭さんのおかげです。
毎回の記事、経験をまじえながら理路整然と説いてくれるのでとてもわかりやすいです。

最近の事は非公開コメントでお知らせしますね【身バレしそうなので】
いつもありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。
2014/08/07 (Thu) 11:48 | きとら #J56PnUxY | URL | 編集

吉野様 匿名様 あややん様 梢様

コメントありがとうございます。
お返事遅くなって済みません。

吉野様

>さっきヤフーニュースに、元落語家死去のニュースがあったので
読んでみてビックリ。この元落語家、学会員だったはず。

この方ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%91%E7%A6%8F%E4%BA%AD%E5%B0%8F%E6%9D%BE
潮だったかな?創価系の雑誌にインタビュー記事があったのを
みた記憶があります。随分前の話ですが。

>セミナーは10年ほど前の話ですが、その後に覚せい剤で捕まって
実刑判決も出ていたなんて、いったい何があったの?と気になりました。
内部はどう捉えるんでしょうか。もと同志だけど、話題にもしないんでしょうね。

逮捕歴3回ともなると、除名処分になっていそうですね@組織。
有名人は売名のために入会している事も多々ある、というのは
創価内部でも知れた話で、きっとその論法で片付けていると思います。
「結局信心なんてなかったのよ!」みたいな。
そんな人に折伏セミナーやらせちゃ駄目だろって話ですが・・w

>報告してくるそのたび子供に、うちはもう学会は関係ないと伝えてますが、
私の実家がバリ活ですし、実家帰省時に子供も必ず仏壇に
手を合わせます。
物心ついたときからの習慣なので今更やめろとも言えなくて、難しいところです。

近隣に未来部の知り合いがいると、何かと厄介ですね。
お仏壇に手を合わせるのは、うちの子もです。
ただ、物心つきはじめた時点で父が亡くなりましたので
「おじいちゃんに御挨拶なさい」と伝えてます。
あくまでも、信仰対象の御本尊に手を合わせるんじゃなく、
祖父の回向ですよと。
先祖供養の名目なら、どこの宗派のお仏壇にも
手を合わせますから、習慣がついていても大丈夫かと。
それが「信仰対象では無い」事だけ、ハッキリさせておくように
私は心がけています。

>私に出来ることは、不幸の連鎖を自分の代で断ち切ることだと
改めてそう思います。
中途半端に学会に関わらせてしまった事を猛省し、子供のためにも
身辺整理をしっかりしたいと思います。

まったく同感です。
私も長子を入会させているので、本人にその自覚が全くないとはいえ
早く脱会させなければと思っています。
MCにかかっていたとはいえ、無責任なことをしてしまい
親として申し訳ない気持ちです。

匿名様

貴重な内部情報のコメント、ありがとうございます。

一年後に地区におりてくるとは・・!
そんなに時間がかかる事もあるんですね。驚きました。
本部へ出すのは法的効力を生じさせるため、
地域への連絡は完全に関係を断つためで
脱会手続きも2段構えがよさそうですね。
覚えておきます。

>そして親御さんが、戻ってきた統監の(子供の)ぶんまで、財務を申し込んだり新聞を取ることがあります。
申し訳なさからの行動ですが組織の思うつぼですね。

それを聞いてしまうと、統監だけ親元に戻す事も
なんだかなぁ・・ですね。
熱心で真面目な親御さんになればなるほど、ありがちだと思います。
これもケーススタディ。 非常に参考になりました。
ありがたいです。

>私は嫌がらせのために非活になり、脱会せずに統監を地域でとめています。
どうしても気が治まらないなら脱会もありだと思いますが
復讐のために籍だけおいておくのもありですよ。

確かに仰る通りですね。

以前、非公開でいただいたコメントで、非活宣言をしたら
幹部の方から誓約書を持って来られたというお話が
ありました。
学会と一切関係しない、敵に回らないというような内容だったそうです。
私も非活宣言をしましたが、誓約書を書いてくれと頼まれては
いないんですよね。
これも地域限定なのかなー?と。
情報をお持ちの方がおられましたら、コメント頂けますと
有り難いです。

あややん様

>これ私の昔に手帳に書いてありました。お題目って一遍でもすごい力が
秘められていて、誰が唱えても同じく力があるって教わりませんでしたっけ?
いち会員のだらけた題目じゃダメで、先生の題目だったら願いが叶うって
こんなのってないですよね。あり得ないと思います。

あり得ないですよねw
池田老人のお題目指導、私が聞いて衝撃だったのは
御本尊様の「妙法」を見ながら池田先生を思い浮かべて
題目を上げると、大宇宙のリズムと合致するって話でしたw
願いが叶いやすくなる的な事も言ってました。
そんなばかな!と思っても言えなかったです。
ばかな、とも言えず「へぇぇ~」って若干引きながら聞いた覚えが
あります。が、こんなの立派にトンデモですよね。
覚醒した今、この指導をかみしめると
池田老人って何者?もはや人間超越してるじゃんwwという
感想しか浮かんできません。

携帯アドレスの件も、お悩み解決したようで
良かったです。

そしてかおるんさんへのレス、
ご主人の入信理由を読んで私までもらい泣きでした。

脱会を引きとめた理由も、(あややんさんのご主人ほど
理路整然とした説明はなかったですが)
うちの夫とほぼ同じでした。
母のことを心配し、急がない方がいいと言ってくれています。

外部の人の方が、視野が広いというか
この問題に取り組む角度が違うなと感じます。

梢様

>個人でこれほどの数の顕彰を受けている人は
池田先生しかいない」
お手柄のように語っていました。
こんなにもらってるのは先生しかいないって、
個人の優位性の誇示以外の何ものでもありません。

梢さんの仰るとおりですね。
団体にもらってると言ってみたり・個人にもらってると
言ってみたり・・玉虫色でしたよね。
100越えるともう数えるのも嫌になってくるんじゃ
ないでしょうかw しかもよくわからない賞ばかり・・。
多けりゃいいってもんでもないのに。
誰にでもわかる賞を一つ・たった一度でいいから貰ってくれれば、
会員はとびあがるほど喜ぶと思うんですけど
どうやらそれはなさそうですしw

>渦中にいると解らないです。
今、学会と離れてみてその異様さと鎖国社会っぷりに
ぞっとしています。

これまた仰るとおりです。
私も覚醒直後、信じられませんでした。
あまりにも周囲の学会員が綺麗に騙されちゃってる事と・
私が気付いてしまった現実のギャップを埋めるのに
時間がかかりました。
まさに今書いている記事で
「限界コミュニティ」と名付けましたが
地域組織・末端現場の恐ろしさですよね。
その世界が全てに思えてしまう所。
世界は広大なのに、そこにいたら解らない。
気付く事も中々出来ないです。

>宗教は、活動したり徒党を組むためにあるんじゃないと
強く思います。

本当に、そのとおりですね。
今在ることに感謝しながら、自己修養のひとつとして
静かな気持ちで仏に向きあったり、神様に御挨拶をする、
それが日本人ならではの宗教観ではないかと思います。
誰かの予言に沿う様なことではなく。扇動されるでもなく。
そこに集団でとりかかるような「目的」は要らないと思います。

@@@@@@@@@@@@

非公開コメントも沢山いただいております。
ありがとうございます。
皆さんの気付き(覚醒)のきっかけを読ませて頂くと、
100人いれば100通りのドラマがあり、興味深いです。

辛い状況の中、藁をもつかむ様な思いで活動してきた方・
一家和楽というスローガンも虚しく、放置子できた2世3世・
また、創価エリートと呼ばれる方の「外に出て初めて現実社会を知った」
というエピソードまで。
ブログをしていなければ、これほど多くの方の体験を知ることは
なかったと思います。
大変ありがたく思っています。

皆がブログを始めてくれたらいいのにと思うほどです。
(身バレしそうなエピソードをお持ちの方は、そうもいかないでしょうけど)

気付いた後がまた、大変ではありますが(人間関係など)
それも100人いれば100通りの答えがあることだと思います。
私は自分の問題(母)も解決できていないくらいなので、
他人さまに こうしなさいああしなさい とは言えませんし
言うつもりもありません。
そんな無責任なことは、できません。

ただ、こちらを訪れる方が少しでも
気持ちを楽にしてくれたら良いな、という思いを持っています。

当ブログも、8月で開始から一年を迎えました。

近頃、すっかり更新も遅くなっておりますが(すいません)
にもかかわらず、いつも読んでくださっている皆様、
励ましのお声をかけてくださる皆様、本当にありがとうございます。

今後もマイペースで、細く長く続けて行きますのでどうぞよろしくお願いします。

2014/08/07 (Thu) 01:31 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

こんにちは。
いつも記事に共感させてもらっています。

優位性 本当にそうでしたね。
顕彰を買いあさるのだってそう。

会合で幹部は
「先生が受賞されると何より会員が喜ぶ。
だから先生は、会員の為に受賞され続ける。」と言っていました。

会員のためにと言いながら
毎度幹部は
「今日の聖教紙上でもOO国からOOを受賞された。
これで合計●●●ケだ。
個人でこれほどの数の顕彰を受けている人は
池田先生しかいない」
お手柄のように語っていました。
こんなにもらってるのは先生しかいないって、
個人の優位性の誇示以外の何ものでもありません。

賞をこんなにもらってるのに、一般報道されない。
おかしいと思うのが普通ですが
大マスコミは学会の敵という騙し文句を
信じ切っていました。
世間は嫉妬という言葉、先生の偉大さが解るのは
私たち弟子だけという優越感にどっぷり浸かっていました。
渦中にいると解らないです。
今、学会と離れてみてその異様さと鎖国社会っぷりに
ぞっとしています。
気付くまで時間がかかりましたし、犠牲も払いましたが
それでも離れられて良かったです。

近頃、自宅のちかくにある神社にお参りを
しています。
心を清める儀式と思っています。
時々行くのですが、参拝者の方とすれ違うと
全く見ず知らずでも「おはようございます 暑いですね」
など、挨拶の言葉が交わされます。
そこでは老若男女関係なく。
皆さんさわやかで、とてもすがすがしいです。

宗教は、活動したり徒党を組むためにあるんじゃないと
強く思います。

暑い日が続きますが、お身体に気をつけて
楽しい夏休みをお過ごしください。

2014/08/06 (Wed) 11:31 | 梢 #8jjQQGkw | URL | 編集

No title

暑中お見舞い申し上げます。毎日暑いですね。

優位性のお話と、唱題のお話で思い出したことが。
願いが叶わないお題目についての幹部指導です。

「だらだらあげるような題目はNG 
数珠をもんだらダメ 数珠が切れるーもっともNG
池田先生のお題目は宇宙と共鳴する。
たった一遍に大功徳。
それが願いの叶う題目。」

これ私の昔に手帳に書いてありました。お題目って一遍でもすごい力が
秘められていて、誰が唱えても同じく力があるって教わりませんでしたっけ?
いち会員のだらけた題目じゃダメで、先生の題目だったら願いが叶うって
こんなのってないですよね。あり得ないと思います。
けど、活動家だった時はうんうん聞いてメモ取ってたっていう・滝汗。
つくづくむちゃくちゃなこと信じてたと思います。

前回、携帯アドレスの件でアドバイスくださった吉野さん、いずさん
ありがとうございます。
吉野さん、ショートメールがくるなんて盲点ですね!必死すぎて怖っ。
いずさんの2台もちもいいですね。私はスマフォ1台なので出来ませんが。
アドレスは変えずに行こうと思います。変えたら変えたで面倒!
私の住んでいる地域、アポなし訪問が当然でメールで打診なんて今までなかったんです。
不意をつかれた上、アド変わって無くて良かったと喜ばれた→まだ脈ありと思われた?と
動揺してました・汗。お恥ずかしいです。
そろそろ、財務申し込みの季節ですね。
同中の券は全然もってこないくせに、集金用紙は持ってくる・苦笑。
勿論今年もお断りします。

かおるんさんへ

コメントを読ませてもらって、大変なことが伝わってきました。
親が幹部だとなにかと大変ですよね。
結婚と同時に脱会するとなったら、両家の顔合わせや
結婚式は大丈夫ですか?
そこが少し心配になりました。
創価家庭のことは、外部家庭には深いところまでは理解できないと思います。
もしそのことで、お父さんが結婚式などに出ないとなったときに
嫁ぎ先がどう思うのか。
気にしないというならいいんですが、気にされる家庭もあります。
そういった心配を、旦那様と嫁ぎ先の両親にお話しておいた
ほうがいいんじゃないかなと思います。

私の夫は外部で結婚と同時に入会しました。
夫は幼少期に両親を亡くし祖母に育てられましたが、私と知り合った時は祖母も亡くなって一人でした。
兄弟もいないし親戚の縁も薄いです。
入会は私が勧めたのでなく、私の両親と親族の囲み折伏でした・汗。
夫が入会した理由をちゃんと聞いたことがなかったんですが
私が脱会するつもりだってことを夫に話した時、初めて聞きました。
夫いわく、私を一人ぼっちにしない為でした。
もし自分が入会しないことで、私と実家の関係が悪くなってしまったら。
自分に万が一のことがあり、先に死ぬようなことがあったとき
私を一人ぼっちにしてしまうと思ったそうです。
夫に身寄りがいないからそんな考えになったみたいです。
そんな深い理由があったなんて知らなくて、聞いた時は申し訳なさと
いろいろ、わーわー泣いてしまいました。

私は非活動ですがまだ脱会はしてません。
両親は幹部で、兄がおりますが夫婦そろってバリ活、親戚もバリ活です。
親族づきあいを考えて行く上でいやでも創価は切ってもきれません。
今すぐにでも脱会したい私を止めたのは夫でした。
うちの子供にとって祖父母は私の両親しかいないのに、会えなくしてしまうのか?
ぎくしゃくさせてしまうのか。
それは何も知らない子供のためにならないんじゃないかと。
脱会の事はおいといて孫だけは可愛がってねーなんて、通用する創価家庭も
あるのかもしれないですが、我が家は無理なんです。
自分の感情問題だけで決めるべきじゃない。家族のつながりの中に
創価があるのはもう仕方が無いことで、今さら変えられない。
現実関係を悪くしたり恨まれる様な事は良くないと、夫から教えられました。

創価で育つと白か黒かはっきりさせたい性格に育つんだと思います。
私がそうなんですけど。
本音は早く完全に縁を切ってスッキリしたいです。
なんとか親バレせず脱会できる方法はないかと、調べたりしてるんですけど・苦笑。

親に脱会したいと伝えるだけでも、すごい勇気ある行動です。
私なんて絶対言えません・汗。
かおるんさんの御健闘御多幸を祈ってます。

2014/08/05 (Tue) 23:07 | あややん #- | URL | 編集

No title

こんばんは。
かおるんさんのコメントを読ませてもらって、書き込みます。
最近まで地区役職していた者です。

脱会届の書類ですが地域には無いです。
私が住んでいるのは中部方面です。別の地域だとあるかもしれませんが
聞いたことがありません。

あがた県本部から脱会者の情報がくるんですが
処理がおいついてないのか地域にくるのが本人申し出から一年後もざらにあります。
(本人が地域幹部に「脱会した」と報告後、正式に本部から
脱会情報がおりてきたのが一年後だったという意味です)

本部に脱会届を出した上で、地域にも脱会届を本部に送ったと
はっきり伝えるのがいいと思います。

正直言って、地域統監はいい加減にされてます。
実家を離れた非活の2、3世の統監カードがどんどん地元に戻ってきます。
活動家じゃないのに実態数に入れておくと組織の首を絞めます。
投票、購読率etcです。
だから見込みのない非活2,3世の統監は親元に帰します。
そして戻された方も本人が居住してないのに数が増えるとなると、これまた首を絞めます。
ということでそこの長の裁量ではなから無かったものにされる事もあります。

そして親御さんが、戻ってきた統監の(子供の)ぶんまで、財務を申し込んだり新聞を取ることがあります。
申し訳なさからの行動ですが組織の思うつぼですね。

私は非活になりましたが統監はぜったい実家方面に戻さないでくれと伝えてあります。
それをやられたら一家離散になる、地域の長を法的に訴えることになりますと
釘刺してます。
活動実態も無いのに、財務新聞ないのに、統監に名前が挙がっている。これは立派に組織に対する嫌がらせになります。
私は嫌がらせのために非活になり、脱会せずに統監を地域でとめています。
どうしても気が治まらないなら脱会もありだと思いますが
復讐のために籍だけおいておくのもありですよ。

2014/08/04 (Mon) 23:40 | 匿名 #- | URL | 編集

No title

こんばんは。
さっきヤフーニュースに、元落語家死去のニュースがあったので
読んでみてビックリ。この元落語家、学会員だったはず。
がんを克服した体験をもとに、がん患者を励ます活動で有名だった人です。
私の地元の折伏セミナーで講演したことがあって、ご本尊様に救われた生命だから
学会に少しでも恩返しがしたくて、お声がかかれば講演してますと
語ってました。
落語家さんらしくトークは面白かった記憶があります。テレビに出るような
メジャーな人ではなかったんで、その後忘れてました。
ニュースを読んで初めて、覚せい剤で3度も捕まって実刑がでて
落語家を廃業してると知りました。
セミナーは10年ほど前の話ですが、その後に覚せい剤で捕まって
実刑判決も出ていたなんて、いったい何があったの?と気になりました。
内部はどう捉えるんでしょうか。もと同志だけど、話題にもしないんでしょうね。
故人のご冥福をお祈りします。
 
コメント欄で、創価内部と外部の結婚で苦渋されているのを読み、
子供に信仰を押しつけることがどれほど苦しみと損害を与えるか改めて
知りました。
私も子供を生後1ヶ月で入会させてしまいました。1日も早く、
まず子供だけでも脱会させなきゃと思いました。
子供はまだ結婚する年齢ではないんですが、自分が学会の子という
自覚があるみたいです。
同じ学校にバリ活家庭の同級生がおり、幼馴染です。
その子供に悪気が無いとは思いますが、また会館においでとか
会合にくればいいのにと言われてるようですorz
報告してくるそのたび子供に、うちはもう学会は関係ないと伝えてますが、
私の実家がバリ活ですし、実家帰省時に子供も必ず仏壇に
手を合わせます。
物心ついたときからの習慣なので今更やめろとも言えなくて、難しいところです。

私に出来ることは、不幸の連鎖を自分の代で断ち切ることだと
改めてそう思います。
中途半端に学会に関わらせてしまった事を猛省し、子供のためにも
身辺整理をしっかりしたいと思います。


2014/08/03 (Sun) 23:10 | 吉野 #- | URL | 編集

ミル様 アサガオ様 ひろ様 こっこ様 かおるん様 ピエロ様

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。

ミル様

お久しぶりです。お元気そうでなによりです。
そして脱会のご報告、おめでとうございます。
実家への連絡があるかないか、落ち着かないですね。

嫌がらせの様な事は、おそらく無いとは思います。が、
あったとすればそれは立派に犯罪行為です。
証拠・記録をとるため、備えておかれると良いと思います。
少しでも変わった事があれば日時をメモする等も、有用なことかと
思います。
また、メアドや携帯も可能であればのちのち変更した方が
良いかもしれませんね。

>先日、テレビで集団的自衛権が閣議決定されたら、アメリカからの要請を断れなくなるといっていましたし、自衛隊のなりてがなくなると「徴兵制」の可能性もあるという専門家のコメントがあり、活動家はどのように考えていらっしゃるのでしょうか?

どうなんでしょうね@活動家の考察。
バリ活さんのブログを見ても、そのテの内容に触れているところは
見当たりません。
少し疑問をもったにしても、創価と政治(公明党)は別の話と
都合よく棚上げにしているんじゃないかと思います。
愚直な活動家になればなるほど、理想だけは熱く熱く語るけど
世界の実情は何も知らない・知ろうとしないのが殆どかと。
嘆かわしいですね。

>従属的立場にある者の個人の尊厳や 人格を侵害する行為です。 学生のクラブ等の課外活動で、指導的立場にある者が、指導を受ける者に対し、過剰な負担を課したり、個人の尊厳や人格を侵害する発言や行動を することも、パワー・ハラスメントの一種になります。
>これを読んで、このような日常的に人権侵害をしているのは創価学会のことではないでしょうか。

興味深い記事をご紹介いただき、ありがとうございます。
全くもってミルさんのご指摘通り!
自分たちのやってることはどうなのよ?ですよね。
言ってることはもっともらしく立派だけど、内情は・・。

創価の公式HPもそうなんですが、ほんと「表向き」なんですね。
創価の事などまったく何も知らない人が読めば、
もっともらしい感心するような事しか書いてない。
学会活動の主たる内容なんてひとっつも書いてませんしw
献金と新規獲得と票集めと他部数購読がメインですって
本来ならば書くべきですよね。
騙しているようなものだと思います。

アサガオ様

>私の悩みは、実親に対してではなく、親戚に対してです。
脱会する・したと言ったらきっと「この恩知らずが」と
なることが予想されます。
私は実の親と連絡を断っていて、親戚が本当の家族みたいに
なっています。
他に身寄りも無いので、私は親戚との縁が切れてしまう事が
怖いんです。
本心を隠し通したまま、つきあっていくしかないのかと悩んでいます。

コメント下さった事、御礼申し上げます。

私自身が三世で、一世の方の気持ちが中々理解しづらいところが
あります。
以前の記事にも書きましたが、二世三世は確たる入信理由が
ないので、外部から入って来られる方って「凄い」としか言いようが
ないのです。
その立場にたって考えてみる事も、なかなかできません
(すいません、それは私だけかもしれません)。

創価のご親戚のお人柄に心打たれて入信されたとのこと。
脱会すると言ったら「恩知らずめ」となるのは
辛いことですよね。

けれど厳しいようですが、それは本当の愛情や真心とは
違うものなんですよ。
そして、学会を去ろうとするアサガオさんは
決して恩知らずなんかではありません。
学会ありきの親切心・真心は単なる「下心」でしかないのです。
実は非常にビジネスライクな関係だと思います。
アサガオさんが学会を去る決断を伝える事で
絶縁してくるような御親戚ならば、それは「残念な人達」だったと
言うしかないと思います。
そこは、覚悟なさるより他ないかと私は思います。

身寄りがないとの事ですが、
創価の親戚をいざという時の頼みの綱にしなければいけない
状況が現実にあるということでしょうか?
信仰抜きで頼れるところでなければ、意味が無いのでは・・と
私など思ってしまうのですが。
ごめんなさい、状況がはっきりとわからないので
言葉が過ぎていたら謝ります。
様々、事情はおありでしょうから
ご自身のなかで「落とし所」を上手く見つけられると良いですね。

>祥蘭さんの仰る事を否定するつもりじゃないのですが
非創価でも、非常識な親はいるんです。

それは重々承知しております。
そのようなケースも見聞きしておりますし、
そのような家庭環境の方を折伏した事も
過去、ありました。

>けどその慈愛は学会ありきの物と、祥蘭さんがお母様に
感じられた無力感を私も感じています。

そこをどう乗り越えるか、ですね。
私は実の親に対してなので、葛藤しつつも言いたい事を
ある程度、言えているのですが。
親戚で、アサガオさんのような状況だと
なかなか厳しいものもあると想像します。

どうかあまり思い詰められず、
自分といま周りに有る環境・関係を大切になさって
ください。
何かありましたら、いつでも吐きだしにきて
下さいね。

ひろ様

>それと、端々に創価ネタを入れてくるのが気になります。
(創価タレントの誰それが出てた番組見た?って話題の振り方が多いです。)

婦人部あるあるですね、それw
うちの母も同じくですよ。
創価タレントを見ない日はないですもんね、CMも番組も。

>創価じゃない人も参加しますが、会員の友人と会うのが初めてで
ちょっと構えています。
どのように接するのがいいと思いますか?変な質問ですみません。
宜しくお願いします。

普通に接するのが良いかと思いますよ。
また、可能であればひろさん側の人間関係(友人)も呼んで
創価色を薄れさせてはどうでしょうか?
場所がどこになるかにも寄りますが、一般的な飲食店とかなら
さすがに創価話題は無いと思うんです。大人数だと特に。
しかし個人宅だったら要注意です。
創価(または党)のDVDを見ようだの、
言いださないとは限らないからです。
あと、ひろさん自身の携帯メアド(LINE)や個人情報は
学会員に絶対教えない事です。
あくまでもご主人を通した人間関係に留めてください。
男子部の奥さんが婦人部、ということは多いですから。
奥さん同志で仲良くなって、会合に連れだされるとか
お茶会と称して呼び出され、折伏(婦人幹部待機)という
ケースも実際ありますので。

普通に楽しい会になると良いですね。
何かありましたら、またご報告ください。

こっこ様

>内部の方の体験に基づいた考えは外部にとってはとても参考になりました。
特に「触らぬ神に祟りなし」の記事を何度も見返しています。
学会員との結婚を考えている人にとって非常に参考になる記事かと感じます。

ありがとうございます。
そう言って頂けると、拙い経験談ではありますが
書いてよかったと思えます。

>ただ、学会員である彼のお母様にはアンチである私をよく思っていないようで
会ってもらえません。一時期、彼にやめてほしいとお願いしたこともあって。(今思えば義両親の性格を考えると迂闊でした)

会ってくれないとは、なかなか手ごわそうなお母様ですね。
頭から否定(創価なんてやめてほしい)でこられると、
創価脳は反発がすごいんです。
以前はまだ慈悲というコトバも通用する団体だったのですが
池田老人が推進した創価ルネサンス(宗門を敵視)以降、
創価否定してくるものは皆仏敵ということになってしまいました。
習慣とはおそろしいもので、婦人部はそこから慈悲を失ったと
思います。 

>とっかかりがそれになってしまいましたので
それを払拭するにはまずは最初は時間、そして誠意と大らかな気持ちかなと感じます。。

こっこさんお気づきのとおりですね。
否定で入ってしまったことをいったん取り消して、
こちらもそちら(信仰)を認めるので、そちらもこちらを
認めてください・お互いの領域を侵さずにゆきましょう
・・というスタンスで進めれば
一番かと思います。

>過度なアンチ気質が抜けないので、スルースキルを上手く身につけたいです。

ネタとしては、目の離せなさがありますもんね@創価。
気になってスルーできない・・というのも無理はありません。
でも、創価絡みで「なんなの?!」って思う事があっても、
うまく笑いに変えちゃってください。
それが外部の強みです。

>結婚へ進みそうだったらまたコメント残させて頂きますね。

はい。
お待ちしております。

かおるん様

>まず、お礼から。このブログにたどり着き、祥蘭さんの記事を読み、他の皆さんのコメントを読み、創価学会で苦しんでいるのは自分だけではないんだという気持ちになれました。ありがとうございます。

こちらこそ、ブログにたどりついて下さって
こうしてコメントを残して頂いて、ありがとうございます。

>何故自分だけがこんな家に生まれてしまったのか、そう思わない日は少なくありませんでした。

me tooです。
コメントを寄せて下さる皆さまも、きっと同じ思いです。

>当時私は気づかなかったのですが、親はただ、体裁を保つために私の気持ちはどうでも良くって「うちの子は財務とかきちんとやってる!」という事だけ言えれば良かったんだなと今思います。

経緯と、この一文を拝見して「うわー」と声が出てしまいました。
全く疑いを持たない完ぺきな創価脳の親と、疑問を持ちながらも
2世3世だからという理由+責務で創価に所属している子供の関係。
それを全く的確に言い表しておられますね。
かおるんさんと同じ思いをされた方、きっと大勢いらっしゃいます。
私もその一人です。
結局親は創価組織における体裁しか考えてない、
これに尽きると思います。

>ここで質問なのですが、郵送でいいと言われても書式も何も分からないので、実家に帰って、最後に話しがてら脱会処理をしてもらおうと思ってるのですが、
・本当に本部に出さなくていいのか?内容証明を出した方が安全ではないか。
ということを、ご存知でしたらお教え頂きたいと思います。

脱会届は、本部に内容証明で出すのが確実です。
手元に証拠が残りますし、法的に有効だからです。

お父様に依頼は、お父様が地区部長という時点で
握りつぶされる可能性が高いと思います。

私自身まだ脱会は出来ておりませんので、脱会した方からの
聞き伝えなのですが
脱会情報は統監のさいに、都道府県の本部から地域へ
降りてくるそうです。
お父様が地区部長ということは、地区統監(という会合)に
必ず参加するわけで、いち早く脱会情報も知ることになります。
おそらく地域の学会員に身内の脱会を絶対に知られたくないと
考えているのでしょう。
自分のところで止めておければ、かおるんさんの脱会は阻止できるし
地域の学会員にも知られずに済む。
なので、自分に任せてくれと仰ってるのではないかと。

>父が結婚相手が創価学会を反対してると伝えたときに
「選挙も頼めない親戚なんか要らない」と言ったことです。
この言葉に愕然としたからです。

なんともショッキングな体験談を、お話下さって感謝します。
我が事のように身が震えました、なんとも・・。

>ここは父に脱会処理をしてもらうというのを信用ベースで任せるしかないのでしょうか、、、

ここからは、かおるんさんのご判断だと思うのですが。
お父様に脱会処理を任せるという体をとるのも一案です。
その際に
「これで絶対に自分のところに組織から連絡等は来ないよね?」と
念押しされて下さい。
脱会は出来ないかも知れませんが、統監カードをお父様のところ
(実家の地元地域)で留める事は、お父様(地区部長)の権限で
可能です。
それが出来れば、結婚した事実や・新居住所が新地域の
学会員に知れることは、まずありません。
ピンポーンと、やってきたならお父様が約束を守っていない証拠です。
統監を新住所に回したことになります。
おそらく、↑これはないと思いますが・・。あったらショックですね。
地区部長という立場と、男はプライドの生き物という事を
考え合わせると、身内の脱会を絶対周囲に知られたくないとの
考えがおありなのだろうと察します。

活動家の親をもつ2世3世の脱会は、親との絶縁まで覚悟する
レベルの事柄ですよね。大げさではなく。
確実にこじれますから。
私は母と絶縁まではしたくなく、折り合いをつけてからの
脱会を考えています。
完全非活宣言し、新聞購読なし・財務なし・選挙支援しなければ
ほぼ脱会者と扱い的には同じです。金にも票にもならなければ
組織的には用無しの故です。

まずは精神的脱会をとり、時が来たら事実上の脱会をとるのも
一案かと思います。
かおるんさんにとって、最良の選択をなさってください。


ピエロ様

お久しぶりですね。
どうなさっているのかな?と思っていました。
コメント下さって嬉しいです。

>今思えば、その当時「叶った」と思ってきた事は
妥協ばかり・・・
「祈った結果だから・・・」と思い込まされてきました。
結局叶ってないんですけどね・・・
思い込みって怖いです。

仰る通りで、後付けで納得しようとすることが
殆どだったと、私も過去を振り返ってそう思います。

>私は決定的に叶わなかった事は2人目不妊です。
こればかりは、
「あなたには、1人でよかったのよ」なんて言葉は
もはや耳に入りませんでした。

不妊で悩むメンバーに対し、役職を受ければ授かるだとか・
無冠の友になれば授かるだとか、トンデモ指導をする幹部が
事実います。
それで授からなかったら「使命が~」って言うんでしょうかね。
あまりにも無責任すぎるし、信仰心利用も甚だしいと
憤りを感じます。

「あなたには一人でよかった」
そんなこと、他人にいわれたくないし、決められたくもないですよね。
まったく大きなお世話だし、慇懃無礼です。

>ご本尊のお蔭でも何でもない事を確信しています。

信仰任せにせず、自身の歩を知り・天分と受け止める。
自然と責任感ある生き方ができますよね。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@


非公開コメントも頂いており、外部の方で創価2世(3世)との
結婚を考えている・意識しているというお話が増えています。
ひろさん、豆柴さんのコメント以降増加したと感じます。

今回公開でいただいた、かおるん様は外部との結婚を考えておられる
内部の方です。
身を切られるような思いでコメントを拝見しました。

創価2,3世と結婚を考える外部の方の心労も、大変なものだと思いますが
当事者である創価2,3世(非活&未活)も、それはそれは大変です。
親子の縁を切る、たかが創価ごときで?信じられないと、思われそうですが
これはリアルで残酷な本当の話なのです。

この、創価の特殊な親子関係・信仰ありきの親子のいびつな信頼関係について
少しでも了解・理解をしてもらえれば幸いです。
そして、暖かく見守り・悩める2世3世を受け入れてもらえれば
なお幸いです。

悩める外部の方にも・内部の方にもさらに実情がわかるような
記事を、今後も書いて行けたらと思います。
また、経験者の方のコメントもお寄せいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

2014/07/30 (Wed) 00:14 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

祥蘭」さんお久しぶりです。

お題目の話し、共感します。
私も何度となく100万遍唱題しました。

今思えば、その当時「叶った」と思ってきた事は
妥協ばかり・・・
「祈った結果だから・・・」と思い込まされてきました。
結局叶ってないんですけどね・・・
思い込みって怖いです。

あげればきりがないのですが・・・
私は決定的に叶わなかった事は2人目不妊です。
こればかりは、
「あなたには、1人でよかったのよ」なんて言葉は
もはや耳に入りませんでした。

今、覚醒して、現実を受け止め、
気持ちを切り替えて色んな事に挑戦していますが、
覚醒前なら、「一人だったお蔭で色々できるんだ」
「功徳だ」なんて思っていたでしょう。

ご本尊のお蔭でも何でもない事を確信しています。
2014/07/29 (Tue) 00:48 | ピエロ #- | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/28 (Mon) 23:52 | # | | 編集

はじめまして。

3ヶ月前からこのブログにお世話になっています。

お礼と質問がありまして始めて書き込みをさせて頂きます。

まず、お礼から。このブログにたどり着き、祥蘭さんの記事を読み、他の皆さんのコメントを読み、創価学会で苦しんでいるのは自分だけではないんだという気持ちになれました。ありがとうございます。

何故自分だけがこんな家に生まれてしまったのか、そう思わない日は少なくありませんでした。

リアルタイムで綴って頂けて、記事の更新が楽しみでした。
前もネットとかで調べたのですが、だいぶ昔のYahoo知恵袋とか、臨場感がなかったんですよね^^;

でも、今まさに悩んでいる私には、現在記事を更新してくれる祥蘭さんのブログにとても励まされました。

コメントに丁寧に返信するお人柄、そう!そうなんです!!と的確な文章に惚れ惚れと読み込んでおりました(^^)


少し長くなりますが、私の話をさせてください。

私は20代後半♀、創価3世、両親ともにバリバリの活動家です。

小さい頃は訳もわからず合唱団やら唱題やらやってきてましたが(親が褒めるので)、中学、高校と成長するにつれて、うんざりしてきていました。

何がうんざりって、あの本幹での悪口大会と池田老人の海外の大学で表彰されたことの自慢と式典だけの映像です。
御書試験も度々受けてましたが、ほとんどその時だけのワードを無理やり詰め込むとゆー、、いつも本幹とかで勉強コーナーでも作れば?と思っていました。

あとはいつも何かいい事があった時は、お父さんお母さんが祈ったからね!悪いことがあったらお前の祈りが足りなかったからだと責められる。
これに一番疑問を持っていました。


以前付き合っていた彼氏には、創価学会が原因で結婚を考えられないと言われ、無意識に「ああ、私は理解のある人とじゃないと結婚出来ないんだなぁ」とフィルターをかけるように。

友達が教会で式を挙げるのを見ては、ただただ羨んでるという状況でした。

ただただうっとおしい親でしたが、学会の話が出る以外は普通の会話が出来ました。笑顔で話すことも。

自分が働き出して家を出てから、育ててくれた感謝が大きくなり、財務や御書試験や選挙など、言われたことだけのらりくらりやって、交わしていって表面上では仲のいい親子関係を築いていってました。

活動に懐疑的だし、創価学会の活動はやる気がないのは、親はもちろん知っていることでした。斜に構えたことも度々言って(創価の人にとって、です。非創価のただの意見です笑)ぶつぶつ言いかえしてきましたが、笑いながらしょうがない子ねー程度。

当時私は気づかなかったのですが、親はただ、体裁を保つために私の気持ちはどうでも良くって「うちの子は財務とかきちんとやってる!」という事だけ言えれば良かったんだなと今思います。



一昨年、また結婚を考える方とのお付き合いが始まり、わりと早めに学会であることをカミングアウトしました。彼は全く知識がなかったので、「うちの親も気にしないと思う」と。安心してうちの両親にも会わせたひしてました。


しかし、実際に彼が彼のご両親に話したところ猛反対。もちろん未活ということも伝えましたが、特にお母様が昔嫌な思いをされたことがあり特に嫌悪感がすごかったです。

そしてそういうこともあり、彼からは別れを切り出されました。

一度は私も別れるしかないのか、、、と思ったのですが、「なんで信じてもしない創価学会のために私が結婚を諦めないといけないのか。と自分を奮い起こし、両親に脱会を宣言。

向こうのご両親も最初は創価学会の家自体に疑問を抱いてたのですが、彼と一緒にご両親に挨拶したところ、本人が辞めてくれれば、ご両親には何も言わないというところまで認めてくれました。

最初、両親にそんなこと言うなんて絶対に出来ない!!と戦々恐々としてたのですが、今考えれば本当に変な話です。

だって最初から自分の意思ではないのに。続けていきたいなんて全く思ってないのに。

脱会宣言をしてからがそれはもう大変でした。
とにかく話にならず、暴言を吐かれ、もう親子関係は成り立たないな。と感じた日々でした。

半年ほど経ち、再三の脱会の話をし、学会本部に脱会届けを出しますと伝えたところ、
「ネットの影響ですか?(←普段から散々ネットは悪だ嘘だと毛嫌いしてるのでテンプレ発言です苦笑)

本部に出しても意味ないです。
地域で受理しますので、出すならこちらで出して。どうせこちらで処理するので。こちらに来るのがダメなら郵送でいいので」と言われました。

ここで質問なのですが、郵送でいいと言われても書式も何も分からないので、実家に帰って、最後に話しがてら脱会処理をしてもらおうと思ってるのですが、

・本当に本部に出さなくていいのか?内容証明を出した方が安全ではないか。

ということを、ご存知でしたらお教え頂きたいと思います。

父は地区部長のため、何かあれば届けをなかったことにももちろん出来る立場です。

ここまでは疑りたくないですが、それをやるために本部に出しても無意味と言っているのではないかと、、、

ただ、私はもう創価学会とは本当に無縁でいたいのです。
名簿に名前が乗る、知らない人からいきなり連絡がくるということは避けたいのです。

このまま父の言う通りにしてたら、適当に誤魔化されるのでは、と思っています。

ここまで心配して、しっかりケジメをつけたいのは

父が結婚相手が創価学会を反対してると伝えたときに
「選挙も頼めない親戚なんか要らない」と言ったことです。

この言葉に愕然としたからです。

最初は「お前だけ信心を続けられればいいんだ。相手にはもちろん強要なんかしない」と言っていたりもしたのに、私が脱会宣言した途端に、上の発言が出たのでした。

その瞬間、子供を創価学会の道具扱いしているのだな、と思ったので、創価学会にいては、結婚する家族に迷惑がかかると思い、今は何がなんでもやめたいと考えています。

父と会って話をしたあと、念のため本部にも内容証明で送った方がいいのでは、と思うのですが、その事実が父が知るとまた怒り狂う様が目に浮かびます、、

ここは父に脱会処理をしてもらうというのを信用ベースで任せるしかないのでしょうか、、、

前置きが長くなりましたが、ご回答頂けるとありがたいです。

長文乱文失礼いたしました。
2014/07/25 (Fri) 14:33 | かおるん #mQop/nM. | URL | 編集

No title

以前コメントを残させて頂きましたこっこと申します。

非活3世の彼がおります。

内部の方の体験に基づいた考えは外部にとってはとても参考になりました。
特に「触らぬ神に祟りなし」の記事を何度も見返しています。
学会員との結婚を考えている人にとって非常に参考になる記事かと感じます。


それでも正直言って会員との結婚は相当大変だと身につまされます。

先日、私の両親の元に彼が挨拶に来ました。
両親は私同様、創価嫌いです。
ときおり出てくる両親のアンチジャブや質問も受け止めていて
観光で近所の寺に参拝することもしていた彼に感謝です。

両親は彼自身には問題はなさそうと感じたようです。
私自身も彼との生活には強くは不安に感じることはないです。


ただ、学会員である彼のお母様にはアンチである私をよく思っていないようで
会ってもらえません。一時期、彼にやめてほしいとお願いしたこともあって。(今思えば義両親の性格を考えると迂闊でした)

とっかかりがそれになってしまいましたので
それを払拭するにはまずは最初は時間、そして誠意と大らかな気持ちかなと感じます。。

このところ、創価のことを考えるととてももやもやしてしまっていたのですが、
(余計モヤモヤしそうなので「黒い手帖」はまだ読んでいません)
まずは彼との関係を大事にして生活を楽しむことですね。

過度なアンチ気質が抜けないので、スルースキルを上手く身につけたいです。

結婚へ進みそうだったらまたコメント残させて頂きますね。

2014/07/25 (Fri) 10:34 | こっこ #- | URL | 編集

ありがとうございます

こんにちは。
吉野さん、豆柴さん、マキシムさんのコメント拝見しました。
愚痴めいた書き込みだったにもかかわらず、暖かいお言葉、ありがたく存じます。

吉野さん、組織離れについてのアドバイスありがとうございます。
確かに私の両親との同居は厳しくて、彼の両親との同居が
リアルな未来の話です(>_<)
なるべく私の実家に近づけるよう、頑張っていきたいと思います。
余談で先日地元の祭(神事)があり、私の実家で必ずその期間に食べている
料理を作り・私の母がお菓子を持って来てくれました。
(地域に住んでいる人の習わしで、けして珍しい事じゃないです)
帰宅した彼がごちそうだと驚いていて、これ初めて食べるわ~って言うんです。
彼の家が創価だと改めて思い知った瞬間でした。
食べ物もお菓子もちゃんと意味があって、説明しました。
拒絶されず受け入れてくれたのでよかったですが、こうして一個ずつ
彼に教えていってあげるのが大事なんだと思いました。

豆柴さん、
未入会の奥さんも居る事がわかって安心しました!
信心させてもらえるだけで幸せ、本当にそこで止まってて欲しいです。
私の周囲で学会の男性と結婚した人は居ないので情報が乏しく、
入ってくるのは噂話ばかりです。子供が出来たらうるさく入会を迫られる
というのが、今とても気にかかっています。
旦那様が覚醒されたそうで、おめでとうございます。羨ましい限りです。
きっと沢山の御苦労も
あったのでしょうね。私もくじけることなく頑張りたいです。

マキシムさん、
私の経験談をもっと読みたいと言って下さる方がいるなんて・・・・
ありがとうございます。
彼氏さんの親御さん、気になりますね。
信心って親の影響かなり大きいんじゃないかって、彼を見ていて思うことが多いです。
あと、祥蘭さんも書かれていたように創価じゃない自分でも相手が
受け入れてくれるか?っていうのは、聞いた方がいいと思います。
私も結婚の話題が出た時、別れを覚悟で聞きました。
自分にやる気が一切ないってことも伝えました。
それで彼はOKだったけど、彼の両親がそれでもOKなのか?私の考えを受け入れるのか?
彼が彼の親をちゃんと説得するのか?
そこまで確認してから私の両親に結婚の挨拶にきてもらいました。
そうやって今に至るんですが、私の事を尊重してくれるかわり、
彼が活動に出る事も尊重するわけなので。
それが実は今結構しんどく思えます。
といっても彼はほどほどにしか携わってないので、出かけても週1あるかないかです。
それでも「行ってくる」と言われると、内心嫌な気持ちがします。

祥蘭さん、
いつも丁寧で思いやりあるコメントありがとうございます。救われます。
婦人部はお話の引き出しが少ない、本当にそのとおりかもしれません。
失礼ですが会話して無知だなと思う事は結構あります・・・・。
それと、端々に創価ネタを入れてくるのが気になります。
(創価タレントの誰それが出てた番組見た?って話題の振り方が多いです。)

ひとつご相談です。
お盆休みに彼の友人が帰省してくるので、まだ私と会った事がない
友人たち(夫婦含む)を呼んでお披露目会的な事を、彼と友人で
計画しています。
(一緒に計画している友人がバリ活のようです)
創価じゃない人も参加しますが、会員の友人と会うのが初めてで
ちょっと構えています。
どのように接するのがいいと思いますか?変な質問ですみません。
宜しくお願いします。



2014/07/21 (Mon) 17:28 | ひろ #Ybw1CIdM | URL | 編集

はじめまして

学会一世のアサガオと申します。
高校卒業時、親戚の紹介で入会しました。
それからン十年、そこそこ活動を頑張ってきた方です。
数年前から婦人部の活動が苦しくなり始めました。
理由
①周囲の学会員を見ても、幸福な人が誰も居ない。
自分自身も同じく、福運という言葉とは程遠い。
外部の人たちの方が幸せに豊かに暮らしているのを見て
何がどう違うんだろうと考えるようになりました。

②座談会。一言発表をみんな渋る。
私は司会者をすることが多かったけど皆目を伏せるんです。
当ててくれるな、という無言の抵抗を感じました。
座談会は歓喜の報告で一杯なんて、聖教新聞に書いてある。
信じられない。私の地域は惰性で出席している人ばかり。
全員発言にしても「何も無いですが、OO頑張ります」
皆同じことを言います。
OOは新聞推進、折伏、お題目です。
私が入会した頃はこんなのじゃなかったのにどうして?
そんな疑問がありました。

③子供の関係で知り合ったママさんに学会宣言をしたところ
あなたもお子さんの事も好きだけど、宗教の話をするなら
距離を置くことになると言われました。
その人のおかげで、初めてネットの学会情報に触れました。
自分が薄々感じていた疑問の裏付けが全て取れ、呆然とし、
活動を停止する事を決意しました。

最初に書いたとうり、私は一世で親は非会員です。
私が入信した理由は、実の親が毒親だったからです。
母方の親戚のひとりが学会員で、家族全員活動家。
家族全員仲が良く、私の憧れでした。
中学生の頃、一時期実親と離れて暮らす状況になったとき、
まっさきに手を上げて迎えてくれたのが学会員の親戚でした。
親切にしてもらい、親以上の愛情をもって接してくれたと感謝しています。
自分から入信したいと思ったのは、親戚に恩返しと言うよりは
自分もこんな風に明るく・人に優しくなりたいと思ったからです。

創価の実情を知って、親戚もマインドコントロールにかかって
いるのだと歯がゆく思うようになりました。
私の悩みは、実親に対してではなく、親戚に対してです。
脱会する・したと言ったらきっと「この恩知らずが」と
なることが予想されます。
私は実の親と連絡を断っていて、親戚が本当の家族みたいに
なっています。
他に身寄りも無いので、私は親戚との縁が切れてしまう事が
怖いんです。
本心を隠し通したまま、つきあっていくしかないのかと悩んでいます。

祥蘭さんの仰る事を否定するつもりじゃないのですが
非創価でも、非常識な親はいるんです。
私は非創価の非常識な親元にいた為、創価の親(親戚です)が
まともに思えましたし、慈愛を感じました。
けどその慈愛は学会ありきの物と、祥蘭さんがお母様に
感じられた無力感を私も感じています。
祥蘭さんとお母様の会話のような内容を、親戚とも出来たらいいのですが
1対10(これより多くなるかも)の袋叩きに遭いそうで、出来ません。

こんなケースもある事を知って欲しくてコメントしました。

2014/07/16 (Wed) 22:16 | アサガオ #- | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/16 (Wed) 17:07 | # | | 編集

こんにちは!

こんにちは!

祥蘭様、吉野様コメントありがとうございます。
プライベートで忙しかったので、なかなかコメントできずにいましたが、ブログは拝見していました。

祥蘭様のお母様との関係はすべて共感できます。私の母はバリ活ほど活動していないけど非活でもないという状況ですが、やはり創価脳ですし、活動拒否していることを母に報告され文句を言われてしまうので、数年前から距離をおいています。

本当なら、他の家のように仲良くしたいのですが、創価が関わり活動を強要されたり、創価の思想を押し付けられることによって「一家和楽」になったことは一度もないどころか、親子の信頼関係も全くありません。子供のころからなんとなくおかしいと感じていました。

子供には同じ思いをさせたくないと、つい最近、本部に内容証明で脱会届を送付し、法的には脱会のしたことにはなっていますが、本部から支部、支部から母に報告されるのはいつか、嫌がらせがないかとびくびくしています。

子供の信教の自由を守るために、悪に加担しないためにと言う思いがあり、Xディまで待つことはできませんでした。

最近、集団的自衛権が閣議決定されましたが、外部の方からみても創価は平和のための活動ではないことがわかりますね。民主主義なのに暴走する権力者は恐ろしいと感じましたが、公明党を支持している創価の活動家はどのように感じているのでしょうか?

先日、テレビで集団的自衛権が閣議決定されたら、アメリカからの要請を断れなくなるといっていましたし、自衛隊のなりてがなくなると「徴兵制」の可能性もあるという専門家のコメントがあり、活動家はどのように考えていらっしゃるのでしょうか?

ところで、話は変わりますが、創価大学のホームページにこのような記述を見つけました。以下抜粋

パワー・ハラスメントとは、業務上の優越的な 地位にある者、また課外活動等で指導的立場にあ る者等が、その地位や立場を利用して、部下や指導を受ける者に対して、人格を侵害するような言動や、妨害・嫌がらせ・いじめ等の行為を継続的 に行い、精神的な苦痛を与えることをいいます。 このような行為は、優越的立場にある者が、その権限や地位を利用して、明確な意図を有しているか否かにかかわらず、「弱い立場にある従属的立場にある者」の自由意思や自発性を抑圧し、さらにはこれを否定することとなる一方的な「いじめ」であり、従属的立場にある者の個人の尊厳や 人格を侵害する行為です。 学生のクラブ等の課外活動で、指導的立場にある者が、指導を受ける者に対し、過剰な負担を課したり、個人の尊厳や人格を侵害する発言や行動を することも、パワー・ハラスメントの一種になります。

これを読んで、このような日常的に人権侵害をしているのは創価学会のことではないでしょうか。
2014/07/16 (Wed) 11:50 | ミル #- | URL | 編集

*hana*様 海子様 吉野様 豆柴様 マキシム様 いず様

コメントありがとうございます。
いつもながら承認・お返事遅くなってすみません!!

ひろさんあてのコメントが沢山あります。早く読んでいただきたいと思いながら
遅くなってしまって反省しております。

いつも、レスをつけるタイミングで公開しているのですが
次からはコメントを先に公開させていただき、お返事はのちほど形式に
変更させてもらいますね。

*hana*様

>私の母も功徳信仰のど真ん中です。
子供のときから家のことなんてほとんどしたことないのに、学会活動をやってきたから家族にとって、良い母親だと確信を持っているような人です。

自分の信仰のおかげで子供達が幸福に・立派にやれているんだ!
という自負をもつ婦人部は相当多いでしょうね。
それが子供の努力や頑張りを認めていない事になり、親子関係に
影を落とすことにまで頭がまわらないという。
うちの母も、もれなくそのパターンです。
創価側からMCされた結果です。
子供にじっくり丁寧に向き合う事を放棄してでも、活動第一で!と
母親世代も刷り込まれてきたんですよね。
酷い話です。そういった意味では、母親たちも被害者です。

>アポなし訪問を当然としている世界にいるからなのか、とにかく前もって確認するということが出来ません。
我が家に遊びに来るときも、突然ピンポーン!です…
前もって連絡してと何度注意しても出来ません。

「アポなし訪問を当然としている世界」
笑ってしまいましたw すみません。全くその通りですよね。
相手の都合なんておかまいなしですよね。
うちの母も、同じですよ。
自分が正義という都合で行動するからそうなっていくんでしょうけど
改めてもらいたいと本当に思います。

>そんな母親ですので、ちょっと恨んでいる部分もまだあり、脱会させて良好な親子関係を育みたいとはまだ思えていません。

ご自身の気持ちが完全消化される日が、いつか来ると思います。
私も恨みつらみが強かったですし、実は覚醒前のほうが強かったです。
逆に覚醒後は妙に合点がいったんです。
ああ、母がKYなのは創価脳なせいなんだ!と。
勿論もともとの性格やらも関係あるとは思いますが、
残念さを増幅させていたのは
母が妄信している創価教義だったのだと納得しました。

>もっと母親を受け入れてあげるべきだとも思う自分もいて、葛藤を続けているせいなのかまだ母親に自分の気持ちを話せていません。

葛藤することは辛いですし、消耗もしますよね。
けれどそれだけ真剣に*hana*さんがご自身や家族の人生を
考えておられる証です。
いろんな折り合いのつけ方があって良いと思いますし
それは覚醒のきっかけ同様、1000人いれば1000通りの
おとしどころがあると思います。
私もまだ模索しているところです。
*hana*さんにとっての幸いなかたちが見つかりますように。

海子様

>それから四十九日や法事に参加のたび学会の方が来られ、遺族(未活動)に対し
洗脳するような言葉をかける事に疑問をもちました。
私が未活動な事も知っているので、そろそろ活動に出たほうがいいなど。
何の権限でそんな言葉が出るのだろうと理不尽な怒りがわいてきました。

挨拶代りのように「そろそろ会合に出たら?」って言いますもんね。
おいおい、故人を偲ぶ場面でなぜそれが出てくる?
何の権限で、本当に海子さんのおっしゃる通りです。

>祈りで不可能を可能に変革していくとか、失意の友人を励ますという行動は賛成できるけど
みんなが創価の活動家になるというのがどうしてもイメージできなくて、点と線がつながらない状態でした。
どうしようもない違和感から、逃げました。

海子さんが先輩にされた質問、私は誰にも言えませんでした。
怒られる事が薄々予測できたからいわなかっただけで、やっぱり
疑問でしたよ。
女子部幹部はパステルスーツが決まりなのと同じようにw
なんで、みんな一緒じゃなきゃいけないのか。解らなかったです。
でもそれを口に出した瞬間に福運功徳が消されると、言えませんでした。
逃げる事も出来なかったです。逃げたら福運がなくなるから。
どんだけ欲深かったのかと、恥ずかしい限りです。
海子さんは、MCにかからなかった冷静でクレバーな方だと
お見受けします。

>題目を唱えると安心はするんですが、解決はしません。
解決しないと、お題目が足りないのか。活動をやらないからなのかと
追い詰められた気分になっていました。
関係なかったと気付いてとても楽になりました。
他力本願では無く、自分自身がしっかりしよう!と思えるようになりました。

まさに「心のお守り」でしたよね。
私もお題目上げてるから大丈夫!と、言い聞かせて日常を
送っていました@活動家時代。
願いが叶わないのは題目の数が足りないからでも、
活動しないせいでも、なんでもない。
冷静に考えたら、自分の努力の方向が間違ってる事が
多いですね。
そこを正してみるのが一番早道だと私も思います。

>私もできれば身内に覚醒してもらいたいです。
身勝手で、どれだけ沢山周囲の人に迷惑をかけているのかにも気付いて欲しい。
そんな気持ちでいっぱいです。

海子さんのお身内も、かなりの活動家なのですね。
なかなか創価脳に常識をわかってもらうのは難しい、
至難の技です。
けど、自分が気付けたのだから・・という希望を失わず
働きかけていければいいなと思います。

吉野様

>周りの人たちのことはどうでもいいって事ですよね。日顕さんが行く先の地方には
全く関係ない一般の人たちが住んでるのに。学会員だって含まれているのに。

本当ですよね~!!
上を向いてツバを吐いたら自分にかかるって話を
思い出しましたw (汚くてすいません)
先生奥さまを守る会があると聞いた事がそういえばあります。
何をやってるのか、具体的なことまで知りませんでしたが
吉野さんの仰るご祈念活動がメインなのかな。
有志結成か・上からのお達しか知りませんが、いい加減に
してほしいですねw@夫妻賛美。

>とにかく信心に関しては親が絶対。何でも知ってるからかなわないだろう、
そんな態度がすけてみえます。
変な話ですが、役職でみるところもあって今私が何も役職をしてないので、
役職を持っている自分のほうが上!って意識も持ってるんです。
親子間でそんなのってないと思うし、異常だと思います。

創価の親子観のいびつさ、ですね。
吉野さんの御苦労、お察しします。
役職なんて一般世間でも無視されるのが関の山だし。
ましてや親子関係にそんなもの入れるべきじゃないと思います。
いつだったか、幹部が話してました。
大聖人様の前ではひとしく皆「弟子」にかわりない。
役職は組織の中で便宜上つけているだけのもの。
だから偉そうにふるまったり、自分の方が上だなんて威張りは
意味が無いし、恥ずかしい事だと。
創価内でもこんな考えがあるので、家庭内でも是非
反映させてほしいものです。

あややんさんとひろさんへのレス、ありがとうございます!
これからも宜しくお願いします。

豆柴様

>紆余曲折あり、活動家だった彼が覚醒して約2年です。ほとんど学会には関わらず穏やかな生活を出来ていましたが、子供を望んでいることもあり、関連事項(お宮参りや七五三など義両親はどう思ってるんだろう?等)を再度検索したところ祥蘭さんのブログに辿り着いた次第です。

未入会の奥さまからのコメント、とても嬉しいです!
ありがとうございます。
ご主人が覚醒されたとのこと。心強い限りです。

>祥蘭さんのご決意に、私も自分の経験をブログにしてアップしてみようかなという気持ちになりました。当時、学会に関わる方のたくさんのブログに助けられた恩返しをしたいという気持ちもあります。

是非、お願いいたします。
私も覚醒後にさまざまなブログをめぐる中、大変身につまされたのが
非会員の配偶者が、創価脳のご主人を覚醒に導いた内容の
ブログでした。
私の主人は根負けして入会はしましたが、全くの非活です。
黙ってこれまで見て来てくれたけど、内心どうだったんだろう?!
と考えると、いたたまれませんでした。
また、主人をこれまで以上に大切にしたいと改めて思いました。

ひろさんのような、悩める創価の配偶者をもつ方々はもとより
半分覚醒しかけている・または覚醒した人の心にも
きっと響くものが、豆柴さんの綴られるブログにあると思います。
貴重な経験をお聞かせ頂ければ、後に続く方々の
確かな道しるべになるのは間違いないでしょう。

>これからも応援しています。ただ、ご無理なさらぬようお身体には充分お気をつけくださいね。経験上、学会問題はかなり心が疲弊しましたので。

ありがとうございます。
ひろさんへのコメントも、感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

マキシム様

>私は創価というだけで彼を拒絶するほど、創価がどんなものか知りませんでした。
そして、知りたいとも思いませんでした。
同級生にもいて、選挙を頼まれるくらいで勧誘されたことは一度もなかったのですが、
なんとなく近づいてはいけない団体と覚えていました。
彼に正直にそのことを話すと彼は「マキシムに一緒にやろうとも言わないし
やってほしいとも思ってない。ただ、創価を見て俺を判断するのでなく
俺を見て創価を理解してほしい」って言ったんです。
つまり自分が創価の看板だとでも言いたげでした。

非会員の方からのコメント、嬉しいです。
創価の彼がいらっしゃるのですね。
”俺を見て創価を理解して欲しい”とは、スゴイですね。
創価にロマンを感じているタイプの彼なのか・・
こう言ってはなんですが、創価の「いい部分しか見ない」タイプかも
しれませんね。
活動家に多いタイプです。
暗部には目を向けない。知らない。知りたくもない。
そもそも自分には関係ない。 
だから疑問を持たず活動していられる、という。

>プロポーズをうけた訳じゃないんですが、それらしき話はでています。
そうなった時に面と向かって話せばいいのか。そうなる前に話した方が
私もダメージが少ないのか、と、迷う所です。

酷な話かもしれませんが、
マキシムさんがはっきりと創価を拒絶しても、彼がOKなのか
そこで次の展開が決まるように思います。
たとえば「結婚するなら入会だけでもして欲しい(活動はしなくて
いいから)」というような男性も、創価には多いんです。
2世は信教の自由に馴染みが無く、押しつけで生まれ育っている故です。
おつきあいだけなら、創価NGでOKでも、結婚するとなると
創価の家族が絡んでくる。冠婚葬祭は避けようがない。
それでも彼がマキシムさんの信仰の自由を尊重してくれるのか?
ここは早めに確認したほうがいいと思います。

>話は全然変わりますが、これって創価あるある?と思った話を。

面白エピソード、ご紹介くださってありがとうございますw
確かにあるあるですね。
御書も命の次に大事と教わって育ちました故に。
今じゃ、家の中のどこにいったか解らないんですけどねw

>これを機に、また相談させてもらえたら嬉しいです。

はい、喜んで。
これからも宜しくお願いします。

いず様

>そしてこれも政争の具なだけであり、裏取引があると見るのが普通だと思います。
表向きの取引内容としては軽減税率でしょうか。次期選挙の為にもはっきりと「公明党の実績」として語れるお土産が無いと
最前線で票取りする学会員が許さないと思いますw

いずさんご指摘通り!
特定秘密保護法の直後に軽減税率の協議がニュースに出ましたが
今回も、閣議決定の数日後には軽減税率協議が出てきましたね。
公明党は「さぁ、いうこときいてもらうぞ!」的に盛り上がってましたが
対する自民・政府側はポカーン・・何を今さら、的な展開ですよね。
結局は、ズレてるんだなぁという感想を持ちました。

>生活保護受給の話は地域内で普通に知れた話題らしく、そのことにも
大きな驚きがありました。個人情報ダダ漏れなのはデフォの組織ですが
生活保護情報まで?と。それが漏れ伝わるようになっているところもまた組織なんですね。
(相談窓口が組織のすぐそばにあるという意味で)。

貴重なエピソードお聞かせくださって、ありがとうございます。
実は私の実家方面でもこのテの話題は秒速で伝わるように
なってきました。
以前、たしかクロさんのブログで生活保護を受けられた=福運と
捉える学会員がいる・・との話を読んだ記憶があるのですが、
読んだ当時は驚きでしたが(身近には無い話でした)
ここ最近、本当にそうなってるみたいでビックリしました。
慎みを持って受け止めるべきところを、いろいろタダになった!と
はしゃいでるっていうのが、どうにもおかしいんですよね、創価脳って。

>バンティアスレイという遺跡で涙が自然と出てきて、ここに立っている事がとても幸せだと感じたんです。
まだまだ知らない事は沢山ありますし、意識的に排除してきた世界があるのだと思うと
随分損をした気もしますが、そのぶんこれから取り戻したいと気持ちを新たにしました。

素敵なご報告、ありがとうございます。
私まで嬉しい!
本当に、目隠しされてきた見知らぬ世界って無限にありますよね・・。
私も旅先で寺院など見学の機会があっても、全然興味を持って
見れませんでした。
はなから「外道、劣るもの」と認識し、排除してたんですね。
勿体無い事したなぁと後悔します。また行ける、ってほど気軽に訪れる
場所じゃなかったりもしますし。
いずさんの仰る通り、恨みつらみを凌駕するくらい楽しむ。
私も心がけます!

>会長不在の数年間というのも不思議な気がしますが(活動家の時は思った事なかったです)
その間に何があったんでしょうね?池田センセーがのしあがった背景とは・・・・気になります。
そしてXデーが来たら学会は割れるとの読みも、そのように冷静に組織を見ていられる
お母様なら覚醒なさるの日も近そうに感じたのですが。

当時の事は、暴露本やネットから知るしかないのが現状ですが、
権力抗争があったのは間違いなさそうですね。
母の覚醒は、近い様で遠いです。
やはり信心半世紀以上の呪縛は想像を超えるものがあります。
またおいおい、書かせていただきます。

いずさんの明るいご報告が聞けて、とても嬉しいです!
あややんさんへのレスもありがとうございます。


2014/07/14 (Mon) 00:40 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

こんばんは、ご無沙汰しています。
暫く来ない間に集団的自衛権の閣議決定が公明党の協力でなされました。
私自身は集団的自衛権の解釈変更に反対ではありません(様々意見はあると思いますが言い分は長くなるので控えます)。
が、これが公明党の協力でなされた事については報道やネットニュースでも
懐疑的にとられているように私自身もおかしいと思います。
創価学会の掲げてきた平和理念が至極軽薄なものであったと露見しましたね。
最後までストッパー役を果たしただの言っていますが言葉尻を多少いじっただけでそんなことよく言えるなと。
そしてこれも政争の具なだけであり、裏取引があると見るのが普通だと思います。
表向きの取引内容としては軽減税率でしょうか。次期選挙の為にもはっきりと「公明党の実績」として語れるお土産が無いと
最前線で票取りする学会員が許さないと思いますw

ブラックユーモアたっぷりの4コマ漫画、見事ですね!
信仰という名のもとにどれだけ悪条件でタダ働きさせられてきたのか改めて憤りを感じました。
功徳や福運といった夢や霞のような対価でもいい夢みさせてやったんだ!と上層部は言い放ちそうですね。
先日かつての同志の現状を聞き、なんとも言えない気分になりました。バリ活青年部同志で結婚。
結婚と同時に開業した仕事が好調で夫婦揃って3桁財務の
活動報告していました。若いのに偉いと周囲から尊敬の目で見られていました。
しかし20年後(現在)廃業し生活保護を受けているとの事です。
奥さんが私の同級生ですがパニック障害になり外出できないと聞き、信じられない気持ちでした。
女子部時代は会合の司会といえば彼女の役目でとても明朗快活な人物。
セミナーや同放にいつも友人さんを連れてくるなど人望も厚いタイプでした。
そんな彼女がどうしてそうなってしまったのか、何かがあったのかわかりませんが
いまだご主人は最前線で活動家との話、祥蘭さん仰る無限ループのさ中かと感じました。
宿業は人それぞれだとか自分持ちだとかという常套句で納得していたら、人生なんて良くならないと思います。
一日も早く気がついて欲しいものです。
それとこの話を教えてくれたのは青年部時代の同期(やや活動家)です。
生活保護受給の話は地域内で普通に知れた話題らしく、そのことにも
大きな驚きがありました。個人情報ダダ漏れなのはデフォの組織ですが
生活保護情報まで?と。それが漏れ伝わるようになっているところもまた組織なんですね。
(相談窓口が組織のすぐそばにあるという意味で)。

話は変わりますが先月カンボジアへ旅行してきました。
遺跡巡りが趣味の友人がいて、今度行く時は誘ってとお願いしてまして
アンコールワット、遺跡群をめぐって来ました。
もう、ただただ感動でした。歴史の重み、神々に畏怖と憧憬の念を抱きながら作り上げられた
史跡に深く考えさせられ感じ入りました。
思えば活動家時代は全くそのような宗教的史跡に興味はありませんでしたし、
意識的に避けていたんだと思います。
邪宗だからと。素直に素晴らしいとか素敵だとか情熱を感じたり出来ませんでした。
バンティアスレイという遺跡で涙が自然と出てきて、ここに立っている事がとても幸せだと感じたんです。
まだまだ知らない事は沢山ありますし、意識的に排除してきた世界があるのだと思うと
随分損をした気もしますが、そのぶんこれから取り戻したいと気持ちを新たにしました。
祥蘭さんの「まちがいに気付いたからやり直そうと思います」
シンプルでストレートで、気持ちにぴったりとフィットします。
恨みつらみ言ってたって始まらない。まあたまには言いたくなるんですけどw
でも私はもう自由なんだから、恨みつらみを凌駕するくらい生きている時間楽しもうと決めました。

お母様のお話、戸田先生の逝去後を知っている世代らしい意見だと感じました。
空中分解するなんて話があったとは初耳でした。本当にそうなっちゃえばよかったのに。w
会長不在の数年間というのも不思議な気がしますが(活動家の時は思った事なかったです)
その間に何があったんでしょうね?池田センセーがのしあがった背景とは・・・・気になります。
そしてXデーが来たら学会は割れるとの読みも、そのように冷静に組織を見ていられる
お母様なら覚醒なさるの日も近そうに感じたのですが。
続きが気になります。

久しぶりに書き込むので長くなってしまいました、すみません。
暫く実家と連絡を断っているおかげもあって今の私はとても快調です。
いつも祥蘭さんには愚痴ばかり聞いてもらっているので申し訳ないのですが
励ましをもらって前を向けています。
季節の変わり目なので、祥蘭さんも体調管理に留意なさってください。


あややんさん

私は携帯を2台持ちにしました。
というか、スマホが持ちたかったので。学会員が知っているアドレスはガラケーで
家族割にしているので、実家連絡と学会用(?)になっています。
スマホの方をプライベートのメイン使いにしています。
脱会していない以上、連絡を全く断ってしまうのは面倒がおこりそうな気がします。
というか、連絡してこないでと意思表示したならそこでストップする
内規にして欲しいですよね。
ただでさえ個人情報保護とうるさい時代に逆行しまくりでウザイ限りです。

2014/07/12 (Sat) 22:38 | いず #- | URL | 編集

No title

初めまして。
壮年部の彼氏もちな、非会員の女です。
彼と交際半年のとき創価だと突然カミングアウトされました。
戸惑い情報を求めネット検索中、祥蘭さんのブログに辿りつきました。
(実は以前非公開コメントを入れてます。その時のHNを忘れてしまいました)
アンチブログにありがちな過激さ、あからさまな攻撃性が苦手です。
ばりばり学会員と何も変わらないと思ってしまいます。
そんな過激さが祥蘭さんにはなくて、とても冷静で落ち着いた文章が好きです。
創価脳の思考パターン、行動原理、かなり勉強させてもらってます。

ひろさんのコメントは、まさに自分が知りたかった結婚後のお話で
もっと聞かせてほしいと思いました(失礼だったらごめんなさい)。

私と彼の事も少し。
彼はバツイチです。離婚理由を「性格の不一致」と言っていましたが
根気よく聞きだしたところ、やっぱりというか創価問題もありました。
前妻は未入会で、こんなはずではなかったという事が多々お互いあったみたいです。
私もそんなに若くないので、彼との結婚を意識してます。
そして彼も再婚したいと思ってて、次は絶対失敗したくないそうです。
私にカミングアウトしたのも、それで引かれるなら縁が無かったと
あきらめるためだったと言っています。
私は創価というだけで彼を拒絶するほど、創価がどんなものか知りませんでした。
そして、知りたいとも思いませんでした。
同級生にもいて、選挙を頼まれるくらいで勧誘されたことは一度もなかったのですが、
なんとなく近づいてはいけない団体と覚えていました。
彼に正直にそのことを話すと彼は「マキシムに一緒にやろうとも言わないし
やってほしいとも思ってない。ただ、創価を見て俺を判断するのでなく
俺を見て創価を理解してほしい」って言ったんです。
つまり自分が創価の看板だとでも言いたげでした。
彼は創価のイメージを変えたいんだそうです。
(あんまり詳しく書くと身バレしそうなので、彼の人となりについては
この辺でやめときます)
会合に誘われた事も無ければ新聞をとってくれと頼まれた事も
一回もありません。
活動もネットで見るような、毎晩とかはなさそうです。
時々日曜の夜に早く帰りたがる事があって、家庭訪問の待ち合わせがあると言っていました。
そんな時はちょっとイヤな気がします。
私と過ごす時間よりもそっちが大事か!っていう。仕事でもないのに!っていう。
最初は私、二人の間で創価が話題にならないなら勝手にやっててと思っていたんです。
それが彼の趣味なんだと受け止めようと思ってました。
けど、いろんなブログを読んでくうちに趣味だとしてもこれはいい趣味じゃないから
止めて欲しいと思い始めました。
創価は宗教じゃないという言葉。
そしてブラック企業4コマが創価の活動とかぶるという情報。
そんなところに、彼にいてもらいたくありません。

彼がすすめてこないのに、私の方から創価話題を出して否定的な
意見するのもどうなのかなって迷いがあって、彼に「やめて」とまだ言えてません。
私たちはこのまま結婚へ向かっていいのかな?と思う事が最近増えています。
彼は故郷を離れているので、まだ実家に伺った事もありません。
(話を聞く感じではたぶん3世だと思います)
プロポーズをうけた訳じゃないんですが、それらしき話はでています。
そうなった時に面と向かって話せばいいのか。そうなる前に話した方が
私もダメージが少ないのか、と、迷う所です。

話は全然変わりますが、これって創価あるある?と思った話を。
彼の家に行った時、その辺りに散らばった本と雑誌をまとめて置いてあげたら
「これは一番上」と彼に積み方を直されました。
だったらさいしょっから自分が片付けておけばいいのに!と思いながら、一番上に置いた本を確認したら御書大辞典でした。
祥蘭さんが記事で一番上にしないとダメと書いてたのってこれだったんだ!
と、思わず「わっ、こういう事」って声出てしまいました。

これを機に、また相談させてもらえたら嬉しいです。

2014/07/10 (Thu) 18:31 | マキシム #PgkbvmFo | URL | 編集

応援しています

初めまして、豆柴と申します。私自身は未入会、旦那さんが三世です。付き合い始めて3ヶ月で彼が学会員であることが発覚し、昨年の結婚に至るまで長く険しい道のりを経験しました。

私自身が学会に対してほぼ何も知らない状態でしたので、数々の関連ブログやそこで行われているコメントのやりとりに当時本当に助けられました。

紆余曲折あり、活動家だった彼が覚醒して約2年です。ほとんど学会には関わらず穏やかな生活を出来ていましたが、子供を望んでいることもあり、関連事項(お宮参りや七五三など義両親はどう思ってるんだろう?等)を再度検索したところ祥蘭さんのブログに辿り着いた次第です。

祥蘭さんの、少しでも悩んでいる人の為にできる限りブログを続けていくとの決意に感動し、非力ですが是非エールだけでも贈らせて頂きたいとコメントさせて頂きました。

祥蘭さんのご決意に、私も自分の経験をブログにしてアップしてみようかなという気持ちになりました。当時、学会に関わる方のたくさんのブログに助けられた恩返しをしたいという気持ちもあります。

これからも応援しています。ただ、ご無理なさらぬようお身体には充分お気をつけくださいね。経験上、学会問題はかなり心が疲弊しましたので。


ps ひろさん、現在は活動家の男子部の方でも奥さんが未入会の方は多いようです。具体的な割合はわからず申し訳ないのですが、以前、『私は信心しなくていいと言っててもいずれ入れるつもりなんでしょ?一家和楽なんでしょ?周りにも折伏しろってどうせ言われてるんでしょ?』、という感じのことを当時の彼にぶつけた時、『周りに奥さんがやってない人なんて山ほどいる、自分と豆柴が特殊なわけじゃない』、的なことを言っていました。また、聖教新聞に【未入会の家族に理解してもらい活動に行かせてもらえて幸せ】と題されたような記事を見たことがあります。ああ、最近の学会は折伏できなくても最悪本人だけは活動させてもらえればいい、とまで妥協し始めてるんだなあと当時思った記憶があります。
2014/07/10 (Thu) 13:19 | 豆柴 #ET7h6Vww | URL | 編集

No title

おはようございます。
台風が上陸しましたね。
各地大きな被害が出ないことを願ってます。
婦人部の唱題会でひたすら天候良好を祈念しているグループ(守る会)があると聞いたことがありました。
池田夫妻が出没する場所だけはいつも良い天気でありますようにって。
逆に、日顕さんの行く先は悪天候になるように祈念していると。
当時はなんとも思わず聞いてましたが、いま思いだしたらゾーっとします。
周りの人たちのことはどうでもいいって事ですよね。日顕さんが行く先の地方には
全く関係ない一般の人たちが住んでるのに。学会員だって含まれているのに。
以前、私の住んでいる地域で晴天だったのが2時間ほど大荒れの天気になった事が
あったんです。雷鳴と土砂降りも。
後日婦人部の幹部から「日顕が来ていた」と聞かされて驚きました。
今となってはそれが本当かどうかも疑わしいです。
台風や大雨などのニュースを見るたびこの記憶がよみがえってきます。
単なる自然現象も、全部そっちに結び付けてMCの材料にしてたんだとわかって
腹立たしいです。

祥蘭さんのお母様との会話、落ち着いて深い話をできる関係が凄いと感じました。
お母様は口では抵抗しながらも、内心ひっかかりを持って活動して
いるのかもしれないですね。
私はその話題(池田没後)に触れることができません。
祥蘭さんが以前書かれてましたが、親が信仰の師匠で子供は弟子
私もそのパターンです。
普通の世界では、師匠は弟子が自分を超える事を喜ぶそうなんですが
創価の世界は違いますね。池田さんだけは自分を超えるなんてダメって考え方で
私の親もそれを受け継いでいます。
とにかく信心に関しては親が絶対。何でも知ってるからかなわないだろう、
そんな態度がすけてみえます。
変な話ですが、役職でみるところもあって今私が何も役職をしてないので、
役職を持っている自分のほうが上!って意識も持ってるんです。
親子間でそんなのってないと思うし、異常だと思います。
信心と活動話題になると常に上から話してくるので。
私が活動をしていない事は親も知ってます。でも信心はあると思っています。
何かあったらまた戻ってくるだろうと考えてるみたいです。
腹立たしいことが、同居のお姑さんに気を使って活動をしていないと
勝手に思いこんでいる事です。全然違うのに!
ストレスをためたくないので、実家とのかかわりをなるべく減らすように
なっています。親も高齢なので、心配ではあるんですけどね・・・。
これじゃ創価の一家和楽どころか、一家破壊です。

あややんさんへ

私はアドレスを変えました。
でも電話番号は変えてないので稀にショートメールが来ます(汗)。
完全に変えることは他の事情もあって出来ないし、したくないので、
たまの着信とメールは見過ごしてます。嫌だけど。
早く脱会して関わりなくしたいです。

ひろさんへ

私は2世で、主人が未入会です。
私は主人のお母さん(お姑さん)と同居したことがきっかけで、価値観が大きく変わりました。
それでも覚醒するのに数年かかりましたが、創価家庭と一般家庭の違いを知ったら
自分の子供は一般家庭育ちにしたいと考えるようになると思います。
そのくらい創価家庭って特殊です。
ひろさんのご実家と同居は難しいかもしれませんが、休日を一緒に過ごしたり
なるべくひろさん側の家族にご主人を近づけてあげたらどうでしょうか。
創価はとても閉鎖的な組織だから、その中にいる時間が長びくと
そこにいるのがあたりまえで、自分の居場所だと錯覚します。
組織の人とばかり付き合っていると、外の世界とうまく適応できなくなって組織が居心地良くなって行くんです。
それが逆になれば、組織が居心地悪くて他のところの居心地が良くなれば
組織なんて離れられると思います。
男性と女性の差はあると思いますが、私の経験として思った事を書かせてもらいました。
大変だと思いますが、応援しています!

2014/07/10 (Thu) 09:24 | 吉野 #- | URL | 編集

No title

初めまして。
最近完全非活になった2世の婦人部です。
もともと活動は程々にやっていました。バリ活ではなかったです。
そんな私が覚醒したきっかけは、未入会の身内の葬儀が友人葬だったことです。
家族葬にしたらいいのにと思いましたが、喪主が一級活動家で
メンツもあったのか学会流で行いました。
それから四十九日や法事に参加のたび学会の方が来られ、遺族(未活動)に対し
洗脳するような言葉をかける事に疑問をもちました。
私が未活動な事も知っているので、そろそろ活動に出たほうがいいなど。
何の権限でそんな言葉が出るのだろうと理不尽な怒りがわいてきました。
未入会者でも喪主が創価なら友人葬なのか、調べている時祥蘭さんのブログを見たのです。
お父さんが非活にもかかわらず友人葬だった経緯を読ませてもらいました。
止めに入られた家族の方の気持ちが解りました。
そして祥蘭さんの気持ちを読ませてもらい、私も止めればよかったと
複雑な心境です。
他の記事も共感できるものばかりで、読むたびに覚醒が進んで行きました。
まず新聞を止め、書籍を捨てました。
やっと先日仏壇を処分し、曼荼羅も巻きました。
私もXデーがきたら脱会する予定です。

幸いにも、夫子供は未入会です。
創価は人にすすめられないとの思いが昔からあり、私は折伏もしたことがありません。
女子部の頃、Bリーダーに任命され次期地区リーダーを目指そうと
先輩がつきっきりで会合に参加していた時期がありました。
連れて行かれた会合席上で、全ての友を創価の庭で活動家にさせてあげようという
メッセージが読み上げられた時、私の頭に浮かんだのは映画ラストエンペラーの1シーン。
皇帝に全ての人々がひれ伏すところでした。
ぞっとして鳥肌が立ちました。
帰り道で先輩にちょっとした疑問なんだけどと、皆が活動する世の中って変じゃ
ないですか?と質問したところ怒られました。
なんと怒られたかはっきりとは覚えてないんですが。
以来、活動を避けるようになりました。
祈りで不可能を可能に変革していくとか、失意の友人を励ますという行動は賛成できるけど
みんなが創価の活動家になるというのがどうしてもイメージできなくて、点と線がつながらない状態でした。
どうしようもない違和感から、逃げました。
それ以降は、悩みがある時や困った事になった時だけ会合参加していました。
解決したらまた逃げて。
活動家として目をつけられないようたちまわっていました。

そんな自分がどうして結婚の時に御本尊様を受けたかと言えば、お守り代わりでした。
どこのなにの宗教よりも一番の、宇宙パワーを持っている最強のお守りだと思っていたからです。
功徳と思える事も何個かあってそう信じてきました。
祥蘭さんが紹介していたポリアンナ症候群、教えてもらったおかげで目が覚めました。
まさしく書いてある通りの事、私の身に覚えがあったからです。
題目を唱えると安心はするんですが、解決はしません。
解決しないと、お題目が足りないのか。活動をやらないからなのかと
追い詰められた気分になっていました。
関係なかったと気付いてとても楽になりました。
他力本願では無く、自分自身がしっかりしよう!と思えるようになりました。

スムーズに非活になれましたが、一級活動家の身内がわりと傍にいますので
創価問題とスパッと縁切りといかないのが煩わしいところです。
私もできれば身内に覚醒してもらいたいです。
身勝手で、どれだけ沢山周囲の人に迷惑をかけているのかにも気付いて欲しい。
そんな気持ちでいっぱいです。
祥蘭さんのお母様との会話内容は、いつか参考にさせてもらいます。
(現状は話し合いのテーブルにすらつけません)

長文失礼しました。
これからも応援しています!



2014/07/07 (Mon) 23:38 | 海子 #.rEgMis2 | URL | 編集

こんにちは。
いつも丁寧なお返事ありがとうございます。

聡明なお母様ですね。
祥蘭さんもお母様もしっかり本音で対話されていて素晴らしいと感心するとともに見習わなければと思ってしまいます。

私の母も功徳信仰のど真ん中です。
子供のときから家のことなんてほとんどしたことないのに、学会活動をやってきたから家族にとって、良い母親だと確信を持っているような人です。

母親は創価のせいなのか、元々なのか、とにかく常識が無くて、小さい頃から恥ずかしい思いを何度となくしてきました。
結婚するときに相手のご両親への挨拶も常識の無さに恥ずかしかったことを覚えています。
また最近では、娘の園行事に参加するなんて事前に言っていなかったのに、当日に直接園に行き、幼稚園で始まる時間を気いたりと本当にうんざりしてしまいます。
アポなし訪問を当然としている世界にいるからなのか、とにかく前もって確認するということが出来ません。
我が家に遊びに来るときも、突然ピンポーン!です…
前もって連絡してと何度注意しても出来ません。

そんな母親ですので、ちょっと恨んでいる部分もまだあり、脱会させて良好な親子関係を育みたいとはまだ思えていません。

私が母親に望むのは、私の脱会を自由にさせてくれること。
これからも私達とのことより活動を優先するのであれば、中途半端に関わらないでほしいことです。

もっと母親を受け入れてあげるべきだとも思う自分もいて、葛藤を続けているせいなのかまだ母親に自分の気持ちを話せていません。


ただの愚痴になってしまい、また乱文申し訳ありません。
これからもお母様との対話を参考に自分の考えをまとめたいと思います。
2014/07/04 (Fri) 23:34 | *hana* #- | URL | 編集

あややん様 ひろ様 マリーナ様

コメントありがとうございます。
承認とお返事が遅くなって申し訳ありません。

あややん様

>兄をみて活動家男子部との結婚はやめようと決めてました・笑。

お兄様に申し訳ないですが、笑ってしまいましたw
確かにバリ活男子部と結婚したら悲惨ですよね。
私の周囲にもおりましたが、母子家庭状態だと嘆いてました、
奥さんが。
それでよく「一家和楽」なんてスローガン言えるなぁと。
人をばかにするのもいい加減にしろと、池田老人および組織に
言いたいです。

>地域では「店内のお客さんに被害がなく、本人も無事だったから
転重軽受だった」と語られてました。が、お店は数日間営業を
停止し補修したから大変な迷惑がかかってます。
それでも「転重軽受だ」とか言えてしまってる事に、今は大きな違和感があります。
自分たちさえよければそれでいいみたいな考えに。

貴重なエピソードお聞かせくださって、ありがとうございます。
まともに聞いてそれのどこが転重軽受なんだか、さっぱりわかりません。
お店に迷惑をかけた事は本当にどうでもいいみたいですね。
あややんさんのおっしゃる通りで、自分たちだけよければいい。
自分たちだけの正義や幸福観に浸って生きている、
他者・社会が全く見えていない。
これぞ盲信で危険極まりないと感じます。

>ついでで思い出しましたが、その店が事故に遭った事を
「新聞を頼んだのに店長がとってくれなかったからだ(罰当たりだ)」と
言った壮年がいました。

なんと!w
笑い事じゃないですが、どんな因縁のつけ方してるんでしょう。
恐ろしいですね。
自分たちを中心に世界が回ってると考えていることの証ですね、これは。

>メアド、結婚前からずっと使ってるお気に入りなので変えなかったんですが
やっぱり変更した方がいいのかな?と悩んでます。
祥蘭さんや皆さんはどうされてますか?

私もあややんさん同様です。
今でも時々組織の人からメールが届きますが、全て無視しています。
一切返信はしていません。
私の場合、メアド変更して知らせなかったら実家に連絡されるという
懸念が大きくありますので、面倒をさけるためそのままにしています。
脱会したら変えますけどね、さくっとw

他の非活動になられた方はどうでしょうね?
皆さんの「こうしてます」ってコメントをお待ちしております。

ひろ様

>非公開コメントで両家顔合わせまでした事お伝えしましたが、先日海外での
2人だけの挙式を終え、晴れて夫婦になりました。

ご結婚おめでとうございます。
非公開コメントにはお返事しない方針のため、その節は何も申し上げず
失礼しました。
ひろさんのご両親の賢明な行動に感動しておりました。
その後、どうなさってるかな?と気になっていたので
コメント頂けてとても嬉しいです。

>その中に、幼馴染や同窓生もいるのは知っています。友達づきあいの延長なんだと思います。
けどそこに創価がつきまとう限り私は不安になってしまうのです。
心が狭いでしょうか?

難しいですね。
確かに「幼馴染」や「同級生」は特別な存在です。
まして一緒に部員会に出たりと共通・同時性の体験をもっていると
特別感が増すのかもしれません。男性は。
女性はわりと、家庭が出来ると割り切れたりするんですけどね。
心が狭いとまでは思いませんが、今は静かに見守って差し上げるのが
一番かな~という気はします。スルー推奨です。

>先日お土産を渡しに行った時、あまり話が盛り上がりませんでした。
普通に笑顔で接してくれますが内心どう思われているのかと・・・。
覚悟していたはずなのに、彼の実家に行くたび気分が重くなります。

お姑さんの人となりが解らないので、なんともいえませんが
一般的に創価婦人部は話の引き出しが少ないのです。
活動家になればなるほど、そうなる気がします。
お話が盛り上がらなくても、あまり気になさらなくて大丈夫ですよ。
それはひろさん側ではなく、お姑さん側のマインドに問題が
あると思われます。
変に気を使わず、迎合する事もせず、
自然に接して差し上げて下さい。

>ナーバスになりすぎないようにと、自分でも気をつけているつもりなんですが
完全に創価を避けて暮らすのは無理みたいですね。
私みたいなパターン(お嫁さんだけど入会しないで結婚)は少数派でしょうか?

確かに創価を避けて暮らすのは、難しいと思います。
でもスルーする事は出来ると思います。
ひろさん自身が理解されているように、ナーバスになりすぎないで
いてくださいね。

そして男子部の奥さんで未入会という人は珍しくないと思います。
こちらでも以前、ハル様がコメントを寄せてくださっていましたが
ご主人が入会とのことでした。ただ、非活の一世でしたが。
バリ活だと、彼女を入信させないで結婚となると組織内部で
冷ややかな目で見られる事も、大昔は(私が青年部当時は)
ありました。
けど、現状は男子部が未婚のまま壮年部になるパターンが
激増しています。
今は結婚できただけで福運と、好意的に捉えられているんじゃ
ないでしょうか。
なので未入会の奥さんは声こそあげないだけで、多いと思いますが。
もしここをROMってる、上記該当する方がいらしたら、
コメントくださると嬉しいです。

>結婚前、仲のいい友人に彼の実家が創価だけど自分は入会しないんだと
話したときがありました。友人の職場の子で同じことを言っていたけど
お産のときトラブルがあって結局入会したと聞かされて、恐怖です・・・。
洗脳されないように気をつけます。

そうですね。
学会員はトラブルにめっぽう弱いんです。
宿業が出た!と大騒ぎです。今こそ強情な信心を!云々かんぬんと。
そこはひろさん、どっしりと構えて対処して、驚かせてあげてください。
それが外部の強みですから。
流されない事、雰囲気にのまれない事。一対大勢にならないことに
気をつけてください。
そして彼をなるべくひろさん側(外部)のフィールド・人間関係に
近付けておくことも大事だと思います。
冷静な味方(外部)が沢山あるほうがいいのです。

>いつもひとり言のように自分のことばかり書いてしまいごめんなさい。
彼と結婚した事を後悔しているわけではないです。
私が彼を覚醒させたいと思います。祥蘭さんのブログや皆さんのコメントを読ませて
もらって勉強しています。

全く構いませんよ@ひとりごとのように。
ここでよければ吐き出してくださいね。
そして力強い言葉。頼もしいです。
でも、あんまり頑張りすぎないように@覚醒させる。
ひろさんが実生活において笑顔で、楽しく居られることが
一番大切です。
創価に心を曇らせることよりも、それは二の次、三の次にして
彼との普通の時間を笑顔でお過ごしくださいね。

マリーナ様

>見事な4コマ!まるで創価!笑えないけど笑っちゃいましたw

ここまで手の内明かされちゃうと、って感じですよねw
現役活動家が見たらどう思うのでしょうか。

>最近よく覚醒が遅れた原因を考えるのですが、元々確信がない私には「ザ・功徳」と感じるような体験もなく偏に、「辞めたら罰を受ける」との呪縛に囚われていたように思います。
また、祥蘭さんの仰る通り他教団の事件を我が身に置き換えて考えない。
創価は違う、正しいとの思い込み=刷り込みは本当に恐ろしいですね。

罰論の刷り込みはきついものがありますよね。
覚醒してしまえば、なんでもない事なのに。MCは恐ろしいです。
オウム真理教の菊池被告の裁判が先日ありましたが、
現在松本死刑囚への帰依はないと発言し、その理由を
「(松本死刑囚の)判決が確定し、予言したハルマゲドン(世界最終戦争)も
こなかったから」と話しているのをニュースで聞いて、深く感じ入る
部分がありました。
結局、グル(最高指導者)であったのに超能力でもってしても
最高裁判決を覆すことが出来ないんだ、司法の裁きを受けるんだ・・
という現実に、目覚めざるを得なかったのね、と。
彼女はきっとグルだけが持つ超能力を信じていたんですよね。
だから教団のよくわからない方針命令指揮に従ったんでしょう。
最高指導者は絶対的存在だから。神仏を超える存在だから。
これは創価もまったく同じ図式だと感心したんです。
またいずれ記事にしたいと思います。

>ただ、会合終了後の無意味な打合せは嫌でした。
時間厳守できない原因の大半は幹部だと思うわ。
私は呼び止められるのが嫌で昔から逃げるように帰ってましたw

確かにそうでしたね。今それ必要ある?って事で集合かけられたり。
後日流しますが~と言いながら圏幹部が活動内容を話し始めたりして。
「だったら今呼びとめて言わなくていいじゃん」と
私も内心、思ってましたw
一刻も早く伝えたくって!とか言うけど興奮してるのは圏幹部だけ
聞いてる部員の大勢はシラーっとしてるとか
よくありましたw

>まるで他人事のように、「功徳はご本尊様からいただいて下さい」と蓮っ葉な物言いをする幹部がいましたが無責任な指導?に軽蔑すら覚えます。

そんな事言う幹部がいたんですか。恐ろしいですね・・。
果報は自分でなんとかしろよ、こっちは努力とカネだけ
もらっとくわって感じですかw
考えれば考えるほど、これほど人を馬鹿にしたシステムって
ありませんよね。
全く救われないのに宗教法人だなんて、信じがたいことです。

>「桜梅桃李」と言いながら私生活を楽しむことに罪悪感を与え、仕事よりも活動を優先させる異常な組織体質はまさにブラック企業そのもの。
キレイゴトの表看板を支えているのは、私生活を犠牲にして最前線で活動している末端会員です。

仰るとおりですね。
活動家の半分くらいは「好きでやってる」タイプなのだと最近は
思うのですが、そういったオメデタイ人がどのくらい残るか。
オメデタイ人(=顧客)がいる限りは企業体として存続できますからね。
ただ社会への影響力は今ほどじゃ無くなるでしょうが。
池田老人没後も、まさにブラック企業の如く、細分化(子会社化)
したりして続いていきそうな気がします。怖っ!

>あるブログコメントに「白蓮は基本恋人禁止」とあり、その理由は「センセイが見えなくなるから」とありました。数十年前の女子高の校則かいw
かつて某教団が信者から訴えられた「青春返せ裁判」、創価も他人事ではないと思います。

確かにあった!w
池田先生のことを一番に考えていなくては駄目だとか言ってましたわ。
そして池田先生も、青年部の人材グループにとりわけ・特別に
目をかけてくださってるんだから、それを忘れずに修行していこうと。
池田先生直結とはそういう意味だったんだなと、マリーナさんの
コメントでやっと合点がいきました。
しかし異常すぎますよね。うら若き女性たちに先生だけを見ろなんて・・
へたしたら、おじいちゃんにあたる年齢の老人を一番に見てろだなんて・・。
ありえませんでした、つくづく。


@@@@@@@@


2014/06/27 (Fri) 00:01 のコメントは、非公開とさせていただきます。
非公開事由はコメントルールの2,3,5に該当するからです。

バリ活の方だと思いますが、コメントルールくらいちゃんと読んで
書き込みましょう。
それが常識というものです。


2014/07/03 (Thu) 00:27 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

ブラック企業!創価学会株式会社w

見事な4コマ!まるで創価!笑えないけど笑っちゃいましたw
最近よく覚醒が遅れた原因を考えるのですが、元々確信がない私には「ザ・功徳」と感じるような体験もなく偏に、「辞めたら罰を受ける」との呪縛に囚われていたように思います。
また、祥蘭さんの仰る通り他教団の事件を我が身に置き換えて考えない。
創価は違う、正しいとの思い込み=刷り込みは本当に恐ろしいですね。

会合の回数については御指摘の如く、「一回で済ませよ」に同感です。
ただ、会合終了後の無意味な打合せは嫌でした。
時間厳守できない原因の大半は幹部だと思うわ。
私は呼び止められるのが嫌で昔から逃げるように帰ってましたw
聖教新聞に関しては配達代は雀の涙、啓蒙という名の拡張はタダ働き。
「新聞社」を名乗るも実態は本部の一部門なので優遇税制を受けている。
坊主丸儲け…いや、坊主より酷いかもw
漏れ聞くところによると、幹部ほど遊んでるとか?
暇なら世間並にリストラしてほしいわね。
本部職員は一般企業の厳しさを知るべきです。

区内に御主人が本部職員で御夫婦とも本部幹部、夫人はもちろん専業主婦という方がいます。
数年前に家を購入されたのですが、なんと2軒目(買い替えではなく、新たに買われたとのこと)だそうで夫人が「功徳だ!」と得意満面嬉々として語っていました。失礼ながら御夫妻共に資産家のご子息ではありません。むしろ逆の境遇でお二人とも幼い頃から苦労したようです。当初は凄いわねと聞いていましたが、後に創価官僚とはこのことかと苦々しく思いました。更に配達員さんの裏話を知り憤りを感じます。
会員の浄財を何と思っているのか?下らないことに使わず配達員さんの給与を上げ、会員の負担をなくすべきです。
まるで他人事のように、「功徳はご本尊様からいただいて下さい」と蓮っ葉な物言いをする幹部がいましたが無責任な指導?に軽蔑すら覚えます。
「桜梅桃李」と言いながら私生活を楽しむことに罪悪感を与え、仕事よりも活動を優先させる異常な組織体質はまさにブラック企業そのもの。
キレイゴトの表看板を支えているのは、私生活を犠牲にして最前線で活動している末端会員です。
あるブログコメントに「白蓮は基本恋人禁止」とあり、その理由は「センセイが見えなくなるから」とありました。数十年前の女子高の校則かいw
かつて某教団が信者から訴えられた「青春返せ裁判」、創価も他人事ではないと思います。
2014/07/01 (Tue) 22:11 | マリーナ #- | URL | 編集

No title

ご無沙汰しています。
以前なおでも書き込ませてもらいました、非会員で男子部と交際中だった者です。
非公開コメントで両家顔合わせまでした事お伝えしましたが、先日海外での
2人だけの挙式を終え、晴れて夫婦になりました。
彼と先月から住んでいます。
以来彼はまったく会合に行かなくて、私に遠慮しているのかな?と
薄々感じながら、コッチから何も言わないで普通に過ごしていました。
そして今日初めて、男子部の集まりに行って来ると・・・・。
一瞬、空気凍りました。
私が何っていっていいか言葉がでなかったのが原因です。
彼は結婚のお祝いを頂いた先輩もいるので、お土産も渡したい・
各家庭廻っていたら面倒だからいっぺんに済ませられると言ってました。
さっきメールがあって飲みにいく話になったからと。
複雑な気分です。
その中に、幼馴染や同窓生もいるのは知っています。友達づきあいの延長なんだと思います。
けどそこに創価がつきまとう限り私は不安になってしまうのです。
心が狭いでしょうか?

お姑さんから入会とか活動に関しての言葉はなんにもありません。
顔合わせでうちの両親から釘を刺してもらったので言えないんだと思います。
先日お土産を渡しに行った時、あまり話が盛り上がりませんでした。
普通に笑顔で接してくれますが内心どう思われているのかと・・・。
覚悟していたはずなのに、彼の実家に行くたび気分が重くなります。

それと新聞。
とらない約束だったのに、家のポストに入ってきたので彼に言ったところ
自分は知らない、とってないよという答え。
気持ちが悪いので、深夜ポストに「配達員さんへ 今日から入れないでください」と
メモを貼り付けておきました。
それ以来こなくなりました。彼いわく配達員さんとお母さんが友達で
(新居を知ってるので)贈呈分を入れてたんじゃないかって話でした。

ナーバスになりすぎないようにと、自分でも気をつけているつもりなんですが
完全に創価を避けて暮らすのは無理みたいですね。
私みたいなパターン(お嫁さんだけど入会しないで結婚)は少数派でしょうか?
結婚前、仲のいい友人に彼の実家が創価だけど自分は入会しないんだと
話したときがありました。友人の職場の子で同じことを言っていたけど
お産のときトラブルがあって結局入会したと聞かされて、恐怖です・・・。
洗脳されないように気をつけます。

いつもひとり言のように自分のことばかり書いてしまいごめんなさい。
彼と結婚した事を後悔しているわけではないです。
私が彼を覚醒させたいと思います。祥蘭さんのブログや皆さんのコメントを読ませて
もらって勉強しています。

ブラック4コマ漫画、彼に見せたいくらいです。
(でもここに書き込んでる事がばれちゃうなー)


2014/06/28 (Sat) 23:06 | ひろ #gBUpVcc6 | URL | 編集

No title

こんばんは。
ブラック企業4コマ、怖いくらい当たってますね。
これを見て思い出したのは20ン年前の、男子部の兄のことです。
入決がとれるまで帰れないとか、ブラック企業の飛び込み営業バリの事
言ってました。
会合開始も遅いのに、会合が終わってからがまた長い。
平日でも0時を回るなんてザラ。それに当時は携帯電話がありませんでした。
夜中でも平気で連絡の電話が家電にかかってました。
うちは両親ともに活動家で、こんな遅くまで御苦労様と声をかけたり
してましたが・苦笑。
普通で考えればこんな非常識なこと無いと思います。
睡眠時間は当然足りず、仕事中にさぼって寝てたみたいです。
こんな事で社会で実証示せるわけもなく出世もできませんでした・苦笑。
兄をみて活動家男子部との結婚はやめようと決めてました・笑。

あと、数年前に近所の某店(ガラス張り)に自動車が突っ込む事故が
あったんですが、運転していたのはバリ活男子部でした。
地域では「店内のお客さんに被害がなく、本人も無事だったから
転重軽受だった」と語られてました。が、お店は数日間営業を
停止し補修したから大変な迷惑がかかってます。
それでも「転重軽受だ」とか言えてしまってる事に、今は大きな違和感があります。
自分たちさえよければそれでいいみたいな考えに。
当事者の男子部は深夜まで活動、明け方から仕事の職業だったので
睡眠不足や疲れがたたった事故だったんだと思います。
ついでで思い出しましたが、その店が事故に遭った事を
「新聞を頼んだのに店長がとってくれなかったからだ(罰当たりだ)」と
言った壮年がいました。
当時私は苦しみながらも活動家で、そんな言葉を右から左に
特になんとも思わずに受け流していました。ぞっとします。
異常すぎますね、やっぱり。

話は変わって、久しぶりに支部婦から連絡がありました。
女性の日記念?とかのしおりが来てるから渡したいと。
これまではアポなし訪問だったので、事前にメールしてきた事に
珍しいって感じ。必要ないので結構ですと返信したところ、メアドが
変わって無くて良かったです(^0^)と絵文字入りで返信が・汗。
なんかトラップにひっかかった?!みたいで気分悪かったです。
メアド、結婚前からずっと使ってるお気に入りなので変えなかったんですが
やっぱり変更した方がいいのかな?と悩んでます。
祥蘭さんや皆さんはどうされてますか?

2014/06/27 (Fri) 22:26 | あややん #- | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/27 (Fri) 00:01 | # | | 編集

しゅうえい様 ミツキ様 のん様

コメントありがとうございます。
承認と返信が遅くなりすみません。

しゅうえい様

>以前こちらのコメント投稿にリンクのお願いをしたく
非公開で書き込みさせて頂きました者です。

その節はありがとうございました。
非公開のコメントへ返信は行っていない為、反応できなくて
申し訳ありません。

ブログを読ませていただきました。
短い文章であっても、情景や気持ちが鮮明に伝わってきました。
ついグダグダと長文になる私としては、見習いたいです。
活動家だった女性のブログが少ない中、
もっともっと増えて行くといいなと、常に思っていました。
なのでとても嬉しいです!
ぜひとも、長く更新を続けて頂ければ有り難いです。

>しかし、高齢なのに体調の悪いのをおして
会合に出かけようとする母に
「役職をもった婦人部長の代わりはいくらでもいるよ
 でも、私の母親は世界にあなた一人しかいない」
そう言って会合を休むよう説得したら
意外にもすんなり休んでくれました。

心からの労わりの言葉をかけられたしゅうえいさんも
素敵ですし、その言葉をすんなりと受け止めてくれた
お母様も素敵な方だと思いました。
お母様が覚醒される可能性、高い気がしますよ。
心のなかに、大事なものをちゃんと持っていらっしゃると思います。

私の母は、そのような言葉もなかなか響かないタイプです。
なによりも世間体(地域組織の)が大事な人で
困ってしまいます。

>池田 博正氏が父親であるイケダセンセイの名代として
本幹で紹介された事には少なからずショックを受けていましたし
今現在の組織の在り方にも幾つかの疑問は抱いているようです。

世襲問題は思考停止打破のポイントになりますよね。
あれだけ師弟不二、弟子を育てると豪語していた池田老人なのに
最終的に息子が引き継ぐ、となると違和感をおぼえる会員は
多いと思います。
うちの母も世襲には厳しい意見を持っております。

しゅうえいさんのお母様のように、疑問をもちながらもそれでも
学会を裏切ることはできないし・学会も自分たちを裏切ることは
絶対にないと、離れる事をしない人が現在の活動家の大半なのだと
思います。うちの母も同じくです。
何かわかりやすい現実問題が浮上すれば、ぱっと覚醒しそうな
気がしています。 

>ネットで非活になった方々の切実な叫びや血の通った話が
たくさん載っているよと教えたところ
今度それらを見せて欲しいと言ってくれました。

良い影響があるといいですね。
ネット上であっても、真実の声を信じるに足りると、
お母さまが判断してくださること
私も陰ながら願っております。

>まだまだ道のりは険しく長いものとなりそうですが
根気強く一つ一つ話して行きたいと思っています。

私も同じくです。
自分が気付けたのだから、母にだって気づきのチャンスが
あるはずだと信じ、話を続けて行きたいですね。

ミツキ様

内容に個人情報が含まれていたので、非公開と
させていただきました。 ごめんなさい。

大変な思いをされたこと、お察しいたします。
私の友人(幹部でした)も、ミツキさんと同じ経験をしています。
まぎれもなく親に問題があると思います。
創価の常識は世間の非常識、そのまんまです。

お母様の事、悩んでおられるようですが
どうしてお母様が創価にどっぷりハマらなければ
ならなかったか?を、プロファイリングしていくと
接し方のヒントが見えてくるのではないかと
私は思います。
(もうなさっていたら、すみません)

慈悲が無い、ってことは無いと思いますよ。
親だろうが、恨みたくなる時は当然にあると思うんです。
人間ですから。というか、創価洗脳にかかっている親は
人間らしさを奪われた状態ですからね。
自分自身が、さまざまな経験をして・外部の人たちと
関わっていく中で「経験値」を上げていくしかないんだと
私はそう感じています。
その経験値は「信仰という思いこみに囚われずに」上げるのが
大前提です。
こちらの経験値が上がれば、創価脳の親は怒りの対象では
なくなるんです。
ただの可哀相な人、です。
それも親に対してどうなんだって感じがしますがw
ミツキさんは気付けたのだから、きっと大丈夫です。

そして次回コメント下さる時は、自身・登場人物の
地域や所属や職業などは
記載されないよう、ぼかしてお願いいたします。

のん様

>何だか、何もなさすぎて、気持ち悪いぐらいです。
活動に参加しない、という程度だと、こんなもんなんですかね?
会合は出ないけど、新聞も入ってるしね、みたいな?

活動意志のないことが相手方にちゃんと伝わったと
いうことでしょうね。
それに、のんさんの態度にブレたところがなく
理路整然とされていたので、相手もとりつくしまが
無いのかもしれません。 成功ですね。

ただ、懸念されているとおり、財務と選挙時期は
コンタクトはあると思います。
そのときも静かに御断りの意志を表明なされば大丈夫だと
思います。

>母からは
 今は昔とかわった。日顕宗以外は邪宗とは言わないし、その土地を尊重
 している。真剣に祈っている姿や言葉がとっても可愛かった、ということ。
とありました。

お母様とお子さんの、微笑ましいエピソードですね!
そしてお母様が制する事なく、ご祈念をさせてあげた事が
素晴らしいなぁと感じました。
確かに最近の創価は、地域交流の一環として神社のお祭りに
参加しても問題ないと原田会長が明言しています。
でも、取りつくろったように今そうしても、過去は消せませんよね。
昔は神社の鳥居はくぐるなとか、伊勢神宮への修学旅行は休ませろだの
本当にそんな非常識が平気で行われていましたから。
創価の矛盾のひとつです。

>子供には、宗教云々など気にせず、自分の意思で色々と考え、調べ、
決断出来るときがきたら、自分で信じたものを信じて欲しい、と思います。
この純粋で素朴な時期に、創価をすりこむようなことだけは避けたいところです。

まったくもって、同感です。
スポンジのように吸収してしまう、そんな時期に安易でおかしな思考回路
=創価を刷り込んではならないと思いますね。
子育てをしている中で、思考力を身につけてもらいたいと切に願い
接しているところです。
私自身が「祈れば何でもお願いが叶う」「御本尊様に言いなさい」で
育ってしまったもので、子供達から飛び出すさまざまな質問に
どう答えたらいいか、最近ほんとうに戸惑い考えさせられます。
自分で考え抜くこと、行動原理を明確にすること、大人になった今もって
訓練中のような感じです。

>ブログ記事、続きとなるお母様の本音がいかなるものか、気になります。
私も、あれこれ思うことを、もっと母にぶつけてみたいと思うのですが、
先月ズバッと指摘したあと、梅雨入りと共に母が少し体調を崩してしまい
夫に「あまりいじめちゃだめだよ~」なんて冗談ぽく言われてしまい
(いじめてません、本音をメールにちょっと書いただけでして)
これ以上ズバズバ言えないなぁ…と思っているところです。

信仰話題の痛いところをつくのは、相手のメンタルも
大いに関係してくると思いますので
私もあまり、核心をつかないようには気をつけているつもりです。
あと、フォローを忘れないようにも。
創価話題は一切なくとも、母をいつも気にかけている事を
わかるように伝えています。
まだ記事の途中なんですが、(だいぶ後に書く予定の話ですが)
私は創価話題で母と激しく言い争ったときに
「普通の親子で居たい」と言ったんです。
それが少しばかり刺さったようで、以降普通に接することが
出来ています。

>覚醒し、あれこれ話すようになってからの夫は、今まで私に言いたかったのを
我慢していたかのように、これはおかしいと思うんだよね、等々、色々な事を
私に話してくれるようになりました。常に冷静でいてくれた夫に、改めて感謝です。

理解あるご主人で何よりです。
創価信仰がなくとも、心を通わせてあたたかい家庭を築いて
おられることを、お母様が見て感じられるのも
覚醒の一助となっていくと思います。


@@@@@@@

非公開コメントを多数頂戴しております。
ありがとうございます。
しゅうえいさんへのレスにも記載しましたが、非公開コメントへの
お返事は、しておりません。申し訳ありません。

お返事をしない理由は、当コメント記事に反映されないため、
私がレスをつけると「ひとり相撲」のようになってしまうことと・
レスにコメント本文の引用が出来ないからです。
ご了承くださいませ。

全てのコメント、ありがたく拝見しております。

近頃、50代以上の方からのコメントも増えて嬉しく思っています。
現役活動家の中心軸とも言える世代の方々の覚醒が始まっている、
崩壊もそう遠くない未来ではないかと思えてきます。

また非会員の家族や恋人、婚約者の方々のコメントも寄せられています。
ありがとうございます。
傍にいて大変なこともおありでしょうが、外部の皆さまの
「常識的」な生活(態度)が、覚醒をもたらします。
経験者としては静かに根気よく、おつきあい願えればと思います。

2014/06/25 (Wed) 23:12 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

その後

コメントのお返事、ありがとうございました。
グループ長、しらゆり長に意思を伝えたところ、二人とも
気持ちは分かったが連絡だけは手紙でさせてもらいたい、
ということで了解したところ、入場券や簡単な手紙が時折
入るだけで、今のところバリ活&幹部からの連絡等は一切ありません。

ハッキリとした覚醒のきっかけである、地区婦は、新聞を配達している為
毎月領収書と簡単なメモがポストに入りますが、訪問・電話・メールは
ありません。
昨年末までヤングとして一緒に部員さんまわりをしていた本部婦人部長、
支部婦人部長からも、全く何もありません。

何だか、何もなさすぎて、気持ち悪いぐらいです。
活動に参加しない、という程度だと、こんなもんなんですかね?
会合は出ないけど、新聞も入ってるしね、みたいな?
…新聞は毎朝そのまま古紙入れに行くことが多いんですが。
 たまに見ては、またこんなことを…と思ったりもしますが。

財務の時期になって、財務する気ありません、となると、
ザワザワするんでしょうかね?収入減ですし。

今日、実家の母が久しぶりに遊びに来ました。
先月頃から扉を閉めたままだった、ミニ仏壇の扉を開けました。
祥蘭さんの過去記事でも仏壇について書かれていましたが、
拝見していたこともあってか、閉めたからって罰が当たることはない。
父への供養とは別次元なのだから、と自分に言い聞かせることが出来た
気がします。

母は私に一人の時間を与えよう&有名な和菓子を買おうということで、
近くの名の知れたお寺の方へ、母と子供の二人で出かけました。

母が帰宅してからメールがきました。
 和菓子を買ったあと、本殿の方へ行って「お金ちょうだい」というので
 何で?と聞いたら「あそこ(賽銭箱)にお金入れて、お願いするの」と
 言って、10円あげたら投げ入れて、「ディズニーランド行けますように」
 って声に出してお願いしてた。そこに住むとそうなるのかしらね。
といった内容でした。

私は、子供(幼児です)だから、宗教も仏様も神様もキリストも分からないし、
周りがこうすると願いが叶うよ!と言われればそれを信じてやってる
子供の純粋で素朴な行動だし、ここ(私の街は、その寺で有名)に
暮らす人は普通の事なんだよ。と返しました。

合わせて、子供の頃、友達と神社の境内でやっているお祭りに友達と行っても、
ここにいちゃいけないんじゃないかと気にしたり、友達がお参りしてるのに
しなくて、あれこれ言われたり、色んな思いをした。とも書きました。
そして、母にとってはよろしくないと思う寺で、子供にお賽銭となる10円を
あげて見守ってくれたことに感謝する。と書きました。

母からは
 今は昔とかわった。日顕宗以外は邪宗とは言わないし、その土地を尊重
 している。真剣に祈っている姿や言葉がとっても可愛かった、ということ。
とありました。

子供には、宗教云々など気にせず、自分の意思で色々と考え、調べ、
決断出来るときがきたら、自分で信じたものを信じて欲しい、と思います。
この純粋で素朴な時期に、創価をすりこむようなことだけは避けたいところです。

ブログ記事、続きとなるお母様の本音がいかなるものか、気になります。
私も、あれこれ思うことを、もっと母にぶつけてみたいと思うのですが、
先月ズバッと指摘したあと、梅雨入りと共に母が少し体調を崩してしまい
夫に「あまりいじめちゃだめだよ~」なんて冗談ぽく言われてしまい
(いじめてません、本音をメールにちょっと書いただけでして)
これ以上ズバズバ言えないなぁ…と思っているところです。

覚醒し、あれこれ話すようになってからの夫は、今まで私に言いたかったのを
我慢していたかのように、これはおかしいと思うんだよね、等々、色々な事を
私に話してくれるようになりました。常に冷静でいてくれた夫に、改めて感謝です。

まとまりがなく、長くなってスミマセン。
2014/06/22 (Sun) 00:19 | のん #2uybecE6 | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/21 (Sat) 23:15 | # | | 編集

はじめまして

皆様はじめまして。
そして祥蘭さん公開では、はじめまして。

以前こちらのコメント投稿にリンクのお願いをしたく
非公開で書き込みさせて頂きました者です。

創価3世として育ち40ウン年
ほんの数か月前に非活に転じました。

祥蘭さんのブログに辿り着き
お母様との葛藤と言いますか、関係を綴られた文に
自分と実母を勝手に重ね合わせ
いつも我が事のように読ませて頂いております。

ちょうど私も母に創価の間違いについて話そうと
悪戦苦闘しているのですが
こうも創価フィルターのかかった思想というのは
厄介なものかと歯痒さを痛感しています。

しかし、高齢なのに体調の悪いのをおして
会合に出かけようとする母に
「役職をもった婦人部長の代わりはいくらでもいるよ
 でも、私の母親は世界にあなた一人しかいない」
そう言って会合を休むよう説得したら
意外にもすんなり休んでくれました。

母は元々イケダセンセイ崇拝はなかったのです。
しかし度重なる人生のマイナスイベントで心に隙間が空いた時
創価学会の思想が入り込んでしまったのかなと推察しています。

池田 博正氏が父親であるイケダセンセイの名代として
本幹で紹介された事には少なからずショックを受けていましたし
今現在の組織の在り方にも幾つかの疑問は抱いているようです。

何とかこの辺りから切り崩せないものかと
ない頭をフル回転させて考えているところです。

母に話す為に創価の実態をネットで検索するのですが
自分が想像していたよりも遥かに闇の部分が深すぎて
吐き気すら覚えます。
(どこからどこまでが真実なのかもわからなくて・・・)

ネットで非活になった方々の切実な叫びや血の通った話が
たくさん載っているよと教えたところ
今度それらを見せて欲しいと言ってくれました。

まだまだ道のりは険しく長いものとなりそうですが
根気強く一つ一つ話して行きたいと思っています。

祥蘭さんのお母様の心の部分もとても気になります。
これからもまたおじゃまさせて頂きます。




2014/06/20 (Fri) 00:50 | しゅうえい #uvrEXygI | URL | 編集

のん様 マリーナ様

コメントありがとうございます。
承認とお返事が遅くなってすみません。

のん様

>一般世間の方が、全てとは言いませんが、こう思ってること、
創価の皆さんは承知してるのでしょうかね?
それでいて「F」だなんて…笑っちゃいます。

半分の人は、薄々迷惑がられている事を承知の上でやっていると
思います。
そして残りの方々は、迷惑だなんて思わず、相手に福運をつけて
あげている・善意の行動だと胸を張っていると思います。
また多くの中高年・高齢者は、選挙のたびに尋ねて行くことで
旧交をあたためる「いい機会」だと勘違いしています。
選挙などなくとも、別の事で旧交を温めるべきだと思いますが
活動家は多忙なので、選挙でも無ければ幅広く外部の友人知人と
触れ合うことが出来ないんですね。
活動なんてなければ、普通にいつでも友人に会いに行けるのに。
創価にいいように操られてると気付かないのです。残念ながら。

>選挙活動は功徳だという方々、1年経った今、あの応援した議員さんが
今、どういう活動をしているのか、知っているのでしょうか?
集団的自衛権について、「戦争反対!平和第一!だからダメ!」なんて、
単語だけつなげて、平和!平和!と、謳っているのでしょうか?
こんなだから「選挙屋」なんだと、苦笑いです。

のんさんのご指摘通りで、活動家にとっては選挙とてひとつの
「打ち出し」にすぎず、選挙翌日には次の「闘い」が設定されています。
大勝利だろうがやや勝利だろうが、綺麗にスルーして次に向かいますので
当選議員のその後まで見ている人は少数だと思います。
まず、知る機会もほとんどありません。
党員だったらまだしも、一介の会員なら知る機会なんてないでしょう。
幹部でも党員でない人、多かったです。
私は女子部当時、部長でしたが党員ではなかったですしw
バリ活だけど党員じゃない・でも選挙は功徳が出るから応援するって
人が大半だったので、本当におかしな支援構造ですよね。

>祥蘭さんにご意見頂きたいのですが、先日、私がグループ長、しらゆり長に
「申し訳ないけれど、地区婦の発言をきっかけに、組織について色々と
 思うところがあり、今、活動に参加する気持ちにならない」
とメール・手紙で伝えたこと、これは「非活宣言」としていいのでしょうか?

非活宣言として良いと私は思います。
ただ、こちら側が「非活宣言したぞ」と自覚しても、
バリ活な組織の人や幹部連中はなかなか諦めませんので、
面倒ですが連絡が来るたびに「活動の意志はありません」とメールなり
口頭なり、伝えて行くことになると思います。
繰り返しでウンザリするかもしれませんが
冷静に・機械的に話していれば、次第に向こうも諦めると思います。
新聞に関しては、お母様との事もあるようですし
しばらく様子を見られたらよいと思います。
辞めるというのは、ひとつの強い意志表示として有効なのですが
財務を辞める・選挙支援しない。
この2点でもじゅうぶん大きなインパクトになりますので。

マリーナ様

>先日ふと、私は「会員もどき」だったのではないか?と苦笑してしまいました。昔から疑問や不満は山ほどありましたw
しかし、疑問を呈すれば指導という名の威しすかしの倍返しにあうことも見聞きしていました。

マリーナさんに同感です。
私も、池田老人万歳な空気に全くついて行けなかったくせに・
なんだったら池田老人をきらきらした瞳で語る、
イっちゃってる幹部を横目に
「この人ヤバイわ」なんて思っていたくせにw よく会員でいられたなと。
その場に居続けられた事が、いまとなっては不思議で仕方ありません。
でも、思うにマリーナさんも私も「親族」という縛りのもとでは
なかなか真に自由な意思は生まれづらかったのかもしれませんよね。
2、3、4世の悲しいところです。

>また信仰なのに、「活動しないと願いが叶わない」との指導にも違和感がありました。
特に打ち続く会合が嫌で悩みを祈ることはあっても活動には消極的でした。
決して宗門の肩を持つわけではありませんがw破門以降、深く考えるべきエピソードがいくらでもあったのに…と悔やまれます。

これまた同感です。
自行の部分が学会活動、という位置づけになってましたもんね。
それが当たり前として押しつけられて、きっと一般家庭に育った人なら
多大な違和感が生まれるものなのだと思います。
が、やはり子供時代から周囲の大人に「これが正解」と洗脳されると
そういうもんなのか?となっていくんですよね。疑問には思うのだけど
御書の一節をひかれるとひれ伏すしかない的なw

そして宗門問題のとき、なぜ気付けなかったのかについても
思う所が沢山ありますが、池田老人が牙をむき出したのがまさに
この事変wであり、これはある程度時間が経たなければわからなかった
事かもしれないと、思っています。
自己弁護ではないのですがw まさか聖人君子(イメ-ジ)な池田老人が
こんな黒い人物とは気付きませんでしたよね。
当時若かったり、子供だったらなおのことじゃないでしょうか。

>冷静に考えれば、人生においてアクシデントが一気に押し寄せることなど誰にでも起こり得ることです。
それを信心に絡め、学会活動で解決する解決できるような錯覚に陥っていただけなのです。
先日のコメントにもありましたが、活動に煽られて優先順位を見失ってしまうのですね。

その通りですね。
人生、誰人も浮き沈みはあると思います。生老病死は
避けて通れないのと同じように。
百歩譲って、信仰をたもち不安に陥ってしまうところ
気持ちを強く保って・問題解決にあたっていく「支え」にするのなら
まだわかるのですが
創価の場合は問題解決の方法論に折伏や新聞推進やF取り、
100万遍唱題を推奨しているのがどう考えてもおかしいんですよね。
非公開コメントで
「就職がきまらないのは新聞推進が出来てないからだ」と
幹部指導されたとのエピソードを書いて下さった方が
いらっしゃったのですが、こんなの霊感商法そのものですよねw
挙句、冷静に現実を見据えず、活動根本~なんて言って
就職浪人してしまう人が出てきても、組織は末端会員の就職の
面倒なんて絶対にみませんしね。

>気づけば、尊敬できるのは池田氏や創価の幹部ではなく外部の方ばかりです。
自分が求めていたのは、こんな人生じゃないと改めて気付きました。

創価にも素晴らしい人格者は、いないわけではありませんが
それは信仰のお陰でも・池田老人との師弟不二の賜物でもなく
その人自身の「持ち味」だったりしますしね。
他人のまわしで相撲をとる、という言葉がありますが
池田老人も組織も、まさにそれだったと思います。
広告塔にされた特別秀でた方々は、なにも信仰や池田老人の
お陰でそうなったわけじゃないですからね。
勘違いしちゃいけないよ、末端会員のみんな!と思うこのごろです。

@@@@@@@@

私信・紙うさぎさん
多数質問をいただいていますが、非公開コメントにはお返事しないことに
しております。
回答が必要でしたら、恐れ入りますが公開コメントでお願いいたします。


2014/06/13 (Fri) 22:51 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

会員もどき

先日ふと、私は「会員もどき」だったのではないか?と苦笑してしまいました。昔から疑問や不満は山ほどありましたw
しかし、疑問を呈すれば指導という名の威しすかしの倍返しにあうことも見聞きしていました。
げに恐ろしきMCの下、無駄な時間とお金を費やしてしまいました。
何故もう少し早く覚醒できなかったのか?
その答えを求め、ブログやコメントを拝見しつつ心の整理をしてきました。
例えば幼少時に、「広宣流布できた時には正本堂が建設されます」と聞いていたのに俄に建ったのも疑問でした。
但し、これは(厳格に育った)母の影響で子供が大人の話に口を挟んではいけないとの教育方針のため聞けなかったという側面もあります。また信仰なのに、「活動しないと願いが叶わない」との指導にも違和感がありました。
特に打ち続く会合が嫌で悩みを祈ることはあっても活動には消極的でした。
決して宗門の肩を持つわけではありませんがw破門以降、深く考えるべきエピソードがいくらでもあったのに…と悔やまれます。
言い訳になりますが、覚醒に至る数年前まで身内の冠婚葬祭やアクシデントが続きゆっくり考える余裕がありませんでした。
むしろ、問題解決のためにやっぱり活動しないとダメなんじゃないか?と強迫観念に囚われていました。
特に、「選挙戦は折伏と同じ戦いである」との指導を真に受け折伏が苦手な私は負い目もあり必死に戦いました。その一方で、どんどん図々しく非常識になっていく自分に自己嫌悪も感じていました。
また、境涯革命(問題解決)を賭けてと言っても突き詰めれば功徳ほしさと同じじゃない?と我ながら情けなくもなりました。
創価脳思考でドツボに嵌まっていたのでしょう。
冷静に考えれば、人生においてアクシデントが一気に押し寄せることなど誰にでも起こり得ることです。
それを信心に絡め、学会活動で解決する解決できるような錯覚に陥っていただけなのです。
先日のコメントにもありましたが、活動に煽られて優先順位を見失ってしまうのですね。
何代か前の女子部長が当時の本幹で、「自分のことは脇に置き~」と活動することが如何に素晴らしいかと訴えていました。
既に不信感が芽生えていたこともあり、「自分の頭のハエを追ってから言ってね」wと思っていました。
貴方が脇に置いたことで迷惑している人がいる、延いては己に跳ね返ってくるということが見えなくなっているのがバリ活でもあると感じます。
自分の足元も見ず大切な家族や友人を振り回し、何が人間革命でしょう?
気づけば、尊敬できるのは池田氏や創価の幹部ではなく外部の方ばかりです。
自分が求めていたのは、こんな人生じゃないと改めて気付きました。
2014/06/05 (Thu) 21:10 | マリーナ #- | URL | 編集

法選…

「法戦」って、何なんでしょうね…。冷静に見ると、すごい言葉です。
自分の人生で「合格・不合格」が無くなってしまった人たちが
目に見える成果を確認するために行っているだけ…にしか見えません。

私は社会人になってから「学会宣言」しなかったので、
選挙の度に、友人知人との会話で普通に話が出てきました。

・高校時代の友人が突然家に来て、公明党、って言うんだよ!
・また選挙が始まるから電話がきて、お願いしたい、だって。普段、何の
 付き合いもないのにさ。しつこいから、はい、って言って切ったけどね。
・選挙の日に電話来るんだよ!投票した?って。何でアンタに言わないと
 いけないのよ、って思ったけど、しつこいから、はい公明党って書いて
 おきましたよ、って言ったら、めっちゃ喜んでた。書いて無いのに。

一般世間の方が、全てとは言いませんが、こう思ってること、
創価の皆さんは承知してるのでしょうかね?
それでいて「F」だなんて…笑っちゃいます。

前回のコメントで、友人のバリ活地区婦とメールで互いの主張を送信したと
書きました。選挙や集団的自衛権について書いたところの返事は…
 選挙は私も好きじゃない。学会は極端だから一直線過ぎて、ついていけない。
 家の母も選挙嫌いだよ。集団的自衛権の事は詳しく知らないんだ。

会合に出ていれば、会員みんなが喜んで選挙活動しているようには
全く見えませんでしたが、彼女の母も、上の役職を持っている方。
それでも、です。「法戦を大勝利で!」「正義のために!」なのです。
支持している政党が、集団的自衛権で連立離脱か?ともめていても、
「詳しく知らない」なのです。

選挙活動は功徳だという方々、1年経った今、あの応援した議員さんが
今、どういう活動をしているのか、知っているのでしょうか?
集団的自衛権について、「戦争反対!平和第一!だからダメ!」なんて、
単語だけつなげて、平和!平和!と、謳っているのでしょうか?
こんなだから「選挙屋」なんだと、苦笑いです。

先日のコメントで
 対峙はしても、創価以外の話題で普通に笑いあえる親子関係を
 保っていくことを心掛けています。
 創価話題で対峙してそれっきり、じゃ排他主義の創価脳と
 同じレベルになってしまいますから。
とお返事頂きました。私も本当にそう思います。
創価がなければ、本当に純粋な母と娘、なんですよね。
私も、困った創価脳に成り下がるのはイヤなので(笑)
普通に笑って話せる関係を保ちたいと思います。

祥蘭さんにご意見頂きたいのですが、先日、私がグループ長、しらゆり長に
「申し訳ないけれど、地区婦の発言をきっかけに、組織について色々と
 思うところがあり、今、活動に参加する気持ちにならない」
とメール・手紙で伝えたこと、これは「非活宣言」としていいのでしょうか?
「もうイヤです。だから一切やりません!」と強く切り出しておらず。
母から経済的援助(父の遺産分配にあたるのですが)がある為、
新聞も未だ契約中。こんなのでいいのかな?と、ふと感じるのです。
心の中は、完全に非活なんですが。
2014/06/03 (Tue) 23:54 | のん #2uybecE6 | URL | 編集

きとら様 *hana*様 ケロリ様 のん様 吉野様

コメントありがとうございます。
いつもながら、承認とお返事が大変遅くなりました事
すみません。

きとら様

>地域に非活宣言しました。
ここに書き込んでから3ヶ月の間にいろいろありすぎました。
身バレしそうなんで詳しい事は非公開で書きます。

非活宣言、おめでとうございます。
非公開コメントも拝見しました。
まさに劇的な展開でしたね。すごい、運命的だと感じました。

>些細な疑問を全て【悪口】って捉えてしまうのも創価脳の特徴。
それに成長なんて組織じゃなくてもどこでも出来ますよ。
人間的な成長が組織の中しか無理って思わされてるだけですよ。

仰る通りだと思います。
活動家にもさまざまなタイプがいて、些細な疑問も一応は
「うんうん」と受け止めて同苦しているように見せかけて
少し距離を置いて、隙を突くように仕掛けてくる人と・
きとらさんの知人のように、上から目線で説教くさくなる人と
いると思います。
自分たちの正義を正面切って覆す・しかも堂々としている
もと仲間を見ると、動揺してしまうところも大いにあるのでしょうね。

>その子、自分より他人を優先できるすごく親切なタイプです。
子供が病気で寝込んで会合に来れないってメンバーのことを聞いたらご飯を作って差し入れするような
人です。でも自分の子供はお腹すかせていても後回しです。
その裏事情を見た時に、単純にいい人ぶりたいだけなん?って疑問でした。

盲目活動家の特徴ですね。
自分のことや家族の事を後回しにしてまで他者に施すって
一昔前なら美談だったんでしょうが、現代では常識を疑われます。
自分と家族の事が当たり前に出来て、その上で他者へ施すのが
相手にも気を使わせない本当の配慮だと思います。
優先順位が違うというのも、非常に頷けます。

>創価で育った2世は問題に気付けない人が多いと思います。何の問題とも思ってないです。
それでママ友も組織のメンツしかなかったら、常識がそこで止まってしまうし。
組織から離れるなってウルサク言う意味は、本当の常識に気付かせたくないからです。
気付いたら活動家なんかやってられませんよ。
皆さんと同じく、私も一日も早く気づく人が増えて欲しいと思ってます。

お子さんに良い変化が見えたとの事、良かったですね。
子供にとっては学会活動のつきそいなんて、それほど楽しいものでは
ないと思います。
福運が詰まれるだの、毛孔からお題目が入っていくだのw
そんなのただのオカルトですからね。子供には迷惑な話で。
組織から離れて幸せは無い、私も女子部時代に先輩から
言われた事があります。
(その先輩は組織内略奪婚をし、現在圏婦人部長なんですがw)
少し離れてみたら、どんだけ奇妙奇天烈な集団か解ってしまうから
離れるなと言うんですね。もれなく恐怖感のすりこみ付きで。
本当に、若い人にはハマってもらいたくないし
子育て中の方々には一刻も早く覚醒してもらいたい思いで
私も一杯です。

*hana*様

>こちらの地域でも勤行をするだけで特別なフローはありません。
そういうことは大切にしないんでしょうね。

僧侶がいないので、どうしようもない?!ところがあるみたいですね。
うちの親戚(幹部)は
「創価は他宗みたいに葬祭にお金がかからないところがいいの。
現代的なのよね」と自慢げに話してましたが、それ以外のところで
がっつり毟り取られまくってんじゃん!と心で激しく突っ込みました。
「お金がかからない葬祭」をウリに、寂しい老齢者に折伏展開
している向きもあるので。なんだかなぁ、と思います。

>私は未だにどうしていいかわからず、対峙もできすにただただ、お互い知らん顔しています。
いつか話さないととは思うのですが…

人それぞれ、親子関係も様々ですから、タイミングや必要性も
各々違ってくるものだと思います。
また、親御さんの信仰観がまとも(功徳信心ではなく、自己の内面と
静かに向き合う・他者をむやみやたら巻きこんだりしない)であれば
そう波風立てずとも、折り合うこともできるかもしれませんね。
*hana*さんのお母様は、どのような感じでしょうか。
創価において後者の信仰スタイルは、なかなか難しいのかも
しれませんが。
我が家(母)の場合は功徳信心で他者を巻き込むものなので
改めてもらいたい・出来れば辞めてもらいたいと思っています。

ケロリ様

>今は区幹部と部長を兼任してますが、数年前から隠れアンチです(笑)

現役幹部の方からのコメントは初めてです。
ようこそおいでくださいました。

>3年前、私の友人に、会館の狭い仏間で7人がかりで“今日入会しないと絶対後悔する”と、入会を迫ったのです。
最初は3対2(男子部2人、壮年部1人、私、私の友人)でしたが、あれよあれよと婦人部が勝手にわんさか入ってきて、気が付けば7対2でした。
友人から見れば、私も“創価の一員”ですので、8対1です。

どこでも繰り返されている、やらかしパターンですね。
心中お察しいたします。
お友達も大層驚かれたでしょうが、ケロリさんも「こんなはずでは!」と
思われたでしょうね。
私も全く同じ経験がありますが「邪魔すんな婦人部!」と
内心怒りに燃えてました、当時。
でも、誰にも言えませんでした。

>それから3年、『2度と同じようなことがあってはならない』と思い、部長として組織の間違いを正していきたいと頑張ってきましたが、最近もう疲れてしまいました。
これだけ大きな組織に、私一人で立ち向かうのは無理でした。
(もっと早く気付けよ!って感じですよねw)

本当に、お疲れ様です。
組織は事無かれ主義ですから、抜本的改革はどうあがいても
無理なんですよね。
私も少なからず経験しております(会合開催をもっと合理化したら
どうかなど、まともな意見を言いましたが全て却下されました)
がっしり揺るがない枠組みがあって、そこからはみ出したり
否定的な事を言えば即、異端児扱いです。
これは全国どこでも同じの様で、見事としか言いようがないです。

>今はまだ脱会は考えていません。
でも、もうこれ以上学会での活動はいっさいやりたくないです。
今後どうやって活動をスルーしていくか考えています。
部長という正役職をしているので、すぐにスルーするのはかなり難しいですが、自分の今後の人生の為に何とかしなくては!と考えています。

はい、陰ながら一日も早く非活になられることを
応援しています。
役職を持った人が離れる事は、なかなか至難の業ではありますが
ケロリさんはさすが一世というべきか、とてもしっかりしておられるので
きっと問題なく離れられると思います。

組織の難点は、末端のひとりひとりは、そう悪い人間ばかりじゃ
ないってことなんです。
みんな妄想に取りつかれ、ただの思いこみを真実とし過ぎています。
ケロリさんはそのあたりも感覚として理解されていらっしゃると
お見受けします。
責任感や情にひっぱられることなく、さらりとかわして
ご自身の時間を一番に大事に、これからを過ごしてくださいね。

のん様

>その人の為に信心してる訳じゃないよね、「先生と共に」だから。

お友達のメール、いろんな意味で凄いですねw
その人のために信心してる訳じゃないよね、はまだ解りますが
「先生と共に」だから。 これが全く理解できませんw
先生のために信心してると捉えていいんでしょうか・・。なんだかそれも
全然違う様な・・。
ほんとうに池田教ですね、私自身が全くなんの思い入れもないだけに
このような活動家の方の頭の中が、謎です。

>どの組織でも、人の上に立ち、役職を持つ人は厳しい目で見られるものだと。
会社でも役職を持って人を指導する立場になれば、下からは厳しく見られる。
「人に言う前にまず自分」そういう目で見られる。
まして、学会は、人の生き方等を指導するところだから、なおさら。
さらに、学会の役職は、最終的には自らやります、と引き受けた役職。
拒否してクビになるものでもない。
この部分に対しての返答はありませんでした。

のんさんの返信はごもっともだと思います。
幹部とて人間というのは、甘えでしかありませんよね。
「凡夫だから許してあげて」という言葉もありますが、これも
都合のいい逃げ言葉でしかありません。
しかし、地域役職というのは「貧乏くじ」であることは否めません。
現状、活動家はどんどん減ってますから、ノルマも重いでしょうし
人数が少ない分、活動そのものが盛り上がらなかったりで。
みんなやりたくないけどやっていて、やらない(やれない)人の事を
「ズルイ」と思っていたりするというw
嫌だったら辞めればいいのですが、福運功徳欲しさなのか。
仏罰怖さなのか、しがらみか、止められないと思っている人が
一杯います。
のんさんのお友達も、純粋に信仰を貫くという思いと・しんどさの
両天秤で実は辛いのかもしれないですね。

>孫の勢いに押されて組織や信仰など、
言いたいことも言えないかもしれませんが。
逆に私は、私一人の時に来てもらわないようにしている感じです。
会話の内容が想像できてしまうので…。

二人になると創価話題、なりますよねどうしても。
うちも同じくです。
対峙はしても、創価以外の話題で普通に笑いあえる親子関係を
保っていくことを心掛けています。
創価話題で対峙してそれっきり、じゃ排他主義の創価脳と
同じレベルになってしまいますから。

>友人のメールに「学会をやめたいって思ってた時、ネットで元学会幹部の
サイトを見た。(略)そこに歓喜は感じられなかった。」とありましたが、
私は祥蘭さんのブログを見る度に、しっかり前を向くことができますし、
自分の考えに自信を持つことができます。

逆に、活動家のブログに歓喜があるのか?とお友達に
お聞きしたいですね。
私の知る限りですが、どこも愚痴と堂々巡りでえらいことに
なってますが・・。
バリ活ブログなのに、ネガキャンになってるところも多々あります。
組織からブログ禁止令がでていないのが不思議なくらいですw

前を向く事が出来ると言ってもらえて、ブログをたちあげた
甲斐があります。
のんさんのご経験を読まれて勇気づけられる方もきっと
おられると思います。
常に理路整然と、バリ活と向き合っていかれる姿が頼もしいです。

吉野様

>恥ずかしながら覚醒直後、どこの政党がいいのかわからないし何度か棄権しました。
(投票所に行って学会員と出くわしたらそれもイヤだなって気もあって)

「棄権も有権者の権利で、棄権させるような政治政党が悪い・・」と
池田老人が松下幸之助氏との往復書簡(本として出版)で
発言してたらしいですw
それテメエ(の作った政党)の事じゃん!!!と激しく突っ込みました。
吉野さんの選択、まさにこのパターンですよね。

>会合の挨拶で、その方を担当していたしらゆり長さんが
自分の一念が足りなくてOOさんに投票してもらえなかったと泣きだしました。
当時皆で「大丈夫よあなたは頑張ったよ!」って彼女を励ましたことを
思い出して、今の感覚で「私、何してたんだろ?」って吃驚しました。

情景が目に浮かぶようです。
そのしらゆり長さん、責任感でいっぱいだったのでしょうね。
けなげで、不憫です。

>選挙にいくも行かないも、その人の自由。
棄権してほしくない思いはありますけど、どこに投票するかなんて
他人の祈念や念力でどうにかなるものじゃないです。
それでも活動家は必死で、お題目の力や強く念じることで投票に
足を運んでもらえる(公明党に入れてくれる)と信じていました。
自分たちの強い祈りと積極的な(非常識な)行動で勝利を勝ち取るんだって
思っていました。

はい、まったくその通りでしたね。
私も活動家の頃は拠点で題目を上げながら、当選を祈念していました。
あれはいったい何だったんだろう?
それで当選してしまってたから、祈りが通じたとか・自分たちの
足で稼ぐF活動その他は間違いないと、確信を高めてしまうんですよね。
なんだかなぁと思います。

>覚醒後、ニュースを見ていたら人手不足でポスターを貼る事も
ままならない候補者がいると聞いてビックリした事がありました。
世間知らずで恥ずかしいけど、あのポスターは町会の人が貼ってると
思ってました。
候補者が1枚1枚、支援者等と自分たちで貼ってたなんて知らなかったです。

選挙にはヒトモノカネ、といいますが、ボランティアを募るにしろ
限界があって、本当に手弁当で・かなり多くの人間が携わることって、
一般政党では中々出来ないようです。
まして知名度が低いとなれば尚更。
徳洲会事件で、病院関係者を運動員にしたことが選挙法違反で
問題となり、逮捕者まで出たのを見たとき
こっち↑のがまだマシじゃない?!功徳のエサで集められて
運動員させている方が罪なんじゃ・・と感じてしまいました。

>組織力が強大な権力に繋がってること、信仰心を利用されていることに
沢山の人が気付きますように。
そして自分で考えて政治を監視して行けるように。
そう思うので、拙い経験でしたが書かせてもらいました。

貴重な経験、お聞かせくださってありがとうございます。
政治と信仰を切り離して考え、冷静に行動する人が増えることを
私も願ってやみません。

2014/06/03 (Tue) 00:40 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

おはようございます。
選挙での覚醒されている方も多いんですね。
最近は解りやすい報道バラエティ番組も増えてきて、政局に詳しい人が多くなったと感じます。
私の周囲では「そこまで言って委員会」が人気があります。
最近始まった池上さんの番組も見てる人多いです。
普通の主婦にとっても社会や政治の話題が身近になったと感じます。

私は組織の人間関係がきっかけで非活になって、その後に政治支援のからくりを
ネットで知ったパターンです。
恥ずかしながら覚醒直後、どこの政党がいいのかわからないし何度か棄権しました。
(投票所に行って学会員と出くわしたらそれもイヤだなって気もあって)

祥蘭さんの経験を読ませてもらい思いだしましたが、私がまだ活動家だった頃
(2005年の郵政選挙だったと思います)
当日内確である部員さんの家に通いつめたしらゆり長さんの事です。
未活だけど家庭訪問にはいつも愛想よくしてくれる人でしたが、当日確認がとれなくて。
集合住宅に住んでいる活動家は時間をずらして投票に行ってました。
選挙台帳を係員がめくるとき凝視して、誰が投票済みかを
確認するんです。
未活動の部員さんと同じ階数に住んでいる人が、夕方に投票に行き
まだ印が押されていないことを確認。
なんとしてでも投票してもらおうと、拠点が同じ住宅内にあったので
交代で見に行ってました。
でも結局、8時になってもその方は帰宅しませんでした。
会合の挨拶で、その方を担当していたしらゆり長さんが
自分の一念が足りなくてOOさんに投票してもらえなかったと泣きだしました。
当時皆で「大丈夫よあなたは頑張ったよ!」って彼女を励ましたことを
思い出して、今の感覚で「私、何してたんだろ?」って吃驚しました。
選挙にいくも行かないも、その人の自由。
棄権してほしくない思いはありますけど、どこに投票するかなんて
他人の祈念や念力でどうにかなるものじゃないです。
それでも活動家は必死で、お題目の力や強く念じることで投票に
足を運んでもらえる(公明党に入れてくれる)と信じていました。
自分たちの強い祈りと積極的な(非常識な)行動で勝利を勝ち取るんだって
思っていました。
祥蘭さんが「政治や選挙はおまじないではない」と書かれていたのを読んで
当たり前のことなんだけれど「ホントその通り」と思わず呟いてしまいました。
普段はそうでもないのに、選挙になると急にはりきりだす壮婦も結構いて
そういう人達は「法戦でものすごい功徳をもらえる」を本気にしていました。
自分も含めてですが、公明党の政治理念に共感して一生懸命支援している人なんて
居なかったと思います。
上からの打ち出しだから、そういう流れだから、みたいなものでした。

地方選で遊説隊の経験もありますが、公明党の候補って相当恵まれてると
思います。
どこに行ったって熱烈な支援者が待ってて演説を聞いてくれます。
歩き遊説も小一時間ごとに支援者宅でお茶とおやつの休憩がありました。
他党のことを知らないけど、多分こんな楽な選挙を他党はしてないと
思います。
覚醒後、ニュースを見ていたら人手不足でポスターを貼る事も
ままならない候補者がいると聞いてビックリした事がありました。
世間知らずで恥ずかしいけど、あのポスターは町会の人が貼ってると
思ってました。
候補者が1枚1枚、支援者等と自分たちで貼ってたなんて知らなかったです。

組織力が強大な権力に繋がってること、信仰心を利用されていることに
沢山の人が気付きますように。
そして自分で考えて政治を監視して行けるように。
そう思うので、拙い経験でしたが書かせてもらいました。



2014/05/31 (Sat) 10:57 | 吉野 #- | URL | 編集

友人とのやりとり

2月に初めてコメントを書かせて頂いた時、
>20年来の親友が2人いますが、1人は同じ区内で地区婦人部長として
>バリ活。とても話せませんし、話したら、お説教が目に見えます。
と書いたのですが、このバリ活地区婦からメールがきました。

先週、私は誕生日で、2ヶ月ぶりにメールがあり「おめでとう」の内容でした。
「ありがとう」と返信したところ、私に無礼な発言をした地区婦のことが
書かれたメールがきました。
以前から二人は知り合いとは聞いていたものの、中学時代の先輩後輩で、
今も会館掃除でも人材グループでも一緒だとか。

 ○さんを嫌ってるようだけど、そこまで怒らないといけないの?
 ○さんはすごく気にしてて色んな人に指導受けてた。
 会合に出て前向きになってほしいと思ってるのに、あの人が嫌いだから会合に
 でないって、ただの怨嫉だよ。
 その人の為に信心してる訳じゃないよね、「先生と共に」だから。

すぐに思い出しました。3/10に祥蘭さんからお返事頂いたコメントを!!

 皆、活動を離れる理由は「怨嫉」だと思い込んでいます。
 問題はそんな単純な物では無いのに、ただ単に「人間関係がいやになって
 組織離れして行ってる」と思いこむんですよ、活動家の人は。

まさに!!です!!「怨嫉」というキーワードがそのまま出てきて、
祥蘭さんスゴイ!と思ってしまったほどです。
そして「先生と共に」。すっかり「池田教」です…。

今、祥蘭さんのブログを参考に、今までのことを書き出しているのですが
まだまだ中途半端でまとまっていません。
しかしながら、とりあえず彼女にも伝えよう、と返信しました。

 ○は嫌いだけど、「怨嫉」ではない。○の件はきっかけにすぎない。
 20年前の宗門問題の頃から、組織の疑問を抱えてきた。

等々。当然、反論&主張メールがきました。私も、それは勘違いすぎる、
という点を反論したり。4,5回、互いにかなり長いメールを送りました。

 宗教は自由だし、人に強制するものでもないし、そこは一緒だよ!
と書かれていたかと思えば、
 疑問や不満があっても勤行や題目はやらないより、やった方がいい。
と書かれていたり。結局のところ「お題目あげれば良い!」なのです。
前回祥蘭さんがお返事に書いてくださった「仏法をたもつ自分が上で外部は下」
を思わせる文面も多々ありました。

水と油。まさに祥蘭さんの書かれた。「対峙」です。
キリがないと思い、私も色々まとまらないので、このへんで締めたい、と
伝えて終わりました。

また、メールで度々出てきたのは、こういう内容でした。
「活動しない人に限って学会員に厳しい。幹部だって人間なのに。」
私は冷静に返しました。

どの組織でも、人の上に立ち、役職を持つ人は厳しい目で見られるものだと。
会社でも役職を持って人を指導する立場になれば、下からは厳しく見られる。
「人に言う前にまず自分」そういう目で見られる。
まして、学会は、人の生き方等を指導するところだから、なおさら。
さらに、学会の役職は、最終的には自らやります、と引き受けた役職。
拒否してクビになるものでもない。

この部分に対しての返答はありませんでした。

「私もやめたい時があった」「でも逃げずにやってる」「地区婦が
どれほど重責か分かってはもらえない」等もありました。
逃げずにやることが美徳なのですよね。バリ活さんには。地区婦の
重責なんて、知ったこっちゃありません。知りたくもありません。

最初に突っ込んだメールが送られてきた時、「嫌われたくないけど…」と
書いてありましたが、人として嫌いではないものの、これほど方向性が
違えば、親友としての付き合いは無理だろうな、と感じました。
今までも、何か相談すれば「お題目あげると…」が多々ありましたし、
2年ほど前に、家を出ようかと思う程の問題が起こってメールした時は、
「地区婦になって色々あって…」と、相談内容をまともに読まずに
トンチンカンな返答が来たりしていましたし。

また、度々、訪問したい、会合の出欠を…と連絡がくる、グループ長、
しらゆり長にも、先日改めてメール・手紙で伝えました。
「申し訳ないけれど、地区婦の発言をきっかけに、組織について色々と
 思うところがあり、今、活動に参加する気持ちにならない」と。

同年代のしらゆり長は「お互いにまたわかり合える時が来ると信じて、
自分の戦いを続けていきます」というメール。80代のグループ長からは
「お題目を遅らせて頂くことしかできず、心が痛みますが、焦らず
ゆっくりと考えていかれたらいかがでしょうか」という手紙がきました。

思っていたよりも深く突っ込まれない気が抜ける程度の内容でしたが
毎回、嘘をついて断りを入れていたので、すっきりしました。
何だか、今後違う方面から何か起きないか、少し気になりますが。
そして、80代のグループ長。年末に私が断ったところ、この方が
グループ長です。いかに若い人材がいないか、の表れではなかろうかと。

先日コメントのお返事で
 のんさんが御実家とさほど遠くないところにお住まいなのでしたら、
 信仰話題抜きの楽しい時間を一緒に過ごす機会を増やされても
 良いかもしれないですね。
と頂きましたが、実家は30分程の所で、孫に会いたいこともあり
我が家に来ることもあります。孫の勢いに押されて組織や信仰など、
言いたいことも言えないかもしれませんが。
逆に私は、私一人の時に来てもらわないようにしている感じです。
会話の内容が想像できてしまうので…。

 創価はもはや宗教ではないし、学会活動は信仰行為ではありません。
と頂きましたが、そうなんですよね。しかも母自身も「納得できない
こともある」というのですから。
「創価を憎んで人(母)を憎まず」。仰るとおりです!!

毎回長いコメントを書かせて頂いて申し訳ありません。また、お忙しい中
毎回ご丁寧なお返事を頂き、ありがとうございます。
なぜか、書かせて頂きたい事案が次々出てきます。(覚醒した道理?)

友人のメールに「学会をやめたいって思ってた時、ネットで元学会幹部の
サイトを見た。(略)そこに歓喜は感じられなかった。」とありましたが、
私は祥蘭さんのブログを見る度に、しっかり前を向くことができますし、
自分の考えに自信を持つことができます。
今後の「創価脳な親との関係」、引き続き期待しております。

2014/05/25 (Sun) 01:29 | のん #2uybecE6 | URL | 編集

はじめまして

はじめまして。
30代の女子部です。
18歳の時に、母親が入会したのをきっかけに私も入会しました。ですので私も母も一世です。
今は区幹部と部長を兼任してますが、数年前から隠れアンチです(笑)

数日前に『囲み折伏 創価』で検索をしたら、祥蘭様のブログを見付けました。
入会した時から、何とも言えない“一般常識が通じない雰囲気”に違和感を感じていましたが、3年前に今の組織で『囲み折伏』の被害遭い、もう創価の組織に我慢できなくなりました。

3年前、私の友人に、会館の狭い仏間で7人がかりで“今日入会しないと絶対後悔する”と、入会を迫ったのです。
最初は3対2(男子部2人、壮年部1人、私、私の友人)でしたが、あれよあれよと婦人部が勝手にわんさか入ってきて、気が付けば7対2でした。
友人から見れば、私も“創価の一員”ですので、8対1です。

その後、友人とはもう連絡を取っていません。何度も謝りましたが、お互い一度出来た心の傷は、ずっと治りません。
なぜ、おばさん達(勝手に入ってきた婦人部)に『勝手に入るな』と言えなかったのか。
なぜ、『信仰は個人の自由なんだから、強制するな』と、友人の前で強く言えなかったのか。
友人を守れなかったことが、今でも悔しくてたまりません。

囲み折伏の次の日に、勝手に入ってきた婦人部に『あなた達の勝手な振る舞いのせいで友人が傷付いたし、私も昨日の折伏の場はまるで地獄絵図を見ているような…本当に地獄にいた気分だった』と訴えましたが、『昨日の事を私達のせいにするのは、責任感が無さすぎる。これからはあなたの戦いだからなんだからね、頑張ってね!』との事でした…。

女子部の幹部に話しても『友人の幸せを思うあまり、ちょっと一生懸命になりすぎたのかもね』…という、“一生懸命やってくれたんだから、あんまり責めないで”というような事を言われただけでした。

それから3年、『2度と同じようなことがあってはならない』と思い、部長として組織の間違いを正していきたいと頑張ってきましたが、最近もう疲れてしまいました。
これだけ大きな組織に、私一人で立ち向かうのは無理でした。
(もっと早く気付けよ!って感じですよねw)


最近、祥蘭様や他の非活動家(←“活動家”という言葉自体苦手なのですが…w)の方のブログを読むようになりました。
『私と同じような悩みを持ちながら、学会活動している方がいるんじゃないだろうか?』と、思いたったのがきっかけで、色々な記事やブログを閲覧していたのですが、想像以上に同感するblogやコメントがあり、心が軽くなりました。
しかも、皆さんの方が活動家より勉強家で常識的です(笑)

今はまだ脱会は考えていません。
でも、もうこれ以上学会での活動はいっさいやりたくないです。
今後どうやって活動をスルーしていくか考えています。
部長という正役職をしているので、すぐにスルーするのはかなり難しいですが、自分の今後の人生の為に何とかしなくては!と考えています。

まだ最後の記事まで読んでいませんが、毎日少しずつ読ませて頂いています。とても楽しみにしています。

直接お会いして、色々とお話ししたいくらいですが(笑)
また今後もコメントをさせて頂くかもしれません。
今後ともよろしくお願い致します。

2014/05/23 (Fri) 23:28 | ケロリ #- | URL | 編集

ありがとうございます。

祥蘭さん、そしてあややんさん、お返事いただきありがとうございました。

こちらの地域でも勤行をするだけで特別なフローはありません。
そういうことは大切にしないんでしょうね。

自宅開催を打診し、受け入れてもらえなければ、一つの宗派として割り切りを持つのもひつようかなと思いました。

ご丁寧なお返事、本当にありがとうございました。


また今回の記事も本当に参考になります。
私は未だにどうしていいかわからず、対峙もできすにただただ、お互い知らん顔しています。
いつか話さないととは思うのですが…

祥蘭さんの記事を参考にまた励まされながら、これからの母との関係を考えていきたいと思います。
2014/05/23 (Fri) 20:10 | *hana* #- | URL | 編集

No title

おはようございます。お久しぶりです。
前回書き込んだ時(2月)から変化あり、ご報告にきました。
地域に非活宣言しました。
ここに書き込んでから3ヶ月の間にいろいろありすぎました。
身バレしそうなんで詳しい事は非公開で書きます。

【都合が悪くなると逃げ、言いたいことは言いっぱなし】って
もー本当にその通りです。笑っちゃいます。
非活宣言して一番仲の良かった活動家の子からメールがきたので、自分の正直な気持ちを書いて返信しました。
オカシイと思ってたことを何個か並べたのに対して彼女の答え
オカシイ事についての自分の意見はなんもなしで
【組織や他人のせいにしている間は1ミリの成長も無い。自分の中に原因があって
答えも埋まってる。因果具時。それを掘り起こしていくのが信心で学会活動】と書いてきました。
【きとらはそれを周りのせいにしてさぼりたいだけなんだ】って指摘、あいた口がふさがらないって感じでした。
組織のせいになんてしてないですよ。私が活動に意味を感じなくなっただけなので。
落ち着いてちゃんと読んでないからそんな返信になってくるんでしょうね。
些細な疑問を全て【悪口】って捉えてしまうのも創価脳の特徴。
それに成長なんて組織じゃなくてもどこでも出来ますよ。
人間的な成長が組織の中しか無理って思わされてるだけですよ。
その子、自分より他人を優先できるすごく親切なタイプです。
子供が病気で寝込んで会合に来れないってメンバーのことを聞いたらご飯を作って差し入れするような
人です。でも自分の子供はお腹すかせていても後回しです。
その裏事情を見た時に、単純にいい人ぶりたいだけなん?って疑問でした。
優先順位まちがってるよって活動家の人はいっぱいいました。いい人だけど手本にはしたくなかったです。
毒吐きでゴメンナサイ。私の個人的な感想です。
今でもその子から時々メールきます。全部一方的な気持ちの押しつけと
業務連絡です。
最初はいちいち頭に来て返信してたんですが
もう無視する事に決めました。相手している時間もないです。

非活になって一番喜んでるのは子供です。
うちは夫が平日休みの事も多くて、昼間私が会合に行ってるときは
夫と子供で遊びに行ってました。
それが今は全員でおでかけできるし帰りに外で夕飯もできるようになって
(前は無理でした。夜の会合があるので)
家族で過ごす時間がすごく増えました。そうしたら子供も変わって来ました。
何事にも前向きになってきたっていうか。前は好奇心の少ない子で
訴求力が他の子と比べて弱いと幼稚園の先生からも言われ、気にしてました。
私はゆるい活動家でしたけどそれでも一般の家庭と違って
いっぱい子供に我慢させてたのかな?と反省してます。
祥蘭さんをはじめ、ここで子供の人権の話をされている方の意見を
ヤングバリ活に読んでもらいたいくらいです。
創価で育った2世は問題に気付けない人が多いと思います。何の問題とも思ってないです。
それでママ友も組織のメンツしかなかったら、常識がそこで止まってしまうし。
組織から離れるなってウルサク言う意味は、本当の常識に気付かせたくないからです。
気付いたら活動家なんかやってられませんよ。
皆さんと同じく、私も一日も早く気づく人が増えて欲しいと思ってます。

2014/05/23 (Fri) 10:33 | きとら #MJ.8oQaI | URL | 編集

のん様 ジョルジュ様 あややん様 ことり様 マリーナ様 いず様

コメントありがとうございます。
承認とお返事が遅くなって申し訳ありません。

のん様

>つい先日は、主人と子供のことでちょっとした喧嘩になり、
「悔しくて泣いてしまったから、今日は寝て忘れる!」と母に
メールしたところ「落ち着いて題目を気の済むまであげてみて、
いい解決策が見つかるように私も祈ります」と返事がきました。

心中お察しいたします。
私も同様の事柄がたびたびありまして、覚醒直後は癇に障って
仕方がなく、のんさん同様に
「そんなこと(題目)で解決したら誰も苦労しないよ」
と返事したりしていました。
ただ、回数が重なっていくうち「私もお題目を上げるから」
これしか励ましの言葉を識らない母が、不憫で可哀相に
なってきたんです。
結局、学会組織の人間関係どっぷりで何十年にもなると
学会員の常套句の励ましが定型句になってしまうんですね。
本人(のんさんの母上様)には、絶対悪気はない。
ただ心から娘の安穏を願う時、その言葉しか出てこないのでは
ないでしょうか。

私は、自分の母が好んで創価どっぷりの人生を送ってきたにせよ
あまりにも底が浅いし、一般社会に溢れる励ましの言葉を
母が外部からかけてもらう事がなかったんだな・・と不憫になったんです。
あったのかもしれないけど、母が聞き逃して自分の引き出しに
入れていないとすれば、勿体無いことで。
その因はやっぱり「仏法をたもつ自分が上で外部は下」という
選民意識からのものではないかと。
そうなると母に対して腹を立てる事は減り、
創価組織に対しての怒り憎しみが更に倍になりました。

>天気もいいので、気分転換に外に出て、好きなところに行ったり、
美味しいものを食べて、リセットしてはどうでしょうか?私はそれだけで、
十分気持ちがリセットできます。よし、気持ち入れ替えて頑張るか!
と思えます。
部屋にこもって祈って祈って…ばかりより、心身共に健全だと思います。
と返信しました。

素晴らしい返信内容だと思います。お母様も、少し考えるきっかけに
なったんじゃないでしょうか。
のんさんが御実家とさほど遠くないところにお住まいなのでしたら、
信仰話題抜きの楽しい時間を一緒に過ごす機会を増やされても
良いかもしれないですね。
高齢者が創価に依るのは、言い様のない寂しさもあるからなんですね。
この一年、母を観察していてそう感じた次第です。

>私は母が信じているものをやめさせるつもりはありません。
(違法なことをしたり、財務に全財産出したら、とめますが)
逆に、私にもとやかく言わないで欲しい、と思っています。
信仰は自由なもの。強制されてするものではないのですから。

同感です。
ただの純粋な信仰であれば、私も母の気持ちを尊重したいです。
しかし創価はもはや宗教ではないし、学会活動は信仰行為では
ありません。
そう思い込まされているから、MCは性質が悪いですね。

ジョルジュ様

ご婚約おめでとうございます。

>①脱会したら紹介者のところに連絡がいきますか?
②脱会後に会員だったことがばれるような事ってありますか?

①は、ケースバイケースのようです。
私が折伏した友人が昨年脱会しましたが、私のところに
連絡はありません。
これは友人も私も非活期間がある程度長いことが理由の一つに
挙げられると思います。
ジョルジュ様のお友達が、現在どの地域(同都府県か遠方か)に
お住まいで・活動家か否かでも変わってくると思います。
同都府県で活動家の場合なら、タテヨコの繋がりで耳に入る事が
あるかもしれません。

②については、引っ越し先は絶対教えない事です。
万が一、外でばったり会って声をかけられれた時は
「脱会しました。もう関わりたくありません」とおっしゃれば
そこで終わると思います。
それでもしつこく・・となればもう警察行きでOKでしょう。
立派な迷惑行為ですから。

①補足で、脱会したことがバレてご友人から連絡が来ても困ると
いう件に対してですが、お友達が強引なタイプなのでしょうか?
だとすれば厄介ですね。

脱会後、学会員と接触の機会があるときは会話を録音する・
訪問日時を記録・メールは保護する事をお勧めします。
少しでも脅迫文言が入っていれば立派な迷惑行為です。
証拠を残しておくことがあとあと大事だと思います。

最近は組織衰退の一途で、20代はおろか30-40代も
減ってきているとのことです。
活動家ならまだしも、非活の脱会をひきとめるほど人材が
余って無いと思います。
きっと大丈夫だと思いますが、転ばぬ先の杖で
用心だけなさってください。
どうぞお幸せに。

あややん様

>正義を証明するためには必ず反対側に悪や誤りがある、それを破折っていくのが
自分たちの存在意義でした。
だから排他主義っていわれても全然ぴんとこなくて。
なんでいけないの?くらいに思ってました・笑。

お恥ずかしながら、私も覚醒前までは同じでした。
正義の反対側は絶対に悪だ!という熾烈な思想を持ってましたね~。
今から考えるとトンデモなんですが。
覚醒前に歴史本で、日蓮の説く仏法の特異性について
触れられてたんですが、日本仏教界でも(教義において)
外敵を想定しているところが非常に珍しい・・と、やや皮肉めいた
記述があったんですね。
「そんなのあたりまえじゃん!末法の御本仏なんだから。他の宗派と
一緒にするなよ!」と思いながら読んでた事を、最近思いだしましたw
他の宗派はあくまで「自分と仏」で、内観が基本らしいんですね。
しかし日蓮は外です(破折など)。
そんなところにも排他性が垣間見えると思います。
今後勉強して行きたいお題です(って、そんなお題が山ほど・・)。

>そう考えると創価の活動に道徳観なんてありませんでした。
道徳観もってたら出来ない事ばかりだったというか。
仏壇の前に「打倒OO」なんて、他人の名前を書いてその人の不幸を祈らせるなんて
とてもじゃないけど道徳観あったら出来ませんよね。
今更だけど、とんでもない活動してたな、打ち出しとはいえ・・・と。
ほんと黒歴史って言葉がピッタリです・苦笑。

まったくもって、同感です。
自分たちが絶対正しいという価値観を、免罪符にし過ぎて
道徳観なんて無視していました。
そんなの世間じゃ通用しないのにね。
本当にどうかしていた(いる)と、振り返って思います。

*hana*さんへのレスもありがとうございます。
会館の法事はフローがない、私の実家方面でも同じくです。
超高齢化社会で、法事ごとも以前より増加しているはずなのに
組織ではあまり重要視してないみたいですね。
儀式に意味は無いと宗門を切り捨てた手前、きちっとした形式を
作らないようにしてるんでしょうかw 謎ですね。

ことり様

>それどころか、福祉に手厚い公明党はいいところもあるし、韓国や中国とも仲良くするのは大事だし、外国人だって、地域の政治に参加して仲良くなって、良い地域をつくれたらいいなぁなんて考えていました。
どんだけ性善説やねん!ですね。
はー恥ずかしい。
2世や三世のこは、こんな風にめっちゃ夢見がちなファンタジーをみてるこ多いと思います。基本はいい子ですから。

「性善説」言い得て妙ですね。仰るとおりです。
学会員の大半が疑う事を知らず、組織から垂れ流される情報を
鵜呑み丸のみにしてきたのって「(創価が)騙すわけがない」との
前提が大いにあると思います。
夢見がちなファンタジー、まさにw 私もそのタイプでした。

>私、親族に性暴力を子供時代に受けてたんですね。
そして大人になってやっとのことで打ち明けたら、なんにもしてくれなかったんです。
加害者に文句の一つもいってくれないし、親族の会で会わないようにすることさえできないんだそうです。
びっくりして、やっぱり信心なんて、なんの意味もないなと思いました。

それはお辛い経験でしたね。お話し下さってありがとうございます。
創価家庭に育った哀しみも多様で、人それぞれ様々なパターンが
ありますが、ことりさんの経験もそのひとつであると確認した様な
思いで読ませていただきました。

実は非公開コメントで、同様の経験を語って下さった方が数人
いらっしゃいます。
初めてそのようなコメントを読ませてもらった時は衝撃でしたが、
他にもいらっしゃると知って絶句でした。
そしてことりさんまで。
なんなのでしょう。たんなる偶然とは思えなくて。
信仰の名のもとで「能忍」だの「忍辱の鎧」だのと、
感情封印させることだけを傷ついた人(子供)に強いておき、
なかったことにする・問題化しない。
中には傷ついた人を責める(宿業だと)パターンもあったり。
そんな創価脳な大人達の姿が見えて、おぞましいし、怒りを
禁じえないです。

創価はなんでもキレイゴトの世界にしておきたがる風潮が
ありますが、実際ドロドロです。
愛憎劇や痴話やらちょっとした虐待やら・・。
リアルに私が知る(経験・見聞きした)現場の話だけでも
山ほどあるんだから、全国実態なんて言いだしたら、
そら恐ろしいです。

>とにかく、創価学会なんかにいても幸せになんてなれないんですよ。
むしろ、現実逃避して娘を見捨てる道具になってそうです。

ことりさんの仰る通りだと思います。
現実を見てるようで実際ぜんぜん見えてない、それが活動家です。
そして現実を見させないように仕向けているのが組織です。
活動家自身が泣きを見たところで、責任なんかとらないのが組織です。
多くの方が、早く現実に気付いてくれればと、願っています。

マリーナ様

>脱会したくてもできない、様々な要因を抱える覚醒会員は少なくないと思います。
また、内部の人間や元会員の心ない言葉に腹立たしさや槍切れなさを感じている人もいることでしょう。

簡単じゃないですよね、脱会って。
本当になんのしがらみもなく、綺麗さっぱり思い立ったら即日脱会って
そんな人は珍しいと思います。
しがらみなんて関係ないと、何もかもぶっちぎって脱会される方も
それはそれでアリですが、脱会も人それぞれパターンがあって良く、
時期は自分が決める事だと思います。
ただ脱会者を「勇者」のように感じられる覚醒者の方、
自分は脱会したいけど出来ない・・で悩まれて非公開コメントを
下さった方がおられます。
その方にむけてのお返事でもありました。

>他所のコメント欄でも、「親がいる間は~」との意見を複数拝見しました。
ここにも同じ思いの人がいる…と複雑な気持ちになります。親の健康長寿を願わない人はいないし、家庭内に波風は立てたくない。
すべてを無視して脱会すれば家庭崩壊です。

マリーナさんのおっしゃる通り。
家庭崩壊してまで脱会しても、親(や家族)がますますMCを
強固にしてしまう可能性だってありますよね。
それでもいいと、自己完結している人なら構わないと思いますが
多くの皆さんは「親を悲しませたくない」んですよね。
私も同じ気持ちで、母と折り合いのつく時期に脱会したいと思っています。

>学会の言う、「一家和楽」とは組織にとって都合のよい「バリ活一家」の代名詞なのでしょう。
実に皮肉な指導じゃありませんかw

誰か一人でも離脱したら家庭崩壊へ向かいますもんねw
家族なのに「敵」や「魔」になってしまうことだってありますし。
創価の一家和楽なんて強固なMCのスローガンでしかなかったです。

>また不幸中の幸いといいましょうか、二人とも高齢化ゆえ以前のような活動はしなくなりました。
自宅での唱題中心に大きな会合に出る程度で…つまり、私はこれに付き添わねばならないトホホ状態w
一刻も早く、皆の目が覚めるような激震が起こらないか?と願っています。

創価新報をやめられたとの事、すごいですね!
あんなもの見ててもいのちが汚れる・・とのご判断だったのでしょうか。
それはなんだか期待が持てそうな感じ。私がワクワクしますw
うちの母は相変わらず購読しています。実家帰省時にあの下世話記事を
読むのが楽しみなような・でもやめてほしいような。複雑です。

激震がおこるとすれば、何でしょうかね?
やはり池田老人の健康問題・リアルな現状が白日の下にさらされる
ことでしょうか・・。
逆に日顕さんが今もお元気だって事を、動画で伝えてもらえると
それなりの破壊力ありそうですがw 

>一説によると自公の話合いは既についているとか、「一旦離脱した後に再連立」という台本まで出来ているなどという人もいます。
いずれにしても、この法案の行く末が一つの転機になるのではないか?なってほしい!と思っています。

組織は既に来春の統一地方選の選挙態勢に入っているそうです。
集団的自衛権の件をのらりくらりと否定風情でひっぱりたいのも
選挙を見据えての事だと情報もあります。
テレビ報道などで(後のいずさんのコメントにもありますが)
婦人部が平和主義者なので云々・・と言われておりますが
票稼ぎの実働部隊のおばちゃま達、そこまで考えてませんよねw
選挙の功徳福運ありきで頑張ってるだけで。
公明党の方針・方向性に異を唱えるような婦人部ならもうとっくに
非活になってると思います。だからなんか、こういった報道事態も
嘘くさいな~。平和団体アピールに利用?としか私には思えません。
そうやって平和主義の無党派層を取り込もうとしているようにしか
見えないと言うか。
引き続き、党の動きを要観察ですね。

いず様

>福子が脱会のタイミングを見計らうのは当然と私も思います。
家族を家族とも思わず切り捨てられる人だったら簡単かもしれないけれど
祥蘭さんが仰る「人の尊厳」ありきならこの問題に単純明快な答えや近道なんてないです。

いずさんが仰るからこその、力強いお言葉だと思います。
先ほどマリーナさんへのお返事にも書いたのですが、脱会出来ない事を
くよくよ悩む必要なんて、どこにもないです。
お金や労働力を差し出さなければ、当面はそれでいい。
脱会はいつでもかまわないと私は思います。

>お金があるなしの問題じゃなく新聞なんて読みたくない、意味も無い、悪に加担したくないだけなのにって
その思いをオブラートに包んで返信したんですが、ノーリアクションで無視されました。
都合が悪くなると逃げ、言いたい事は言いっぱなし、現状親はそんな感じです。
対話なんてほぼ成り立たないです。対峙って言葉がそのまま当てはまります。

せっかくお母様を喜ばせよう!と思われたのに
(いや、きっととても喜ばれたと思います)
「新聞購読」が出てくるとは・・なんだか脱力してしまいますよね。
うちも、いまだに新聞をすすめてくることがありますw
その理由が素っ頓狂で、これは後々ブログに書かせてもらいます。

都合が悪くなると逃げ、言いたいことは言いっぱなし

ごめんなさい、思わず太字にしちゃいます。名言ですね。
創価脳をここまで見事に言い当てたフレーズもないと思いますw
基本的に、人の話を聞いてないですよね。
そして言いたいことは言いっぱなしw
最近注視している、某活動家ブログのコメント欄がまさにこの
調子なんですよ。
日々、色んな意味で創価だなぁと感心して見ております。

>(婦人部は平和主義なのでーとのコメントに「平和主義者が他人の不幸祈念するわけ
ない、何も知らないんだ」と内心呟いてましたw)

まさにwいずさんお感じの通りですね。
コメンテーターがどのように学会を見ているのか知りませんが、
皮肉で言っているのか?本気なのか?
前者であって欲しいです。

>そのうち政権与党にいることが学会と先生を護る事になる、連立を抜ける事は
学会と先生を護れないのと同じ。だから行使容認にGOサインを出そうって
流れに持って行きそうな予感ですが、どれだけのバリ活がこの流れについていくんでしょうか。
私の親は確実に流れに乗るタイプです。嘆かわしい~。
全部騙しだって事に今回気付く会員が増えたらいいのにって思います。

ぜひ、その時がきたら矢野氏の書籍にありました
池田老人の名言「私を護れ!」を
会員の皆さまにも聞かせてあげて欲しいですね。
名誉会長メッセージとして、ぜひ長編詩に組み込んでもらいたいw
さすがにそれを聞いたら大半の人は「おや?」と気付くと思うんですが
なかなか、現状残っている活動家はパンチの利いた人が多そうなので
恐ろしいですね。
今後の動向から、目が離せないです。

2014/05/22 (Thu) 23:58 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

御無沙汰しています

こんばんは。
いつもありがとうございます。前回コメントのお返事、読ませてもらい涙してしまいました。
祥蘭さんの懐の深さ、包み込むような優しさを感じます。
私にリアルで姉はおりませんがネットの世界であっても心強い、お姉さんのような存在です。
そして今回の記事も強く共感しました。
祥蘭さんの書かれている事は、リアルに現役活動家と関わって問題に正面から向き合っていないと
出てこない言葉ですね。
創価の親子問題はデリケートで孤独な戦いだと思ってます。経験のない人が簡単に意見しないで欲しいなってこと、あります。
福子が脱会のタイミングを見計らうのは当然と私も思います。
家族を家族とも思わず切り捨てられる人だったら簡単かもしれないけれど
祥蘭さんが仰る「人の尊厳」ありきならこの問題に単純明快な答えや近道なんてないです。

ここ半年ほどの経緯から、親を信じられない気持で一杯です。そしてそんな自分に悲しくなります。
祥蘭さんにいただいたアドバイス「同じ土俵に上がらない」を肝に銘じています。
先日の母の日に贈物をしました。母が欲しがってた物が見つかったのでちょっと奮発。
お礼の手紙が届いて
「高価な物を送れる境涯なんだからSP購読もして欲しい」と書いてあって
どうしてそうなるの~?!と落胆しました。
お金があるなしの問題じゃなく新聞なんて読みたくない、意味も無い、悪に加担したくないだけなのにって
その思いをオブラートに包んで返信したんですが、ノーリアクションで無視されました。
都合が悪くなると逃げ、言いたい事は言いっぱなし、現状親はそんな感じです。
対話なんてほぼ成り立たないです。対峙って言葉がそのまま当てはまります。

話は変わりますが、先日昼休みに職場でテレビを見ながらランチ中
集団的自衛権について学会が公式コメントを出した旨やっていました。
それを見ていた同僚たちが「何様?」「なんで出てくるの関係なくね?」と創価に不快感を
あらわにしていたのが印象的でした。
私は「学会婦人部」って言葉がコメンテーターの口から出る事に思わず噴き出しそうになるのを
我慢しながら視聴。
(婦人部は平和主義なのでーとのコメントに「平和主義者が他人の不幸祈念するわけ
ない、何も知らないんだ」と内心呟いてましたw)
なんのため公式コメントを出したのか意味不明ですが、世の中の心象を
ますます悪くしている事だけは間違いないと感じました。
特定秘密保護法案は軽減税率がらみで通したけど、結局この春に
間にあわなかったですね。現場でどう言い訳をしてるのか気になります。
そのうち政権与党にいることが学会と先生を護る事になる、連立を抜ける事は
学会と先生を護れないのと同じ。だから行使容認にGOサインを出そうって
流れに持って行きそうな予感ですが、どれだけのバリ活がこの流れについていくんでしょうか。
私の親は確実に流れに乗るタイプです。嘆かわしい~。
全部騙しだって事に今回気付く会員が増えたらいいのにって思います。

2014/05/22 (Thu) 01:10 | いず #xQEERAlM | URL | 編集

潜伏する覚醒会員

今回の祥蘭さんの記事に救われる思いです。私だけでなく、きっと多くの方が勇気づけられたのではないでしょうか。脱会したくてもできない、様々な要因を抱える覚醒会員は少なくないと思います。
また、内部の人間や元会員の心ない言葉に腹立たしさや槍切れなさを感じている人もいることでしょう。
私自身、コツコツと非活路線を歩んではいるものの遠い道程に葛藤の日々です。そのかわり、Xデーを中から見られる可能性はありますがww
他所のコメント欄でも、「親がいる間は~」との意見を複数拝見しました。
ここにも同じ思いの人がいる…と複雑な気持ちになります。親の健康長寿を願わない人はいないし、家庭内に波風は立てたくない。
すべてを無視して脱会すれば家庭崩壊です。
学会の言う、「一家和楽」とは組織にとって都合のよい「バリ活一家」の代名詞なのでしょう。
実に皮肉な指導じゃありませんかw
過去に池田氏の側近でありながら、脱会・告発をされた方々の覚悟に改めて頭の下がる思いです。
両親同居の私としては時に感情的に、あるいは根拠を示しつつ話し合ったこともありましたが今は半ば諦めの境地です。
両親共にどちらかといえば信仰重視の人なので、どうして宗門に行かなかったのかな?と思ったりw
ただ、そんな中でちょっとした進歩?がありました。ふと気づくと創価新報の購読を止めていたのです。
以前、「相変わらずの宗門批判も下品だし無駄だから止めたら」との私の意見に、「大した金額じゃないから」と言っていたのにいつの間にかw
また不幸中の幸いといいましょうか、二人とも高齢化ゆえ以前のような活動はしなくなりました。
自宅での唱題中心に大きな会合に出る程度で…つまり、私はこれに付き添わねばならないトホホ状態w
一刻も早く、皆の目が覚めるような激震が起こらないか?と願っています。

今回、「集団的自衛権」に対する学会としての見解が出ましたがこれもポーズであり茶番だと感じます。
自称「平和団体」はいつも口先だけで、いざという時まったく機能しません。
そのくせ選挙になると、尤もらしい理屈を捏ねて会員を公明党支援に駆り立てているのです。
真に政教分離なら、時々で支援しない選択があってもよいはずです。
一説によると自公の話合いは既についているとか、「一旦離脱した後に再連立」という台本まで出来ているなどという人もいます。
いずれにしても、この法案の行く末が一つの転機になるのではないか?なってほしい!と思っています。
2014/05/21 (Wed) 19:03 | マリーナ #- | URL | 編集

はじめまして

始めてコメントします。
いつも読むの楽しみにしています。
私は学会三世のアラサー主婦です。
うちの実家も親が幹部で、熱心な会員でした。親戚も学会員が多いし、子供のときはそれが普通だとおもっていました。
結婚して子供を産んで実家の呪縛が解けてくると、徐々に学会っておかしかったんだ??!
としみじみと感じることが多くなってきます。
もともと幽霊会員気味で誘われたら会合にいくけど、池田先生を永遠の指導者とかいっちゃう宗教っておかしいとは感じていました。
新聞だってうちは6部も7部も取り、公明新聞も2部、その他の冊子もビデオもコンサートチケットもと、こんなにお金をかける宗教はおかしいと思ったけど、親は色々あるんだとしか言いませんでした。
その当時はまだ、嫌なところはあるけど親の好きなようにすればいいし、と思っていました。
それどころか、福祉に手厚い公明党はいいところもあるし、韓国や中国とも仲良くするのは大事だし、外国人だって、地域の政治に参加して仲良くなって、良い地域をつくれたらいいなぁなんて考えていました。
どんだけ性善説やねん!ですね。
はー恥ずかしい。
2世や三世のこは、こんな風にめっちゃ夢見がちなファンタジーをみてるこ多いと思います。基本はいい子ですから。
福祉の党なら、もっと乳児院や児童養護施設などの福祉をもっと手厚くしたり、誰も儲からないようなところをみてあげて欲しいですよ。
会員のお金で政治に介入して権力を得ているだけですからね。
福祉風のあま〜い風味付けで婦人部を騙してるとゆうきも。
家庭内においては、ストレスもありつつなんとかやり過ごしました。
でも今は絶縁してます。
私、親族に性暴力を子供時代に受けてたんですね。
そして大人になってやっとのことで打ち明けたら、なんにもしてくれなかったんです。
加害者に文句の一つもいってくれないし、親族の会で会わないようにすることさえできないんだそうです。
びっくりして、やっぱり信心なんて、なんの意味もないなと思いました。
こんな駄目親なのに、私が家を出るときに御本尊授与を断ったら、怒ってました。ドン引きして、もう悲しさを通り過ぎましたよ。
大好きな親でしたけど、家族はボロボロです。
御本尊にいのってれば娘は帰ってくるとでも思ってそうで、あーもう、盲目すぎて悲しいです。
自分語りばかりしてすみません。

とにかく、創価学会なんかにいても幸せになんてなれないんですよ。
むしろ、現実逃避して娘を見捨てる道具になってそうです。
祥蘭さんの学会活動してた頃の話しを読むと色々共感することも多く、また覚醒してゆく様は励みになります。これからも応援しています!
2014/05/16 (Fri) 13:17 | ことり #OB9DNEv2 | URL | 編集

No title

おはようございます。

創価や日蓮が排他主義と世間から思われている事を非活になってからネットで知りました。
バリ活当時は排他なんて自覚、まったくなかったです。
正義を証明するためには必ず反対側に悪や誤りがある、それを破折っていくのが
自分たちの存在意義でした。
だから排他主義っていわれても全然ぴんとこなくて。
なんでいけないの?くらいに思ってました・笑。
非活歴も長くなってきて、外部の人達と接する機会が多くなってきて
だんだんわかりはじめました。
外部の人たちは偏見に満ちてなくて、寛容で優しいです。
創価を偏見で見ていた訳じゃなくて、まっとうに評価してるだけだったんだと
理解しました。
バリ活だった時は、外部が創価に偏見の目を向けていると思いこんでました。
そんなわけなかったんですね。だって、創価おかしいもん・苦笑。
排他主義に陥らないのは道徳観からきているとの、祥蘭さんの考察は
目からウロコでした。
そう考えると創価の活動に道徳観なんてありませんでした。
道徳観もってたら出来ない事ばかりだったというか。
仏壇の前に「打倒OO」なんて、他人の名前を書いてその人の不幸を祈らせるなんて
とてもじゃないけど道徳観あったら出来ませんよね。
今更だけど、とんでもない活動してたな、打ち出しとはいえ・・・と。
ほんと黒歴史って言葉がピッタリです・苦笑。

*hana*さんへ

会館での法事、親戚で経験ありです。
私の場合はバリ活当時に子供も一緒に会館へ行くことが多かったから
子供は「会館くるの久しぶりだぁ」なんて嬉しそうで
ちょい複雑な気分でした。
会館は飲食が出来ないからごん行唱題が済んだら
精進落としで外のお店に行くので、短時間の事と私は割り切りました。
友人葬はシナリオというかやること決まってるのに、法事は特に無くて
(私の地域だけ?だったらごめんなさい)本当に普通のごん行会みたいな
あっさりしたものでした。
別に会館じゃなくて自宅で十分じゃない?と正直思いました。
会館だからと、なにか特別な演出があるわけでもなかったし。
一周忌だったので、たくさん同志にきてもらいたくて会館でやった
ようです。
その後の三回忌は身内だけで自宅でしてました。

会館使用は会合優先なんで法事は短時間です。
喪主と故人(バリ活)の思いを尊重するということで、わり切ってみたら
どうでしょう。
子供にとったらどこの宗派でも法事なんて退屈なだけですよね。
そういえばごん行してるあいだ、うちの子は一番後ろで漫画読んでました・爆。
御焼香だけはきちんとさせましたけど、ね。

2014/05/15 (Thu) 09:55 | あややん #- | URL | 編集

No title

初めまして。いつも拝見してます。
学会一世のジョルジュと申します(女です)。

友人から折伏され入会し、15年経ちます。
数年前に友人は結婚して少し遠い所に引っ越しました。
その時から私は非活です。

このたび結婚が決まりました。
相手(非会員)に、入会していると話していません。
御本尊はもう巻いて隠してます。家に来ても創価だと
わからない状態です。
なので気付いてないと思います(多分)。

このまま相手に知られたくないので、同居開始前に
脱会したいと思っています。
そこで質問なのですが

①脱会したら紹介者のところに連絡がいきますか?
②脱会後に会員だったことがばれるような事ってありますか?

↑②について、結婚後今の住まいからそんなに離れていない
場所に引っ越す予定です。
今の居住地に学会員の顔見知りが10人程度います。
引っ越したことが連絡網などで知られてしまわないか、家にこられないかと心配です。
そして結婚相手に知られる事は絶対避けたいです。

①については、最近連絡とりあっていません。
このままフェードアウトしたいと思っています。
なもので、脱会したと知れて再び連絡がきたら厄介だなぁと。

唐突な質問でごめんなさい。
脱会する覚悟は決まっているんですが、結婚相手にバレたくないので
タイミングを悩んでいます。
なるべく穏便秘密裏にと思っています。
よろしくお願いします。


2014/05/13 (Tue) 23:03 | ジョルジュ #IUwi89bI | URL | 編集

母のこと

吉野様、地区婦としらゆり長の連携について、コメント頂きありがとう
ございます。(祥蘭さんのブログ上で失礼ですが、返答を…)

なるほど。そういうことなんですね。
暴言の地区婦、あれだけ度々訪問していたのに全く来なくなり、
以後、月1位で、しらゆり長が「おうちにいますか」とメールきます。
先週のメールでは「少しでも顔が見たくて…」って。
何かと理由をつけて断ってます。今後誰が来るのやら…。覚悟しておきます(笑)


吉野様にもご心配頂きましたが、地区婦に無礼な発言をされて、
非活動3ヶ月。今のところ、親の方に連絡がいった感じはありません。

しかし、母の所に連絡がいったとしても、母は不思議がらないと思います。
以前から、度々、組織のここはおかしい、という所をメールでやりとり
していたからです。

常々思うところがある日々、母が「新聞にこういう記事があったから
是非読んで」というメールがくる。目を通す。だからなんだ?と思い、
冷静に私の考えを返信する、という感じです。

世界各国から勲章をもらって認められている、という母に対しては
お金の動きがあるからこそ。そのお金は会員の財務から出ている。
20年前に公表されていた高額納税者で、池田会長は収入7億、納税額
2.4億。「蔵の財より身の財すぐれたり。身の財より心の財第一なり。」
と指導する組織のはずでは?…等々反論したり。

地区婦の件があってからは…
年頭にもらったプリントに「極悪打倒」「日顕宗打倒」「○○寺粉砕」
とあった。世界平和と幸福を願う宗教団体が、相手の不幸を祈るのか?
本当に自分たちの真理が正しいというなら、他人を批判したり「打倒」など
言わずに、離れていく人、勝手なことを言う人は、ほっておきましょう、
仏罰が当たるからね。と、静かに遠巻きにしておけばいいのでは?
等々、思うままにぶちまけるようになりました。
他にもずらずらと、かなりの長文です。
母は気が弱く、父が他界して一人暮らしというのもあり、
これは私の個人的な考えであって、返事を考えたり不要に悩んだり
しないでほしい、そういう意見もあるんだと聞き流してほしい、と
最後に書き添えましたが。

つい先日は、主人と子供のことでちょっとした喧嘩になり、
「悔しくて泣いてしまったから、今日は寝て忘れる!」と母に
メールしたところ「落ち着いて題目を気の済むまであげてみて、
いい解決策が見つかるように私も祈ります」と返事がきました。

解決策?どこの家にもある、ちょっとした夫婦喧嘩です。げんなりです。
翌日、子供を送り出してから仕事もなかったので、一人で買い物へ。
リフレッシュして、私も悪いところがあった。主人と子供帰ってきたら、
気持ち入れ替えて頑張ろう!それで終わることなのです。

喧嘩した主人でなく、母の方に怒りが向いてしまい、
「何でもかんでも祈れば解決するもの?」と返信しました。続けて、

祈れば叶わないことはないのが信心だというけど、じゃあなぜ
お母さんは、毎日必死に祈って活動してるのに、○○の手続きで
ミスが出て頭が痛くて寝れないといったり、胃が痛い、通院しても
治らない、心療内科にいかされたけどダメ、って、全然改善しないの?
大白に「転重軽受」「変毒為薬」等々出ていたから!とメールした翌日は、
体調が悪い、病院でも原因が分からないとメール。
信心強情すぎて、願いが叶わないと、まだ祈りが足りないんだ、と
自分を責めて、おおらかに考える心を失っているのでは?
大変だけど、まあ、どうにかなるさ。時間が解決してくれることもあるさ。
明日になったら変わるかもしれないんだ。
そういう気持ちを持つことも大事なのでは?
誰にだって、困った事も起きるし、病気をする人もいればしない人もいるし。
誰でも山あり谷あり。学会は、何かにつけて、祈れ祈れ。それは、逆に
自分を追い込むことにならないでしょうか?

そんな内容のメールを送ったところ、翌日になって母から
「全くもって情けない。惨め。やる気無し、思考力無し。馬鹿みたい。」
という短いメールがきました。

親不孝な娘かもしれませんが、40年も生きてきて、これ以上自分の考えるべき事を
言わずに我慢するのが嫌だったので、仕方ないと思いました。

なので、私は、
お母さん自身が確信を持って信心をしているのなら、まさに「祈る」べき
なのでは?全てが良い方向に向かう信心ではなかったの?
日頃、信心に励むのは最高の境涯、何かあったらお題目を、って言ってる
お母さんなのだから。
天気もいいので、気分転換に外に出て、好きなところに行ったり、
美味しいものを食べて、リセットしてはどうでしょうか?私はそれだけで、
十分気持ちがリセットできます。よし、気持ち入れ替えて頑張るか!
と思えます。
部屋にこもって祈って祈って…ばかりより、心身共に健全だと思います。
と返信しました。

私は母が信じているものをやめさせるつもりはありません。
(違法なことをしたり、財務に全財産出したら、とめますが)
逆に、私にもとやかく言わないで欲しい、と思っています。
信仰は自由なもの。強制されてするものではないのですから。


個人的な事で長くなり、申し訳ありません。
「歴史を学ぶと見えてくる事」の記事、とても勉強になりました。
とてもためになりました。また読み返して勉強させて頂きます。
最後の一文は、深く染みいりました。おっしゃるとおりです。
バリ活の方には、到底見えていない世界なんでしょうねぇ…。
2014/05/13 (Tue) 01:00 | のん #2uybecE6 | URL | 編集

rin様 うり様 *hana*様 吉野様 マリーナ様

コメントありがとうございます。
承認とお返事が遅くなってすみません(毎度のことながら)。

rin様

幼少期から従順に、お育ちになったことが良く解ります。
違和感をおぼえてもそれを思考でかき消してしまう習慣が
子供時代から自然に身についてしまったのではないでしょうか。
婦人部の活動は真面目にやれば相当過酷ですよね。
無理をきたしても仕方のない事だと思います。

>宿命転換。
活動→自己矛盾→辛い→非活→罰
無限ループです。
幸せになるための信仰で、何故こんなに辛いのだろう?
なんかおかしくない?
それが、私の目覚のきっかけでした。

目覚める事が出来て、本当に良かったですね!

人それぞれ、大なり小なり背負ってうまれてくるものはあると思います。
その荷物を軽くする方法が、特定宗教団体の活動でしかないなんて
そんなものは嘘っぱちです。
学会2,3,4世はそれを幼少期から親がかりで叩き込まれるのだから
たちが悪いです。こんなのただの虐待・人権蹂躙だと私は
思っています。

だけど、気付けた先から全ての事柄・時間がrinさんのものです。
もう何物にも縛られず、ゆっくりとでも気持ちを解放して上げて下さい。

うり様

状況を詳細にお話下さってありがとうございます。

私は解決力をもちませんので、客観的意見だけになりますが
書かせていただきます。
親御さんが彼女さんと少しでも関わり、その人となりを知った上で
反対されているのなら、親の目というのは案外鋭くって
当事者の目では絶対に見抜けない何かを見ていることがあります。
人生経験が何か問題点をちゃんと見抜いてるんです。
なので、反対にも一理あるかもしれません。

一度も彼女さんとお会いすることなく、ただ創価だけの理由で
全否定されているのだとしたら、残念ですが。

うりさんも彼女さんも立派な成人で、個人の自由意思で結婚は可能です。
親の反対を押し切っての結婚も、ありといえばありだと思います。
彼女さんはどうしたいのでしょうね?
うりさんだけが悩まなくていいのです。
二人で御考えになり、結論が出せるといいなと思いました。

老婆心ですが
結婚は恋愛と全く別物です。生活に入ると「こんなはずではなかった」と
思う部分が互いに出てくるかもしれません。
私の経験上でいえば、創価家庭で育つと一般常識が大きく
欠落するところがあります。
(みんながみんなと言いませんが、大半が・・と思います)
そういった差異をどう埋めてゆくのか。
受け止め・フォローできるだけのキャパシティが互いにあるのかどうか。
結婚して生活を共にしてみなければ、わからないところではありますが
多少覚悟は必要かもしれません。

どうか彼女さんとご縁がありますように。

*hana*様

>そして私の地域でも漏れなく母への告げ口があります。
脱会宣言をしたら、「お母さんに相談させてもらうね」と、言われました。
揉めるだけだから止めて欲しいと言ったのですがダメだったので、脱会できずに今に至ります。
しかしそれまで会合の参加や活動に関して口やかましく言ってきていた母が何も言わなくなったので、陰で母に報告し私を刺激しないようにと牽制しているものと思われます。

どこの組織でも親に告げ口フローがあるんですね。
このようなお話を聞かせて頂くたび、腹立たしく思います。
信仰なんて個人の心の問題です。親子間であっても侵せるものではないし
ましてや第三者(組織の人)が割って入るような・かきまわすような事
許されていいはずがないんですよね。
でもそれをやっちゃう・やらずにいられない時点で、創価は宗教団体じゃなく
明らかに別の目的を持った団体なんだと言ってるようなものです。
宗教団体じゃないんですね、もはや。

>親族が亡くなり母が法事等を創価の会館で行います。
私は子どもたちを創価の会館に連れて行きたくありません。
しかし、死者を弔うことは教えたいし、法事も参加はさせたいと思っています。

私の場合、亡き父の法事は全て葬儀社の小会場をお借りして
導師は地域の幹部にやってもらいました。
父方親戚は創価じゃないのでその兼ね合いです。
母方の親戚(おじ)の法事は自宅で行っていました。
創価の会館が駅から遠すぎるため、遠方からやってくる親戚にアクセスが
悪いという理由で。
必ずしも創価の会館でやると決まっている物でもないのか?
地域で違うのかもしれませんが、可能ならば親御さんに
自宅開催を打診してみてはいかがでしょうか。

他の方の経験談もお待ちしております。

吉野様

>近くの親族席(高齢者多め)では大誓堂の話題していましたけど(汗)。
TPOを弁えずに創価話題で盛り上がっていて、恥ずかしかったです。
自分も数年前はああだったのかと思うと消したい過去です(汗汗)。

あるあるw
うちの母も同じくですよ、声のボリュームも気にしないし。
困ったものです。

>昼夜活動に追われていると、子供の習い事の送迎付き添いや時間管理は出来ないです。
それがもとで子供にしわ寄せが行ってる事も気づかず、周りと差が出来ている事も
バリ活ママさんは解らないみたいです。

まるで私の子供時代みたいです。
そのしわ寄せでどれだけ生き辛さを感じることか。
昭和ならまだしも、30年余り経過した平成の世にも被害者が
いるだなんて、子供さんが不憫でなりません。

>もし活動に誘って来るような事があったら私はハッキリと活動の意志がないから
やめてくださいって言うつもりです。
相手にもよると思いますが、機会あるときにこっちの意志を
ハッキリ伝えたほうがいいと思ってます。

期待を持たせない事ですね。
曖昧にしていると、希望的観測で見ますもんね、活動家って。

>知ってて知らないふりで接してる可能性もあります。
接触の機会が全くなくならないように「行きやすい人」を作るんです。
私が活動家だった頃もありました。

なんと!
そんな見方もあったとは~脱帽です。
吉野さんの御見立てが正解という気がします。
接点をどこかしらつくっておくのも策のうちですか。怖い・・。

>私の地域では親に連絡はないですけど、活動家がわりと多いところなので
必死になってないだけかもしれないです。
でも、そのうち減ってきたらわからないですね(怖い!)

多くても少なくても、親に連絡なんてしないで欲しいものですね。
それがどれだけ無用な気苦労を親子ともども増加させるのか。
迷惑行為以外の何ものでもないと思います。

マリーナ様

>果たして三烈士と呼ばれる三兄弟、いま草葉の陰で思うことは何でしょう?
それにしても、「熱原の三烈士」ももう歌われることはないでしょうねw

懐かしい熱原の三烈士!実家にレコードがありましたw
死身弘法を地でいく信者ということで、任用試験問題にもなって
いましたよね。
すでに戒壇の御本尊否定までしてしまった創価で、今はどういった
扱いなんでしょうね~?

>だいたい池田氏からして、「仏法は殉教です!」とまるで広宣流布のために命を投げ出せと言わんばかりの指導ですからw
件の幹部もセンセイの指導に酔っちゃてる感満々でした。だいたい命懸けなんて言葉を世間の人は軽々しく使いませんて。

まさに死身弘法w
子供の頃、聖教新聞社だか第三文明の仏教絵本がいっぱい自宅に
あったのですが、月にのぼったうさぎとか。自分の眼球を供養する話とか
「自己犠牲」なストーリーばかりでした。
あれもプロパガンダだったんですね、ぞっとします。

>歴史を振り返ると、日蓮の排他性と創価の独善性が見事にマッチしていたことが解ります。
かつて高橋克彦著・時宗(ときむね)に出てくる日蓮の行を、教学で習ったところだ!と興奮気味に読んだことがありましたw
しかし読み返してみると一途で過激な僧ではあるものの、それをもって正法だからだ!と断ずるのも乱暴だと感じます。

マリーナさん仰る通りで、日蓮の排他性を最大限利用していますよね。
創価版の日蓮大聖人ヒストリーだけを「正しい」とするには
危なっかしいと思います。
その時代の主人公はなにも日蓮ひとりじゃないですし。
どうにも末法の御本仏というキャッチコピーのインパクトで
周りが霞んでしまっていますが、きちんと時代考証の上で
人物を捉えていく必要があると思いました。

>特に私たち二世、三世はグローバルな文言に騙され刷り込みされています。
一人でも多くの方が疑問に蓋をせず、多角的な見方に目覚めることを願ってやみません。

そうですね。
嘘に嘘を塗り重ね・虚構にハクをつけ・あの手この手で惹きつけようと
してきたのは間違いない事で、ちょっと「あれ?」って思った綻びを
スルーせずに、ゆっくりひも解いてみて欲しいです。
そうすればあっという間に真実に気付けると思います。

2014/05/13 (Tue) 00:02 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

祥蘭さん、さすがの分析です!

鎌倉時代といえば、熱原の三烈士の痛ましさに改めて思い至ります。
学会歌にまで、♪あれよ広布の鑑よと~♪と歌われた甚四郎・弥五郎・弥六郎は信仰のために命を奪われました。まさに命懸けの信心ゆえに後世に語り継がれています。しかし、歴史を繙くと都合よく利用されているような気がします。
果たして三烈士と呼ばれる三兄弟、いま草葉の陰で思うことは何でしょう?
それにしても、「熱原の三烈士」ももう歌われることはないでしょうねw

十数年前の選挙戦のことです。当時の幹部がヒステリックに、「私達は命懸けでやってるのに!」と陰で同志を非難していました。
覚醒前でしたが大袈裟な人だなと思っていました。
しかもこの幹部、違法すれすれのことをやっていたのです。それを命懸けなんて言われちゃ困ります。
だいたい池田氏からして、「仏法は殉教です!」とまるで広宣流布のために命を投げ出せと言わんばかりの指導ですからw
件の幹部もセンセイの指導に酔っちゃてる感満々でした。だいたい命懸けなんて言葉を世間の人は軽々しく使いませんて。
また戸田先生の言と言われる、「牧口先生の慈悲の広大無辺は私を牢獄まで連れて行ってくださった」も池田氏は本幹の度にしつこく繰り返していました。
当初は、「センセイもお年なのか?毎回同じ話だな」と思いましたが度重なる毎に不快感を覚えるようになりました。
歴史を振り返ると、日蓮の排他性と創価の独善性が見事にマッチしていたことが解ります。
かつて高橋克彦著・時宗(ときむね)に出てくる日蓮の行を、教学で習ったところだ!と興奮気味に読んだことがありましたw
しかし読み返してみると一途で過激な僧ではあるものの、それをもって正法だからだ!と断ずるのも乱暴だと感じます。
組織では耳にタコができるくらい、「女子部は教学で立て」と指導されてきましたが教学と言ってもすべて創価的解釈です。
女子部時代の勉強会で担当講師の一言がとても耳障りでした。
御書講義の後に必ず、「学会では~」と注釈が付き「即ち○○活動がこれに該当します」と我田引水。
MC期とはいえ何故か釈然としないものを感じていました。いま冷静な目で見ると全てプロパガンダされていたことに気づきます。
特に私たち二世、三世はグローバルな文言に騙され刷り込みされています。
一人でも多くの方が疑問に蓋をせず、多角的な見方に目覚めることを願ってやみません。
2014/05/10 (Sat) 21:15 | マリーナ #- | URL | 編集

No title

おはようございます。
GWも終わって少しほっとしています。
今年は身内(バリ活です)の結婚式に呼ばれていたので、久しぶりの親戚から
いろいろと聞かれるんじゃと気が重かったんです。
相手の方が未入会(どうやら家族はアンチ)の人前式でした。
学会っこの披露宴にありがちなへんな青年部の余興もなかったし
落ち着いて出席できました。
近くの親族席(高齢者多め)では大誓堂の話題していましたけど(汗)。
TPOを弁えずに創価話題で盛り上がっていて、恥ずかしかったです。
自分も数年前はああだったのかと思うと消したい過去です(汗汗)。

ミルさんのコメントの、子供の同級生ママがバリ活なときの対処法について。
私は活動家だった時期があって、その頃に仲良くしていたママさんの子が同級生です。
そのママさんは役職者です。
クラスが違ったので暫くはスルーできましたが、同じクラスになったら
そこの子供からよく家に遊びに来てとか、行ってもいいか?と言って来るようになりました。
暫く理由をつけて断ってましたが、だんだん誤魔化せなくなったので
「2人だけで遊ばないで(家の行き来もダメ)」と子供に言いました。
いろんな子と仲良くして欲しいからと子供に説明して、3人以上で、学会外の子供を
加えて遊ぶようにしてもらいました。
そして相手の家には行かずに、うちに来てもらうようにしました。
学年が上がるとみんな習い事や塾も増えて、うちの子も忙しくなって
自然と家に来る事もなくなりました。
でも、その子は習い事もしておらず暇してるみたいで
みんなと遊びたがり、頻繁に誘ってくるから子供も困惑していると
非会員のママさんから噂を聞いたことがあります。
昼夜活動に追われていると、子供の習い事の送迎付き添いや時間管理は出来ないです。
それがもとで子供にしわ寄せが行ってる事も気づかず、周りと差が出来ている事も
バリ活ママさんは解らないみたいです。
私の場合はバリ活ママから会合の誘いは無かったですが、
子供がいつもお邪魔させてもらってありがとうと手紙とお菓子をもらった時に
センセーの詩入りカードが添えてあり、イヤーな気持ちにさせられた事があります。
最近は子供も交流なくなったので学校行事で会っても会釈するくらいです。
もし活動に誘って来るような事があったら私はハッキリと活動の意志がないから
やめてくださいって言うつもりです。
相手にもよると思いますが、機会あるときにこっちの意志を
ハッキリ伝えたほうがいいと思ってます。

あと、のんさんのお話で、地区婦としらゆり長のあいだで連携が
とれてない(話が伝わっていない)という話ですが、
知ってて知らないふりで接してる可能性もあります。
接触の機会が全くなくならないように「行きやすい人」を作るんです。
私が活動家だった頃もありました。
この役職者だとキビシイけど、あの人だったらOKとか
家庭訪問や連絡するにも、厳しい部員さんに対して接触する人を変えるってやつです。
選挙のお願いなんかはよく、地域をとびこえて親交のある人
(子供の習い事で一緒とか、幼稚園の同窓とか、本人同士が同窓)と
行くようにしてました。
とにかく会えなくなる・連絡つかなくなるのが一番最悪となっていて
そこが閉ざされたら最後に親に連絡をとってもらう事になってるかも?
私の地域では親に連絡はないですけど、活動家がわりと多いところなので
必死になってないだけかもしれないです。
でも、そのうち減ってきたらわからないですね(怖い!)

2014/05/07 (Wed) 09:26 | 吉野 #- | URL | 編集

こんにちは。
いつも拝見し、励まされています。

前回はコメントに丁寧なお返事をいただきありがとうございました。


私は地域の方に脱会宣言を済ましています。
それなのに何故まだ脱会出来ずにいるかというと主様を始め皆様が悩まれている理由と同じで、母との関係が原因です。

そして私の地域でも漏れなく母への告げ口があります。
脱会宣言をしたら、「お母さんに相談させてもらうね」と、言われました。
揉めるだけだから止めて欲しいと言ったのですがダメだったので、脱会できずに今に至ります。
しかしそれまで会合の参加や活動に関して口やかましく言ってきていた母が何も言わなくなったので、陰で母に報告し私を刺激しないようにと牽制しているものと思われます。

本当に創価にはプライバシーも信教の自由もありません。
どうにかならないものでしょうか。。


話は変わるのですが、主様や皆様に質問です。
親族が亡くなり母が法事等を創価の会館で行います。
私は子どもたちを創価の会館に連れて行きたくありません。
しかし、死者を弔うことは教えたいし、法事も参加はさせたいと思っています。

主様や皆様は同じような経験ございませんでしょうか?
皆様はどうされていますか?

よろしくお願い致します。


これからも応援しています。
2014/05/05 (Mon) 23:29 | *hana* #- | URL | 編集

追記です

◼︎さらに補足
他にもいろいろ行ってきました
法的効力はありませんが勧誘をしないと明言した婚前契約書も提出しましたし、財産放棄を言われた場合も覚悟してます(と言うか財産を生活設計に入れる気は毛頭ありません)

反対する親の気持ちは分かりますが、不眠が続き罵られる夢を見ます。
辛いです。

2014/05/05 (Mon) 09:01 | うり #CVHWAjGA | URL | 編集

返信ありがとうございます

本当にご丁寧な返信をいただき涙が出そうです。

>親御さんの反対する理由と妥協点をお聞きになり、
一度でも創価に関わったものは別世界の人間だから絶対無理だということです。他にも理由はありましたがそこは誤解をときましたが、ここだけは3年間変わりませんでした。
また私の両親に結婚を認めてもらえるならどのような事もする、チャンスが欲しいと懇願したのですが、妥協点はないと明言され暴言を吐かれました(あまりにひどいので書けません)

親戚が反対する理由は私の両親と付き合い方が難しくなってくること、両親が苦しむからだそうです。

私も34、彼女も30。最近は強行突破しかないのかなと考えています。出来ることは全てした、親戚や兄弟も最初は味方だったものの、説得に失敗するや、いまや両親側です。

このままの状況が続くなら彼女は私の両親の事を考えて別れてしまうでしょう。あまりに悲しいです。


◼︎補足
恋人の両親が脱会しようとも状況が変わらないことも明言されました。
恋人の両親自身も脱会する気はないです(そこまでさせたくないです)
また、勧誘の意思もなく他県のため会うこともあまりないです。

2014/05/05 (Mon) 08:44 | うり #9L.cY0cg | URL | 編集

私が目覚めるまで

こんにちは。町はすっかり新緑で、爽やかですね。
お返事ありがとうございました。

祥蘭さんのブログ何度も読ませて頂きました。

そして気づいたのですが、創価の世界って、開かれた宗教と言いながら、世間から精神的にすっぽり隔絶されていたのですね…

本も、新聞も、ビデオも、子供の頃から、目からも耳からも、情報は、全て創価発信。

アンチな情報は、見るのも、聞くのも、生命が汚れると。

私の両親は、バリバリの幹部でした。
家も拠点。

子供の頃友達のお母さんで、キリスト教の人がいました。
いつも優しく穏やか人で、私は大好きでしたが、私の母は、「キリスト教の人は二重人格なんだよ、あの人は、ニコニコしてるけど、腹黒い」

と、悪口を言っていました。

そんなことないのに…

と、悪口を聞くのがとても嫌でした。
でも、正しい教えは唯一。
間違った信仰をしている人はかわいそうな人…

選民思想と言うんですね。

ほんとにうまいことマインドコントロールされていました。

女子部では、部長、白蓮も、やりましが、活動全てに私の思考は???

なんか嫌。

学会歌も嫌い。歌いたくない。
報告ずくめの活動も苦痛でした。

男子部は、生理的に無理。

なのでアンチの主人を無理やり折伏して、結婚しました。

自分が嫌いな信心を、それしか幸せの道はないと、主人に薦める矛盾…

主人にとっては、理解不能ですよね(笑)

信行学、祈っているだけでは、宿命転換できないと、矛盾を感じながらも、嫌々活動を続けていましたが、婦人部の活動は、ハードです。
逃げ場がありません。

新聞啓蒙。家庭訪問。書籍や民音の、割当て購入。
あげくの果てに、新聞配達。
早朝から、先生のお手紙の配達は、とっても功徳があるのよ~と、説得され。
全ては宿命転換のため。

ノルマと報告…

へろへろでした。

そして心が壊れてしまいました。

不安神経症。


まじめ過ぎたのですね。

一切の活動をお休みさせてもらいました。

でも。
後ろめたくて…

罰が当たるかも…

当たりました。
いえ、当たったと思い込みました。

命にかかわる病気になってしまったのです。

入院、手術。

入院中婦人部の幹部の方がお見舞いに来て、宿命転換の時よ!
と、言われました。

そうだ!
退院したら、また活動に戻ろう!

宿命転換。

活動→自己矛盾→辛い→非活→罰

無限ループです。

幸せになるための信仰で、何故こんなに辛いのだろう?

なんかおかしくない?

それが、私の目覚のきっかけでした。

つらつらと、長くなりました。

マインドコントロールだと気づき、やめても罰は当たらない。
それでもまだ、不安になります。

大丈夫。
大丈夫。

と、不安になるとこちらのブログを繰り返し読ませて頂いてます。


2014/05/02 (Fri) 10:20 | rin #- | URL | 編集

ミル様 rin様 なたーしゃ様 のん様 梢様 北斗七星様 うり様

コメントありがとうございます。
初めましての方も多くコメント下さり、嬉しいです。

公開とお返事が遅くなりました事、すみません。

ミル様

>ところで、長男のクラスにもお母さんが常識が通用しないレベルのバリ活の方ががいますが、次男が小学校になっても、同級のお母さんと家族全員にバリ活がいるので、皆さんどのように対処しているのでしょうか?

経験者の皆さんのご意見お伺いしたいですね。
私の場合、記事にも書きましたが宗教系のところに通わせています。
創価の人に会った事はこれまで一度もありません。
仮に居ても、おおっぴらに学会宣言できる雰囲気じゃないですしw
まず活動家は選ばないところなのでスクリーニングになったかと
思います。


>創価は、新聞購読や財務をすることによって『福運がつく』と言っていますが、科学的根拠もないことを言って契約させるのは違法なのではないでしょうか?
例えば、医薬品ではないサプリメントは、効能、効果を表示すると薬事法違反になるのと同じですよね。

そうなんですが、巧妙なんですね実際は。
新聞も財務も「福運がつくから」と勧誘あっせんしているのは
本体の人間ではなく、会員いち個人なんです。
なので、会員が勝手にそう言ってるだけでウチ(本体)は関係ないです、
と言ってしまえるんですね。
これは選挙も同じくで、公明党に学会員の支援活動がうざいから
やめさせてくれと苦情を入れたところで
「それは会員が勝手にやっていることで、ウチは関係ない。
本人に言ってください」で終了なんです。
実に狡猾なシステムです。結局馬鹿を見るのも泣きを見るのも
熱心な会員だということです。

>相手の気持ちを無視して強引なやり方をして目標達成し、会合で発表して『勝利』とか言っている姿を見ると哀れな姿だと思います。
いつでも、自分のことしか考えてないですね。

そうすることが「幸福」につながると教え込まれ、安易に信じ切って
思いこんでいる故ですね。
私も過去はそれで喜んでいた人間なので背筋が寒くなりますが(汗)。
一日も早く、それが愚かしい事だと沢山の人が気付けばいいと
願っています。

rin様

>でも。
子供の頃から刷り込まれている、疑ってはいけない。
池田せんせーの教えのとうりに…

創価から離れたら無限地獄。
>退転すること、創価批判することは、即罰当たりな事。
魔に取り込まれた姿。
などに縛られていました。
>創価は光。
絶対的な真実。
それ以外は闇と。

2世の方ならではな、言葉の数々ですね。
そうそう、そうだった!と頷きながら読ませて
頂きました。

>活動をしなくたって、勤行をしなくたって、ご本尊が偽物だって、罰なんてありません。
その言葉で救われました。
>これから自分でも、まっさらな気持ちになって、広い世界を見て、学んで行きたいと思います。

そう言って頂けて良かったです。
ブログを公開した甲斐があったと思います。

>今後少しずつ私の生い立ちもコメントしたいと思います。

是非お待ちしております。
皆さんの経験が、必ずどこかの誰かの役に立ちます。
これからも宜しくお願いいたします。

なたーしゃ様

>組織からは一切連絡ない。
でも母からの投票確認。

なたーしゃ様のところも、同じ状態だったんですね。
本人と連絡がつかないなら親に・・って
投票確認にそこまで必死になるなんて
どう考えてもおかしいですよね。
世間の常識を逸脱しすぎてると思います。
安否確認じゃあるまいし。

>でも、嘘だと自分の身をもって
証明しております(o^^o)
自分自身の体験に勝るものは
ありませんね☆彡.。

仰るとおりです。
脅し文句が多すぎますよね、創価は。
もはや宗教じゃないと思います。
そしてなたーしゃ様が非活になられて
ますます幸せで充実した日々を送っておられる事が
何よりです。

罰論を恐れてイヤイヤ組織にいる人に言いたい、
みた事のない事柄で脅されて縮こまるなんて勿体無い。
現実を見るべきですね。

のん様

>親しそうに見えた地区婦と白ゆり長、私が怒って顔を出さなくなったのを
全く話していないんだ、知らないんだ、ということに、少し驚きました。

わりとよくあるパターンだと思います。
部員さんを怒らせたとなれば、やはりマイナスイメージに繋がりますし
場合によっては大目玉をくらうので(無駄にアツい幹部がいたりすると)
些細なトラブルは黙ってやりすごそうとする人も多いですよ。

>地区婦は、自分の言動のせいで私が非活動になった、と周りに知られたく
ないのでしょうか?
人の家の内情をあれこれ詮索しようとして、悩みを聞き出そうと必死だったのに
自分のことは表に出さない。ますます嫌になりました。

のんさん御察しのとおり、地区婦さんは知られたくなかったんでしょうね。
しらゆり長のほうが立場的に下なので、言いたくなかったのもあると
思います。上に立つ自分のせいで、活動家が一人減ったなんて
面目も立たないでしょうから。
組織では役職=境涯の高さってことになってるので。
地区婦の変なプライドもありそうな気がします。

>選挙の時期になると、あれほど「苦手な人にもあたろう!」と張り切って、
迷惑な訪問をする人たちが、この程度か…とあきれます。
(きっと選挙になったら必死にやってきそうですが)
娘が幼稚園に入り、クラスが変わっても親しくしてくれる普通のママさんが、
どれほど心温かいか…と感じます。

仰るとおりですね。
結局、功徳信心だと思います。自分の福運を積むためのノルマを
こなせたら、後はどうでもいいって考えの現れです。
非常にドライですね、ある意味。
一般の方々の方が、利害関係抜きでもきちんと心を配って
人付き合いをされていると私も常々感じます。

>時折、組織に関する自分史のようなものを打ち込んでいるのですが、
時に怒りがこみ上げてきたりして、なかなかうまくまとまりません。

私も同じくで、怒りがこみあげてくるわ、悲しみもこみあげてくるわで
更新がなかなか捗らないですw
創価にとらわれた過去の重さを痛感します。

梢様

>昨年、さいごの一人を見送って無力感でいっぱいになり
活動を休みました。
時々メモを入れてくる幹部が「死魔に負けない祈りを今こそ」と
書いてきました。
落ち込む事さえ許されないのかと腹が立ちました。
激励してくださってありがとうと、もう思えなくなっていました。
そこからです。
自分が今まで蓋をしてきた疑問に取り組むようになったのは。

お身内の方を亡くされたとの事、お辛かったですね。

大切な人が亡くなっても、落ち込む事すら許されない・・
確かに創価ってそんな組織ですよね。
組織に確実に渦巻いてる「落ち込んでたら負け」みたいな風潮は
いかがなものかと私も思います。
だったらXデーはどうするんだ。笑って万歳三唱するのか?的な・・。
梢さんのお怒りはごもっともで、それこそが普通の感覚だと
思います。
活動家はどこかで感覚がマヒしてしまっています。

>神社のことが書かれていましたが、私たち世代にとって
神社はハードルが高い場所だと思います。

そうでしたよね。
神社=外道と、任用試験で習ったくらいですしw
今もそんなトンチンカンな教え方をしているんでしょうか・・。

>活動家当時、ネットブログは活動家でもアンチでもなりすましが
殆どだから信じないように。見てもろくなことが無い。
そんな噂がありました。
ここ最近で色んなブログ(活動家アンチどちらも)みましたが、アンチよりも
活動家ブログの方がエキセントリックで創価の株を落としている
気がしました。

アンチも、元々は活動家だった方が多いので
(中には内部だったけど非活で、冷静な視点をもっておられる
方もいらっしゃいますが)
「こりゃだめだ」と気付けただけ、見切りをつけられただけ、
助かった方々なのだと私は思います。自分も含めて。

気付けない方々に対しては、不憫だな・・と思いますが
そんな事を言ったら怒られてしまいそうですねw
エキセントリックだ、とのご意見は私も同感です。

北斗七星様

>私が組織を離れてもうすぐ5年目を迎えます。そのきっかけは
ネットで見た創価による芸者写真捏造事件でした。
あれほどの大キャンペーンを張りながら、そのスタートがでっち上げの
スクープだったことに驚き、落胆し、一気に創価信仰の熱が冷めました。

私も一昨年の秋にその事実を知って愕然としました。
創価新報の記事はうさんくさいと、活動家時代から見ておりましたが
まさかこんな三流ゴシップ雑誌でもやらないような事を
やってたなんてと・・失笑でした。

>私が地域で重要な立場であっただけに、それからのバリ活の人たちの
攻撃は凄まじいものでした。家族も犠牲になりました。

大変だったのですね、お察しいたします。
非公開コメントでも、元幹部だった方が組織を離れる際の
信じがたいような下世話な事実を聞かせて頂きました。
地域社会における創価の「村」意識の強さは
すさまじいものがあるようで。
それが離脱の抑止力にもなっているのでしょうが、異常です。

>しかし、負けて軍門に下ることもできず、戦うしかないと心に決め
陰鬱とした気持ちの毎日を、今は落ち着いて振り返ることできるように
なりました。

状況は人それぞれ違いますが、創価問題は非常に厄介ですね。
団体が存在し続け、狂信者が居続ける限りきっとすっきりしない。
いかんともしがたいやるせなさを感じます。

でも、気付いた皆さんが問題とひとつひとつ折り合いをつけながら
自分と家族の大切な人生の時間を有意義に価値的に過ごして
いけることが、希望に感じられます。

貴重なコメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いいたします。

うり様

>しかし私の両親親戚一同反対にあいはや三年。全く折れず途方にくれています。家と家の付き合いには踏み入れないと。一家離散して財産も処分すると。
財産はいりませんがこの状況が苦しいです

ご両親も親戚の方々も、創価に全く良いイメージが無いのでしょうね。
反対される親御さんが他の気持ちも、わからなくはないです。
詳細がわからないので、一般論で言いますが
まず、創価家庭は常識が違うので一般家庭と何かと揉めることが必定です。
日本のしきたりを殆どスルーもしくはないがしろにする団体です。
そういったことに、彼女とその親御さんがどれだけうりさん側のご家庭に
沿えるかが、ポイントかと思います。
結婚は当人同士の問題では無く、家と家の問題なので・・。
親御さんの反対する理由と妥協点をお聞きになり、彼女さんとよく
話しあわれてみてください。

@@@@@@@

1件のコメントを非公開とさせていただきます。
唐突な文章でおかしいと思い、調べたところあるブログの文章を
そのままコピペしており、なりすましと判断しました。
ご了承ください。


2014/05/01 (Thu) 00:46 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

苦しんでます

結婚を反対され続けて苦しんでる中当ブログを拝見いたしました。

6年付き合ってる彼女の親が創価学会です。ご両親にも会い入信は進めない旨も確認しました。彼女自身は勝手に入れられ未活で信仰心は皆無のため脱会の意思はあります(かなり荒れそうですが)
またご姉妹も同じく未活で普通の方と結婚されてます。また親戚も皆無で勧誘の危険はかなり薄いと判断し結婚の意思を固めてました。

しかし私の両親親戚一同反対にあいはや三年。全く折れず途方にくれています。家と家の付き合いには踏み入れないと。一家離散して財産も処分すると。
財産はいりませんがこの状況が苦しいです


2014/04/28 (Mon) 10:11 | うり #9L.cY0cg | URL | 編集

私の非活体験

祥蘭さんはじめまして。北斗七星と申します。よろしくお願いします。

祥蘭さんのブログは半年ほど前から拝見致しております。
ご自分の心の軌跡を的確に分析される姿に圧倒され、
祥蘭さんのブログを開くのを楽しみにしている一人です。

私が組織を離れてもうすぐ5年目を迎えます。そのきっかけは
ネットで見た創価による芸者写真捏造事件でした。
あれほどの大キャンペーンを張りながら、そのスタートがでっち上げの
スクープだったことに驚き、落胆し、一気に創価信仰の熱が冷めました。

私が地域で重要な立場であっただけに、それからのバリ活の人たちの
攻撃は凄まじいものでした。家族も犠牲になりました。

ただ、唯一救われたのは夫婦、家族ともども創価にのめり込んだ
ものがいなかったことでした。妻も攻撃され、申し訳なく、やり切れない
日々が続きました。

しかし、負けて軍門に下ることもできず、戦うしかないと心に決め
陰鬱とした気持ちの毎日を、今は落ち着いて振り返ることできるように
なりました。

何か取り留めのないコメントになりましたが、今後ともよろしくおねがいします

2014/04/28 (Mon) 09:08 | 北斗七星 #kbcw3cBA | URL | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/04/26 (Sat) 11:23 | # | | 編集

No title

はじめまして。
学会3世の婦人部で40代の者です。
先日検索中にこのブログを見つけていっきに読みました。
同年代で信仰歴がかぶるところもありおおいに共感しました。
そして自分のこれまでを振り返るにあたってとても参考になりました。
ありがとうございます。

信心強情な祖父母と両親でした。
女子部で部長。
婦人部でヤング支部責G長しらゆり長。
まじめに活動してきた自負があります。
身内の死に触れるたび、この信仰が本当に正しくて
力のあるものなのか疑うようになって行きました。
病気が治る、がんが消えた。
私の祖父母と両親にはあてはまりませんでした。
辛い闘病期間を経て題目を唱えながら亡くなりました。
昨年、さいごの一人を見送って無力感でいっぱいになり
活動を休みました。
時々メモを入れてくる幹部が「死魔に負けない祈りを今こそ」と
書いてきました。
落ち込む事さえ許されないのかと腹が立ちました。
激励してくださってありがとうと、もう思えなくなっていました。
そこからです。
自分が今まで蓋をしてきた疑問に取り組むようになったのは。

神社のことが書かれていましたが、私たち世代にとって
神社はハードルが高い場所だと思います。
修学旅行が伊勢神宮で行かせてもらえなかった、なんて話が
普通に聞こえてくるそんな世代でした。
神様系には敵対心がすごかったです。とにかく。
私も一年前まで神社に観光で行っても鳥居はくぐりませんでした。
御祈祷も受けた事ありません。
今年のお正月は初詣に行きました。初めてでした。
そのとき達成感があって自分が強くなった気がしました。
祥蘭さんとパターンは違いますが一寸シンパシーを感じました。

活動家当時、ネットブログは活動家でもアンチでもなりすましが
殆どだから信じないように。見てもろくなことが無い。
そんな噂がありました。
ここ最近で色んなブログ(活動家アンチどちらも)みましたが、アンチよりも
活動家ブログの方がエキセントリックで創価の株を落としている
気がしました。
アンチブログのほうが信じるに値すると感じます。

家事や子育てもあり大変な中の更新は頭が下がります。
これからも楽しみにしています。
そしてまた遊びに来させてください。

2014/04/21 (Mon) 23:58 | 梢 #- | URL | 編集

ご無沙汰しております

祥蘭さんは、昨年、大きな呪縛と闘われていたのですね。
お辛かったと思います。見守ってくださっていたご主人は、
本当に心の大きな方ですね。

前回のコメントで、ご丁寧なお返事頂きありがとうございました。
「皆、活動を離れる理由は「怨嫉」だと思い込んでいます。」
その通りですね。こう言えば、こう返ってくるであろう、と
想像することができます。

その後、どうしようかと考えていたのですが、子供が春休みになり
ゆっくり考える時間もなくなり、放置状態に。
でも、それはそれで、冷静になれて良かったかもしれません。

高齢のグループ長には、「仕事を始めて時間が無い。主人は組織をあまり
よく思っていないので、留守電かメモをポストに入れて欲しい」と手紙を
書いたので、グループの会合連絡後は、欠席のメモ書きをポストに
入れるようにしています。面倒ではあるのですが…。

他の会合連絡は、昨年までグループ長で、今年から白ゆり長、の人からきますが
先日、入場券を持って行きたいが何時頃いるか、というメールが来たので
「○日は主人が在宅なので欠席。明日も主人が在宅。昨年末から地区婦の
 無礼な発言があり主人も反感を持っているので、訪問は遠慮して欲しい」
と返答しました。

全く知らなかったようで「そんな事があったとは知らなかった、申し訳ない、
私で良ければ話を聞くので」等々、遠慮気味なメモが入っていました。

親しそうに見えた地区婦と白ゆり長、私が怒って顔を出さなくなったのを
全く話していないんだ、知らないんだ、ということに、少し驚きました。

地区婦は、自分の言動のせいで私が非活動になった、と周りに知られたく
ないのでしょうか?
人の家の内情をあれこれ詮索しようとして、悩みを聞き出そうと必死だったのに
自分のことは表に出さない。ますます嫌になりました。
今後、色々な連絡をしてきた人に
「地区婦の無礼な発言がきっかけで、活動が嫌になりましたので」
とでも伝えようかと思ってしまいます。
(でもそう言うと、地区婦がいなければいいのね、と勘違いされますね)

地区婦は、3月始めに子供の送迎バスを待つ時に突然顔を出してきて以来、
不気味なほど音沙汰がありません。
その時、私が、ふざけるな!という態度を強烈にとったからかもしれませんが。

今回の件もそうですが、組織の人の繋がりというのも大したことないな、と感じます。

一昨年、初めてヤングの会合に出て、子供が同年代の方4人と知り合い、
メルアドを交換し、毎月の会合であれこれ話をし、活動も育児も連絡をとりあい
頑張りましょうね!なんて言っていたものの、去年、組織の区切りがかわって、
別の支部になってからは、こちらから子供の幼稚園のことでメールをしたら
返答があっただけで、その後、何の音沙汰もありません。
年末に、私をグループ長にしようと何度もしつこく言ってきた新たな新支部婦、
年明けにヤングを卒業してから一度も会ってませんし、メールも電話もありません。
(それでいいんですが)

選挙の時期になると、あれほど「苦手な人にもあたろう!」と張り切って、
迷惑な訪問をする人たちが、この程度か…とあきれます。
(きっと選挙になったら必死にやってきそうですが)
娘が幼稚園に入り、クラスが変わっても親しくしてくれる普通のママさんが、
どれほど心温かいか…と感じます。

時折、組織に関する自分史のようなものを打ち込んでいるのですが、
時に怒りがこみ上げてきたりして、なかなかうまくまとまりません。
祥蘭さんのブログは、非常にまとまっておられて、すごいなぁ、と驚いています。
次回の更新も楽しみにしております。
(またも私個人の事で長くなり、申し訳ありません)
2014/04/21 (Mon) 23:56 | のん #2uybecE6 | URL | 編集

選挙

私も非活MAX の 2013年の選挙では
全く同じでした。
組織からは一切連絡ない。
でも母からの投票確認。
まだ公明党に入れてました。
母には怒りはぶつけなかったけど
もう二度と公明党には入れまいと
誓いました。


以前のブログに書かれていた頭破七分。
私もこの言葉を幼少期から叩き込まれて
いましたので
非活になることが怖かったです。
でも、嘘だと自分の身をもって
証明しております(o^^o)
自分自身の体験に勝るものは
ありませんね☆彡.。


2014/04/21 (Mon) 18:30 | なたーしゃ #- | URL | 編集

ありがとう。

二世アラフィフの婦人部です。

宗門問題の時に疑問がたくさんありました。

打倒日顕!

地域の寺院が衰退するよう祈りましょう…
には、呪い??
と、恐ろしさも感じていました。

でも。
子供の頃から刷り込まれている、疑ってはいけない。
池田せんせーの教えのとうりに…

創価から離れたら無限地獄。

退転すること、創価批判することは、即罰当たりな事。
魔に取り込まれた姿。

などに縛られていました。

創価は光。
絶対的な真実。
それ以外は闇と。

ところが、たまたま見たネットのサイトで、創価、偽ご本尊。

今までの創価に対する疑念が沸きだして…

あれ?

ご本尊様偽物?

宗門、創価、どっちが正しいの?

何を信じたら良いのか…
何が罰なのか…

ものすごく混乱して、夜も眠れないほど悩みました。
そんなとき出会ったのがこのblogでした。

一気に読ませて頂きました。

これまでの自分の思い込み、マインドコントロール…
うんうん。
と思い当たることばかり。
心の不安を、ひとつひとつほぐしてもらいながら、気持ちが楽になりました。

活動をしなくたって、勤行をしなくたって、ご本尊が偽物だって、罰なんてありません。

その言葉で救われました。

これから自分でも、まっさらな気持ちになって、広い世界を見て、学んで行きたいと思います。

今後少しずつ私の生い立ちもコメントしたいと思います。

とりあえず、覚醒出来たお礼を…
と思いコメントさせて頂きました。

2014/04/19 (Sat) 11:12 | rin #- | URL | 編集

コメントありがとうございます


そんな理由で法整備されたなんてw 知りま せんでした。 しかし、さもありなんですね~。 組織において個人情報なんて全く保護されて おらず、ダダ漏れなのは どこも同じですね。 非公開コメントでも、携帯番号やメアド変え たのに連絡をつけられて 驚いた・困惑したというご意見を何件か頂い てます。

☆そういえば、政治団体の政治活動も除外されていましたね。
バリ活の方で、卒業名簿や学校の緊急連絡の名簿を利用して、選挙活動されている方がいますが、あれもかなり迷惑でしょうね!!
選挙の投票依頼だけでなく、投票確認までされていますがよく相手に確認なんてできるなと思いますし、投票するかどうかは本人の自由ですよね。
創価には、絶対個人情報知られたくないですが、あらゆる手段を使ってくるので、本当に不愉快です!!

ところで、長男のクラスにもお母さんが常識が通用しないレベルのバリ活の方ががいますが、次男が小学校になっても、同級のお母さんと家族全員にバリ活がいるので、皆さんどのように対処しているのでしょうか?
先が思いやられますが、今は、次男は創価以外の宗教の保育園なのでいい人に恵まれて、毎日平和に過ごしています。



仰る通りですね。 何度も書いていることですが、バリ活の皆さ んは「善の行動」として 正当化してしまうため、それが相手にとって 迷惑かどうかなどは 問題じゃないのだと思います。

☆バリ活は、正しいから批判されていると主張していますが、
○相手に対する尊敬もなく、無神経で人の気持ちや都合は考えていない
○常識から逸脱している
○反社会的行動
○法令遵守していない
からでしょうね。
社会のルールが守れないのであれば、コンプライアンスマニュアルを作成したほうがいいのではないかと思いますね。



ミルさんが現役会員だから、甘えもあるんだ と思いますよ。 「学会員なら購読して当然」って考えです。 宗門と別れた後、入会条件にもなっているく らいですから@新聞購読。 でも私たちの様な学会2,3世はそんな条件 聞いてないよ!ですよね。 財務も同じくで、バリ活の人は「やって当然 」とそれを熱心でない非活にも すすめてくるのでしょう。

☆入会の意思表示もしていませんし、サインもしていないのにおかしいですね!!
日本では『信教の自由』はあるけど、判断能力のない未成年のときに親が勝手に入会した場合は、活動を強要され『信教の自由』はなくなっています
が、入会取消できないのはおかしいですよ。
誰が責任をとってくれるのでしょうか?宗教団体の管轄の文化庁でしょうか?
創価を宗教団体として認可しているのですから、今後は、責任を持って法整備するなどの対処をしていただけることをのぞんでいます。

私にとって、新聞啓蒙は『悪徳商法』で財務は『振り込め詐欺』ですね。
創価は、新聞購読や財務をすることによって『福運がつく』と言っていますが、科学的根拠もないことを言って契約させるのは違法なのではないでしょうか?
例えば、医薬品ではないサプリメントは、効能、効果を表示すると薬事法違反になるのと同じですよね。

創価はよく『絶対的幸福』と言っていますが、池田氏や上層幹部は『権力』『名誉』『財産』などの『相対的幸福』を求めているので説得力がありませんね。
末端会員も、幹部の命令でノルマにおわれてうまく利用されていますから、『福運』があるようには見えません。



ミルさんの仰ることは正論ですね。 現役活動家の方々には耳の痛い事ばかりじゃ ないでしょうか。 「功徳欲しさじゃない!相手の幸せを願えば こそだ!」とか 反論されそうですけどもw

☆相手の気持ちを無視して強引なやり方をして目標達成し、会合で発表して『勝利』とか言っている姿を見ると哀れな姿だと思います。
いつでも、自分のことしか考えてないですね。
2014/04/17 (Thu) 12:14 | ミル #- | URL | 編集

吉野様

コメントありがとうございます。
承認とお返事が遅くなりすみません。

>コメントも書き込まず、メアドも書き込んだ事もなくただ閲覧だけで
そんなことあるわけないのに、スパムメールがいっきに増えたので
創価が監視して、嫌がらせしてるのかと思ったんです。

ほんの些細な事でも気になるし、心配事が増えるし
どうしても結びつけがちですよね。
それもこれも罰論の刷り込み+ネットの影響(?!)
吉野さんのお気持ちとてもよくわかります。

>今考えたら思いすごしだったとなるんですが、そんな風に不安に
思わせるだけの、創価には得体のしれない怖さがあると思います。
こんなの平和団体の姿とは言えないですね。

仰る通り、そこなんだと思います。
中に居て矛盾に気がつかない時は解らないだけで
外部の視点が出来あがってくると、村社会だったことに
気が付きますし、そら恐ろしい集団ですよね。

>アンチブログで突然更新が止まってしまったところもありますし、
何があったのかは、いち読者には何もわかりませんが圧力とか
あったのかな?と不安にさせられます。

私も気になります@更新停止。
プライベートが多忙になられたとか・気持ちが途切れて
ブログ離れしたとか、そのような理由だと信じたいところです。

>祥蘭さんには何事も及ばないように、平和に幸せに、ブログは無理のない範囲で
続けて行って下さいね。
陰ながらいつも案じています!

ありがとうございます。
マイペースを貫きつつ、長く続けて行くつもりです。
これからも宜しくお願いいたします。

@@@@@@@@@@

拍手からの非公開コメントも数々いただいております。
ありがとうございます。
以前も書いたのですが、非公開コメントへのお返事はさせてもらっておりません。
相談系の非公開コメントも頂いているのですが、上記事情ですので申し訳ありません。
返事が必要な場合は、お手数ですが当コメント欄で公開コメントにて
お願いいたします。



2014/04/16 (Wed) 22:41 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

こんにちは。
春休みが終わってホッとしています。祥蘭さんもお疲れさまでした。

今回の記事を読ませてもらって、祥蘭さんは力強くも繊細な方なんだなと
思いました。
どうぞ無理のないようにしてください。

攻撃に関して、私も覚醒直後にアンチブログやサイトを読みあさっていた時
もしかして?と不安になったことがありました。
コメントも書き込まず、メアドも書き込んだ事もなくただ閲覧だけで
そんなことあるわけないのに、スパムメールがいっきに増えたので
創価が監視して、嫌がらせしてるのかと思ったんです。
書籍を大量に捨てた時、直後に非通知ワン切りが1日10回以上も
続きました。
このときも近所の学会員が捨てたのを見たんじゃないか、それで嫌がらせしてる?と
すごくしょうむない事なんですけど、不安になりました。
今考えたら思いすごしだったとなるんですが、そんな風に不安に
思わせるだけの、創価には得体のしれない怖さがあると思います。
こんなの平和団体の姿とは言えないですね。

ネットを監視は本当にあるみたいです。
誰だったか忘れましたが、アンチブログを書いている方が本部職員に
バレて問いただされたと見た事があります。
アンチブログで突然更新が止まってしまったところもありますし、
何があったのかは、いち読者には何もわかりませんが圧力とか
あったのかな?と不安にさせられます。

祥蘭さんには何事も及ばないように、平和に幸せに、ブログは無理のない範囲で
続けて行って下さいね。
陰ながらいつも案じています!

2014/04/10 (Thu) 13:43 | 吉野 #- | URL | 編集

ハル様 いず様 ミル様 あんじ様

コメントありがとうございます。
承認とお返事がとても遅くなってしまい申し訳ありません。

ハル様

>何往復か話したんですが、相手は謝罪の言葉もなくて
私から拒否られている事を、信じたくないって雰囲気でした。
結局曖昧にその場は終わりましたが、誘いはなくなりました。
はっきり伝えて良かったです。

ひとまず、煩わしいことが減って良かったですね。

「拒否られている事を信じたくないって雰囲気」
大変わかりやすい表現だと思います。
それがバリ活の特徴なんですw
決して悪い事をしているとは考えず、相手の為を思っての
善の行動だと信じて疑わないので、謝罪なんて発想は
ほとんどないと思います。

>夜の9時をまわった時間に、大の男3人で来られるって怖いんです。
私は子供と留守番してるから、女子供しかいない家に男3人で来るって
非常識じゃないでしょうか?
私が会員だったらなんとも思わないかもしれませんが、部外者なので恐怖感しか
ありません。
これって創価では普通の事なんでしょうか?

非会員のハルさんだからこその、ご意見だとはっとさせられました。
確かに、ご主人の留守宅に夜の家庭訪問って普通じゃ考えられません。
ご主人が活動家だとかで人間関係が出来ているならまだしも
非活で奥さま未入会だったら、気を使うべきですよね。
ただ創価はだいたいどこも家族路線というか、同じ組織人ならばと
ただ「同じ組織の一員」というだけで礼儀を弁えず、ずかずかと
踏み込んでくるようなパターンが多いのは事実だと思います。
中にはちゃんと弁えた人もいると思いますが、少ないでしょうね。

>この人たちにも来ないで欲しいと伝えるべきでしょうか?

ご主人が一度でも対応に出て、ハッキリ言うのが一番良いと
思うのですが
無理な感じですか?
居留守を使ってもいいのではないかと思うんですが(私も経験者ですが)
子供の教育上よろしくないのは確かです。
もしどうしても、ハルさんから仰りたいのであれば
「子供の寝かしつけの時間と訪問時間が毎回かぶって困るので
今後は書面(手紙)をポストに入れて下さい」と伝えてみては
いかがでしょうか。
そこまで言えば下がると思うのですが・・?!
後日談、お待ちしております。

いず様

>その場はすっと流して一人になった時に泣きわめき、物を壊して発散しました。
私は感情を表に出すことが苦手で、出す時は相当ためてからなので
周囲を驚かせてしまう事がよくあります。激情派と思われていると思います。

お気持ち、とてもよくわかります。
そうやってどこかで心のバランスを保とうとされていたんですね。
親の前で駄々をこねなくても、心には理不尽な悲しみやぶつけようのない
悔しさがあられたのだとお察しします。
私も高校生になってから、突然母親の過干渉が始まったときに
襖に穴をあけたことが何度かあったのを思い出しました。

>あぜんとしました。私の事が心配で来たんじゃないんですよ、ご本尊が
どうなったかが心配で来たっていうんです。
プライドが傷つきました。
創価における「親子」って本当になんなんでしょうね。異常です。

いずさん、お辛かったですね。
私も同じような思いを、ここ一年半に何度もしています。
つい最近もありましたよ。 またいずれブログにも書きたいと思います。
やるせなくなりますが、創価脳の親は尋常な精神状態にないと
捉える方が、自分の身のためだと最近思っています。
同じ土俵にあがっちゃいけないといいますか・・。
こと信仰に置いては相手が親であっても、一段こちらが高いところから
冷静に観察するくらいの気持ちをもって接するくらいで
ちょうどいいのではないかと。

>とりとめのない文章になってしまいました、すみません。このような愚痴を吐きだせるところが
他にないので。というより、祥蘭さんにだからお話できる事柄でもあります。

そう言って頂ければ光栄で、コメント欄をあけた甲斐もあります。
吐き出すことで少しでも楽になってもらえれば幸いです。
これからも宜しくお願いします。

ミル様

>あるジャーナリストは、池田氏を週刊誌から守るために作られた個人情報保護法について、『権力者』のためでなく『民』のための個人情報保護法でなければならないと言っていました。

そんな理由で法整備されたなんてw 知りませんでした。
しかし、さもありなんですね~。
組織において個人情報なんて全く保護されておらず、ダダ漏れなのは
どこも同じですね。
非公開コメントでも、携帯番号やメアド変えたのに連絡をつけられて
驚いた・困惑したというご意見を何件か頂いてます。

>あと、『ストーカー規制法』も、公明党が関わっているのに、創価は平気で待ち伏せするのはどうしてなんでしょうか?
あるバリ活のブログで、創価は一人一人を大切にしてこられたと言っていますが、上記の創価の行動は人を大切にしているとは言えませんね。

仰る通りですね。
何度も書いていることですが、バリ活の皆さんは「善の行動」として
正当化してしまうため、それが相手にとって迷惑かどうかなどは
問題じゃないのだと思います。

>創価の、新聞啓蒙は他社の訪問販売より悪質で、『経済的余裕がありません』とお断りしても、『2000円くらいどうにかなるでしょ?』と言ってきますし執拗に何度も来ます。普通は、他社の訪問販売のように頭を下げてお願いしますと言うのが普通だとおもいますが、どうして上から目線なのか、相手の都合も考えていないのか財務も同様です。

ミルさんが現役会員だから、甘えもあるんだと思いますよ。
「学会員なら購読して当然」って考えです。
宗門と別れた後、入会条件にもなっているくらいですから@新聞購読。
でも私たちの様な学会2,3世はそんな条件聞いてないよ!ですよね。
財務も同じくで、バリ活の人は「やって当然」とそれを熱心でない非活にも
すすめてくるのでしょう。

>創価の『功徳』というのは、あらゆる活動において人に迷惑をかけて、不愉快な思いをさせないと得られないのでしょうか?
マインドコントロールされているのはわかりますが、『功徳』欲しさにここまでするのか?と感じることがよくありますが、現役活動家はこのことをどのように考えていらっしゃるのか知りたいです。
さんざん迷惑をかけておいて、偶然いいことがあったら『功徳』だと言っているのが納得できません。

ミルさんの仰ることは正論ですね。
現役活動家の方々には耳の痛い事ばかりじゃないでしょうか。
「功徳欲しさじゃない!相手の幸せを願えばこそだ!」とか
反論されそうですけどもw

あんじ様

>僕も創価とスッパリ縁を切ってから
知的好奇心全開で忙しいです。
井沢さんの本いいですよね。
ユダヤの新刊はもう読まれましたか?

知りたいことがいっぱい出てきますよね。
私も、好奇心リストに行動が追いつかないですw

新刊は世界史1の事でしょうか?
まだ読めてないんですよ。
春休みが終わったらゆっくり読みたいです。

>祥蘭さんのブログは重いテーマを扱っているのに
なんだかさわやかです。

初めてそう言われました@さわやか。
ありがとうございます。

@@@@@@@@@@

現在、子供達の春休み中であちこち出かけています。
そのため更新が以前にましてスローペースになっています。

最近子供の希望で「LEGO」の映画を見たのですが、
大人の私が見ても面白かったです。
”きっともっと大きな枠組みの事を皮肉っているんだろうな”と
思いつつも
私の脳裏に浮かんだのは創価によるMCと会員支配w
またいずれ、記事に書きたいと思います。


2014/04/01 (Tue) 00:45 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

いつも拝見させてもらってます。
30代非活です。

知の蓄積 
とてもいい言葉ですね。

僕も創価とスッパリ縁を切ってから
知的好奇心全開で忙しいです。
井沢さんの本いいですよね。
ユダヤの新刊はもう読まれましたか?

祥蘭さんのブログは重いテーマを扱っているのに
なんだかさわやかです。
人柄なんだと思います。

これからも応援してます。

2014/03/30 (Sun) 22:12 | あんじ #- | URL | 編集

コメントありがとうございます。

そんな行動を子供に指示してやらせている婦 人部がいるとは! これまた非常識の極みだと思います。 ただでさえ、個人情報保護と厳しい時代に在 って、子供に親の電話番号を 聞きだそうとするだなんて、ありえません・ ・。

☆『個人情報保護法』は公明党が法案成立に関わっていたのに、どうして会員の個人情報の管理は不適切なんでしょう?(なぜか、宗教団体の宗教活動のための個人情報は除外されていましたが、宗教活動も規制するべきです)

以前、保育園の近くで待ち伏せされた原因も、その友達のお母さんがうちの子に聞いたらしく、その後婦人部に知られてしまい気持ち悪いと思いました。

創価では、知らない人からのアポなし訪問、電話がかかってきますが、非常識なことで個人情報は本人に確認するのがマナーですね。

あるジャーナリストは、池田氏を週刊誌から守るために作られた個人情報保護法について、『権力者』のためでなく『民』のための個人情報保護法でなければならないと言っていました。

あと、『ストーカー規制法』も、公明党が関わっているのに、創価は平気で待ち伏せするのはどうしてなんでしょうか?

あるバリ活のブログで、創価は一人一人を大切にしてこられたと言っていますが、上記の創価の行動は人を大切にしているとは言えませんね。


ご本人に迷惑だという意志を伝えるのがてっ とり早いと思うんですが そこまでするタイプって、熱心さを通り越し て病の域を疑います。 ちなみに、その婦人部員はミルさんの地域の 方(支部が同じなど)ですか? だったら、本部婦人部長か圏婦人部長クラス に通告するのもテかと 思います。迷惑している、学校でそのような ことをしている事が 周知されると学会の名誉に傷が付きますよね ?くらいに言えば そのくらい上の人は「組織」として穏便に済 ませたがりますので 婦人部員のほうを制してくれるのではないか と。 幹部の質も地域差があるので何とも言えない 感じもありますが (アドバイスになってないですね、すみませ ん) 検討してみてください。

☆アドバイスありがとうございます。
同じ支部の、違う地区の人です。
創価の幹部は、人間性ではなく、組織にとって都合のいい人が幹部になっているので、相談できるようなまともな人がいないのが現状ですね。

以前、子供が学校帰りにそのお母さんがついてきたことがあってびっくりしたことがありますが、そのお母さんの人の気持ちを考えない行動すべてが不愉快で受け入れられないです。

学校でも宗教活動や選挙活動をしているので、『モンスターペアレント』ではないかと思います。


現役活動家の方も、少なからずこのブログを 読んでくださっているので ミルさんのこのコメントに激しく同感してく れるんじゃないかと思います。 ただ、どれだけ組織末端部がそう志しても、 いまの宗教企業体を ぶち壊さない限り、ボトムアップの組織には 絶対になりません。 ビジネスとして成り立たなくなるからそうは ならないんですよね。 現役会員の方も、そこに気がつけば馬鹿らし くなるかと思うのですが

☆創価は、組織の活動を強要し、お金を要求(財務など)しているのだから、その組織のトップである池田氏や幹部は、義務を果たすべきで、それができないのであれば組織を解散するべきですね。

創価の、新聞啓蒙は他社の訪問販売より悪質で、『経済的余裕がありません』とお断りしても、『2000円くらいどうにかなるでしょ?』と言ってきますし執拗に何度も来ます。普通は、他社の訪問販売のように頭を下げてお願いしますと言うのが普通だとおもいますが、どうして上から目線なのか、相手の都合も考えていないのか財務も同様です。

このように、創価の組織活動は、『菩薩行』とは違うことがわかりますね。本当に人のためにお役に立てたらと考えている方は、創価ではなく、病院や施設などの身近なところでボランティア活動をされたほうがいいですし、寄付をしたい方は、財務ではなく信頼できる団体に寄付をするのがいいですね。

創価の『功徳』というのは、あらゆる活動において人に迷惑をかけて、不愉快な思いをさせないと得られないのでしょうか?

マインドコントロールされているのはわかりますが、『功徳』欲しさにここまでするのか?と感じることがよくありますが、現役活動家はこのことをどのように考えていらっしゃるのか知りたいです。

さんざん迷惑をかけておいて、偶然いいことがあったら『功徳』だと言っているのが納得できません。

2014/03/26 (Wed) 13:43 | ミル #- | URL | 編集

No title

こんばんは。ここ数回の更新記事を涙ながらに読ませてもらいました。
私も親と信仰の繋がりありきの関係に終始していると思い当たる節が山ほどあるのです。
子供の頃、会合最優先する両親に遠慮する自分がいました。
ある楽しみにしていたイベントを「会合があるから無理ね」と
あっさりと断られても駄々をこねませんでした。
その場はすっと流して一人になった時に泣きわめき、物を壊して発散しました。
私は感情を表に出すことが苦手で、出す時は相当ためてからなので
周囲を驚かせてしまう事がよくあります。激情派と思われていると思います。
そんな自分を作り上げてしまったのは自身の性格かもしれませんが、形成される環境を作ったのは
両親であり創価だった事は間違いありません。
祥蘭さんが旅先でお母様に気持ちをぶつけても、創価悪を仕留めなかったところも
気持ちが痛いほど伝わってきました。私も、同じ面があります。

新聞を断って以降、たびたび親から連絡がくるようになりました。
新聞をやめることは一つの意志表示と組織で受け取られるので(親は幹部ですし)おだやかでないと受け取られたのだと思います。
先日アポなし訪問で、私は出かけていたのですが家の前にいると携帯に連絡があり慌てて帰宅しました。
実家を出て数年ですがこんなことは初めてです。
家に通したらすぐに仏間へずかずか入って行き、仏壇におしきみが上がって無いと注意が。
そして「ご安置してないんじゃないかと思って心配で見に来た」と
ご開扉し三唱し帰って行きました。
あぜんとしました。私の事が心配で来たんじゃないんですよ、ご本尊が
どうなったかが心配で来たっていうんです。
プライドが傷つきました。
創価における「親子」って本当になんなんでしょうね。異常です。

祥蘭さんは精神的にタフな方とお見受けしていましたが、先日の記事に精神的に
きたとあり驚きました。でも、それは有りうることだと思います。私も親のアポなし訪問後は精神的に不安定になりました。
親を見る目がどんどん変わっていき、悩ましいところです。

とりとめのない文章になってしまいました、すみません。このような愚痴を吐きだせるところが
他にないので。というより、祥蘭さんにだからお話できる事柄でもあります。
ありがとうございます。 これからも更新、無理なく続けて行って下さい。

2014/03/24 (Mon) 22:03 | いず #- | URL | 編集

No title

こんばんは。
以前、相談させてもらいました非会員です。
アドバイスありがとうございました。
その後、幼稚園が同じ創価の人に対して今後一切勧誘してこないで欲しいと
伝えました。
そうしたら「何かだんなさんから言われてる?」と返されましたので
「いや、なんにもないです」と答えました。
何往復か話したんですが、相手は謝罪の言葉もなくて
私から拒否られている事を、信じたくないって雰囲気でした。
結局曖昧にその場は終わりましたが、誘いはなくなりました。
はっきり伝えて良かったです。
ただ、そのせいか関係あるかわからないんですが
夫に会いに家庭訪問の回数が増えて困ってます。
いつもインターホンで応対してるんですが、モニターには必ず
3人の男が映ります。
夜の9時をまわった時間に、大の男3人で来られるって怖いんです。
私は子供と留守番してるから、女子供しかいない家に男3人で来るって
非常識じゃないでしょうか?
私が会員だったらなんとも思わないかもしれませんが、部外者なので恐怖感しか
ありません。
これって創価では普通の事なんでしょうか?
地域は少しだけ夜の治安が悪いんですが、それで3人なのかも
しれないんですけど、毎回嫌でたまらないです。
この人たちにも来ないで欲しいと伝えるべきでしょうか?
ただ、私を訪ねて来てるんではなく、夫を訪ねて来ているので
私が「来るな」と言えたものかと、悩んでいます。
よろしければアドバイスおねがいします。
2014/03/23 (Sun) 22:36 | ハル #RG4su4aY | URL | 編集

あややん様 小吉様

コメントありがとうございます。
返事が遅くなって済みません。

あややん様

>私のいとこに信仰拒否で親と絶縁状態になっている人がいます。
片親が亡くなっても実家に近づけば創価の事をもちだされるのが
嫌みたいで、親ひとりの暮らしになったのにほとんど実家に戻ってきていません。

本日の記事にも書きましたが、私の親戚にも脱会改宗後
十数年実家に顔をみせていない人がおります。
私の父が亡くなったときは、その人の兄弟が連絡をつけたようで
弔電が届きましたが、葬儀には顔を見せませんでした。
当時の私はMC下だったのでそれを特になんとも思わなかったんですが
今となると、こんな異様なことってないなーと・・。

あややんさんのいとこの方も、本当は実親が心配でたまらなくても
戻るに戻れない、辛い気持がおありなんじゃないでしょうか。
全く創価問題ほど忌々しいものは無いと思います。

>ところで、地域限定かもしれませんが婦人部で新しいグループが
結成されたそうです。年齢しばりで30-45歳が該当メンバー。
結成大会があるとメモが入っていました。
本部単位の会合なのに、会場を見ると地区担の家でした・笑。

グループ作るの好きですね(呆)そしてどれも長続きしていないような・・w
本部単位なら会館(個人会館でも可)でしたよね、一昔前なら。
人材枯渇は青年部だけでなく、婦人部でも深刻という現状なんでしょうね。

>少し前に子育て世代や未来部にターゲットを絞って重点強化しようと
してると書き込みがあったと思いますが、このグループの年代が
がっちり当てはまってますよね。
ターゲットにされても、全然活動に戻る気はありませんが・笑。

子育て世代なら、子を通した親同士の付き合いもあるので
新たな人間関係もその気になれば作りやすいし、拡大路線に
もってこいという発想なんでしょうかね?
これから次の選挙までの数年間は折伏戦で進むらしいですし。
票につなげるとの魂胆ミエミエで、底が浅いですよね。
貴重な情報ありがとうございます。

小吉様

>しつこい地域の学会員と口論になり、家庭訪問拒否したら親に連絡が行きました。
それまで感じていた疑問点不満をいい機会だと思い親に話すと
そんな風に育てた覚えは無いだの・結婚のせいでおかしくなっただの
(配偶者が未入会です)言いがかりをつけられ、以来絶縁状態です。

やはり、活動拒否すると親に連絡されるフローが全国的に
あるようですね。 貴重なお話ありがとうございます。
そして心中お察しします。 迷惑千万ですよね!

親御さんは小吉さんを悪く思いたくないあまり、非会員の
配偶者に責任転嫁しようとしているんですね。
それ、うちの親も全く同じです。
創価脳の親ってほんと、どうかしていますね。
思いこみありきで受け答えしているから、そうなるのだと思います。
それもこれもMCのせいです。

>自分の話を否定せずにそのまま聞いてもらえることの喜び心地よさ。
配偶者とその家族に出会って教えてもらいました。

素晴らしい外部の家庭に育たれた配偶者やそのご家族に恵まれ
小吉さんはお幸せですね。
外部の方との結婚を機に覚醒される方、とても多くいらっしゃいます。
私もその一人です。

>自分が育って来た場所のどうしようもなさに自信が揺らぐというか
何処で何をしていても自分は変われない、消しようのないルーツが残っている気がして
絶望的な気分になる日もあります。

おっしゃること、とてもよくわかります。
私も同じ思いがありますよ。
覚醒から1年半経過しても、折に触れて出てくるのです。
それでも今ここに在る事を肯定しながら、よりよく生きて行きたいと
思い直して前に進もうとする毎日です。
ここに集われる皆さんも、同じくだと思います。

励ましのお言葉ありがとうございます。
長く続けて行けるようマイペースで頑張ります。

2014/03/21 (Fri) 22:55 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

No title

はじめまして。
2世の者です。
私も真面目に青年部時代をやってきましたが、結婚後に非活になり覚醒しました。
しつこい地域の学会員と口論になり、家庭訪問拒否したら親に連絡が行きました。
それまで感じていた疑問点不満をいい機会だと思い親に話すと
そんな風に育てた覚えは無いだの・結婚のせいでおかしくなっただの
(配偶者が未入会です)言いがかりをつけられ、以来絶縁状態です。
配偶者の家族は、一般家庭で円満。私の事も大切にしてくれます。
なによりも人の話、意見を聞くことができます。話の途中で持論を押しつけてきたり
枠におしこめて納得させようとしたりしません。
自分の話を否定せずにそのまま聞いてもらえることの喜び心地よさ。
配偶者とその家族に出会って教えてもらいました。
もう、過去は過去と割り切って親とハッキリとした距離を置けばいいと思う反面
自分が育って来た場所のどうしようもなさに自信が揺らぐというか
何処で何をしていても自分は変われない、消しようのないルーツが残っている気がして
絶望的な気分になる日もあります。
祥蘭さんのブログ、ベースラインに私は強く共感しています。
アンチブログは数多くあれどここまで家族問題に肉迫した内容は読めませんし
他の方も仰るように大変に貴重なブログだと思います。
何もできませんが、陰ながらお慕いし応援しています。
更新頑張ってください。
2014/03/21 (Fri) 02:15 | 小吉 #jVHfAgrc | URL | 編集

No title

こんにちは。
祥蘭さんのお姉さま、素晴らしい方ですね。
私のいとこに信仰拒否で親と絶縁状態になっている人がいます。
片親が亡くなっても実家に近づけば創価の事をもちだされるのが
嫌みたいで、親ひとりの暮らしになったのにほとんど実家に戻ってきていません。
覚醒前の私はそのいとこを血も涙もないのかって呆れていました。
でも今はそうは思いません。避ける気持ちがなんとなく理解できるようになりました。
私も覚醒してから、実家から足遠のいてますし・苦笑。
お姉さんが複雑な思いを乗り越えてお母様と接している、人として
立派なことですね。 本来はそうあるべきなんだろうと感じました。

ところで、地域限定かもしれませんが婦人部で新しいグループが
結成されたそうです。年齢しばりで30-45歳が該当メンバー。
結成大会があるとメモが入っていました。
本部単位の会合なのに、会場を見ると地区担の家でした・笑。
地区担の家はブロック座談会を開くくらいの広さです。といえば
スケール感わかってもらえるでしょうか。
どれだけ人(活動家)が減ったかよくわかるなって思いました。
少し前に子育て世代や未来部にターゲットを絞って重点強化しようと
してると書き込みがあったと思いますが、このグループの年代が
がっちり当てはまってますよね。
ターゲットにされても、全然活動に戻る気はありませんが・笑。

2014/03/18 (Tue) 17:30 | あややん #- | URL | 編集

ぽんきち様 マリーナ様 ミル様 なたーしゃ様 のん様 メロディ様 アンチ創価っ子様  

コメントありがとうございます。
承認・返信が遅くなり申し訳ありません。

ぽんきち様

>出場した文化祭がきっかけで、うつ病を発症し長い間、苦しみが、その原因が、創価の活動と親や、兄弟都の関係だったことがわかり、活動を辞め、カウンセリングを受け両親や兄弟との距離をおくことで、うつ病もよくなり、パートに復帰できるまでになりました。

文化祭出場がきっかけで心身のバランスを崩されたのですね。
私は出場経験ありませんが、周囲のメンバーにいまして
仕事なんか放り出してでも、練習時間に遅れないよう会場にいくことが
闘いなんだと話しているのを聞いたことがありました。
当時はすごいなって思ってましたが、いま冷静に考えると非常識の極みですね。
社会で実証を示せとの指導の真逆をいってたと思います。
ぽんきちさんも、きっと数々の心労があったとお察しします。
長い間、悩まれて大変でしたが、覚醒されて調子がよくなられたようで
何よりです。

>創価の活動に戻るつもりは、毛頭なく、脱会したいのですが、夫がバリ 活ではないのですが、男子部なのと、子供会等地域との関わりでどうしても婦人部のかたと顔をあわさなければいけないの悩んでいます。

ご主人は未覚醒ということでしょうか。
子供の関係で婦人部と顔を合わせるのって面倒ですね。
あいさつだけはきちんとしておき、創価・選挙の頼まれ事などは
一切スルーというのがスマートな方法かと私は思います。
が、状況は人それぞれ違うので一概には言えないところもあり
難しいですね。
堂々としているのが一番だと思いますよ。
こちらは悪いことしている訳じゃなく、憲法に守られた行動をしている
わけですからね(信教の自由に基づいて創価拒否)。

マリーナ様

シルバニア様へのコメントですが、いつもありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

ミル様

>ところで、小学校の同じクラスの友達のお母さんがバリ活で、子供が下校のときに『○○の会合来て』と声をかけているのを聞いてぞっとします(何度も)親が活動を拒否していると子供に声をかけるんでしょうか?それだけではなく、子供から私の電話番号を聞き出そうとしていたのを聞いて、不愉快な気持ちになりました。

そんな行動を子供に指示してやらせている婦人部がいるとは!
これまた非常識の極みだと思います。
ただでさえ、個人情報保護と厳しい時代に在って、子供に親の電話番号を
聞きだそうとするだなんて、ありえません・・。

>その他不愉快なことが、いくつもあるので、これから、この同じクラスの友達のバリ活お母さんとは、どのように接したらいいでしょうか?池田教を盲信しているあまり、学校の授業中でも、先生を折伏しようとしにいくタイプです。担任の先生には、クラスの緊急連絡名簿に私の電話番号はのせないでほしいし、知らせないで欲しいと伝えました。

ご本人に迷惑だという意志を伝えるのがてっとり早いと思うんですが
そこまでするタイプって、熱心さを通り越して病の域を疑います。
ちなみに、その婦人部員はミルさんの地域の方(支部が同じなど)ですか?
だったら、本部婦人部長か圏婦人部長クラスに通告するのもテかと
思います。迷惑している、学校でそのようなことをしている事が
周知されると学会の名誉に傷が付きますよね?くらいに言えば
そのくらい上の人は「組織」として穏便に済ませたがりますので
婦人部員のほうを制してくれるのではないかと。
幹部の質も地域差があるので何とも言えない感じもありますが
(アドバイスになってないですね、すみません)
検討してみてください。

>組織に疑問を感じていけないと言うのではなく、みんなの意見を聞いてどうしたらよい組織にになるか考えるべきです。本当に素晴らしい組織であれば、ターゲットを決めて執拗な勧誘をしなくても、自分から入会するのではないかと思います。

現役活動家の方も、少なからずこのブログを読んでくださっているので
ミルさんのこのコメントに激しく同感してくれるんじゃないかと思います。
ただ、どれだけ組織末端部がそう志しても、いまの宗教企業体を
ぶち壊さない限り、ボトムアップの組織には絶対になりません。
ビジネスとして成り立たなくなるからそうはならないんですよね。
現役会員の方も、そこに気がつけば馬鹿らしくなるかと思うのですが
最後の良心を信じている方がまだまだ多いと感じます。

なたーしゃ様

>数少ないエピソードなので全国からかき集めないと(^^;)
で、幹部のお決まりの口調で語るわけです。
(昔は必至でメモってました。部員さんにも伝えないと!
という使命感で)
この口調も全国同じような気がします。
よく女子部の幹部のマネってしませんでした???

お決まり口調、ありましたね。女子部も婦人部も「定型」でしたw
最後のほうになると絶叫に近いくらい声を張り上げる幹部も
多かったですね。 
声の調子や抑揚、あれも全部、決まってたんですかね?

>婦人部時代、あることで壮年部に指導を受けました。
数日後、会合でその壮年幹部に会ったので挨拶したら
「お!題目あがってるね。わかるよ。さすがだね」
ですって。
私、全然あげてなかったんですけどね。
これ、池田がしょっちゅう「全部わかってるよ」って言う
真似だなと思いました。
この台詞も相手の心をつかむ技?カリスマ性?

「全部わかってるよ」ありましたねそういえばw
以前聞いた男子部のエピソードで、池田老人が来る会合の警備に
ついた創価班の男子部が、やっと先生にお会いできると
喜んだのもつかの間、会館外(建物裏側)の警備につくことに
なってしまって、ひどく落胆したと。
任務が終わった後に池田老人から差し入れと伝言を
もらったそうで、そこに「OO君、全部わかってるよ」とあって、
号泣した・一生不退転を決意できたって話がありました。
なんで会館の裏に居た俺の事を知ってくれてたんだろうと
いたく感激したのだと。 
MC下でこの話を聞いた時は不覚にもすごいなと感動したんですがw
たぶん定型で「OO君」の OOのところだけ書き変えで
「全部わかってるよ」メッセージを、幹部だか本部職員だかが
各地でピンポイントに渡してたんじゃないの?って今になると
思います。
こういった戦術には長けてたらしいですもんね、池田老人と側近は。
なたーしゃさんに声をかけた壮年幹部も、池田老人の真似を
していたのかもしれませんね。それにしても、お粗末w

>非公開でお伝えしたことについて。
あれから母とは普通に話しますが
更に見えない壁が出来ていますね。
お互いが苦しんでいます。

心中お察しします。
私も同じような感じですよ。
この問題は、やはり自分で気付くしかないんだ
周りがどんなに言っても理解はできないんだということを
深く痛感中です。

のん様

>子供が帰ってくるバスを待っていたところ、後ろから声をかけられました。
「○○さん、ちょうど良かった、会えて良かった。
 手紙読んでもらえた?本当にごめんなさいね。」
と、またも勝手にベラベラとまくし立てていました。

うわー。迷惑極まりなしですね!
そして、時と場合を考えない一方的な行動。
なんで解らないんでしょうね?
私も同じような経験がありますが、本気でうざかったです。
恐怖すら覚える時もありました。

>地区婦に対し、「無礼な発言やメールに対し、謝罪されても許す気は無い。
組織についても疑問や不信感が強まった。今後、雑誌の回覧はやめてほしい。
当分、会合に出席するつもりもないので、連絡も不要。他の方も含め、
家庭訪問も行わないで欲しい」と、メールor文面で伝えるべきでしょうか?

「謝罪しても許す気は無い」は、書かなくてもよいかと思います。
そうなると、何かで怒っている→何が何でも許してもらおう!
→許してもらえれば活動に戻ってくる と思われるからです。
このコメント欄で、活動家の方のコメントが数少ないですが
読めるのですが、皆、活動を離れる理由は「怨嫉」だと思い込んでいます。
問題はそんな単純な物では無いのに、ただ単に「人間関係がいやになって
組織離れして行ってる」と思いこむんですよ、活動家の人は。
だから(言い方は悪いですが)良い人ぶれば・親切にすれば
戻って来てくれる!と逆効果になる気がするんですね。
組織離れは感情論では無い、ということを暗に伝えるためにも
「今後一切活動する気は無い、連絡は今後不要なので訪問もメールも
しないようにお願いします」という感じでいいと思います。

>私が強い意志を示すことで、母の方に連絡がいき、母がその事で心配するような事は
避けたいと思っているのです。
そうなると、雑誌の回覧と家庭訪問は当面やめてほしい、と必要最低限だけ
伝えるべきでしょうか?

難しいですね。
地域差もあるようですが、私が知る限りでは
非活宣言すると親に連絡するところが多いような気がします。
タテ線といって、紹介者のところに連絡するフローが組織内で
出来あがってるみたいですね。
親御さんに「組織の人と合わないから活動はしないけど、信心は
失ってないから」と前もって伝えるとかした方が良いかもしれませんね。

組織の人間は(全てがそうだとは言いませんが)思い込みでモノを
言う事が多く、親御さんに無用な心配をかけるような事を
吹き込む輩もいます。というか、うちの組織がそれなんです。
そうやって親を煽って、子供をたきつけてほしいという汚い手です。
親御さんが不安にならないよう、先手はうっておいたほうがいいかと
思います。

>私も、今、みなさんのコメントを読ませて頂き、改めて私だけじゃ無い、
私の考える事は間違いでは無い、という意思を強く持たせて頂いています。
見えない繋がりに感謝致します

のんさんの書き込みを読む誰かも、どこかで勇気をもらったり
同じ状況だと安堵したりしておられると思います。
こうして皆さんに様々な経験をお話いただくこと、とても貴重で有り難いです。
感謝いたします。

メロディ様

>子供達は静かにしているだけで、どれほどの思いを抱え込んでいるのだろうかと。
私の目からみる子供達はそれぞれ独立した「個」として立派に成長をして
親を超えていったように見えますが、幼かったときにどれだけ心に寄りそってあげることが出来たか。
子供が望む時に対応して上げることが果たして出来ていたか?と考えると恐ろしさと
辛さがこみあげてくるんです。

私が言えた義理ではないかもしれないけれど、
現在メロディ様がそう考える事が出来る(幼い時にどれだけ
心に寄り添えたか?等)ことが素晴らしいと私は思います。
というか、私が子供の立場だったら、お母さんがそうやって反省(?)
してくれているのだとしたら、ありがとう。
でも心配ないよ、大丈夫だからねって言いたいです。

>ただ覚醒とひとことで片付けられない、次から次へといろんな面が出てくるものだと
祥蘭さんのブログを通しで拝見し感想を持つと同時に、私自身も同じく
まだ未知の領域があるぞ・・・これからも出てくるぞと、気を引き締めました。

メロディさんの仰るとおりなんですよね。
創価の矛盾に気がついただけでは終わらないですね。
むしろその後がめちゃくちゃ長いですよねw
生き直してるんだと思うんですよ。
自分で考えずに蔑ろにしてきた部分を巻き戻して、新たに上書きしているような
そんな感覚です。

アンチ創価っ子様

>ただ、気掛かりなのは祥蘭さんの安全です。ここまで詳細な描写で祥蘭さんの素姓が特定されはしまいか、
もし特定されたりしたら創価の攻撃にさらされるのは必至です。

ご心配いただいて、感謝いたします。
出来るだけ長く・のらりくらり・ひっそりやっていきたいと思います。




2014/03/10 (Mon) 00:16 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

はじめまして

祥蘭さん、はじめまして。反創価のブログ、サイトは星の数ありますが、これほどまでに洗脳から覚醒に至る過程を
創価脱会者自身の視点からリアルに描写したものはそうそうお目にかかりません。ユーモアを交えた
巧みな文章と相俟って思わず夢中になり読み進み、休みでもないのに気がついたら朝でした(笑)
祥蘭さんのようにバランスのとれた客観的な思考ができる脱会予備軍が創価の中にも潜在すると
思うと日本の未来に希望が持てます。
ただ、気掛かりなのは祥蘭さんの安全です。ここまで詳細な描写で祥蘭さんの素姓が特定されはしまいか、
もし特定されたりしたら創価の攻撃にさらされるのは必至です。
東村山市市議、伊丹監督、騒音おばさん、尾崎豊等『創価・犯罪』でググればいくらでも出てくるように
創価のターゲットとなった事例は枚挙に尽きません。もしもの時の為充分な腹案を準備をお勧めします。
祥蘭さんはカルトに支配された日本を憂う全ての者にとって希望の星です。
どうかカルトの下種な魔の手にかかる事無くこれからも私達に希望を与え続けて下さい。
拙い駄文で失礼しました。

2014/03/08 (Sat) 11:15 | アンチ創価っ子 #l./NuQ/s | URL | 編集

No title

ここ最近の、祥蘭さんのブログを読んでいると息の詰まる思いです。
内容が重いです私にとって。
私の子供達は既に成人しました。親元を離れ巣立った子もおります。
私が創価学会にNOを突きつける決意をしたとカミングアウトした事で
子供達との距離がぐぐっと縮まった気がしていたのですが、そうじゃないのかもしれないと
祥蘭さんの綴る文章を読んでいると強く身につまされるんですね。
子供達は静かにしているだけで、どれほどの思いを抱え込んでいるのだろうかと。
私の目からみる子供達はそれぞれ独立した「個」として立派に成長をして
親を超えていったように見えますが、幼かったときにどれだけ心に寄りそってあげることが出来たか。
子供が望む時に対応して上げることが果たして出来ていたか?と考えると恐ろしさと
辛さがこみあげてくるんです。
入会は主人の反対もありさせませんでした。
御本尊様の偉大さは教えましたが、活動するように言ったことや
ごん行を教えた事はありません。私一人でやってきたこと。
だけど子供達への、言動の端々に創価の教えをにじませていたことは間違いありません。
時間は取り戻せませんから、今更嘆いたところでどうにもなりません。
子供達の私に決して語らない内心が今頃になって気になって、眠れない夜がありました。
祥蘭さんのせいだと言ってる訳では無いんですよ(^^)
ただ覚醒とひとことで片付けられない、次から次へといろんな面が出てくるものだと
祥蘭さんのブログを通しで拝見し感想を持つと同時に、私自身も同じく
まだ未知の領域があるぞ・・・これからも出てくるぞと、気を引き締めました。

お母様と決別を考えたその後がどうなったのか私も気になるところです。
明日から寒の戻りだそうです。お身体に気をつけて、更新楽しみにしております。

2014/03/05 (Wed) 23:25 | メロディ #- | URL | 編集

やってきました

度々長いコメントを読んで頂き、ご丁寧な返答を頂き、ありがとうございます。
他にこれほど話せる人・場所がなく、こちらで自分の思うことは間違っていないと意思を強く持つことができます。

1週間前、勘違いの地区婦から謝罪の手紙がきたとお伝えしましたが、見る度に
イライラがつのり、今まで保管していた婦人部の書類などを捨てました。
婦人部からのメールも削除しました。

ただし、未だに「目標 極悪打倒」等々書かれている、人の幸せを祈る組織とは
思えない資料については、貴重な資料かも?と思い、残しておきました。
地区婦とのメールや謝罪の手紙も、残したくないものの、地区婦が何をどう書いたか、
後々指摘できるように写真を撮ってデータで残し、手紙は丸めて捨てました。


そして、今日、地区婦に会ってしまいました。
会ったというか、向こうが仕掛けたのかもしれません。

私の子供は幼稚園でバス送迎を依頼しているのですが、自宅近くの乗降場所で
子供が帰ってくるバスを待っていたところ、後ろから声をかけられました。
「○○さん、ちょうど良かった、会えて良かった。
 手紙読んでもらえた?本当にごめんなさいね。」
と、またも勝手にベラベラとまくし立てていました。

以前、朝の送迎時に同じ場所で会ったことがあります。
まさか何とか顔を見ようと待ち伏せしていたのでは?と勘ぐりたくなります
私は顔も見たくないと思っていましたので「はぁ」と呆れてつぶやき、
よく顔出せるね、という目で顔を見て、あとはバスがやってくる方向を見ていました。

「あれからお題目あげて、メールを読み返して、
 本当に失礼なことをしたなぁ、と思って。本当にごめんね。」等々、
「ごめんね」ばかり、勝手に一人で喋っていました。

本当なら
「メールの最後で、20年30年後を楽しみにしていると書いたじゃないか。
 今度話すのは20年後だ。全ての願いが叶う御本尊ならば、
 私が無礼な態度を許すように願ってみろ!」
そう言ってやりたいぐらいでした。

しかし、何かを言えば、何倍にもして「あなたのために」と返してくるのが婦人部。
これ以上かかわりたくない、顔も見たくない。
喉元まで出かかった言葉を堪え、早く子供のバスが来ないかと待っていました。
ほんの1,2分でしたが、あんなに苦痛な時間はありませんでした。

「また小単位の連絡がグループ長さんからいくので、よろしくね。またね」
と、勝手に言いたいことを喋って立ち去りました。


祥蘭さんにご意見を伺いたいのですが、この地区婦とは今後関わりを
持ちたくありませんし、会合に顔を出す気持ちも失せました。
以前から、雑誌「灯台」を回覧して読みましょうと渡されていましたが
勝手にポストに入れられても次の人(地区婦or白ゆり長)に届けなければならず
それも行いたくありません。

地区婦に対し、「無礼な発言やメールに対し、謝罪されても許す気は無い。
組織についても疑問や不信感が強まった。今後、雑誌の回覧はやめてほしい。
当分、会合に出席するつもりもないので、連絡も不要。他の方も含め、
家庭訪問も行わないで欲しい」と、メールor文面で伝えるべきでしょうか?

今後、私が拒否したグループ長を行っている、高齢女性から、毎月会合の連絡が
くることが予想されます(先月そうでしたので)。
この方に対して、会合はでない、連絡しないで等、きつく言いたくない気持ちが
あります。(高齢ですし、メールができないので、口頭で言うことになる為)

こちらの意思を伝えるなら、地区婦に対して伝えた方が、他の役職者
(誰だか分からない地区部長や、地区・ブロックの婦人部等)に与える
インパクトもあるような気もするのです。
(地区婦の常識外れな言動で私が非活動になった、というような)

ただ、それなりに活動している母親には、迷惑はかけたくありません。
私が強い意志を示すことで、母の方に連絡がいき、母がその事で心配するような事は
避けたいと思っているのです。
そうなると、雑誌の回覧と家庭訪問は当面やめてほしい、と必要最低限だけ
伝えるべきでしょうか?

多くの人にメールアドレスも知れ渡っているので、アドレスを変更して
メールも送られてこないようにしたいぐらいなのですが。

お忙しいところ恐縮ですが、何かアドバイスを頂ければ幸いです。


「祥蘭さん、のんさんへ」というタイトルでコメント頂いたマリーナ様、
長いコメントを読んで頂き、また同意して頂き、ありがとうございました。
私一人の思い込みでは無いと、心強くなりました。

私も、今、みなさんのコメントを読ませて頂き、改めて私だけじゃ無い、
私の考える事は間違いでは無い、という意思を強く持たせて頂いています。
見えない繋がりに感謝致します。


2014/03/05 (Wed) 23:04 | のん #2uybecE6 | URL | 編集

幹部指導

コメントを拝見するたびに、
「そうそう、同じ同じ」と共感できることばかりです。
皆様とオフ会で語り合いたいです。

「学会あるある」で本が出せそうですね~。

今日は幹部指導について思うこと。

会合の最後の締めくくりは幹部指導。
役職名がややこしいとき、司会は苦労しましたよねぇ。
総県副総合婦人部長とかetc.
幹部は話の内容が事前に上から降りてきてますよね。
エピソードってやつ。
数少ないエピソードなので全国からかき集めないと(^^;)
で、幹部のお決まりの口調で語るわけです。
(昔は必至でメモってました。部員さんにも伝えないと!
という使命感で)
この口調も全国同じような気がします。
よく女子部の幹部のマネってしませんでした???

何か悩みがあると
「幹部に指導を受けましょう」って言われますよね。
幹部はセンセイの境涯に近いからという理由で。
バリ活時代は何の疑問もなかったけれど
だんだん覚醒するにつれ、
結局「題目あげましょう」で終わるだけの話だよねって
思うようになってきました。

婦人部時代、あることで壮年部に指導を受けました。
数日後、会合でその壮年幹部に会ったので挨拶したら
「お!題目あがってるね。わかるよ。さすがだね」
ですって。
私、全然あげてなかったんですけどね。
これ、池田がしょっちゅう「全部わかってるよ」って言う
真似だなと思いました。
この台詞も相手の心をつかむ技?カリスマ性?

あと、学会の幹部は親御さんから
子どものことで相談を受けた時に
「じゃぁ知らないことにしていろいろ聞き出してみます」
ってありますよね。
自分が非活になってそんな人が来た時に
ありありとわかるようになり、
本当にプライバシーも何もない組織だなと
実感しました。
また、かつて自分が同じことをしていたことに
深く反省しました。

非公開でお伝えしたことについて。
あれから母とは普通に話しますが
更に見えない壁が出来ていますね。
お互いが苦しんでいます。
2014/03/05 (Wed) 12:36 | なたーしゃ #- | URL | 編集

こんにちは!

子供の頃からマインドコントロールされ、『選民意識』から、『自分だけが正しい』と考えて、他の方を見下す、自分の考え方を押しつける、目的のためには手段を選ばず非常識な行動に出るのは怖いですね。他の子と仲良く出来なくなってしまいますね。そして、大人になって組織に都合よく利用されていくんでしょうね。

未成年の子供を守るため、未成年の子供を入会させてはいけない、学校での宗教活動は禁止できるような法律があればいいなと思います。

ところで、小学校の同じクラスの友達のお母さんがバリ活で、子供が下校のときに『○○の会合来て』と声をかけているのを聞いてぞっとします(何度も)親が活動を拒否していると子供に声をかけるんでしょうか?それだけではなく、子供から私の電話番号を聞き出そうとしていたのを聞いて、不愉快な気持ちになりました。

その他不愉快なことが、いくつもあるので、これから、この同じクラスの友達のバリ活お母さんとは、どのように接したらいいでしょうか?池田教を盲信しているあまり、学校の授業中でも、先生を折伏しようとしにいくタイプです。担任の先生には、クラスの緊急連絡名簿に私の電話番号はのせないでほしいし、知らせないで欲しいと伝えました。

本当にあの組織にいると悩みが増えます。『広宣流布』の前に『組織改革』をされてはどうかと思う日々です。『平和』や『幸福』もありませんし、『民主主義』ではありません。常識から逸脱していて、権力に支配されているだけです。組織に疑問を感じていけないと言うのではなく、みんなの意見を聞いてどうしたらよい組織にになるか考えるべきです。本当に素晴らしい組織であれば、ターゲットを決めて執拗な勧誘をしなくても、自分から入会するのではないかと思います。
2014/03/04 (Tue) 14:55 | ミル #- | URL | 編集

シルバニアさんへ

シルバニアさん、良かったですね。ご主人にお話されたと仰っていたので、その後どうされたかしらと思っていました。
シルバニアさんはもちろん、お子様にとっても大切な時間を取り戻すことができて何よりです。
お身体くれぐれも大切になさってくださいね。
2014/03/03 (Mon) 12:07 | マリーナ #- | URL | 編集

No title

はじめまして、真実と幻想の創価かからきました。アラフォー婦人部の
ぽんきちといいます
よろしくおねがいします。
こちらのblogに共感できることが多くいつも、励まされています。19さいのときに、出場した文化祭がきっかけで、うつ病を発症し長い間、苦しみが、その原因が、創価の活動と親や、兄弟都の関係だったことがわかり、活動を辞め、カウンセリングを受け両親や兄弟との距離をおくことで、うつ病もよくなり、パートに復帰できるまでになりました。創価の活動に戻るつもりは、毛頭なく、脱会したいのですが、夫がバリ 活ではないのですが、男子部なのと、子供会等地域との関わりでどうしても婦人部のかたと顔をあわさなければいけないの悩んでいます。









































¥¥¥¥¥¥



2014/03/02 (Sun) 12:11 | ぽんきち #eFolqCLc | URL | 編集

きとら様 みかん様 *hana*様 マリーナ様

コメントのお返事を2件にわけさせてもらっております。
このひとつ下に、
シルバニア様 マリーナ様 のん様 donordreamer様へのお返事があります。

きとら様

貴重な体験、また現在進行形の組織情報を教えて頂き
ありがとうございます。

>実家の母に訴えましたが、仕事しなくて学会活動だけやっていられるのは
幸せなことなのに感謝出来ないなんてと逆に注意されました。
お母さんも仕事しなくていいならしたくない、活動だけやっていたいくらいと言いました。
それを聞いて思い直してしまったんです。私が活動する事で、お母さんが仕事しなくてよくなりますようにと願いを込めて活動にうちこむようになりました。

母を思うあまり、活動に打ち込んでしまった。きとらさんのお気持ち
とてもよくわかります。
一家の宿命転換は一人で成し遂げられるーなんて指導が
ありましたね。

>未活婦人部が妊娠したと情報が入ったら、お古の育児グッズを持って家庭訪問も
お決まりでした。そうすることで【創価家族の輪に入れてあげるんだ】とリーダーが言ってました。

なんと!
個人的にやってたわけでなく、組織でそういったフローがあったと
いうことですか。初めて知りました。
私はよほど親しい人からでないと、そういったものはもらえない方で(性格です)
迷惑だと感じてしまったのですが、有り難い人は嬉しいものなんだと思います。
しかし不用品とは言え物をあげることで近づくっていうのも・・。
それも先日書いた「下心」ですよね。ただの親切心では無く。

>空中階段を上るって書かれてましたよね、言い得て妙だと思います。
借金ローン重ねても信心さえしてればなんとかなると思ってる人達、実際まわりに沢山います。

リアルな実例をあげていただいて、ありがとうございます。
「信心してればなんとかなる」
これが功徳信心の最も罪な部分だと思います。
勧誘のため・組織隷属のための甘い誘い文句が「信心していれば
守られる」ですからね。 
私もそれを40年近く信じてきた馬鹿ものでしたが。

>地区婦が最近きとらは弛んでると思うよ、そんな事だと生活もおかしくなってくるから
信心即生活を忘れたらダメだと注意されました。
言い返しませんでしたが、その時に【なんで創価の活動をしていない園ママたちのほうが
楽しくて幸せそうなのか?】という疑問が浮かんでました。
信心即生活って、友達は信心なんかしてないのにどうしてなのかと。

非常にシンプルで大切な気付きだったと思いますよ。
そこできとらさんが「境涯」だの「過去世の宿業」などを連想して
疑問を明後日の方向におさめなかったのは賢明でした。

>学会員は功徳があるから選挙応援に必死になる、とテレビではっきり放映されてしまったとき
見ていて心臓がバクバクし、顔から火が出るほど恥ずかしく、手が震えました。
選挙支援が功徳のためってことは組織の中では当たり前のことなのに
テレビで言われた!みたいな。上手く言えないんですが、みんなに知られちゃいけなかった
知られたくない事を、恥部をさらされたみたいで慌ててしまいました。
ショックで数日間ぼーっと何も手につかなかったほどです。

私もあの特番を見ていました。すでに覚醒後でしたが、胸がすっとしました。
もっとやってくれと思っていましたw
きとらさんのように、その「おかしさ」に気付く内部の人が出てくれて
本当に良かったと思います。
世間のタブーが自分たちの福運功徳につながってるだなんて、
どー考えたっておかしいんですよ。

>脱会方法を調べてあると言われた時は、あいた口がふさがりませんでした。
なんというか呆れてしまって。でも、これが祥蘭さんの書かれてた【触らぬ神に祟りなし】なのかなと最近思っています。
私も自分の親の事がありますし、脱会は夫に合わせるつもりです。

すばらしいご主人さまですね。
きっと静かに見守っておられたのは、家族にとってそれが最良だと判断しての
ことだったと思いますよ。

>最近現場で聞きましたが、新聞未購読・会合に一定期間以上不参加や
財務していない・選挙の確認がとれない会員をこれからリストアップするそうです。
表向きの理由は、組織利用のために入り込んでいる会員を排除するためと言ってました。

リストアップした上で、脱会勧告をしてくれるって事でしょうかw
だとしたら有り難かったりして・・親を巻きこまれる可能性がありそうで
それは困りますけどね。
やるならスマートに事務的に個人情報保護法を守ってやってくれと願います。
貴重な情報ありがとうございました。
今後も宜しくお願いいたします。

みかん様

>あの手この手を使って、組織に戻そうとしているのが見え見えで本当に嫌なのですが、新聞を贈呈するから!と言ってきました。
呆れてしまいます。

お気持ち、お察しします。
人材枯渇の昨今ですから、脈があるうちはー!と必死なのかも
しれないですね。
新聞推進も限界でしょうね。
現場の誰もが辟易してるであろう拡大路線なんてとっとと諦めれば
いいのに、資金源だから絶対やめられないのでしょう。
愚かだと思います。
池田老人の個人資産のみでやってほしいものです@マスコミバラマキ。

>その執着心?を他のことに向けたらいいのにと思います。

逃げて行く会員さんに携わる。関わって行くことにも「福運」が
つくと信じて疑わない人たちだから、困ったもんですね。
はっきり意志表示をされるのもいいと思いますが、みかんさんの
状況が解りませんので無責任なことは言えないですね。
早く気持ちが楽になるよう、願っております。

*hana*様

>というのも、活動家当時はセンセーを崇拝していたように思っていたのですが、活動を離れ冷静に考えるとその場の雰囲気に合わせていただけだと感じたからです。
そんな私がなぜ活動家になったかというと、母親に誉めてもらいたい、私を見てほしい一心であったのだと思います。

「その場の雰囲気に合わせていた」
こんなお話が聞けるとは思っていませんでした。ありがとうございます。
私は度々書いている通り、全く崇拝心がなかったため
嬉々として池田老人のことを語りあう周囲を見て
「私以外の全員が心酔している・・」と、違和感がありました。
でも、その場の雰囲気に合わせていた人も居たんだ!と。
なんだか今、すごく嬉しいですw
そして、お母様に見てもらいたい一心だったとのお気持ち、
よくわかります。

>小児喘息を患っていた私は発作が起きると夜は苦しくて眠れないことがよくありましたが、寝ずに背中をさすってくれていたのは父親でした。
しかし病気が完治した今、母親は自分の信心のおかげだと譲りません。

心優しいお父様がいらして良かったです。
そしてお母様の「自分の信心のお陰だ」 こう言われて、いい気が
するわけないですよね。心中お察しいたします。
私も同じ思いを、それはもう何度もしております。

>学会に疑問を感じ始めたのは、結婚し子どもを授かり、母親が私たちにしてきたことと私が理想とする育児にあまりにも違いがあったからです。
今では母親のことが許せない思いと、やはりまだどこかで母親に愛されたいとの思いがあり、怒りが大きい状態です。

非常にお気持ち、良く解ります。
私も怒りと落胆とで絶望的な気分になりました。
私が覚醒しなかったらよかったのか、いやそうじゃないと
何度思い直したか。
最近は、覚醒しなかったら良かったのかなんて思う事は
一切なくなりました。
どんなに残酷であっても気付けて良かったです。

>主様の現在の記事がその点を取り上げられているので、絶縁を考えた状態からどの様に落ち着かれましたのか、自分の気持ちの整理の参考にさせていただきたいと思っております。

書きながら、いろいろと思いだしたり気になることが出てきて
脱線する事も多いのですが
ぼちぼちと続きを書いてまいりますので、よろしくお願いします。

マリーナ様

>小学生のころ父兄の間で、「学会の家の子は頭が悪い」と噂されたことがありました。今考えると、成績の良し悪しというより忘れ物が多いとか服装が整っていない等ということが原因だったと思います。

まさに私が該当者です。
忘れものも、提出物が間にあわないことも多かったです。

また、教育関係者の間で、問題行動を起こす児童の家庭訪問に
行くと必ず巨大な仏壇があるというのもよく聞く話ですね。

>不幸中の幸いで、母は家事を放り出して活動するタイプではありませんでした。しかし学会活動による弊害は少なからずありました。その意味では、学会員の子は大なり小なり犠牲者と言えるでしょう。
また学会員のみならず、カルトと呼ばれる団体に共通する問題だと思います。

思想性を植え付けられるという時点でもう犠牲者ですよね。
カルトでは子供が一番の犠牲者だ、という定説もあります。
エホバの鞭打ちが代表的ですが、創価はフィジカルな暴力こそ
教義にないものの、精神的暴力はかなりのもんだと思います。

>子供なのに訳もわからず面接の連続でした。
しかも何の面接か教えてはくれず子供相手とはいえ失礼な話です。尤も大人になっても同様ですから実に傲慢な団体ですw

マリーナさん、幼少期から目をかけられて大変だったのですね。
私は中等部でそのような面接を受けましたが、確か女子部のお姉さんから
「クレープを食べに連れてってあげる」と、食べ物でつられましたw
所属が言えずにアウトでしたが。幹部が女子部のお姉さんに
「それくらい教えてから連れて来なさい」と目の前でダメ出し
していたのを思い出しました。

>よほど我の強い子でない限り鋳型に嵌められてしまいます。その上、訳のわからない師弟不二の押し付け。教育上、また情操面でもよろしくないことこの上ないです。子供のころから偏った価値観を植え付けることの恐ろしさは時に才能の芽も摘んでしまいます。

仰るとおりですね。
物の見方を画一的にし・視野を出来る限り狭めるのが目的の
MCなのでしょう。
それで純粋培養されたのが現在の若手議員かなと見ていて感じます。 

>私自身、修学旅行や遠足で神社仏閣に行っても拒否反応で真剣に見学することをしませんでした。
そのことが後年、美術を学び社会に出た時に大きなマイナスだったと悔やみました。まして、今の学会は池田教と化し政治団体さながらです。集票マシンとして利用される負の連鎖を断ち切ることも、私たち大人の責任だと思います。

同感です。私も、各種有名寺院神社へ幾つも見学にいったのに
さらーっと見て「ふーん」と上から目線で終わらせていました。
恥ずかしいですし、せっかくの機会だったのに、勿体無かったと
後悔しきりです。
すべてが「邪宗」という思いこみのフィルターで、素晴らしい物に
見えなかった・素晴らしいと感じちゃダメなのだ!認めたら負け
くらいに思ってたかもしれません。そんな馬鹿げたことってないですよね。
子供の機会を奪う様な事を大人がしてはいけない、私もそう思います。


2014/03/01 (Sat) 23:51 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

シルバニア様 マリーナ様 のん様 donordreamer様

コメントありがとうございます。

シルバニア様

お久しぶりです。
その後どうなさっているかな?と思っておりました。
コメント頂けて嬉しいです。

>結論から言いますと、無事非活になる事ができました。
主人は、ショックを受けながらも私の考えを受け入れ、「しばらく休んだらいい」と言ってくれました。

おめでとうございます。
そして、ご主人様が戸惑いもある中、シルバニアさんの意志を
尊重され行動されたとのこと、本当に素晴らしいし、何よりでしたね。

>何故なら毎日のようにあった吐き気が、全くなくなったからです。
もう嘘をつかなくていいんだ、思ってもない事を言ったり、無理矢理活動しなくていいんだ、と思うと本当に嬉しいです。

それも本当に良かったですね。
ストレスは万病のもとと言うくらいですし、身体は正直です。
以前、時間をかけてご主人に告げた方がいいのでは?焦らずにと
書かせてもらいましたが、体調面で既に不調が出ている場合は
早い方がいいですね。 
心身ともに病んでしまってからでは遅いですし。
よく状況を把握しないまま回答してしまい、その節はすみませんでした。

>津波の映像を見て、なんと人間は無力なんだろうと力が抜けました。そして、私の手の中で怯える子ども達との時間が一番大事なんじゃないかと、強く感じたのです。

みんな好きで出ているとは思えない、義務感だけの協議会。
子供を犠牲にしてまで(夜に留守番をさせてまで)する事ではありませんよね。
しかし創価ではそれを当たり前のように毎週必ず行う。
そこに何の意味があるのか。
脱落者を出さない為の衆人環視集会なだけです。
震災を機に、シルバニア様が自ら気付かれた、お子さんとの時間が
一番大事との思い、とても重要なことだと感じます。
活動に走り回ることが子供のためにもなっている(一家の福運)と
まだそんな考えで盲信している子育て世代の婦人部にも
気付いてもらいたいものです。

こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします。
ありがとうございます。

マリーナ様

>個人の生活を犠牲にしてまで活動させようとするなんて異常だと思います。
「活動していれば経済的に困らないようになる」等と宣う幹部がいますが、地域でも高齢になり逆の結果になっている方が少なくありません。しかし、都合の悪いことは全て自己責任のご都合主義です。

マリーナさんの仰る通りで、個人の生活に同じ組織の一員といえ
他者が口出しする事ではないんですよね。
厄介なのは、繰り返しですが、それを「良かれ(善の行為)」だと
思ってやらかしている事だと思います。
口だけ出して、あんたは責任とれるのか?って。絶対とれないし、
とらないでしょう。 
結局何も考えてない・組織のいいなり・思考停止だということですよね。

>職場の同僚にも色々な人がいます。しかし、腰掛けを自認していた同僚もきちんと分を果たして寿退社した姿は立派だと思いました。創価の婦人部・女子部は外部の方を上から目線で見ていますが井の中の蛙もいいところ、恥を知ってほしいと思います。

その通りですね。
私の女子部後期(10年くらい前)圏幹部以上が創大卒で固められ
勤務先も会館だったり創価系企業の方々が殆どでした。
そのような人達は会合に生活の照準を合わせる事が出来る人達ばかり。
だのに「社会で実証」ってどの口が言うか?!ですよ。
当時はそこまで思いませんでしたがw なんだか上滑りしてるわーと
誰にも言いませんでしたが内心思ってましたw

のん様

>祥蘭さんは、お母様のことで、大変にご苦労されていると感じました。

私がまだ創価の矛盾に気付いていない頃は、ひとつも苦労だと
思った事はありませんでした。
結婚後に多少の違和感を覚えるようにはなりましたが、それでもまだ
「いいお母さん」でした。
覚醒してしまって以降、苦労だともなんとも感じていなかったことが
初めてそういったものに変わったんです。皮肉な話ですが。

>バリ活婦人部は、おっしゃる通り、世間知らずが多く、
余暇が無いため、会話も薄い人ばかりです。
仕事をしていた時は、それぞれの趣味の話を聞いたりして
色々学ぶこともありました。
バリ活さんは、そういった点でも「薄っぺら」と感じます。

真面目な人になればなるほど、新聞は隅から隅まで読み・
次々刊行される書籍を読み・活動に没頭しーで、他の物事に
触れる時間なんて無いですもんね。
婦人部の活動歴が一年ほどしかない私ですが、
バリ活婦人部員との交流は常に退屈で得るものも特になく、
創価外の話題なんて出来なかったですw

もう1件のコメント、地区婦さんからのメール。
今更反省されたって本当に「遅い」ですね。
たぶん”こんなメールが来た!のんさんが怒ってる!”と
幹部に相談したんじゃないでしょうか?
平身低頭な返事を送って誠意を見せよとの指導があったんじゃないかと
地区婦さんには失礼乍邪推しました。

>祥蘭さんのように、うまい文章にならないのですが、
時折、時間をみつけてはパソコンで、今までのこと、疑問点等を
打ち込んでいます。生まれながらの3世なので、自分史のように
なっていますが、今までを見つめ直し、今後を考える上で
よい作業だな、と感じています。
40代になり、人生半分と思っていた時に、こういった事を
することができて、とても良かったと思っています。

自分史を振り返ってみることは、有意義なことですね。
私はあまりにもショックが大きく、自分の頭で整理しようとしても
パニックになりそうだったので、落ち着くためにも書き始めました。
意外な事もいろいろ思い出したり気がついたり、今現在も沢山の
気付きがあり、驚いたり納得したりの連続です。
そしてひとつずつ自分で自分を縛っていた縄をほどいていくようです。
覚醒しはじめで戸惑いの大きい方には、ぜひ生まれた頃から現在に
至るまでを、信仰と共にあった人生を振り返ってもらいたいと
思います。

donordreamer様

>保育園の時。小学生になったらわかる。
小学生の時。中学生になったらわかる。
中学生の時。高校…
結局今まで学会がわかりませんw

わからなくて正解だと思います。
donordreamerさんが、非常に冷静で自分の思考力を失わず
ものごとをたしかに捉えてきた証明でしょう。
そのぶん、盲目な親御さんのもとではおつらかったでしょうね。
お察しします。

>このブログにも書いてありましたが、努力の結果を横取りされることが悔しく納得がいきませんでした。受験に成功したのは夏休みも冬休みも高校で自習していた私の努力であり、勤行のおかげでも池田のおかげでもない。

創価脳の親は本質が見えなくなっています。
全てが信心のおかげ、学会のおかげと。
そんなわけないんですけどね。

>いずれ自分の思いも表現したいなl

みんな、それぞれに大変な思いをしているんですよね。
donordreamerさんの経験が、誰かの助けになる事がきっとあります。
どこかで発信される事、願っています。


2014/03/01 (Sat) 22:39 | 祥蘭 #dp7hytzM | URL | 編集

祥蘭さん、楽器の習い事を諦めなければならなかったお話し切ないです…心を豊かにするはずの信仰が足枷とは…悲しすぎますね。

小学生のころ父兄の間で、「学会の家の子は頭が悪い」と噂されたことがありました。今考えると、成績の良し悪しというより忘れ物が多いとか服装が整っていない等ということが原因だったと思います。
不幸中の幸いで、母は家事を放り出して活動するタイプではありませんでした。しかし学会活動による弊害は少なからずありました。その意味では、学会員の子は大なり小なり犠牲者と言えるでしょう。
また学会員のみならず、カルトと呼ばれる団体に共通する問題だと思います。
祥蘭さんが仰るように、国が法整備をしてほしいと思います。プライバシーの問題はありますがカルト団体を放置した結果、様々な事件も起きています。
憲法で信教の自由が認められているとはいえ、分別のつかない子供に組織活動をさせるのは問題だと思います。特に学会は、本人の意思などお構い無く半強制的に役割を押し付けます。
子供なのに訳もわからず面接の連続でした。
しかも何の面接か教えてはくれず子供相手とはいえ失礼な話です。尤も大人になっても同様ですから実に傲慢な団体ですw
ある時、嫌々ながら会場に向かう道すがら子供なりに回避の策を考えました。
当時は(今も?)服装等、煩かった時代でした。
夏だったのでサンドレスの上にボレロを羽織っていたのですが、直前に態と脱いだのです。効果てきめん!失格だったようですw
きっと担当幹部は面目丸潰れだったのでしょう。
その直後またも(懲りずに)別な面接がありました。渋面の私にギリギリまで、「○○ちゃん笑顔でね!」と百万回言われて仕方なく笑いましたよ。
今度は見事合格w
内心げんなりでした。
よほど我の強い子でない限り鋳型に嵌められてしまいます。その上、訳のわからない師弟不二の押し付け。教育上、また情操面でもよろしくないことこの上ないです。子供のころから偏った価値観を植え付けることの恐ろしさは時に才能の芽も摘んでしまいます。
私自身、修学旅行や遠足で神社仏閣に行っても拒否反応で真剣に見学することをしませんでした。
そのことが後年、美術を学び社会に出た時に大きなマイナスだったと悔やみました。まして、今の学会は池田教と化し政治団体さながらです。集票マシンとして利用される負の連鎖を断ち切ることも、私たち大人の責任だと思います。
2014/03/01 (Sat) 22:33 | マリーナ #- | URL | 編集

初めまして

初めまして。
元バリ活アラサー婦人部です。
「真実と幻想と創価学会」から参りました。
現在は脱会を決意した非活部員です。

ブログの記事全て読ませていただきました。
共感できることがたくさん有り、私のことを代弁していただいているような感覚でいつも読ませていただいています。

私は特に御本尊への絶対信も池田センセーへの絶対信があったわけでも無いと現在は分析するに至っております。
というのも、活動家当時はセンセーを崇拝していたように思っていたのですが、活動を離れ冷静に考えるとその場の雰囲気に合わせていただけだと感じたからです。
そんな私がなぜ活動家になったかというと、母親に誉めてもらいたい、私を見てほしい一心であったのだと思います。
母親は学会が全てで、家事や育児は二の次三の次という人でした。
幼い頃から母親とどこかに出かけた記憶はほとんど無く、父親と兄弟での思い出しかありません。
我が家も父親は未活でしたので。
小児喘息を患っていた私は発作が起きると夜は苦しくて眠れないことがよくありましたが、寝ずに背中をさすってくれていたのは父親でした。
しかし病気が完治した今、母親は自分の信心のおかげだと譲りません。

学会に疑問を感じ始めたのは、結婚し子どもを授かり、母親が私たちにしてきたことと私が理想とする育児にあまりにも違いがあったからです。

今では母親のことが許せない思いと、やはりまだどこかで母親に愛されたいとの思いがあり、怒りが大きい状態です。

主様の現在の記事がその点を取り上げられているので、絶縁を考えた状態からどの様に落ち着かれましたのか、自分の気持ちの整理の参考にさせていただきたいと思っております。

取り止めのない文章失礼致します。
これからも応援しております。
2014/03/01 (Sat) 00:49 | *hana* #- | URL | 編集

非活婦人部のみかんと申します。

昨年、新聞購読をやめることができ組織と離れることができました。

自分としては距離を置くことができスッキリとしているのに、たまに訪問があるととても嫌な気持ちになります。
迷惑してるとハッキリ言わない限り
伝わらないのでしょうが…

あの手この手を使って、組織に戻そうとしているのが見え見えで本当に嫌なのですが、新聞を贈呈するから!と言ってきました。
呆れてしまいます。

何かしら理由があり離れていく人を
諦めずに追いかけてくる執念深さに今ゾッとしています。

その執着心?を他のことに向けたらいいのにと思います。









2014/02/27 (Thu) 22:40 | みかん #- | URL | 編集

祥蘭さんはじめまして

昨年から拝見してます。学会2世きとらと申します。
昨夏の選挙以降、思う所がいろいろとありネットを覗くようになりました。
少々長くなりますが、私の思いを書かせてもらってもよろしいでしょうか。
公開に値しないと思われましたら、削除して頂ければ幸いです。

女子部は未活動でした。結婚した相手が偶々学会2世。
夫は非活ですが、義母は幹部でした。
学会員の嫁さんにきてもらいたいと思ってたとハイテンションで迎えられ
家も近いため、すぐに婦人部がやって来ました。恥ずかしながらデキ婚でしたんで
仕事も辞めて流されるまま活動参加するようになりました。
私の両親は仕事をしています。活動熱心じゃなかったけど毎朝毎晩の
ごん行は欠かさないですし、家に池田サンの写真飾ってありました。
活動しなくても文句言われなかったけど何かあったら・何も無くても題目上げなさいが口癖でした。
そんな環境で育ったので【ザ・婦人部】な一日中ほぼ活動の生活は苦痛でした。
福運がつめるといったって、いくらなんでもこんなに忙しいものなのか
実家の母に訴えましたが、仕事しなくて学会活動だけやっていられるのは
幸せなことなのに感謝出来ないなんてと逆に注意されました。
お母さんも仕事しなくていいならしたくない、活動だけやっていたいくらいと言いました。
それを聞いて思い直してしまったんです。私が活動する事で、お母さんが仕事しなくてよくなりますようにと願いを込めて活動にうちこむようになりました。

出産後は小さい子供のいるママさん婦人部何名かと常に行動してました。
会合のある時も無い時も、土日以外自然と集まってました。
婦人部は婦人部同志で群れるしか無いと祥蘭さん書いてましたけど、本当にそんな感じ。
未活婦人部が妊娠したと情報が入ったら、お古の育児グッズを持って家庭訪問も
お決まりでした。そうすることで【創価家族の輪に入れてあげるんだ】とリーダーが言ってました。
当時の私は納得してやってました。親切のつもりでしたが、祥蘭さんのブログに
お古のベビー服を不快に思われたとのくだりがあって、穴があったら入りたくなりました。
子供が幼稚園に通いだしてできた外部のママ友さんが
子供には全て新品しか与えないって話していて、誰もかれもがお古を有り難がらない
それは【価値観の違い】なんだと初めて理解しました。
でも、私の組織でお古のやりとりはとても喜ばれました。
未活だったけどそのやりとりがきっかけで、小グループだけ出てくれるようになった
ヤングママさんもいました。
みんなお世辞にも経済的に余裕がある感じではなかったので。
バリ活男子部をだんなに持つ人にかぎってローンや借金返済で生活苦しいと話していました。
皆を会館送迎するために大型ワゴンを買ったり、拠点だからと狭いアパートにも関わらず
どでかい仏壇をフルローンで買ったりしてました。
そして財務も聞いた私がビックリするような額をいたって普通に平気でやってる。
空中階段を上るって書かれてましたよね、言い得て妙だと思います。
借金ローン重ねても信心さえしてればなんとかなると思ってる人達、実際まわりに沢山います。
うちの仏壇は義母さんがどこかの学会員の家庭から買い替えで不要になった仏壇を
もらってきてくれました。
その方は宝くじがあたって家を買ったそうで、そんな福運あるひとの仏壇なんだから
しっかり祈っていけばあなたもそうなるよと言われ、本気にしていた馬鹿な私です。

覚醒というかちょっと違うかもと思い始めたのは、子供が幼稚園に入ってからです。
地域の創価ママ達が通わせている同じ幼稚園に入れるつもりでしたが、前年まで全入だったのが
私の年から抽選に変わりハズレを引きました。
祈っていたので悲しかったですが、先輩ママから「使命があるんだよ。
別の園に行って新しい友達いっぱい作れるから良かったんだよ!」と言われました。
仕方なしに全く入れるつもりではなかった園へ行きました。
誰も知り合いがいないし不安でしょうがなかったけど、声をかけてくれたママさんがいて
仲良くなれました。
初めて出来た創価以外のママ友さんと付き合うようになって、初めて世間というものを知りました。
会合を休んで園のママと遊んだり出かけたりするようになりました。
みんな時間が無い中で自分の事も頑張っていて刺激的でした。
いろいろ誘ってもらっても活動があって、全部行く事はできなくて
葛藤しました。創価ママとの差異を感じるようになって、でもみんないい人達だから裏切れないし・・・
悩んでいました。
地区婦が最近きとらは弛んでると思うよ、そんな事だと生活もおかしくなってくるから
信心即生活を忘れたらダメだと注意されました。
言い返しませんでしたが、その時に【なんで創価の活動をしていない園ママたちのほうが
楽しくて幸せそうなのか?】という疑問が浮かんでました。
信心即生活って、友達は信心なんかしてないのにどうしてなのかと。
疑問を言えなかったのは罰があたるからという気持ちも少しあったと思います。
だましだましで活動して昨夏の選挙の時に決定的な出来事?ありました。
それは選挙特番でした。
学会員は功徳があるから選挙応援に必死になる、とテレビではっきり放映されてしまったとき
見ていて心臓がバクバクし、顔から火が出るほど恥ずかしく、手が震えました。
選挙支援が功徳のためってことは組織の中では当たり前のことなのに
テレビで言われた!みたいな。上手く言えないんですが、みんなに知られちゃいけなかった
知られたくない事を、恥部をさらされたみたいで慌ててしまいました。
ショックで数日間ぼーっと何も手につかなかったほどです。
幼稚園ママさんに票を頼みませんでしたが、地元の数少ない外部の友達に
お願いしていました。お礼の電話も入れる気にならなくて、しませんでした。
みんながあの放送を見ていたらどう思うだろう。きとらは功徳が欲しいから
頼んできてたのかと、白い目でみられる。その放送の事を話題にされたら
なんと返していいか解らないので逃げました。
それから創価の選挙支援に対して、世間でおかしいと思われている事について調べはじめました。
祥蘭さんと同じく私もネット環境にあったのに、創価の暗部を調べる事はなかったです。
ネットは匿名だからなんとでも書ける、悪口の温床、見ると信心がおかしくなるから
見たらいけないし、たとえいい情報でもネット発信は会合や対話などで
話題にしないようにという幹部指導もありました。
書かれている事で本当の話(自分が経験した事)が、世間の政治感覚(?)でみたら
どれほど変な事だったかがわかって寒くて鳥肌が立ちました。
話がとびとびになりますが、私が仲良くしていた学会員夫妻が一年前急に引っ越すことになって
遊びに行きたいから住所を教えてと頼んだのですが、今わからないんで
落ち着いたらメールするねって言われてそれきりになりました。
最近噂で聞いたんですが、夫婦揃って脱会したそうです。
旦那さんは学園卒の公務員でしたが、大震災直後から被災地支援に行ってました。
旦那さんが先に覚醒してしまったみたいです。
支援から戻ってきた頃から会合に出てない(旦那さんが)と聞いてたんですが
精神的に病んでしまったと聞いてました。直接話す機会は無かったですが。
連絡がつかなくなったことが本当に残念でなりません。
今あって聞きたい、はなしたいことがいっぱいあります。

非活の夫と創価話題したことが殆どありませんでした。
きとらがやる分にはかまわないけど、自分に進めて来ないでとそれだけきつく言われてました。
仕事柄、家にいるのが週1-2日なのでじっくりしゃべる機会もなくて。
最近になって、創価おかしいと思うと言ってみたら「やっと解ったか」といわれました。
夫は義母が亡くなったら脱会するつもりで
私が活動してるのも義母の手前で、イヤイヤやってるんだろうなと思ってたけど家庭円満のためそっとしてたと言われました。
夫は理系で根拠のない事は一切信じないと言ってます。
ひとりっ子なので葬式を出すのは自分しかいないから籍はおいてるけど
脱会方法を調べてあると言われた時は、あいた口がふさがりませんでした。
なんというか呆れてしまって。でも、これが祥蘭さんの書かれてた【触らぬ神に祟りなし】なのかなと最近思っています。
私も自分の親の事がありますし、脱会は夫に合わせるつもりです。

義母の手前、活動は減らしましたけどまだ出ています。
最近現場で聞きましたが、新聞未購読・会合に一定期間以上不参加や
財務していない・選挙の確認がとれない会員をこれからリストアップするそうです。
表向きの理由は、組織利用のために入り込んでいる会員を排除するためと言ってました。
ネットワークビジネスの勧誘被害が出ているそうです。
法華講やそれ以外の宗教団体が会員引き抜きで入りこんでる場合もあるそうです。
実際は内部アンチを追い出したいんじゃないかなと思いました。
でも、私みたいに会合参加したりイヤイヤでも新聞購読してる内部アンチのことは
どうするんでしょうね?
あと、学会2,3世で全く非活の統監カードも結構多いんです。
新入会の1世だけでなく全部ふるいにかけるってなると、アンチのあぶり出しに必死になってるとしか
思えないです。 また、何かわかりましたらお知らせしたいと思います。

元活動家の女性のブログは少なくて、祥蘭さんのこのブログはとても貴重です。
これからもお体に気をつけて、更新がんばってください。

2014/02/27 (Thu) 12:59 | きとら #99DFA69w | URL | 編集

今朝のこと

度々のコメント、すみません。
先ほど、困った地区婦から2週間ぶりにメールがきたと、
こちらでお伝えしたのですが、朝になって、領収書と共に
手紙が入っていました。

年末からのメールを見返した。
頑張りを知っていたつもり、分かった様な身勝手な発言だった。
会って謝りたいが、与えた不信感、傲慢さ、余計な発言からして
会ってもらえなくて当然。
先生の言われている「一人を大切に」「心遣い」等に反していた。
心から反省した。申し訳ない。
今後、相手の気持ちに寄り添える婦人部になる決意だ。

といった内容でした。
今になってやっと、デリカシーの無い発言、それを認めない
傲慢さに気づかれたようです。

しかし、時、すでに遅し、です。
人との信頼関係というのは、そう簡単に元に戻せません。
まして、信頼が薄い相手なら、尚更です。

見る度にイライラしますが、今回のおかげで、長年感じていた
疑問や納得できない点を冷静に見直すことができましたし、
これをきっかけに、会いたくない、会合も出たくない、と
意思表示するきっかけにもなりました。

祥蘭さんも書かれていましたが、逆から見れば、地区婦の
おかげで気づけた、という感じがしました。
そして、こちらのブログを拝見し、新たに考える事となりました。

祥蘭さんのように、うまい文章にならないのですが、
時折、時間をみつけてはパソコンで、今までのこと、疑問点等を
打ち込んでいます。生まれながらの3世なので、自分史のように
なっていますが、今までを見つめ直し、今後を考える上で
よい作業だな、と感じています。
40代になり、人生半分と思っていた時に、こういった事を
することができて、とても良かったと思っています。

改めて、気づかせて頂いた祥蘭さんにも感謝です。
ありがとうございます。
2014/02/27 (Thu) 08:56 | のん #M/C7RMLw | URL | 編集

学会3世

今年31歳になる学会3世です。
2世である母がバリ活でした。
初詣にはいけない。
修学旅行に行っても手を合わせてはいけない。
日曜日は家族水入らずでレジャー、ではなく独居老人を折伏。
自宅はそもそも会場提供を前提とした間取り。余裕もないのに会場用の別宅を購入。
財務は4ケタはいったから今年は5ケタ。
美容師として働きながら、朝は聖教新聞配達、休日は学会活動。料理も掃除もできない。新聞の集金は老いた祖母にやらせる。
成人すると公明党への投票を泣きながら強要。

保育園の時。小学生になったらわかる。
小学生の時。中学生になったらわかる。
中学生の時。高校…
結局今まで学会がわかりませんw

創価小を受験させられたが無事不合格。中学受験は断り、高校は普通の私立に。努力が実り志望の難関大学に進む。もれなく創価学園創価大学の方がレベルが高いと嫌味を言われるが、偏差値も、伝統も、実績も、教授陣も…

このブログにも書いてありましたが、努力の結果を横取りされることが悔しく納得がいきませんでした。受験に成功したのは夏休みも冬休みも高校で自習していた私の努力であり、勤行のおかげでも池田のおかげでもない。

小学生で憲法第20条を学び、信教の自由が支えになりました。

聖教新聞には勝利という文字が踊り、勝利の概念は「平和」とは両立しないと子供の頃から思っておりました。

そんなわけでものごころついたときからアンチ創価です。お寺や神社はこころが落ちつきます。大学では国文学を専攻したので、古事記の国生み神話やら歴史的仏像だとか、創価とは正反対の文化も勉強しました。

家庭は崩壊しました。
不仲の両親。
半引きこもりの弟。
双極性とナルコレプシーを発症した私は、実家を逃げ出し生活保護暮らし。
母は祖母も祖父も虐待し、祖父は助けられなかったけど祖母は助けました。祖父のお葬式、スーツ姿の知らないおっさんが勤行を始め、その後も創価学会がいかにすごいかを語り出し祖父の人生のことなんてそっちのけだって立腹した。

スマホから推敲もせず雑なコメントでごめんなさい

いずれ自分の思いも表現したいなl
2014/02/27 (Thu) 01:41 | donordreamer #- | URL | 編集

その後

先日は長いコメントを読んで頂き、また、ご丁寧なお返事を頂き、
ありがとうございました。
私のこの気持ちを理解してくれる人がいる、というだけで、
とても心強く感じています。ありがとうございます。

祥蘭さんと同じく、私もブログを拝見していて、
同じようなエピソードが多く、私だけじゃ無いんだな、と思いました。

祥蘭さんは、お母様のことで、大変にご苦労されていると感じました。
私の母は、会合に出席したり、地道に活動はしていますが、
私が「これはおかしくないか?」と聞いたりすれば
「確かにおかしいところとか、納得できないこともあるわね」
と冷静に返してきます。

財務に関しても、3年前に他界した父が母のためにまとめた多少の遺産があり、
学会員の税理士さんに色々節税対策などをしてもらったそうなのですが、
すぐ使わない分をどうするか、という話になった時「財務に出せばいいんですよ」
と軽く言われたそうで、母は私に
「いくらなんでも、それは無いわよね。そんなバカな。冗談だと思うけどさ。」
と私に笑って話していたので実際いかほど出しているか分からないのですが、
常識を逸脱したことはないのではないかと思っています。

新聞ですが、出産を機に専業主婦になったので、収入もなく主人も未入会。
新聞等は…と思っていたら、母が父の遺産から私に小遣いをくれるので
(相続時に私は遺産放棄したのもあります)、
母はそれを使って続けて、というので、新聞は続けています。

母が私に無理強いしない人だったこともあり、また、さほど常識を
逸脱している活動でもなさそうなので、親孝行的に購読を続けている
(といっても、まともに読んでないのですが)状態です。

私自身は、納得できない事が多く、コメントさせて頂いたバリ活の
デリカシーが無い地区婦のおかげで、また、祥蘭さんのブログのおかげで
組織や活動に対して、強い意志を持ったといいますか、我慢しないでいこうと
思い始めたので、未活動の道に入り始めています。
(祥蘭さんが書かれていたように、私もまだ、悪いことが起きると
こんな事を思っているから?と結びつけようとしている自分がいます。)

私の母は、私に無理強いすることはありませんし、急遽私たち家族と
出かけることになれば、嘘をついて会合を欠席するような人ですので、
母は母で、活動したければすればいいかな、と思っています。
失礼ながら、母が祥蘭さんのお母様のような感じでしたら、さすがに
私もあれこれ口を出すと思うのですが。

バリ活婦人部は、おっしゃる通り、世間知らずが多く、
余暇が無いため、会話も薄い人ばかりです。
仕事をしていた時は、それぞれの趣味の話を聞いたりして
色々学ぶこともありました。
バリ活さんは、そういった点でも「薄っぺら」と感じます。

先日のコメントで書いた、何とも腹立たしいメールから2週間。
今日、勘違い地区婦からメールがきました。
「何分かお時間頂けませんか?新聞の領収書を渡しがてらに」
もうあなたに与える時間などない!
この前書いた通り、20年後か30年後が楽しみならほっといて!と
思いつつ、こちらのレベルは下げないように
「お話しすることはありません。領収書はポストに入れて下さい」
と返答したところです。

先日、主人が話を聞いてくれて「宗教っていうのは、個人の自由だろ。
強制するものじゃないはずだ。」と言ってくれました。
私も、創価学会という組織は嫌悪感がありますが、だからといって
宗教全てをばっさり切り捨てる感じでもないのが現状です。
急ぐことも無いと思うので、これから少しずつ考えたり学んだり
してみたいと思います。

まとまりの悪い長い文章でスミマセン。

2014/02/27 (Thu) 01:14 | のん #M/C7RMLw | URL | 編集

祥蘭さん、のんさんへ

お二人のコメントに激しく同意です!
婦人部って本当に発想が画一的で貧困ですよね。
仕事をする=ご主人のお給料でやっていけないのか?という考え方が私には理解できないし、失礼だと思います。今どき、こういう思考も封建的だし働くことってお金だけじゃないと思うんです。仮に家計の助けがメインだとしても大きなお世話ですよ。
個人の生活を犠牲にしてまで活動させようとするなんて異常だと思います。
「活動していれば経済的に困らないようになる」等と宣う幹部がいますが、地域でも高齢になり逆の結果になっている方が少なくありません。しかし、都合の悪いことは全て自己責任のご都合主義です。
のんさんの地域の幹部が、「仕事って逃げだよね」と言うのは世間から見たら“現実から逃げてるだけ”ですよ。それぞれのご家庭の家族構成やライフスタイルを無視してますよね。
学会は、「信心即生活」じゃなくて「活動即生活」ですねw
しかし、これも学会・池田氏の全体主義的指導の弊害だと思います。
祥蘭さんの仰るように、村社会を強固にしたいだけなのでしょう。
女子部時代から感じていたのですが、「社会で実証を示そう」と言いながら活動至上主義の指導は矛盾してますね。私は好きで目指した道なので、簡単に辞めるとか適当にして活動なんて考えられないです。
余談ですが、仕事に邁進していた私は女子部時代から組織では奇異な目で見られていましたw
もちろん、人それぞれ色んな考えがあって良いと思います。「結婚までの腰掛け」も良いと思います。
ただ、腰掛けだから活動優先でいい…というのは違うと思います。
職場の同僚にも色々な人がいます。しかし、腰掛けを自認していた同僚もきちんと分を果たして寿退社した姿は立派だと思いました。創価の婦人部・女子部は外部の方を上から目線で見ていますが井の中の蛙もいいところ、恥を知ってほしいと思います。
2014/02/25 (Tue) 12:17 | マリーナ #- | URL | 編集

その後のご報告です

ご無沙汰してました。
昨年末アドバイスいただきました、シルバニアです。
その後のご報告です。

結論から言いますと、無事非活になる事ができました。
主人は、ショックを受けながらも私の考えを受け入れ、「しばらく休んだらいい」と言ってくれました。

その後地区婦人部長には私が直接話をし、地区部長には主人が伝えてくれました。

今年に入って会合に参加しなくてよくなり、心底ホッとしました。また、今までのストレスの大きさを痛感しました。

何故なら毎日のようにあった吐き気が、全くなくなったからです。
もう嘘をつかなくていいんだ、思ってもない事を言ったり、無理矢理活動しなくていいんだ、と思うと本当に嬉しいです。

今日も、本当なら憂鬱な月曜日、協議会に参加するために子ども達に急いでご飯を食べさせてたとこでした。今はゆっくり子ども達の話を聞きながらご飯が食べられます。

ちょっと前のコメントでマリーナさんからの

>ところで、この震災がきっかけで退転した人はいないのでしょうか?

という問いに対し、

>どちらかといえば、大都市やあの震災を遠くから報道で見ていた
人達の方が、大勢覚醒していらっしゃるような気がしてなりません。

と祥蘭さんがお答えになっていましたが、私がまさしくその一人でした。

津波の映像を見て、なんと人間は無力なんだろうと力が抜けました。そして、私の手の中で怯える子ども達との時間が一番大事なんじゃないかと、強く感じたのです。

そうは言ってもスッパリ辞める事ができませんでした。罰論が心に植え付けられていたからです。
だから祥蘭さんのブログに出会え、罰なんかないと身をもって示してくれた事は、私の大きな勇気になりました。

本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

2014/02/24 (Mon) 21:06 | シルバニア #- | URL | 編集

のん様 ミル様 吉野様 はな様

コメントありがとうございます。
承認が遅くなってもうしわけありません。

のん様

経験談を聞かせてくださってありがとうございます。
嫌な思いをされたのですね・・! 私も同じくでした。
エピソードも私が経験した事と非常に近似しており、驚くほどです。
日本国中どこの婦人部も一緒なんですかね。

>それを聞いていた私は、外で走りまわって遊びたい子供を、1時間も
室内に押し込めて、静かにしてなさい、っていう方がおかしいよ…と
内心思っていました。さらに、
「○○さん(私)、幼稚園とかで